Twitter Facebook
865view
お気に入りに追加

好きな芸人ランキング25位:さまぁ~ず

芸歴30年以上のベテランお父さんコンビ

ツッコミ担当の三村マサカズさんとボケ担当の大竹一樹さんによるお笑いコンビ、さまぁ~ず。

どちらも結婚をしていてお父さんキャラとしても人気が高いさま~ずが好きな芸人ランキング25位にランクイン。

安定感のあるお笑い力は見ていて不快に思う方も少ないようですね。

ちなみに嫌いな芸人ランクにも入っていないので、万人から好まれている模様。

好きな芸人ランキング24位:NON STYLE(ノンスタイル)

嫌いな芸人ランキングにも入っている賛否両論コンビ

石田明さんとナルシスト芸人・井上裕介によるお笑いコンビ、ノンスタイル。

やはり井上裕介さんの自動車当て逃げ事故が影響してか、嫌いな芸人にもランクインしているNON STYLEですが、昔から女子高生を中心に人気があるので、

まさに賛否両論といった印象です。

ちなみに30代以上の方からのイメージはけっこう悪いみたいですね。

好きな芸人ランキング23位:中川家

ハートフルな兄弟漫才が人気の中川家

剛と礼二の兄弟コンビ、中川家。

嫌いな芸人ランキングには入っていないので、各層から支持されているとされる芸人コンビです。

ハートフルな兄弟での掛け合いが人気で、かつて兄の剛さんがパニック障害に悩まされていた時期には、弟の礼二さんが兄を引っ張る形でコンビを支えていたというエピソードも根強い人気の理由かもしれません。

