Twitter Facebook
10343view
お気に入りに追加

日本語ラップの名曲25選まとめ!パーティーチューンから泣ける歌まで!

「ラップ」という言葉を聞くとやはり海外の文化と思いがちですが、実はかなり古くから日本でも根付いている音楽ジャンル。

日本語ラップという部分で先陣を切って開拓してきたラッパーたちがいてこそ、今のジャパニーズラップシーンがあります。

言葉を紡ぎ出すという点においては海外ラップよりも非常に多彩なバリエーションを聞かせてくれるのがその魅力のひとつ。

そこで、ここでは日本語ラップにスポットライトを当てた名曲を一挙ご紹介!

往年の名曲からここ数年でブレイクした曲まで厳選してお届けしていきます。

盛り上がるパーティーチューンから、しっとりと泣けてくる曲まで盛りだくさん。

ぜひ日本人が奏でるラップナンバーをこの機会に知っていってください。

アップテンポで盛り上がる日本語ラップの名曲

「Street Dreams」zeebra

zeebra Street Dreams - YouTube

出典:YouTube

日本語ラップのレジェンドzeebraの名曲

やっぱり現在の日本人ラッパーで一番の知名度を誇るのはzeebraさんでしょう。

90年代から2000年頃にかけて渋谷・新宿・六本木あたりのクラブでは知らない人間はいなかったパーティーオーガナイザーでもあります。

zeebraさんが歌うラップはどれも本場のものに遜色のないリリカルで迫力のあるナンバーが多いのが特徴。

特にこのStreetDreamsは数々のラッパーがサンプリングで使う名トラックになっています。

日本人のラッパーとして戦ってきたzeebraさんの魂の叫びが詰まった一曲です。

Street Dreams Part 2 feat.ZEEBRA,SIMON,晋平太 - YouTube

出典:YouTube

こららはリミックスしたpart2

「蜂と蝶」SOUL SCREAM

蜂と蝶 / SOUL SCREAM - YouTube

出典:YouTube

日本語ラップのレジェンドトラック

こちらのSOULSCREAM「蜂と蝶」は現在でも人気のあるトラックとしてよくバトルビートに使われている名曲です。

必ず誰もが一度は聞いたことがあるメロディーですので、日本語ラップ初心者にもおすすめのナンバー。

韻の踏み方がえげつなく、結成当初から卓越したライムに定評があるMCユニットでした。

1994年から活動している日本語ラップ界大御所クルーのひとつです。

「ONCE AGAIN」RHYMESTER 

RHYMESTER 『ONCE AGAIN』 - YouTube

出典:YouTube

最強の3人組ヒップホップクルー

宇多丸、Mummy-D、DJ JINの3人で構成されるRHYMESTERも日本語ラップ界ではかなりのレジェンド。

この楽曲は入りこそ静かながらサビで必ず盛り上がる一曲としてファンからも人気が高く、また3人の個性が活きているナンバーとなります。

それぞれが俳優やラジオDJなどマルチな活躍を見せているのも魅力のひとつであります。

「ラストヴァース」 RHYMESTER

RHYMESTER 『ラストヴァース』 - YouTube

出典:YouTube

ライムスターからもう一曲

こちらもRHYMESTERの代表的名曲です。

MC2人の声の対比が活きている曲で、テンションを上げるには持ってこいのミディアムテンポ。

何かに行き詰っているときには勇気付けられるぜひおすすめの一曲です。

「人間発電所」BUDDHA BRAND

BUDDHA BRAND 人間発電所 - YouTube

出典:YouTube

デブラージはもういないけど…

日本語ラップを聞く上でBUDDHA BRANDを外したら話しになりませんね。

この人間発電所はトラックをサンプリングされたり、色々なラッパーがリスペクトを込めてリミックスしたりと日本人ラッパーのソウルのようなもの。

クラブのヒップホップイベントでこれが流れれば誰しもテンションがあがる一曲です。

悲しい話ですが、2015年にMCのデブラージが急逝したためオリジナルの声でライブを行うことはもう出来なくなってしまいました。

RHYMESTER-人間発電所(cover) - YouTube

出典:YouTube

ライムスターもライブで追悼ラップを披露しました。このカバーは日本人のラップシーンでは伝説とされています。

「 合法的トビ方ノススメ」 Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)

