Twitter Facebook
2595view
お気に入りに追加

ニキビ跡は治療が出来る

ニキビ跡は消しにくいのは事実ですが、絶対に消えないわけではありません。近年はニキビ跡治療に特化したクリニックもあるため、ニキビ跡に悩む女性が美容外科を訪れることも多くなりました。

肌の奥にある真皮層付近に炎症が残っていたり、炎症がひどすぎてうっ血が残っているケースで、放っておくとそのまま色素が沈着してシミに発展してしまう場合も。発赤程度で済んでいるうちにケアしないと、長期化する可能性も否定できませんから、少しでも早く、肌本来のもとに戻す力を向上させる根本治療を開始することが大切です。
炎症が拡大したニキビは、治癒した後に色素沈着したシミ、赤い炎症跡、クレーター状の凹凸…といった目立つ瘢痕が残ってしまうこともあります。そういった面からも、ニキビが膿んだり、周辺組織を巻き込むほど腫れあがったりする前に治療するのがベストなのですが、もし跡が残ってしまっても、徐々に目立たなくしていき、最終的にキレイに治す方法も存在しています。

ニキビ跡を治療するためには、きちんとしたケアを行うことが大切です。ニキビ跡を放っておくことで肌がデコボコになったり、炎症を起こすこともあります。治らないのだから、と放っておくのではなく治すために専門医師に相談することを検討しましょう。

ニキビ跡の治療方法

ニキビ跡の治療方法と言っても、1種類ではなく複数あります。ニキビ跡の状態によって治療方法が異なるようです。

クリニックで行われるニキビ跡の治療には様々なものがあります。
肌質やニキビ跡の状態に合わせて、適切なものを選びましょう。

レーザー治療

色素沈着、赤み、ケロイド、クレーターなど、あらゆるニキビ跡に対して高い効果を得られる点が、レーザー治療のメリットです。 顔や背中、胸など、部位を選ばず照射できる応用力も魅力といえます。

ピーリング治療

治療方法が単純なので、料金も安いというメリットがあります。
また、お肌の表面(角質層)にのみ薬剤で働き掛けるので、安全性の高さも実証されています。
痛みや治療後の炎症も少なく、回復も早いので、美肌実現のためのスタンダードな治療法だと言えます。

光治療

光エネルギーを照射することで、赤みのあるニキビ跡にみられる毛細血管の拡張を抑制し、徐々に薄くしていきます。美白効果も高く顔全体を透明感のある肌へ改善します。

ロアキュタン

ロアキュタンはイソトレチノインというビタミンAの一種で、皮脂の分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用、抗炎症作用に優れているため、重症の炎症性ニキビに対して効果があります。

美容外科によって、治療方法は異なってきます。在籍する医師がどの治療を得意としているかでクリニックによる治療方法が変わってくるからです。

即効性のある治療方法とは

ニキビ跡治療はいくつかありますが、今すぐニキビ跡を何とかしたいと考える人もいるでしょう。しかし、そこで気をつけたいのが即効性があるものは何らかのデメリットがあるということです。そこを注意しながら、即効性のある治療方法を紹介します。

クリニックによって扱っているレーザー機器は違いますが、0.1mm程度の小さな穴を皮膚の表面に開けることで、ダメージを受けた皮膚細胞の入れ替えを行います。コラーゲンの生成が促されるため肌がふっくらとし、1回の治療で皮膚細胞が約10パーセント入れ替わると言われています。凹凸ニキビ跡などの治療も可能ですが、ダウンタイムも長いため、全顔よりもスポット的に治すのに向いています。
ダウンタイムが長く、施術をした部位にガーゼなどを貼ってガードする必要がある

他の治療方法は効果が実感出来るまでに複数回通う必要がありますが、レーザー治療の場合は人によって若干の差はあるものの1回で効果を実感出来る人もいるようです。その分、ダウンタイムが長いので日常生活にも影響が出る場合があります。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡と簡単に言っても、いくつか種類があることは知っていますか? ニキビ跡の種類によって治療方法も変わってくるので、クリニック選びは自分のニキビ跡の種類を把握した上で、対応した治療方法の評判が良いところにしましょう。

赤み

ニキビが落ち着いて6ヵ月以内は、炎症が跡として残っている状態です。6ヵ月~1年以上経過しても消えない赤みは、肌の表面がニキビのダメージを受けたことで薄くなり、皮膚が赤く見えている状態です。

色素沈着

ニキビ跡の色素沈着にはメラニンが関係しています。赤みのあるニキビ跡を放置したことで、6ヵ月以上の経過をたどり、茶色のニキビ跡に変化していき、メラニンによる茶色いシミのような色素沈着になります。

クレーター

ニキビ炎症後に凹凸ができてしまった状態。クレーター状のニキビ跡は炎症により組織が破壊されたり、コラーゲンの変性により毛穴の形状を維持できなくなることで起こります。毛穴周辺が盛り上がる場合もあります。

毛穴が目立つニキビ

ニキビ炎症後、毛穴の開きに悩んでいる方がいますが、その症状は毛穴の開きではなく、深層までダメージが及んだニキビ跡の可能性があります。元に戻らなくなった目立った毛穴は、凹凸/クレーターによるニキビ跡と同様の症状になります。

ニキビ跡は症状にもよりますが、目立たなくすることは可能です。東京には評判の良い美容外科医や皮膚科医が多いので、自分の症状に合わせたクリニックを選んで治療して悩みから解放されましょう。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

老けてみえる眼窩脂肪を減らす方法!-5歳若返るマル秘改善テクニック

目の下にできる眼窩脂肪は、年齢や体型に関係なく誰にでもあるものです。しかし、なぜ眼窩脂肪の膨らみがなぜできて…

patric / 14367 view

男だって若くいたい!老け顔にならないための予防&改善方法

「老け顔」というものは30代や40代など、ある程度年を重ねた方に見られるものだと思いがちです。 しかし、それ…

Willian51 / 1346 view

【胸を大きくする方法】合掌ポーズ…だけじゃない!胸を大きくできるバストアップ筋トレ5…

おっぱいを大きくできる筋トレ方法を5つ厳選して紹介しています。

*Putyu* / 120848 view

腹筋を割るには体脂肪を落とす事が重要!筋トレしても腹筋が割れない理由

今年、腹筋を割ることは目標だったけれども達成できなかった...来年こそは理想な腹筋を手に入れたい!と思ってい…

jagheterkohei / 3345 view

目指せ!芸能人にも大人気の経絡整体師・朝井麗華先生のような整体師になる方法!【乳トレ…

“おっぱい番長”と呼ばれている経絡整体師・朝井麗華先生をご存知でしょうか?美容と健康を意識した整体を実施して…

jc235444 / 1129 view

関連するキーワード