好きな芸人ランキング22位:とんねるず

根強い人気を誇る東のお笑い界の重鎮とんねるず

石橋貴明さんと木梨憲武さんによる大御所お笑いコンビ、とんねるず。

「とんねるずのみなさんのおかげでした」が終了したときには解散も囁かれていた2人ですが、高校からの同級生という絆は強く、現在も2人で活動をおこなっています。

根強い人気を誇るとんねるずですが、実は嫌いな芸人ランキングでは3位とアンチも多い模様。

しかし、とんねるずは昔からこの嫌われながらも笑いを取るスタイルでのし上がってきたので、むしろそのスタイルが現在も健在と言えるのかもしれません。

好きな芸人ランキング21位:ナインティナイン

高校時代の先輩後輩としておよそ30年以上第一線で活躍

ナインティナインは、岡村隆史さんと矢部浩之さんが高校時代の先輩後輩という間柄でコンビを組み続けて30年以上。

これまで数多くのヒット番組を生み出してきたナインティナインが好きな芸人ランキング21位にランクインです。

こちらは嫌いな芸人に入っていないので、真の愛され芸人とも言えますね。

岡村隆さんが一時期病気で休業していたときの矢部浩之さんの行動などが好感度を上げる結果ともなっていそうですね。

好きな芸人ランキング20位:ANZEN漫才

子供人気の高いANZEN漫才がランクイン

みやぞんさんとあらぽんさんによるお笑いコンビ、ANZEN漫才(あんぜんまんざい)。

子供から絶大なる人気を誇るANZEN漫才は、主婦層からも支持を得て、好きな芸人にランクインといった印象ですね。

みやぞんさんはもちろんのこと、最近ではじゃない方芸人のあらぽんさんもピックアップされ始めていて、ここからまた人気を伸ばすかもしれません。

好きな芸人ランキング19位:渡辺直美

インスタフォロワー数800万人以上の大人気女性芸人

インスタグラムのフォロワー数が800万人以上と、国内ではトップクラスの人気と注目度を集める渡辺直美さんが19位にランクイン。

海外の方からも高い人気を誇り、ぽっちゃり系女子のカリスマともされています。

好きな芸人ランキング18位:くりぃむしちゅー

それぞれが高いMC力を誇るベテランお笑いコンビ

くりぃむしちゅーは、アンチが少なくゴールデン番組ではMCも務めるベテランコンビ。

ボケの有田哲平さんに、ツッコミの上田晋也さん、それぞれがトーク力・仕切り力に定評があり、クセがないバランスに優れた笑いを提供し続けています。

司会もでき、ウッチャンナンチャンの後釜的な存在でもありますね。

好きな芸人ランキング17位:和牛

2016年M-1グランプリ優勝の実力派コンビ

ボケ担当の水田信二さんとツッコミ担当の川西賢志郎さんによる実力派コンビ、和牛。

関西を中心に活動し、2016年のM-1優勝を機に全国的なブレイクを果たした和牛が好きな芸人ランキング17位にランクイン。

こうしたランキングに入ってくるまでに成長したということも分かりますね。

正統派の漫才を武器に、今後さらなるブレイクを狙う中堅コンビのひとつです。

好きな芸人ランキング16位:メイプル超合金

男女コンビとしては最高順位をキープ

カズレーザーさんと安藤なつさんの2人による男女コンビで、男と女の組み合わせの芸人としては最高順位にランクインしました。

どちらも掴みどころのないゆったりとした雰囲気を持ちながら、核心を突くお笑いを得意としています。

また、ワイドショーなどにおけるカズレーザーのズバっとした物言いも高評価のようです。

好きな芸人ランキング15位:オードリー

中学からの付き合いという仲良し感が人気のオードリー

ツッコミ担当の若林正恭さんとボケ担当の春日俊彰さんによるお笑いコンビであるオードリー。

春日俊彰さんのサプライズ番組プロポーズの際には、号泣しながらそのプロポーズの行方を見守った若林正恭さん。

そんな中学からの付き合いという仲良しコンビは見ていても非常に好感度が高いようですね。

また、ラジオ番組も好評で、アンダーグラウンドな層からの支持もあります。

好きな芸人ランキング14位:バナナマン

テレビ出演ランキング1位を獲得し続けた設楽統と結婚を機に好感度上昇中の日村勇紀

トークのキレる設楽統さんと奇抜な髪型&ルックスの日村勇紀さんによるお笑いコンビバナナマン。

2013年頃からテレビ出演ランキングでも常に上位に入るバナナマンの2人は、ピンでもコンビでも好感度が非常に高く、さらに大人気アイドルグループ乃木坂46の公式お兄ちゃんというポジションも確立。

そのため、お笑い好き以外のアイドルオタクからもとても高評価で、10代や20代にも好かれる芸人へとステップアップしています。

もちろん嫌いな芸人ランキングにも入っていないため、本当に視聴者に求められている芸人と言えるかもしれませんね。

好きな芸人ランキング13位:爆笑問題

ボキャブラ世代からの根強い人気

強烈なボケ担当の太田光さんとツッコミ担当の田中裕二さんによるお笑いコンビ、爆笑問題。

90年代に大人気だったバラエティー番組「ボキャブラ天国」でブレイクし、その後20年以上根強い人気を誇ります。

時事ネタなどに対して鋭い意見を残すところが主婦層から好まれているようです。

好きな芸人ランキング12位:所ジョージ

マルチな遊び心で高年齢層に人気

おそらく40代から50代以上の方にとっては憧れのような存在でもある、所ジョージさんが12位にランクイン。

自由奔放な芸能スタンスが人気で、あんな風に生きてみたいという願望もみんなの中にはなるのではないでしょうか。

好きな芸人ランキング11位:ウッチャンナンチャン

個々で人気レギュラー番組を持ち続ける東のお笑い界の重鎮

内村光良さんと南原清隆さんによるお笑いコンビ、ウッチャンナンチャン。

『ヒルナンデス』や『世界の果てまでいってQ』など、個々で大人気番組を継続しています。

2人揃っての番組出演というのはあまり見なくなりましたが、それでもこの人気というのはかなりすごいことだと思います。

長年特にスキャンダルもなく芸能生活を送っているのがその人気の理由かもしれませんね。

好きな芸人ランキング10位:ナイツ

漫才協会の理事・副理事という将来安泰なコンビ

ナイツは、ボケ&ネタ作り担当の塙宣之さんと、ツッコミ担当の土屋伸之さんによる、大学時代の落研の先輩後輩で結成された漫才コンビで、現在は浅草の漫才協会理事・副理事を務める2人。

