Twitter Facebook LINE
219view
お気に入りに追加

幼稚園でもお受験があるって知ってた?

「受験」という言葉を聞くと、高校受験や大学受験などのイメージがあります。
最近では、幼稚園でも受験をして入園をする家庭も珍しくありません。

子どもの教育を考えて、なるべく良い環境で勉強をさせたいと思う保護者が多いでしょう。
ここでは「幼稚園受験」について紹介していきます。

保育を基本的な目的としている保育園と異なり、幼稚園は保育に加えて学び・教育を目的とした文部科学省管轄の教育施設。
幼稚園受験といわれるものは、大きく分けると以下の2つのタイプになります。
大学や高校までつながる附属幼稚園と小学校受験の子どもが多く集まる有名幼稚園の受験です。
幼稚園によって倍率は大きく変わりますが、地域の幼稚園では少なくとも2倍。有名私立や国立、大学付属の幼稚園となると、少なくて10倍、人気のあるところでは30倍にもなるところがあります。

所謂、お受験で入ることができる幼稚園は教育に力を入れており、個性溢れるカリキュラムを持っているのが特徴でしょう。
そんな幼稚園に入園させて、子どもに伸び伸びと過ごしてほしいですね。

幼稚園受験をする3つの魅力

そこで、幼稚園受験をする魅力をもっと具体的に見てみましょう!

魅力その1.一貫教育プログラム

幼稚園から小学校への内部進学制度がある園が多く、その教育方針も一貫しています。特色ある教育を長く受けることができるので、教育効果も高いといえます。

魅力その2.教育環境に恵まれた友だちができる

いわゆるお受験幼稚園は入園料や保育料が高額になる傾向にあり、一般的に教育熱心で比較的ゆとりのある家庭環境の子どもが集まります。さらに小学校以降も内部進学することになれば、幼稚園でできた友だちと長期間同じ教室で過ごすことになり、友だちのつながりが深くなる傾向にあります。

魅力その3.行き届いた環境での保育が受けられる

「お受験」が必要となる幼稚園の多くは、しっかりとした教育理念を持ってそれを実践する形での保育を行っています。のびのびと育てることを目的としている園もあれば、多くの教養が身に付くようにといろいろな専科指導を行っている園もあるなどその教育方針はさまざまですが、いわゆる「質の高い」保育が受けられる環境がそこにはあります。

お受験ではどんなことをするのか見てみよう

幼稚園受験では教育という観点から見て、ものすごく魅力があることが分かりました。
しかし、実際にお受験とはどのようなことをしていくのでしょうか?

幼稚園受験では、いわゆる小学校受験のようなペーパーテストをするところはあまりありません。
お絵かき、塗り絵、粘土、簡単な工作、おままごと、簡単な運動(平均台渡りや、ボール遊びなど)
などで子供の様子を観察されます。
①集団テスト
お話やお遊戯やリズム、運動など。他の子と一緒に行動できるかどうかを見るもの。

②個別テスト
数、構成、言語、指示行動とも言われます。言葉の理解や相手とコミュニケーションする力を見ています。

③親子遊びや課題
これはズバリ、親を見ています。どういう家庭で育っているのか、どんな親子関係かが見られます。

その他にも幼稚園受験には面接も実施することが多いです。
幼稚園受験では子ども以上に親が見られると言っても過言ではないので、きちんと対策をしておくことが大事でしょう。

パパママが気になること…それはお受験にかかる費用!

受験の内容もですが、パパママにとっては幼稚園受験に対してどのくらいの費用が発生するのかも気になりますよね。
実際にお受験をする前に、費用について確認しておきましょう!

受験の料金っていくらぐらい?
検定料として納める場合がほとんどです。安くて1500円程度、高いと1万5000円ほどかかる園もあります。また、もし複数を受けて受かった場合は、入園しなくても先に数十万円になる入園金を払わなくてはなりません。
東京都は毎年都内の私立幼稚園の費用を調査している。それによると附属幼稚園の費用は、

費目 費用
入園料 30万円~40万円
保育料年額 50万円~70万円
初年度納付金(寄付金・債券含む) 100万円~180万円

となっている。

お受験に強い幼児教室に通わせるのがポイント

上記に記載されている通り、幼稚園受験には意外とお金がかかってしまいます。
そこで、必ずお受験を成功するためにも「幼児教室」に通わせるのがおすすめと言えます。

幼稚園受験をする際に、何も通わずにいきなり受験をするという人も中にはいるかもしれませんが、ある程度幼児教室に通って身につけたうえで受験をしたほうが、合格率が高いことは確かです。
幼児教室の多くは独自で開発を進めているカリキュラムをもち、幼児が無理なく高い関心を維持できるよう工夫した授業づくりをしています。中には小学校受験対策を実施している幼児教室もあり、ご家庭ごとの目的に合わせた教室選びが必要です。

お受験で憧れの有名幼稚園へ…

有名幼稚園に入園するために必要ないお受験について紹介しましたが、参考にすることは出来ましたか?
情報が無いと幼稚園受験を突破するのは難しいと言えます。

幼稚園受験をしたいと検討しているご家庭は、お受験に対する理解と知識を深めていきましょう。
その際に幼児教室に通って、色々とサポートを受けていくと良いですよ♪

実績豊富な教室選びがお受験合格への近道
この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

【子育ての悩み】幼児期にやっておきたい子どもの習い事ってなに?

最近では幼児教育の重要性が注目されており、0~6歳までの子供に習い事をさせる親が急増しています。幼児期の間に…

patric / 283 view

魔の2歳児…赤ちゃんのイヤイヤ期はいつからいつまで!?対応方法は!?

子供も2歳頃になると自我が芽生え始めて、イヤイヤ期に!魔の2歳時期の対応方法をお教えします。

straycat / 912 view

産後太りに骨盤矯正は意味がない!?産後太りの原因と解消法は!?

最近は整体院やカイロプラクティックだけでなく、整骨院でも出産後の骨盤矯正を行って、産後太りを解消しようと宣伝…

straycat / 2249 view

赤ちゃんの鼻水が普段は白色なのに黄色や緑は病気!?止まらない鼻水の原因と対処法は!?

無事出産を終え、待ちに待った我が子との対面…そんな感動もつかの間です。生まれてきた赤ちゃんは思いもよらぬ症状…

akamana / 1117 view

赤ちゃんの鼻水が透明・黄色・緑色だけど病気!?鼻水の色別の原因や対処法

赤ちゃんが色のついた鼻水ってもしかして病気なの!?中学生から年中児まで4人の子育てを経験したママが、赤ちゃん…

tubumunn / 211 view

関連するキーワード