Creepy Nuts(R-指定&DJ松永) / 合法的トビ方ノススメ 【MV】 Clean Ver. - YouTube

出典:YouTube

このあたりで少し新しいラッパーからも推薦

日本人最強のフリースタイルバトラーとして名高いR-指定のユニット、Creepy Nutsからも一曲ご紹介。

こちらは若者にも聞きやすいラップのパーティーチューンとなっています。

テレビやラジオなど活躍の幅を広げていて、2010年代では一番知名度を上げたラップユニットかと思います。

フリースタイルだけでなく音源もカッコいい!!

「知らざあ言って聞かせやSHOW」TOKONA-X

TOKONA-X 知らざあ言って聞かせやSHOW - YouTube

出典:YouTube

名古屋ラップシーンの最重鎮

2006年に26歳の若さで亡くなった不世出の才能TOKONA-X。

この「知らざあ言って聞かせやSHOW」はバトルビートでもよく使用されているので聞いたことがある方も多いはず。

原曲のこちらは彼の死後、伝説となり名古屋のラップシーンでは後世に受け継がれている名曲です。

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND - NITRO MICROPHONE UNDERGROUND - YouTube

出典:YouTube

やっぱりニトロも外せません

ニトロの愛称で親しまれたヒップホップユニットNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDですが、こちらも惜しまれながらすでに解散しています。

こちらの楽曲は8人のMCがマイクリレーをして、激しい内容の歌詞をラップで表現。

まさにアンダーグラウンド感満載で盛り上がる2000年前後のクラブアンセムです。

「何食わぬ顔してるならず物」漢akaGAMI

漢 / 何食わぬ顔してるならず者 remix - YouTube

出典:YouTube

こちらはリミックスバージョン

新宿生まれストリート育ちを掲げるMC漢の一曲。

こちらはリミックスバージョンでしっとり目にしてますが、原曲はバチバチのヒップホップチューンです。

「リアルしか歌わねぇ」がポリシーの漢さんの生き様が詰まった楽曲で盛り上がること間違いなし!

「あの頃じゃねえ」般若

【Official Music Video】般若-あの頃じゃねえ from the album ”グランドスラム” Out Now ℗©2016 昭和レコード - YouTube

出典:YouTube

アルバム楽曲からひとつチョイス

現役日本人ラッパーとして大御所と呼ばれる年代になってきた般若。

アツいバイブスと高い表現力で常に何かに挑戦している姿は後輩ラッパーからしても憧れの存在。

10 ゼロくらい不利だぜ
皆も言うよ 無理だね
日本人な まじだせえ
ありがとう 飽きたぜ
この想像の上 現実と夢
狭間埋める 自分にベット
必ず出来る あの頃じゃねぇ
一番強いのは今だぜ

先頭に立ちながらもさらに自分を高めようとする意識は彼がナンバーワンでしょう。

メロディアスで聴かせるタイプの日本語ラップの名曲

「クズ」GADORO

【Official MV】 GADORO / クズ - YouTube

出典:YouTube

MCバトルで日本一に輝いたガドロの魂の叫び

ミディアムテンポのトラックに乗せて語られるGADOROのラッパーとして人生。

クズだと自傷する彼の内面をさらけ出した珠玉のナンバー。

悩めるすべての若者に響く歌詞は必聴です。

長年目指してきたバトルMCとしての頂点を極めたDADOROの今後には期待しかありません。

「Pellicule」不可思議/wonderboy

不可思議/wonderboy - Pellicule (Official Video) - YouTube

出典:YouTube

ポエトリーリーディングラップのさきがけ

語りかけるような口調でリズムを刻みながら歌うポエトリーリーディング。

それをラップで表現した先駆け的存在の「不可思議/wonderboy」

彼もまた若くしてこの世を去ったラッパーのひとり。

死後には追悼リミックスとして仲間たちがこの曲を歌っています。

「小名浜」鬼

鬼 / ”小名浜” - YouTube

出典:YouTube

鬼の名曲をピックアップ

福島県の小名浜出身のラッパー・鬼。

地元を歌ったナンバーですが、そのリアルな歌詞が人気の理由となっています。

自身は刑務所に2度入っている生粋のストリートラッパー。

現在は楽曲作成に加えて飲食店の経営なども行っている。

「またね」鬼

鬼  またね... - YouTube

出典:YouTube

鬼からもう一曲

バックボーンを知るとかなり怖い人かと思いきや、かなり過酷な自身の過去を歌ったこんな曲もあります。

楽曲の一部は刑務所で綴ったとされています。

色々な葛藤を持っている人にはぜひ聞いてもらいたいメロディアスなミディアムナンバー。

「Life goes on feat. SAY 」ZORN

【Lyric Video】ZORN / Life goes on feat. SAY (P)(C)2014 昭和レコード - YouTube

出典:YouTube

ZORNの知られざる名曲

バリバリのタトゥー入りラッパーZORN。

元々はZORN THE DARKNESSとして個人で活動、その後般若のレーベル「昭和レコード」に加入し楽曲製作に取り組んでいます。

聞きやすいメロディーで女性ボーカルをゲストに迎えているため、ラップ初心者にもおすすめです。

また、語彙力の豊富さが彼の持ち味でもあります。

韻の踏み方、ストーリーの構成力は若手で随一の実力です。

「夕方ノスタルジー feat.WEEDY」ZORN

【Official Music Video】ZORN / 夕方ノスタルジー feat.WEEDY(Prod.by dubby bunny) ℗2016 昭和レコード - YouTube

出典:YouTube

曲名の通りノスタルジックな気持ちにさせられる名曲

地元で遊んでいた少年時代を思い出させる「夕方ノスタルジー」

誰しも心のどこかにこんな風景が残っているのでは?という心情を描いたリリックはさすがの一言。

東京下町生まれの彼が見てきた景色が目に浮かぶようです。

「ゆれる feat. 田我流」EVISBEATS

EVISBEATS【MV】ゆれる feat. 田我流 - YouTube

出典:YouTube

メランコリックなミディアムラップチューン

稀代のトラックメーカーでもあるEVISBEATSが、山梨県で活動をするラッパー田我流と手を組んだ一曲。

夢を抱きながら田舎町でもがく青年期の葛藤をカッコいいトラックをバックに描き出します。

ゆったりとした午後のひとときに良く似合うヒップホップの名曲です。

「いい時間」EVISBEATS

EVISBEATS【PV】いい時間 - YouTube

出典:YouTube

EVISBEATSからもう一曲ご紹介

EVISBEATS単体でもうひとつご紹介します。

アフターヌーンティーにも合いそうなまったりとしたトラックが心地良い楽曲です。

ゆるーいヒップホップ曲が好きな方にはぜひとも聴いてもらいたいですね。

「夜風に吹かれて」EVISBEATSとPUNCH&MIGHTY

EVISBEATSとPUNCH&MIGHTY / 夜風に吹かれて 【Official Music Video】 - YouTube

出典:YouTube

シティー派ヒップホップの代表的名曲

ドライブミュージックに最適なナンバーをひとつご紹介します。

オシャレなトラックと優しい歌声がスッと耳と心に入ってくる一曲。

首都高をまったりと運転しながら聞いてもらいたいですね。

「サマージャム’95」鎮座DOPENESS×環ROY×U-zhaan

鎮座DOPENESS×環ROY×U-zhaan / サマージャム’95 - YouTube

出典:YouTube

鎮さん好きには堪らない贅沢なコラボ楽曲

友達同士の会話をラップにしたかのようなゆるい一曲。

鎮座DOPENESSと環ROY、そしてU-zhaanがコラボレーションした日本語ラップ好きにはたまらない特別なナンバーです。

どこか離島にでもいるかのような雰囲気が魅力的です。

切ない気分や泣けるヒップホップの名曲

「38℃」KingrassHoppers

真っすぐなラブソング KingrassHoppers『38℃』NEW PV - YouTube

出典:YouTube

ヒップホップラブバラード

KingrassHoppersからちょっと切ないラブバラードをご紹介。

メンバーのごつい見た目からは想像できない優しい歌詞とトラックが人気となっています。

ヒップホップ&ボーカルグループとしてメロディーラインが綺麗なところが魅力のひとつです。

「バラード」ケツメイシ

ケツメイシ『バラード』PV - YouTube

出典:YouTube

PVもぜひ見てください

ヒップホップのメジャーシーンで古くから活躍するケツメイシ。

こちらの「バラード」はPVと合わせて聞いてもらいたい一曲です。

報われない恋愛を描いた短編映画のような仕上がりが見事。

泣き歌ラップを歌わせるとやはりさすがの一言です。

「家族feat,KOHH」般若

般若 / 家族 feat. KOHH - YouTube

出典:YouTube

ダークな視点から見る家族愛

世の中には色々な家庭環境があると思いますが、荒んだ少年期を過ごした2人のラッパーによって綴られる家族愛がこの楽曲のテーマ。

般若もKOHHも自分のルーツや環境に悩みながら生きてきたと考えると思わず泣けてくる人もいるのではないでしょうか。

「何も出来ねえけど」般若

般若 / 何も出来ねえけど (P)(C)2011 昭和レコード - YouTube

出典:YouTube

震災期に発表された楽曲

東日本大震災に対して自身の思いを語った一曲。

当時の政治家へのディスや日本に対する愛情が詰まった歌詞は衝撃を与えました。

この曲で勇気付けられた東北の若者たちも多かったのではないでしょうか。

「君がいない世界は切なくて feat. KEN THE 390」CHIHIRO

CHIHIRO/君がいない世界は切なくて feat. KEN THE 390 【BESTアルバム『BEST OF CHIHIRO』収録!】 - YouTube

出典:YouTube

最後は分かりやすいラブソングを

女性シンガーCHIHIROの楽曲にイケメンラッパーとしても人気の「KEN THE 390」が参加。

どこにでもありそうなラブソングにKEN THE 390がラップで深い世界観を付け足しています。

ラストにかけてのラップバースはKENさんならではのカッコよさがありますね。

まとめ

日本語だからこそラップで表現できる感情があります。

それを実に巧みに音源化した楽曲をご紹介してきました。

盛り上がりたいときや何かに浸りたいときにぜひ聞いてみてください。

きっとお気に入りの一曲が見つかるはずです。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

人気ローカル番組「水曜どうでしょう」が新作を発表!今回は何処に行く!?

北海道ローカルテレビで放送されていた「水曜どうでしょう」。いまでは全国区に進出していて、根強いファンが多くい…

ht_co / 3026 view

ピラミッドダービーがやらせ発覚で打ち切り!?制作会社は「ほこ×たて」と同じ「厨子王」…

TBSの人気バラエティ番組『珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー』の6月1日の放映にてヤラセ捏造があ…

6suke / 14442 view

【猫好き必見】猫を使った秀逸な「猫ボケて」10選【最新版】

猫を題材にした可愛い&面白い「ボケて」のネタ集めました

*Putyu* / 3721 view

フジ秋元優里アナが不倫で旦那の生田竜聖アナと別居中で離婚確定!?不倫相手の名前は誰!…

フジテレビの秋元優里アナが夫・生田竜聖アナと別居中との情報が!原因は不倫との噂ですが、果たして相手は誰なので…

そうたん / 11512 view

巨大不明生物が東京に!?シン・ゴジラの動きをリアルタイムで呟く『#シンゴジ実況』まと…

映画『シン・ゴジラ』の舞台となった11月3日、ゴジラの動きをリアルに楽しむツイートが話題となりました。その内…

takeyan / 2516 view

関連するキーワード