将来安泰ともいわれている芸人コンビだけに、その人気も非常に高くなっています。

しかし、実は塙さんの方はもっと突っこんだお笑いをやりたいそうで、将来的には現在のスタンスを変えてくるかもしれませんね。

好きな芸人ランキング9位:出川哲朗

元祖リアクション芸人、嫌われ1位から好感度上位芸人に

かつては抱かれたくない嫌いな芸人1位にも輝いたことがある出川哲郎さんですが、最近ではその人間性の良さがお茶の間に浸透し、好感度上位の芸人へと変わってきました。

実際に会ってみると非常に丁寧な人間で、紳士的という話も随所で聞かれます。

好きな芸人ランキング8位:千鳥

関西から出てきて苦節数年、お笑い界の新しい重鎮候補

岡山県の高校の同級生で結成されたコンビ・千鳥が堂々の8位にランクイン。

かつてはその岡山弁が怖いともいわれていましたが、現在ではそのクセになる笑いが全国的に浸透。

大悟さんは志村けんさんとも酒の席で交流を深め、今後10数年でお笑い界の新しい重鎮へとステップアップしていくものと見られています。

好きな芸人ランキング7位:ビートたけし

お笑い界の最高権力を持つビートたけし

現在のお笑い界でこのビートたけしさん以上の権力を持つ人はいないというくらいの重鎮。

漫才コンビツービートとして世に出てきて、その後は映画監督としても高い評価を得ています。

後輩に対する粋な伝説も数多く、同業者からも好かれている大御所タレントです。

好きな芸人ランキング6位:博多華丸・大吉

大学からの同級生コンビ、博多華丸・大吉

ボケ担当の博多華丸さんとツッコミ担当の博多大吉さんの2人によるお笑いコンビ、博多華丸・大吉。

学生時代からのコンビというのはやはり人気が高いのか、ここで九州お笑い界のトップ博多華丸・大吉が6位にランクイン。

博多をベースに全国的にも知られるようになり、現在はNHKなどでも番組を持つほどの人気と知名度を誇ります。

また、2人とも食通かつ酒飲みということで、お父さん層からの支持も厚いようです。

好きな芸人ランキング5位:有吉弘行

毒舌キャラとして浸透も人気MC芸人へと成長

有吉弘行さんと言えばやはりその毒舌っぷりが特徴でもありますが、そんな毒舌キャラにも関わらず高い人気を誇るのは、やはりプライベートでは非常に謙虚という部分が大きいかと思われます。

そうした部分も視聴者に伝わってか、近年では多くの全国放送レギュラー番組を獲得しています。

好きな芸人ランキング4位:タモリ

笑っていいとも終了も根強い人気を誇るタモリ

日本ではトップクラスの長寿番組として知られた「笑っていいとも」終了後は、テレビでの活動を控えている様子のタモリさん。

しかし、その人気は根強さがあり、今でもいいとも復活を望む声がよく聞かれるようです。

好きな芸人ランキング3位:ダウンタウン

若手芸人の永遠の憧れ、円熟しコンビ仲が良くなってきたのも要因か

トップ3の1組目は、誰もが納得のダウンタウンの2人となりました。

ボケ担当の松本人志さんとツッコミ担当の浜田雅功さんにお笑いコンビ、ダウンタウン。

かつては、プライベートでまったく話すことがなかった不仲な時期もあるといいますが、晩年になってからはコンビ仲も良さそうに見え、それが人気の要因ともされています。

また、若手芸人からはいつまでも憧れの存在で、現役でお笑いの最前線にいるというのもすごい部分ですね。

好きな芸人ランキング2位:明石家さんま

お笑いビッグ3の最後のひとりが2位にランクイン

ビートたけし、タモリと並んでお笑いビッグ3とも呼ばれる明石家さんまさんが堂々の2位にランクイン。

ほかの2人が比較的ゆったりとした芸能生活を送る中でも、ただ一人最前線で笑いを取ることにこだわり続けている姿勢が高評価のポイントかもしれません。

好きな芸人ランキング1位:サンドウィッチマン

お互いのことを大好きというコンビ愛に溢れたサンドウィッチマンが堂々1位

仙台出身で高校からの付き合いというサンドウィッチマンが、好きな芸人ランキング堂々の1位に輝きました。

サンドウィッチマンは、ツッコミ担当の伊達みきおさんと、ボケ担当の富澤たけしさんによるお笑いコンビで、仙台商業高等学校(現仙台市立仙台商業高等学校)の同級生同士のコンビです。

