Twitter Facebook
6377view
お気に入りに追加

男性アーティスト&歌手の歌唱力ランキングトップ30!

本当に歌が上手い男性アーティストは誰だ!?

ここでは国内の男性歌手で本当に歌唱力の高いアーティストをランキング形式でご紹介しています。

リズム感や表現力、声の安定感などを総合的に判断して、特徴などと合わせてまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

お気に入りの歌手が何位に入っているのかも注目です。

30位:堂珍嘉邦(CHEMISTRY)

堂珍嘉邦 ( CHEMISTRY ) - 誰かのクラクション 尾崎豊 - YouTube

出典:YouTube

尾崎豊をカバー

堂珍嘉邦(CHEMISTRY)って?伸びやかなハイトーンボイスが魅力的

かつて若者から多大な人気を誇ったオーディション番組「ASAYAN」から誕生した音楽ユニット・ケミストリーのボーカルで、現在は俳優などとしても活躍する堂珍嘉邦さん。

高音パートは圧巻の安定感で、抜群の歌唱力を魅せるアーティストです。

歌唱力抜群の国内アーティストであればケミストリーは外せません。

音楽活動の継続性という部分でほかの歌手からは一歩劣りますが、その歌唱力は健在です。

29位:川畑要(CHEMISTRY)

ケミストリー 鳥肌ライブ! 名曲「愛しすぎて」 - YouTube

出典:YouTube

ケミストリーの名曲と言えばこれ。

川畑要(CHEMISTRY)って?野太く安定感のある歌声が特徴

30位の堂珍嘉邦さんとボーカルデュオを組んでいる川畑要さん。

野太く安定感のある歌声が特徴的で、堂珍嘉邦さんとのハーモニーは間違いなく国内トップクラスです。

肺活量があり、曲の中でもそのロングブレスを武器に絶妙な歌唱力を発揮しています。

2017年に再結成したケミストリーですが、やはりほかのアーティストに比べて音楽活動のブレイク期間がありますので29位としています。

しかし、あらためて聞いても2人のハーモニーはさすがです。

28位:hyde(L’Arc〜en〜Ciel)

L’Arc en Ciel Winter Fall LIVE 2014 - YouTube

出典:YouTube

50歳近くでも圧倒的な声とビジュアル力を持つhydeさん

hyde(L’Arc〜en〜Ciel)って?VAMPSのボーカルとしても活動中

なんと現在時点ですでに50歳を超えているというhydeさん。

しかし、今なおその歌唱力は健在で、艶っぽいハイトーンボイスが魅力的なアーティストです。

また、ロックバンドVAMNPSのボーカルとしても活動していて、ラウド系の楽曲も得意としています。

1990年代から活躍をしていて、今なお音楽業界の最前線でライブ活動などをこなしているhydeさんは間違いなくランクインするでしょう。

バラードもこなす本格的なボーカリストです。

28位:黒田俊介(コブクロ)

黒田俊介 コブクロ I LOVE YOU - YouTube

出典:YouTube

黒田verの尾崎豊I LOVE YOU

黒田俊介(コブクロ)って?高音領域が得意で伸びのある歌声

国内トップクラスのコーラス力を持つコブクロはやはりランキングに欠かせない存在です。

黒田俊介さんは高音領域の幅が広く、伸びやかな歌声が魅力的で、どんな歌でも自分流にアレンジしつつ原曲を活かしきれるところが武器でもあります。

アーティストの中でも一緒に歌いたいという方が多い人物です。

26位:鈴木雅之(ラッツ&スター)

鈴木雅之 ラッツ&スター 夢で逢えたら - YouTube

出典:YouTube

昭和を代表する歌手のひとり

鈴木雅之(ラッツ&スター)って?ソウルフルな歌声は今も健在

ラッツ&スターの一員であり、ソロボーカリストとしても活動をする鈴木雅之さん。

ソウルフルな歌声が魅力でもあり、パワフルな歌唱力はほかのアーティストよりも一歩抜きん出た存在です。

また、音楽に対してストイックで、パーティーなどに出席しても歌を歌う機会があるかもしれないという場面ではお酒を一切飲まないというストイックな姿勢が評価の対象でもあります。

