Twitter Facebook
1338view
お気に入りに追加

卒乳と断乳ってどう違うの? いつやめれば良いの!?

以前は断乳という言い方をされることが多かったようですが、最近では卒乳という言い方が主流になってきています。断乳というと親の側からおっぱいを断ってしまうというニュアンスがありますが、卒乳は自然とそのような流れにしていくことを重視しているといった違いがあります。

なぜ卒乳をしなければいけないの?

卒乳をしなかったからといって、子供の成長にとってなんらかの不都合が生じるようなことはないのですが、以下のような理由から一般的には卒乳をさせることが多いということです。

痛いから

赤ちゃんも1歳になる頃には前歯が生えてきており、意図の有無はともかくとしておっぱいを噛まれると痛いものです。特に乳歯はまだ小さくて薄いため、肌に突き刺さるのでママにとっては負担となってしまいます。

必要がなくなるから

おっぱいに含まれる栄養は、月齢とともに赤ちゃんにとっては十分ではなくなってきます。そのため、生後半年くらいになると離乳食が始まる訳です。フォローアップミルクを用いるようになれば、栄養面からはおっぱいは必要なくなります。

身体的に楽だから

おっぱいをあげる動作もそうですが、夜寝ている時に添い乳をしたりするのは、ママの安眠にとっては妨げとなってしまいます。早めに卒乳をすることで、子供が一人で寝るようになるのを促進することも可能です。

失敗しない卒乳の方法について!

それでは、スムーズに卒乳を成功させるには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。断乳なら「もうおしまい!」といって突き放せば良いのですが、それだと子供が泣いて可哀想ですから、卒乳の場合はもう少し順を追ってやっていくことになります。

卒乳する条件

卒乳するにはお子さんの方にも卒乳して良いだけの条件が整っている必要があります。例えば、離乳食をちゃんと食べられているか、コップやストローで飲み物を飲めるようになっているか、母子手帳の成長曲線にそって順調に成長しているかなどが挙げられます。

日限を設定する

卒乳の方法としては、「この日になったらおっぱいをやめようね」と子供に言い聞かせておくというやり方があります。「小さい子にそんなことを言っても…」と思われるかもしれませんが、言葉が話せない子でも、ママの言っていることは理解できているものです。

卒乳の日については、例えば誕生日でも良いですし、お正月や保育園の新しいクラスになった時でも良いでしょう。「1歳になったらやめようね」とか、「お兄さんクラスに上がったらやめようね」と声をかけて卒乳に成功したママはたくさんいます。

離乳食後のおっぱいからやめてみる

いきなり全面的におっぱい停止となると、子供にとっても急すぎて混乱してしまいます。まずは、3食の離乳食の後のおっぱいをやめることから始めてみましょう。一度では成功しなくても、何度も言い聞かせていれば子供も納得してくれるようになります。

卒乳は絶対に必要なの?

育児に正解はないといいますが、卒乳に関しても絶対に必要というものではありません。ただ、ママも仕事をしているような場合、おっぱいがいつまでも続くことによる身体的な消耗が避けられません。

そのために卒乳を検討することになるのですが、ママがもしぜんぜん構わないというのであれば、子供が「もういいや」となるまでおっぱいを続けても何ら問題はありません。もともとがいつかは自然に終わるものですから。

卒乳後のケアも忘れずに!

子供にとってママのおっぱいを吸ったり触ったりするのは、安心感を得るためのコミュニケーション手段でもあります。そのため、卒乳をしてからも機会があるごとにお子さんをギュッと抱きしめるなど、スキンシップを欠かさないようにしてあげてくださいね。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

赤ちゃんはリモコンを舐めても大丈夫!?舐めるのが好きな理由とリモコン舐めの注意点と対…

何でも舐めたがる赤ちゃん。8ヵ月頃からはテレビのリモコンにも興味津々!舐めても大丈夫!?赤ちゃんがものを舐め…

Rio / 7872 view

知的好奇心を刺激する!入れておきたい子供向けアプリまとめ

今や、どのご家庭にもスマホかタブレット端末が1台はあるような時代。最近は子供が遊ぶのにぴったりな無料アプリが…

Brenders / 544 view

赤ちゃんが泣きやまない理由と対処法6選

赤ちゃんが泣きやまないとママは心配になるもの。赤ちゃんが泣きやまない時の原因と泣きやませ方を紹介します。

Rio / 9393 view

産後ダイエットに成功するためのコツ

出産によって体重が増えてしまい、産後もなかなか戻らない…という方は多いでしょう。このようないわゆる”産後太り…

jdocc / 794 view

子どもが楽しく学べる!新しい英語教育「TPR」とは

「将来のために英語を学ばせたいけど・・・」と英語教育を取り入れるべきか悩んでいませんか?英語を学ばせることで…

bbl6 / 1065 view

関連するキーワード