Twitter Facebook
452view
お気に入りに追加

紫外線対策は大丈夫?

そろそろ暑い夏がやって来ますね!
それと同時に強い紫外線もやってきます。

紫外線は、美しいすこやかな肌の大敵であるといわれています。

そのため、いつまでも若々しいすこやかな肌を保ちたい方は、紫外線対策を日頃から行う必要があります!
紫外線対策は、帽子をかぶったり日焼け止めの化粧品を使うことが多いですが、それ以外にも効果的な対策はあるのでしょうか?
今は、一年中紫外線対策が必要と言われていて、マスクやサングラス、服にも紫外線対策を施したものが見られます。

そこで、紫外線から肌を守るための定番アイテム「日焼け止め」について紹介していきます。
紫外線は肌にどんな影響を及ぼすのか、どんな日焼け止めを選んだらいいのかを一緒に見ていきましょう。

紫外線の中でもUVAには要注意!

紫外線は、波長の長さによってUV-A(紫外線A波)、UV-B(紫外線B波)、UV-C(紫外線C波)の3つに分けられます。
UV-Cはオゾン層に吸収されるため、地表には届きません。私たちの肌に悪影響をもたらすのは、UV-AとUV-Bの2つです。

UV-A

紫外線A波は肌の奥深く真皮まで届き、肌内部に活性酸素を作りだします。
すると、DNAを傷つけたり、コラーゲンやエラスチンも破壊し、シワやたるみなどの肌老化を招きます。
窓ガラスや雲も突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意が必要です。

UV-B

UVBはすぐに表面に現れるため、肌へのダメージがわかりやすい紫外線です。
日差しの強い日には日焼け止めをしっかり塗るなど、状況に合わせた紫外線対策をしていきましょう。
実際、UVBの量は7~8月がピークとなります。
また、冬にはピーク時の5分の1程度の量まで減少します。

だけど、肌老化の原因となるUVAの量については、実は5月がピーク。
そして、最も少なくなる真冬でもピーク時の半分程度の量があるのです。

つまり、UVAについては年間を通じて対策が必要であると言えます。

でも、やっぱりどっちも浴びたくない!・・・そう思ってしまうもの。
そんな時は、どっちの紫外線対策もできる日焼け止めを選ぶのが一番です!

日焼け止めのSPFとPAの意味

SPFは、日差しの強さに抵抗できる値ではなかった!?

SPF

SPFは、サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略。
SPF は、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示しています。
SPFの数値単位は、時間で20~25分を1単位とします。
つまり、SPF1は日焼けするのを何も付けない状態より20~25分遅らせるという意味ですね。
ですからSPF10だと、20×10で200分になり、3時間~4時間は日焼け止め効果があるということです。

PA

「PA」とは、「Protection Grade of UV-A」の略です。

PAは、前章でご紹介した「UV-A」を防ぐ大きさを「+」の数で表しています。

UV-Aを浴びたあと2~24時間で肌が黒くなる原因を防ぐ目安といえるのです。
「+」の数が増えるにつれ、UV-Aの防御効果が高まることが分かります。

日焼け止めを選ぶポイント

日焼け止めを選ぶとき、数値ばかりに目がいって、成分はあまり注意して見ていないのではないでしょうか。

日焼け止めは、SPFとPAが高いものを選べばいいというわけではありません。

成分が強いものばかりを使用し続けていると、肌に負担がかかるし、肌荒れを起こしてしまう可能性もあるんです。

なので、日焼け止めを選ぶときは「使用目的」によって選ぶようにしましょう。

例えば、以下の目安を参考に選ぶと良いでしょう。

・買い物や散歩など日常生活:SPF10~20、PA+~PA++

・屋外での軽いスポーツやレジャー:SPF10~30、PA++以上

・海などの長時間紫外線を浴びるレジャーや、炎天下での活動:SPF30~50+、PA++~PA+++

・特に強い紫外線を長時間浴びる場合:SPF50+、PA++++

外に出る時間帯で選ぶのではなく、季節や時間帯、自分がどれくらい日焼けしやすいのかをトータルで考えてから選ぶようにしましょう。

日焼け止めの正しい使い方

ここでは、意外と知られていない日焼け止めの正しい塗り方について紹介します。

身体

1.容器から肌の上に、直線を描くように直接日焼け止めを出します。
2.手のひらでやさしくらせんを描くように伸ばしていきましょう。
3.肩や胸は日に焼けやすい場所です。特に丁寧につけると良いでしょう。

1.目安として、クリーム状の日焼け止めの場合はパール大2個分、液状タイプの日焼け止めの場合は500円玉1個分または1円玉2個分を手に取ります。量が少ないと日焼け止めの十分な効果が得られません。

2.手にとった日焼け止めを顔の5箇所(両頬、おでこ、鼻、あご)に置き、指全体を使って広げてのばします。

3.顔の全体に1度なじませたら、同じ量をもう1度取り、重ねづけしましょう。ただし、日焼け止めの上からファンデーションを使用する場合、この重ねづけは不要です。

4.まぶたや小鼻、首の後ろなどは忘れがちです。注意しましょう。

美肌仕上げの日焼け止めの塗り方 - YouTube

出典:YouTube

正しい日焼け止めの選び方&使い方で肌を守ろう!

強い紫外線から肌を守るためには、日焼け止めを使う目的や正しい塗り方が必要不可欠です!

肌が人によってそれぞれ異なるように、気になる部分や不安に思う部分も人によって異なります。
やけ止めは、使用量を守って、塗り忘れのないように使いましょう。
ムラなく十分な量を塗るためには重ね塗りがおすすめです。

特に、おでこや鼻筋、頬など、顔の中で高さのある部分はやけやすいので、重ねて丁寧に塗りましょう。
また、日やけ止めは必ず2~3時間ごとに塗り直すようにしましょう。

気になる部分には、こまめに日焼け止めを塗る対策をしましょう。
日差しが強い夏を乗り切るためにも、是非参考にしてくださいね。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

夫がいると体調が悪い…それって「夫源病」かも!?夫源病って?夫源病の症状は?

最近発見された病気「夫源病」の症状やなりやすい人、妻を夫源病にする夫の特徴をまとめました。

*Putyu* / 2983 view

二重や美肌&毛穴レスにも!「オロナインを活用した美容術」6選

家庭に1つはある万能の塗り薬『オロナイン』は、怪我や火傷の治療以外に、鼻の角栓除去やニキビ治療、二重まぶたま…

Rinaaa0101 / 2874 view

実は疲れてる?自分の疲労度をチェックしてみよう!~心の疲れ編~

10個の質問に答えるだけ!精神的な疲労がたまっていないかどうかチェックをしてみましょう。

*Putyu* / 2517 view

体の内側から解消!たるみの予防に効果的な食べ物とは

肌のたるみの原因はホルモンバランス。ホルモンを整える食事でたるみを予防したり、解消できるって知ってましたか!…

Rinaaa0101 / 2045 view

えっ、うそ!卵かけご飯を食べると本当にハゲてしまうって本当?

一見、害の無さそうな卵かけご飯ですが、実は薄毛を引き寄せてしまう原因のひとつなんです! そもそも卵料理が好…

Keller18 / 735 view

関連するキーワード