25位:井上陽水

少年時代 井上揚水 - YouTube

出典:YouTube

おそらく日本人の9割が知っている名曲

井上陽水って?昭和を代表する歌手のひとりで唯一無二の存在感

井上陽水さんは昭和を代表する歌手のひとりで、歌謡曲をベースとしたポップソングを得意としています。

その歌声はアーティストに必要な唯一無二の存在感をいかんなく発揮していて、一度聞けば忘れられない声をしています。

名曲・少年時代は、誰しもが聞いたことがあるのではないでしょうか。

24位:平井堅

平井堅 even if - YouTube

出典:YouTube

表現力はまさに国内トップクラス

平井堅って?ソウルシンガーであり、表現力に富んだアーティスト

ソウルやゴスペルといったジャンルを得意とするアーティストで、表現力が圧倒的な平井堅さんも忘れてはいけない存在です。

もちろん皆さんご存知のように歌唱力も抜群で、声の強弱・ビブラートの使い方などはピカイチ。

ほかのアーティストの楽曲をカバーしても最高の仕上がりを見せてくれます。

23位:大橋卓弥(スキマスイッチ)

大橋卓弥 / ありがとう 「スキマノハナタバ ~Love Song Selection~」2018年9月19日発売! - YouTube

出典:YouTube

親への感謝を歌ったソロナンバー

大橋卓弥(スキマスイッチ)って?ポップソングのトップランカー

スキマスイッチのメインボーカルを務めるのが大橋卓弥さんです。

独特の鼻にかかる声が特徴的で、切ないバラードを歌わせれば一級品。

また、ソロでも楽曲を発表していて、そのバイタリティーの高さも評価されている部分となっています。

22位:岩沢厚治(ゆず)

ゆず いつか - YouTube

出典:YouTube

15年以上前の名曲

岩沢厚治(ゆず)って?国民的ボーカルデュオのハモり担当

岩沢厚治さんは国民的ボーカルデュオ・ゆずのハモり担当で、音感抜群・コーラス力マックスのアーティストです。

安定した高音を出すことができて、さらに自分みずからでもメインパートを歌うことができるというまさにユーティリティープレーヤー。

彼にハモってもらいたいというアーティストも多いそうです。

21位:ATSUSHI(EXILE)

EXILE ATSUSHI / EXILE 第一章スペシャル・メドレー with 清木場俊介 (EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 “IT’S SHOW TIME!!”) - YouTube

出典:YouTube

ATSUSHIの魅力たっぷりのライブ映像をどうぞ

ATSUSHI(EXILE)って?喉の手術から復活した奇跡のボーカリスト

EXILEのATSUSHIさんがここにランクイン。

過去には喉の手術を受けた経験もあり、一時期は歌手生命の危機にまで瀕したアーティストですが、そこから見事に復活を果たし新たなパワーを持って活動しています。

2000年代後半から2010年代初頭は、まさにATSUSHI一強時代が続いていました。

20位:松山千春

長い夜 季節の中で 大空と大地の中で 銀の雨 オホーツク - YouTube

出典:YouTube

独特の間の取り方がすごい

松山千春って?北海道出身で歌謡曲界の大御所

今の20代の方にはちょっとピンとこないかもしれませんが、間違いなく日本の歌謡曲界でトップクラスに位置するアーティストです。

独特の間の取り方が素晴らしく、パワーのある歌声は勇気をもらうことができます。

また、数々の名曲を生み出したヒットメーカーでもあり、音楽センスは抜群です。

19位:三浦大知

三浦大知 (Daichi Miura) / Be Myself -Music Video- - YouTube

出典:YouTube

ダンスパフォーマンスとハイトーンボイスが魅力

三浦大知って?元フォルダーのメンバーでダンス&ボーカリストの最高峰

元々子供のころから歌手として活動をおこなっていて、脱退後しばらくしてからソロアーティストとしてデビューを果たしました。

地声が高くファルセットなしでも安定したハイトーンが出せるところが魅力的で、ダンスをしながらの歌唱力なら国内トップとも言えるかもしれません。

18位:前田亘輝(TUBE)

