Twitter Facebook
3710view
お気に入りに追加

公務を休みがちな雅子様の病名は適応障害!?統合失調症!?病気の原因は!?

病気は治ったの!? 学歴や結婚の馴れ初めも調べた!

2019年に新天皇即位とともに皇后となる雅子さまですが、雅子さまといえば元は民間人から皇室に入った方で、その心労から、2003年の暮れあたりから病気療養に入られています。

一時期はネットで「統合失調症で暴れる」とも噂されていましたが、後に「適応障害」と病名が発表されました。

「適応障害」とはいったいどんな病気なのでしょうか。

皇室というのは一般にはあまりなじみがないため、どんなストレスが原因となってしまったのかもなかなか見えてきません。
「適応障害」という病気について、そして皇室で雅子さまの抱える問題について探りました。

皇太子妃・雅子様ってどんな人!? 学歴がスゴイ!?

出身・学歴・職歴は?

病に悩む印象が随分深くなってしまった雅子様ですが、彼女は元々は超ハイスぺで超超超キャリアウーマン。

そこで雅子様の出生は学歴や職歴など結婚前の人生をおさらいします。

雅子様は、1963年12月9日に小和田家長女としてご誕生されます。

父親は外務官で、その都合から雅子様は幼少時よりソビエト連邦やスイス連邦など海外を飛び回る生活でした。

小学一年生の時に日本に帰国し、東京の小学校を卒業。続く中学校ではソフトボール部を結成し活動したそうです。

高校在学中には父の仕事の都合でまた海外へ。

その後世界一の大学として有名なあの「ハーバード大学」を卒業して、さらに東京大学法学部に学士入学されます。(すごいですよね……)

そして在学中に外務公務員採用Ⅰ種試験に合格します。

東大を中退して1987年に外務省に入省し、女性初のキャリア官僚 スーパールーキーと話題に。

1987年外務省入省当時の週刊誌の特集を「清原級」と飾られる雅子さま

1987年外務省入省当時の週刊誌の特集を「清原級」と飾られる雅子さま

この翌年にはすでに「お妃候補」と報道され、マスコミが押し寄せて大変だったそうです。

1993年に皇太子徳仁親王とめでたくゴールイン。雅子様は皇太子妃として皇室に入ります。

結婚当時のプロフィールには「銀座で本格的な和食を習い、最近はワインの勉強もされている」と発表されています。

家系、学力・学歴、語学力、能動性、スポーツ能力、海外体験、幅広い趣味、美貌……

雅子様を超えるスーパーウーマンは……なかなかいないのではないでしょうか。

そんな彼女がいったいなぜ病んでしまったのか……。

転機となったご成婚についても調べてみました。

皇太子殿下とのご成婚(結婚)のきっかけや馴れ初めは!?

出会いは何!?

雅子様と皇太子殿下は1986年10月18日に行われたスペインのエレナ王女を招いてのレセプションパーティーでお知り合いになったそうです。

当時、皇太子さまは26歳、雅子さまは22歳で、雅子さまは外務省幹部の父親小和田恒さんのご令嬢として出席されていたとのことです。

でも、実はこれより2年も前に既にフランスで会われていたという噂もあります。これはプライベートの旅行中の出来事なので、あくまで噂です。
公的な出会いとしてはこのレセプションパーティー、ということになるのだそうです。

2008年11月 スペイン国王御夫妻来日時の写真

2008年11月 スペイン国王御夫妻来日時の写真

病に臥せっていた雅子さまが5年ぶりに公式行事ご出席された時の写真です。雅子さまと皇太子殿下の出会いの場となった来日歓迎パーティーの主賓エレナ王女とは、こちらのスペインのカルロス国王夫妻の娘なので、もしかしたら何か特別な思いがあったのかもしれません。

2001年12月 愛子様のご誕生

雅子様は2001年12月1日に愛子様をご出産されます。

愛子様の名前の由来は『孟子』から。

「仁者は人を愛し、礼ある者は人を敬ふ。人を愛する者は人恒に之を愛し、人を敬ふ者は人恒に之を敬ふ」

人を敬い、人からも敬われ、人を愛し、人からも愛される、そのように育ってほしいという願いが込められているそうです。

愛子様をご出産されたとき雅子様は37歳。

皇室に入られてから、お世継を産まねばならないという長年のプレッシャーは相当なものだったことと思います。

雅子様にまつわる、かなりどうでもいい豆知識(トリビア)

「雅子さま」は回文で、下から読んでも「まさこさま」。

「確かに雅子様に貸した。」
こんな回文も作られました。(畏れ多い!)