やはり最近の傾向としては昔からの仲良しコンビというのが人気なのかもしれませんね。

また、コンビ仲がよく見ていて癒されるといった意見もあるようです。

サンドウィッチマンは東日本の震災のあともずっと故郷を支えるためにチャリティー活動をおこなっているということもあり、そうした部分も一般層からの支持を得る要因となったのではないでしょうか。

嫌いな芸人ランキング25位:NON STYLE(ノンスタイル)

おそらく井上裕介ひとりの力でランクイン

人気ランキングにも入っていたNONSTYLEですが、同業や番組関係者からも嫌われているという井上裕介さんひとりの力でこちらのランキングにもランクインしています。

やはり気持ちの悪いナルシストキャラ、また事故をネタにし反省の色がない頭の悪さが要因かと思われます。

嫌いな芸人ランキング24位:アンジャッシュ

意外にも嫌われている渡部健

キレキャラ芸人の児嶋一哉さんと、食通芸人の渡部建さんによるお笑いコンビ、アンジャッシュ。

あまり嫌われている印象がないアンジャッシュですが、実は渡部健さんが嫌いという方が多いようです。

というのも上からの物言いが面白くない、食通ぶっている、共演者の好き嫌いが多いというのが主な理由で、総評して天狗になっていると感じられてしまっているみたいですね。

嫌いな芸人ランキング23位:出川哲朗

とにかく「うるさい」が嫌われる原因か?

好きな芸人にもランクインしましたが、まだまだ一定数の視聴者からは嫌われているという出川哲郎さんが23位にランクイン。

やはり、その芸風から単純に「うるさい」という意見が多く聞かれるようですね。

嫌いな芸人ランキング22位:ブルゾンちえみ

嫌われる理由は「つまらない」「ブス」など極端

2016年にブレイクをして、その後もまだ細々ながらテレビに出演を続けているブルゾンちえみさん。

一発屋の宿命ですが、ネタが飽きられてからはつまらないという意見が多く聞かれるようですね。

また、シンプルにブスという極端な視聴者からの声も反映されています。

嫌いな芸人ランキング21位:千原兄弟

意外にもアンチが多い関西の人気兄弟コンビ

千原せいじさんと千原ジュニアさん、実の兄弟によるよしもと所属のお笑いコンビ、千原兄弟。

関西では絶大なる人気を誇る千原兄弟ですが、やはり全国的に見るとそのアクの強さが嫌われる原因となっているようです。

特に兄・せいじに関しては喋り方が下品で嫌いといった意見が寄せられています。

嫌いな芸人ランキング20位:野性爆弾

若者からは人気があるものの40代以上から不評

ボケ担当のくっきーと、ツッコミ担当のロッシーの2人によるよしもと所属のお笑いコンビ、野生爆弾。

野生爆弾は、若年層の女性からは支持を得ているものの、ある程度の年齢以上の視聴者からは非常に嫌われているようです。

その理由としてはやはりくっきーのキャラクターの気持ち悪さ。

また、意味不明なお笑いスタイルがまったく理解できないといった声も届いています。

嫌いな芸人ランキング19位:小藪千豊

独特の物言いと高圧的な態度がランキングに影響?

こちらも関西では人気があり、新喜劇の座長も務めた経験がある小藪千豊さんですが、やはり全国的にはまだまだそのキャラクターが浸透していない様子で、高圧的な物言いが不快という意見も多いようです。


しかし、本当は芸人の中でも最高に家族思いで、笑いに対してストイックでもありますので、その人柄がもう少し伝わってもらえればといった印象ですね。

嫌いな芸人ランキング18位:狩野英孝

先輩から気に入られているだけのポンコツ芸人・狩野英孝

ロンドンブーツ1号2号や雨上がり決死隊から気に入られているという理由だけで、テレビに出続けている狩野英孝はやはり嫌われ芸人にランクインしてきますね。

正直、天然キャラは渋滞していますので、そろそろ消えていってもおかしくはなさそうです。

また、同世代の実力派お笑い芸人たちからもだいぶ嫌われているとの情報もあります。

嫌いな芸人ランキング17位:ロンドンブーツ1号2号

後輩をイジっているだけの芸に飽きが見られる様子

“ロンブー”の愛称で呼ばれる、田村淳さんと田村亮さんによるお笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号。