虹になりたい 2010 //TUBE - YouTube

出典:YouTube

弾き語りバージョン

前田亘輝(TUBE)って?男らしい歌声を武器としたサマーソングの帝王

30代40代以上の男性であれば納得の選出と感じるでしょう。

やはり前田亘輝さんは外せない存在です。

男らしい歌声と繊細なメロディーキープが魅力的で、サマーソングの帝王ともいわれています。

夏とTUBEの楽曲の相性は抜群です。

17位:野田洋次郎

野田洋次郎 蝶々結びlive/Rin*゚ - YouTube

出典:YouTube

弾き語りでの圧巻のパフォーマンス

野田洋次郎って?ラッドウィンプスのボーカルでヒットメーカーでもある天才

ラッドウィンプスのボーカルで、ほかのアーティストへの楽曲提供も盛んにおこなっている野田洋次郎さんもまた最高の男性歌手のひとりです。

英語の発音がほぼネイティブで、それまでになかった日本人アーティストの形を確立した人物でもあります。

もちろん高音領域での歌唱力は抜群で、クセのある歌声が人々の心をつかんでいます。

16位:河村隆一(LUNA SEA)

LUNA SEA - ROSIER - YouTube

出典:YouTube

LUNA SEAの代表的楽曲

河村隆一(LUNA SEA)って?ビジュアル系ロックバンドの王様

河村隆一さんはビジュアル系ロックバンドLUNA SEAのボーカリストで、かつてはソロアーティストとしても活動Wをおこなっていました。

最近の20代の方からすると「ビジュアル系ロックバンドのボーカリストってそんなに歌がうまいわけじゃないんじゃ…」と思う方もいるかもしれませんが、

河村隆一さんの歌唱力は並大抵のレベルではありません。

ライブでも音程を変えず歌いきることができて、パフォーマンス力はまさにバンドボーカリストの最高峰です。

15位:西川貴教(T.M.Revolution)

粉雪 Gackt&西川貴教 - YouTube

出典:YouTube

このコラボは必聴です。

西川貴教(T.M.Revolution)って?音域の幅が広い筋肉系アーティスト

現在ではタレントのような扱いとなっている西川貴教さんですが、実はかなり凄腕の男性歌手です。

音域の幅が広く、低音から高音まで満遍なくバランスに優れたアーティスト。

特にビブラート・ファルセットの使い方は抜群です。

14位:Gackt(ガクト)

GACKT「Vanilla」 - YouTube

出典:YouTube

ソロアーティストとしてのGackt

Gacktって?元ビジュアル系バンドのボーカリストでセクシーな歌声が魅力的

格付け番組でのレジェンドタレントのような存在になっていますが、実は元々ビジュアル系ロックバンド・マリスミゼルのボーカリストだったGacktさん。

もちろんソロアーティストとしても活動をおこなっていて、色物ではなく実力はホンモノです。

セクシーな歌声が魅力的で、伸びのある歌唱法が独特な雰囲気を醸し出しています。

13位:米津玄師(別名:ハチ)

米津玄師 MV「 灰色と青( +菅田将暉 )」 - YouTube

出典:YouTube

独特の世界観と歌声が特徴的

米津玄師って?ネットアーティストから国内トップクラスのヒットメーカーに

元々ニコ生などで楽曲を披露していたネットアーティストでしたが、あまりの歌の上手さにプロデビューが決まったという異色の経歴を持つ男性歌手です。

現在では様々なアーティストとのコラボや楽曲提供もおこなっていて、その才能をいかんなく発揮しています。

もちろんその歌唱力と表現力は国内最高レベルです。

12位:赤西仁

Eternal - YouTube

出典:YouTube

赤西仁、珠玉のラブバラード

赤西仁って?セクシーな歌声と表現力の美しさが高評価

元々ジャニーズですので知っている方も多いとは思いますが、元KAT-TUNのメンバーで、グループ脱退後にはソロアーティストとして活動をおこなっています。

実はかなりの歌唱力の持ち主で、セクシーな歌声と表現力の美しさには定評あり。

また、ダンスパフォーマンスなどもこなすというマルチさも高評価のポイント。

11位:ISSA(DA PUMP)

DA PUMP / U.S.A. - YouTube

出典:YouTube

再ブレイクのきっかけとなったパーティーナンバー

ISSA(DA PUMP)って?歌唱力&ダンスパフォーマンスは国内最高レベル

「U.S.A」の大ヒットにより再ブレイクを果たしたDA PUMPのボーカルISSAさん。

それだけを見ると一発屋のように思われがちですが、元々の実績はかなり高く、名曲も数多く存在します。

また、ダンスをしながらこれだけの歌唱力を発揮できる歌手というのは少なく、高音をバランスよく使い分けることができるところが魅力でもあります。

10位:石井竜也(米米CLUB)

君がいるだけで (米米CLUB) - 石井竜也 with Bank Band - ap Bank fes 09 LIVE - YouTube

出典:YouTube

20年以上経っても色あせない名曲

石井竜也(米米CLUB)って?艶のある歌声と圧巻の表現力

米米CLUBと言えば昭和から平成初期にかけて大ヒット曲連発の人気グループです。

そのメインボーカリストの石井竜也さんは、艶のある歌声が魅力的で抜群の表現力の持ち主。

音程の取り方が上手で、非常にバランスに優れたアーティストといえます。

9位:稲葉浩志(B’z)

B’z ウルトラソウル - YouTube

出典:YouTube

ライブの盛り上がり方が尋常じゃない

稲葉浩志(B’z)って?パワフルな歌声と抜群のシャウトが持ち味

25年以上日本の音楽シーンのトップを走り続けるB’zの稲葉浩志さん。

もちろん歌唱力はご存知の通りで、パワフルな歌声が持ち味の男性歌手です。

そして繊細なバラードもこなし、感動する歌声も披露してくれています。

最大の特徴はそのシャウト。

連発しても声が潰れないというのはホンモノの証です。

8位:TERU(GLAY)

GLAY / Winter, again - YouTube

出典:YouTube

ウィンターソングの定番

TERU(GLAY)って?圧巻の高音発声は他を寄せ付けない実力

人気バンドGLAYのボーカルTERUさんもまた、国内トップクラスの男性歌手のひとりです。

高音の発声法で言えば他を寄せ付けないほどの実力と言えるでしょう。

もしもカラオケで原曲キーで歌おうとすれば事故多発レベル。

地声でもかなり高い音域まで出るTERUさんをピックアップしました。

7位:徳永英明

德永英明 - 壊れかけのRadio - YouTube

出典:YouTube

昭和からの名歌手のひとり

徳永英明って?カバー曲のキングであり、独特のクセがたまらない

徳永英明さんと言えばカバーソングでもお馴染みのアーティストですが、もちろん持ち歌での歌唱力も抜群です。

いまだに色あせない名曲「壊れかけのRadio」をはじめ、数多くのヒット作を世に送り出しています。

独特のクセを含めて、やっぱり最高のボーカリストです。

6位:長渕剛

CLOSE YOUR EYES 長渕剛 - YouTube

出典:YouTube

感涙必至の名ナンバー

長渕剛って?昭和歌謡曲界のドン、エネルギッシュな歌声は天下一品

よくモノマネなどをされることもあり、一般的に歌が上手というイメージはないかもしれませんが、

ちゃんと長渕剛さんの歌を聞くと、その抜群の歌唱センスを感じることができます。

特に低音がしっかりと出ていて、安定したバランス感がある部分などはなかなか真似できるものではありません。

エネルギッシュな楽曲が多く、ソウルフルなアーティストと言えます。

5位:山下達郎

山下達郎 - クリスマスイブ - YouTube

出典:YouTube

日本人なら誰しもが知る名曲

山下達郎って?天才であり究極の探求者である歌手

クリスマスイブは、日本人なら誰もが知る名曲だと思います。

山下達郎さんは歌手でありながら日本トップレベルのトラックメーカーでもあり、さらにそのこだわりの強さは唯一無二の存在。

天才でありながら音楽への探求心が強く、リハーサルでも間違った音を出すことを禁じるほどの徹底ぶり。

音楽業界の関係者の中でも、評価の高いアーティストとされています。

4位:槇原敬之

槇原敬之 - どんなときも。 - YouTube

出典:YouTube

マッキーの代表的ヒットソング

槇原敬之って?抜群の音楽センスを持つ稀代のアーティスト

槇原敬之さんというと、過去には覚せい剤の罪で裁かれたこともある人物ですが、

しかし、その歌声・歌唱力というものはホンモノです。

抜群の音楽センスをもとにした繊細なメロディー作りは、最高レベルと言えるでしょう。

平成という時代で、もっとも多い売り上げを叩き出したSMAP「世界に一つだけの花」は、この槇原敬之さんが作詞作曲しています。

3位:桜井和寿(Mr.Children)

Mr.Children「HANABI」 Tour2015 REFLECTION Live - YouTube

出典:YouTube

ミスチルの名曲をどうぞ

桜井和寿って?歌唱力・表現力に優れた平成最高峰のバンドアーティスト

ミスチルの桜井さんと言えば知らない人はいないでしょう。

歌唱力・表現力ともに国内最高峰とされ、数多くのアーティストとのコラボも話題となりました。

3時間のライブ中、ずっとほぼ音源通りに歌うことができる持久力を持ち、音程をキープする能力は異質とも言えます。

2位:玉置浩二(安全地帯)

玉置浩二 メロディー - YouTube

出典:YouTube

20年ほど前の玉置浩二さん、この頃から圧巻の歌唱力です

玉置浩二(安全地帯)って?アーティストが認める実力を持つ男性歌手

これまでにご紹介してきたアーティストたちの多くが、男性歌手の中でトップクラスの歌の上手さを持つと認めるのがこちらの玉置浩二さんです。

ファルセットやビブラート、ロングブレスなど歌の上手い方が持つ要素すべてを兼ね備えている最強ボーカリストといわれています。

かつての名曲をあらためて聴いても、その歌唱力の高さに驚かされますね。

1位:久保田利伸

久保田利伸 - Missing - YouTube

出典:YouTube

久保田さんの名曲中の名曲

久保田利伸って?キングオブソウルミュージックとも称されるアーティスト

今よりもはるか昔から、海外に目を向けて活動をおこなってきた実力派シンガー久保田利伸さんを栄えあるナンバーワンに選出しました。

キングオブソウルミュージックとも称されるアーティストで、ブラックミュージックをベースにゴスペルなどの要素も取り入れたスタイルはまさに久保田利伸だけのもの。

単純に歌が上手いだけでなく、心に響く何かを感じることができる、そんなアーティストです。

まとめ

国内で歌唱力に定評のある男性歌手をランキング形式でご紹介してきました。

実際にはどのアーティストの方々も個性があり、甲乙はつけ難いのですが、実績や評価などをもとにご覧いただいております。

果たして、あなたの好きな歌手は入っていたでしょうか?

こちらの記事もオススメ!

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

高知東生が逮捕!覚せい剤&不倫夫のせいで妻・高島礼子の警察官役ドラマも中止!?離婚か…

元俳優・高知東生容疑者が6月24日、覚せい剤で逮捕されました。 なんとホステスも一緒に逮捕され不倫疑惑も! …

takeyan / 3360 view

増田セバスチャンの母はネグレクト、父はDVの壮絶過去!結婚してる!?本名は!?

きゃりーぱみゅぱみゅのミュージックビデオなどで、一躍有名になったKAWAIIの伝道師!アートディレクターの増…

Chucha / 16130 view

成宮寛貴が東南アジアへ旅立った理由は証拠隠滅!?国外逃亡、高跳びでクロだった!?

成宮寛貴さんが海外脱出!?引退から早々、日本脱出をした理由はコカイン使用の証拠隠滅なのでしょうか!?

halu218 / 2841 view

石田ゆり子の写真集「Lily ―日々のカケラ―」内容&画像まとめ!若い頃は水着&下着…

女優・石田ゆり子が2018年に発売した写真集が異例の売上でオリコンランキング第3位&史上初3週連続TOP5!…

akira.oniwa / 2621 view

吉田羊が「Hey!Say!JUMP」中島裕翔と7連泊の熱愛発覚でジャニー社長激怒!?…

吉田羊さんと平成ジャンプの中島裕翔さんとの熱愛報道について、出会いのきっかけやお店、芸能界を干されてしまわな…

ShinGo / 10424 view