2003年12月 雅子様の病気・病名は「適応障害」と宮内庁が発表

始めは「帯状疱疹」と発表されたが…

愛子さまが生まれた後、雅子様は公務を休まれがちになり、2003年12月には帯状疱疹と診断され治療が必要と発表されます。

この時、国民はみんな、すぐ治るだろうと思っていたと思います。

しかし12月12日に長期の療養が必要だと改めて発表されます。

そこで知らされたのは帯状疱疹の悪化などではなく「ストレスによる心身の不調が原因」という新事実。

これには国民の誰もが驚きました。そして2004年7月30日にようやく「適応障害」という病名が明らかにされるのです。

ネットでは統合失調症で暴れるなどの噂も多く書き込まれました。

適応障害ってどんな病気? 雅子さまの症状は?

「適応障害」とは、主に新しい環境から生じるストレスによって日常生活や社会生活が困難になる、という状況を広く意味する診断名です。

ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると、症状は次第に改善します。でもストレス因から離れられない、取り除けない状況では、症状が慢性化することもあります。そういった場合は、カウンセリングを通して、ストレスフルな状況に適応する力をつけることも、有効な治療法です。

雅子さまは立場上ストレスからは簡単には離れることができないのでしょう……

適応障害ってどんな病気!? うつ病とは違うの!?

また、「適応障害」は「胃がん」「膵臓炎」のようなはっきりした病気というよりは、「ストレスによってうまく生活できない」という事態を医学的に言うと「適応障害」となるといったイメージです。

ちなみに「適応障害」は精神科の中でも使われにくいやや特殊な病名のようです。ストレス要因がはっきりと限定される場合のみに「適応障害」とするそうで、治療の手順は結局「うつ病」と同じになるので「適応障害」という病名を一切用いないで「うつ病」(または「急性ストレス反応」)とする精神科医もいるくらいとか。

それならばなぜ雅子さまにはあえての「適応障害」という診断名が付いたのかというと、ストレス因子が「皇室」という特殊性に基づくことがはっきりしていることに加え、「うつ病」の持つインパクトを緩和させるためだったのではないか、とみられています。

適応障害の原因は「人格否定発言」のストレス!?

2004年5月10日 皇太子殿下が欧州歴訪前の記者会見で「それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」と発言。

雅子様が人格を否定されて病気になったことを皇太子殿下自らが記者会見で打ち明けるというこの事件は、後に「人格否定発言」とも、「浩宮の乱(ひろのみやのらん)」とも呼ばれるようになります。

雅子様と宮内庁の間に軋轢があることを示唆する苦言を、殿下自らが口にされたことで、世間に大変な衝撃を与えました。

しかし、人格否定のストレスとはいったいどういうことだったのでしょう?

実は上にも書いた通り、雅子さまは元々非常に優秀なキャリアウーマン。そんな彼女にとって最大のストレスとは「思う存分、仕事をやらせてもらえないこと」だったのです。

精神科医として多数のメディアにも出演する香山リカさんの著書『雅子さまと「新型うつ」』ではこうあります。

 雅子さま世代の女性、とくに優秀で周囲からの期待も高い女性にとっては、結婚でも出産でもファッションでもなく、仕事こそが「自分らしさ」の実現の手段である。仕事で自分らしさを発揮し、「こんな結果はあなたでなくては出せない」と自分のかけがえのなさを仕事を通して認めてもらうためには、彼女たちはどんな努力をもいとわない。

たしかにあれだけのスーパーエリートなら、「自分らしさ」とは「仕事」になりそうですよね。

 いや、むしろ雅子さまのような女性にとっては、何日も徹夜をして勉強したり、英語を駆使してむずかしい交渉を成功させたりすることは、喜びでさえあっても苦労とはいえないのかもしれない。それよりもむしろつらいのは、「そんなにがんばらなくてもよい」と言われ、自分の努力の結果とは言いがたいファッションや髪型をほめられたり、自分でなくてもできるように見える“お手振り”に人々が歓喜したりすることだったのではないか。

華々しい仕事の成果で自分らしく光り輝いて見初められたのに、皇室に入ったら鋳型に嵌められたような生活が待っていたと思うと、病んでしまうのも無理ないかも。

実際、雅子様は2002年12月5日ニュージーランド・オーストラリアご訪問に際した会見で、訪問が実現した喜びをあらわにされながら「6年間の間,外国訪問をすることがなかなか難しいという状況は,正直申しまして私自身その状況に適応することになかなか大きな努力が要ったということがございます。」と発言されています。

キャリアウーマンからの一転、求められる事が変わったことも病気の原因!?

バリキャリから一転、求められることが変わってきて……
一般市民からすれば責任の重さからの心労を心配しがちですが、才女にとっては逆。
「求められることが大きい」のではなく「小さすぎる」という苦しみだそうです。なかなか理解されにくいストレスですが、現代のキャリアウーマンには共通するかもしれません。

雅子様の現在の病状は!? 病気はまだ完治していない!?

2019年に新天皇の即位を控えている雅子様。皇后となり、公務も増えていきます。

病気が完治していない状態で公務を全うする事ができるのでしょうか?
現在の病状についても調べてみました。

2018年現在の雅子様の状態は?

雅子様は天皇陛下の生前退位を受けてから公務に積極的になったと言われています。

雅子様は2018年6月9日に銀婚式を迎えられました。この日もご夫婦で参加されています。

ただこの日も記者会見はひらかれなかったそうで、やはりまだ調子が戻らないのか……と心配の声も上がりました。
雅子さまは、2002年12月に記者会見を行ってからというもの、15年以上も記者会見を行っていません。

《銀婚式「会見」を断固拒否で宮内庁&記者クラブと冷戦再び!》という見出しで、雅子さまの不調や記者会見でのトラウマを推察する週刊誌もありました。

しかしこれには別の事情があったそうです。
実は雅子さまご夫妻の結婚記念日と、天皇・皇后両陛下の『最後の被災地訪問』の日程が重なっていたためなんだとか。
ですのでもし雅子さまが会見をひらいた場合、大々的に報道されますし、そうすると天皇陛下への関心はどうしても薄まってしまいます。
それを避けるための配慮だったのではないかということでした。

もしかしたら雅子さまは記者会見にも充分耐えうるだけの回復をしているのかもしれません。

雅子様がお元気になられますように…

一流の大学・学歴、一流の職歴。

成功という成功をほしいままにしてきたような雅子様ですが、皇室に入られてからは本当に苦労をなさっているようでした。

しかしちょうど雇用機会均等法が成立してから、大なり小なり、似たようなキャリアウーマンが増えたと言われています。

天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴とされています。

皇室の環境を変えることはなかなか難しいですが、その中でも可能な限りで回復に向けて取り組まれることは、きっと国民にとっても励ましになることと思います。

雅子様が良くなられることを願ってやみません。

天皇家に関する記事はこちらもチェック

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

歴史的な1日だった「オバマ大統領の広島平和訪問」の1日を振り返る

広島でのオバマ大統領の1日をレポートします

s-maria / 2563 view

「NHKをぶっ壊す!」立花孝志候の政見放送がNHKで流れて絶賛の嵐?【全文と動画】

元NHK職員の立花孝志氏の政見放送が話題!「カーセックス!」「NHKをぶっ壊す!」とNHKの政見放送で関係者…

s-maria / 15342 view

上西小百合のサッカーファン否定ツイートは松本人志のパクリ!?芸能界転身目的の炎上売名…

上西小百合氏がサッカーファンを否定するツイートをし公式アカウントを炎上させたのは芸能界転身のため!?ツイート…

*Putyu* / 4572 view

怒りの橋下徹氏、中山泰秀氏をTwitterで口撃!アホボンピーマンってどういう意味!…

中山議員の発言に名誉棄損で訴えると発表した橋下徹氏。怒りはまだ収まらず、アホボンピーマンニュースと題したつぶ…

ShinGo / 5883 view

小池百合子議員はアラビア語が堪能!?カイロ大学卒業は本当!?学歴詐称の噂!?

31日に投票が行われた東京都知事選挙で、見事当選を果たした小池百合子氏。なんと過去に学歴詐称の噂が!?今回は…

Chucha / 11700 view

関連するキーワード

hourai

ロマンチックな皇室・王室の話題が好きです。また、精神の病についても興味があります。(蓬莱ステラ)