狩野英孝に関連して嫌われているのがロンドンブーツ1号2号です。

お笑い芸人としては後輩をイジる芸しか近年しておらず、正直視聴者からはだいぶ飽きられ気味。

また、田村淳のキャラクターが嫌いという方が昔から一定数いて投票している模様です。

嫌いな芸人ランキング16位:キングコング西野亮廣

絵本作家でもあるキンコン西野が嫌われる原因

絵本「煙突町のプペル」のヒットでも話題となったキングコング西野さんですが、そもそものキャラクターが嫌いというシンプルな理由が大きい様子。

カッコつけている、面白くない、偽善者、といった意見もあり、最近ではあまりテレビでも深夜枠にしか出演していませんね。

嫌いな芸人ランキング15位:サンシャイン池崎

うるさい、勘違いといった声が多数

嫌いな芸人ランキング15位にランクインしたのは一発屋芸人のサンシャイン池崎さん。

やはり芸風的にうるさいという意見が多く、またブレイクしたその後は売っ子芸人としてふるまっているなど勘違い男と見られています。

しかし、本当は母親思いの好青年で、いつかちゃんとした結果で認められてもらいたいものですね。

嫌いな芸人ランキング14位:ひょっこりはん

典型的な一発屋ならではの嫌われ方

ひょっこりはんが嫌われている理由としては、シンプルにつまらないというものが多く、実際なにが良くてブレイクしたのかも分からないとう声も多く聞きます。

同業のお笑い芸人が面白がってテレビに出したところ、子供を中心に人気が出ましたが、やはり実力がない芸人がテレビに出ていても不快なだけなようですね。

嫌いな芸人ランキング13位:有吉弘行

好感度も高いがその分アンチも多い有吉弘行

先ほど人気ランキングにも入っていた好感度も高い有吉弘行さんですが、その分やはりアンチも多い様子。

特に厳しい物言いを受け付けないという女性層からの意見が多く、嫌いな芸人ランキング13位にランクインしています。

嫌いな芸人ランキング12位:爆笑問題

世間と逆張りをすれば良いという太田光のスタンスが嫌われる原因に

最近はお笑い業からは遠ざかっている爆笑問題ですが、コメンテーターとしてテレビに出演することが多い印象です。

その際に太田光のとにかく世間と逆張りした意見を発言するところが嫌われる原因となっています。

正直、見ていて不快に思う方も多いのではないでしょうか。

嫌いな芸人ランキング11位:アキラ100%

苦労をしてきた芸人ながらも裸芸を受け入れられない層多数

R-1グランプリでの活躍で一気にブレイクしたアキラ100%ですが、やはり女性・高年齢層からはウケが悪いようで、嫌いな芸人ランキング11位にランクインしています。

しかし、この嫌いなランキングに入っているだけまだ注目をされているといいうことですから、ここで何かしら新しい芸を披露しておきたいところでもあります。

嫌いな芸人ランキング10位:ゆりやんレトリィバァ

ほかの嫌いな芸人調べでも上位に入るピン女芸人

ピンの女芸人として最高位を獲得したのが、こちらのゆりやんレトリィバァです。

理由としては「つまらない」「ブス」「見ていて不快」といったものが多く、30代以上のお笑いファンからはかなり辛らつな意見も寄せられています。

才能はあるかと思いますが、芸風の変化が必要なのかもしれません。

嫌いな芸人ランキング9位:にゃんこスター

カップルコンビ芸人が堂々の9位にランクイン

ツッコミ担当のスーパー3助さんと、ボケ担当のアンゴラ村長さんによるお笑いコンビ、にゃんこスター。

結成数ヶ月でキングオブコント決勝に進出し、爆発的な笑いを取って一気に知名度を上げたコンビですが、お互い男女として交際をしているという異色のコンビでもあります。

嫌われる理由としてはスーパー三助の方が気持ち悪い、面白くないといったものが多く、特にアメトーークなどでのすべりっぷりが不評です。

嫌いな芸人ランキング8位:オリエンタルラジオ

チャラ男・藤森慎吾が嫌われているかと思いきや意外にも中田敦彦の方が嫌われている模様

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook