Twitter Facebook
577view
お気に入りに追加

不労所得で人気のある不動産投資の魅力

投資方法には沢山の種類がある中、バブル時代から根強い人気を誇っているのが、『不動産投資』になります。

不動産投資の魅力は物件の選定と取得を行い、一旦、管理会社に任せてさえしまえば、自ら体を動かすこと無く自動的に保有する不動産が収入をあげ続けてくれるところです。

すなわち“不労所得”というものです。

これならば、株取引などのように普段から売買のタイミングを図るなどの関与は一切必要無く、サラリーマンの方であっても不動産管理会社等に運営を依頼してしまえば本業に専念しながら安定した投資を行うことができます。
毎月の安定収入も不動産投資の1つの魅力ですが、投資する物件によっては売却による利益を得られる可能性もあります。
株式と比べると、不動産は価値の変化が緩やかですが、反面、株式よりも資産価値の下落に強く、ミドルリスクであると言われています。

一方、不動産で得る家賃収入は、株式の配当金よりも大きなリターンが見込めます。

このように不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンという魅力的な部分があります。
ただ、投資方法にはインカムゲインとキャピタルゲインの2種類あるので、投資する際には違いに注意しましょう。

月々家賃が収入になるマンション・アパートオーナーが人気

不動産投資の中でも、物件を運用・経営することで収益化するインカムゲインは、サラリーマンをはじめとした多くの方々から人気です。

不動産投資の中でも、物件を運用・経営することで収益化するインカムゲインは、サラリーマンをはじめとした多くの方々から人気です。

経営・投資に興味を持ったきっかけは

現在、賃貸経営を行っている不動産賃貸物件オーナーに対して【不動産経営・不動産投資に興味を持ったきっかけ】について複数選択形式で回答してもらったところ、回答の上位に来たのは「老後の安定収入を得たかったため」、「給与所得以外の副収入を得たかったため」でした。他には相続税や所得税など、税金対策の必要にかられて不動産経営・不動産投資に乗り出した人も多いようです。

統計的には老後の生活を考えた方々が最も多かったみたいですね。
その次には、副収入の確保が挙げられています。

投資されている方の中には、将来的なことを見越してマンションオーナーやアパートオーナーになったという方もいるようです。
物件を上手く経営できれば、月々の家賃を収益にすることができるので、選択肢としては間違いではないでしょう。

ちょっと待って!家賃収入を得たいなら空室対策が必要

月々の家賃を収益化できれば、沢山の副収入を得ることができる・・・!
しかし、現実はそう上手くいかないものです。
毎月、家賃収入を得るためには、維持費・管理費以上の家賃が必要。
だからこそ、空室対策を行なうべきなのです。

空室対策の必要性

マンションやアパートのオーナーが空室対策に尽力している理由は、純粋に家賃収入が増えるからです。
例えば、月々に支払う家賃が5万円だとして、入居者が5人住んでいる物件なら25万円の家賃を確保することが可能です。
一方、同じ条件の家賃で10人が入居している場合、50万円の家賃確保が見込めるようになります。
つまり、物件の部屋を埋めれば埋めるほど、自身の利回りは高くなるってことです。

空巣対策の具体的な内容

空室対策は、借し主のニーズにより良く応えることを基本として実施される。
例えば、賃借人の属性を広げる、家賃、敷金など賃借条件を適正化する、リフォームやリノベーションなどによって賃貸スペースの価値を高めるなどが行なわれている。

空室対策の方法は、オーナーによって手段が異なりますが、いずれの場合も借主が快適に暮らせる環境を目指して実施するみたいですね。

所有している不動産が空室にならないためにできること

人気物件であれば、入居者も簡単に決まってしまいますが、そうではない場合には空室対策は非常に重要になってきます。

外国人入居者を受け入れる

不動産物件を経営している方の中には、マナーを懸念して外国人の入居を断る方もいらっしゃいます。
しかし、昨今では外国の留学生も増えており、外国人入居者の受け入れは空室対策として有効です。

外国人入居不可の賃貸物件が中にまだまだあるので、外国人の入居者を受け入れる事によって、早期成約に繋がる可能性が高くなります。

敷金や礼金を下げてみる

募集している物件の近くに、同じような条件の物件が並んでいる場合、敷金や礼金を下げてみるというのも一つの手段です。
利用者側からすれば、家賃より敷金や礼金を見ている方もいます。他の物件より敷金や礼金が低くされているなら、利用される可能性も高まることでしょう。

家賃保証会社に委託する

入居者の募集が不十分だというケースもあります。入居者の募集や審査は家賃保証会社に委託してしまいましょう。
家賃保証会社なら、ご自身に代わって経営を代行してくれるので、知識が無くても空室対策を行なうことが可能です。

空室リスクが少ない
苦情・トラブル対応が不要で当事者にはならない
家賃滞納がない
すべてお任せで通帳の確認だけでよい
家賃保証会社の選定で重要となるのが家賃保証内容、経営状況、立替日数、信託銀行の活用といった4つのポイント。家賃保証サービスはディテールに違いがあるものの、対応がスピーディーで堅実経営の企業を選ぶのを基本とし、サービスの中でも賃貸経営に影響が大きな部分を比較することがより賢い業者選びになります。

空室対策は出来ることから始めよう!

空室対策と一口にいっても、それぞれの物件の立地や状態などによって出来ることが変わってきます。
しかし、空室対策の有無によって、これから先の経営や利益などが大きく変動することは確かです。
不動産の経営で後悔したくないなら、空室対策をきちんと行なうように心掛けましょう。

こちらの記事もオススメ

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

ブラック企業大賞2016が決定!ノミネート企業は電通/ドン・キホーテ/関西電力/佐川…

今年もやってきました!ブラック企業2016。大賞に選ばれたのはなんと・・

eiji / 4331 view

介護士の悩みは人間関係?職場の人間関係を円滑にする方法

高齢者の介護をする仕事として知られる介護士は「きつい・汚い・給料が少ない」の3K労働で有名です。そんな介護士…

jdocc / 892 view

医療法人健育会の元社員がTwitterで給与明細を公開しブラック過ぎると炎上!給与減…

医療法人健育会の元社員が勤務施設の給与明細を公開しその金額のヤバさにTwitterが大炎上!公開した元社員は…

*Putyu* / 5346 view

印刷業界のバイブル!プロも購入している「デザインのひきだし」とは

印刷業界で働いている方であれば、一度や二度は『デザインのひきだし』という本の存在を聞いたことがあることでしょ…

egigg / 432 view

専業主婦の開業・起業がすごい!整体師になって月100万円の収入も夢じゃない!?

主婦は自宅で家事や育児、パートで働きに…なんて生活はもう古い!?最近では、主婦が開業・起業をする動きが活発に…

ChristineChandl / 870 view

関連するキーワード