Twitter Facebook
833view
お気に入りに追加

ピーマンの健康効果効能って知ってますか?

普段、何気なく食べているピーマンですが実は様々な効果効能があるって
知っていました?

ここでは、ピーマンを摂取することで期待できる効果をまとめてみたので
ピーマン好きさんはぜひチェックしてください。

ピーマンに含まれる成分

それではピーマンには「各種ビタミン」「ミネラル」「ピラジン」が
多く含まれています。

これからが体内で発揮したときに以下のような効果効能が期待できます。

抜け毛予防

抜け毛の予防に一役買ってくれる食べ物がピーマンです。

ピーマンには豊富な栄養素が含まれており、それらの栄養素が血行を促進させ、頭皮や髪に栄養が行き渡りやすい状態にしてくれます。

意外!だと思う方も多いと思いますが
将来のことを考えると積極的に取り入れたい食べ物だと言えるでしょう。

疲労回復

粘膜や皮膚の状態を整えるビタミンAの前駆物質であるβ-カロテンも含まれています。

ちなみにピーマンが疲労回復に良いと言われるのも、細胞の働きを活性化してくれるビタミンAやCの補給源として最適なためだからだとか。

最近疲れたなと感じてる方は意識をしてピーマンを摂取するように
するといいかもしれません。

冷え性改善

ピーマンに含まれている「ピラジン」という香り成分には血液をサラサラにする働きがあります。

ピラジンは生活習慣病の予防としてよく登場する成分ですが、血液がスムーズに循環しているというのは冷え性改善にも重要なポイントです。

また、末梢血管も拡張して血液循環を行ってくれる成分も含まれているため
血液の状態や血流のどちらも改善してくれる素晴らしい食べ物だと言えます。

発がん防止効果

ピーマンの緑の色素には、クロロフィルが含まれています。

クロロフィルとは、植物や藻類などに含まれる緑色の色素で、抗酸化作用があり、免疫力を高めたり、発がん防止の効能があります。

クロロフィルには、血管内に中性脂肪がたまるのを防ぐ働きがあるので、コレステロール値を下げ、不純物を排出するデトックス効果もあります。

ピーマンのほかに、ほうれん草・クロレラ・緑茶・海藻などに
豊富に含まれているようです。

ピーマンの栄養素を引き出す調理法

ビタミンCが豊富なピーマンの特徴は、ほかの食材のビタミンCより熱に強いことです。
そのため、炒める、揚げるといった加熱料理が向いています。

またピーマンは、β-カロテンやビタミンEも豊富で、これらは油と合わせると吸収力が高まるので、調理するなら油炒めが最適です。

ただし、組み合わせる食材の栄養素が損失しないようにピーマンを千切りにするなどして、火が通りやすい下地処理が必要です。

青椒肉絲や最近話題を集めている無限ピーマンなども
おすすめの料理方法です。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

“お嬢様にはお毛がおあり”フランスで女性達が体毛や腋毛を生やした「剃らない」画像をT…

今フランスで話題になっているハッシュタグ「お嬢様にはお毛がおあり」。フランスではOKだけど、日本では?

halu218 / 10903 view

透明感あふれる色白肌は「美白習慣」で手に入れよう♡

透明感ある白い素肌は、女性なら誰もが憧れるもの。手軽に安価でできる美白ケアの方法を伝授します。

Rinaaa0101 / 4499 view

お酒に強い?弱い?自分で調べられるアルコールパッチテストで体質をチェック!

自宅に簡単に自分がお酒に弱い体質なのかを調べられるパッチテストの方法を紹介します。

*Putyu* / 8214 view

結局顔採用?第一印象を左右するメラビアンの法則とは

巷で噂されている就職での顔採用はほんとなのか気になっている方もいるでしょう。そこで、顔採用が本当にあるのかと…

Frextod31 / 584 view

間違ったやり方は耳を痛める!?正しい耳かきの仕方

日本では耳かきの文化が強く、耳掃除をするのが当たり前とされています。ですが、気持ちいからという理由で間違った…

Quinert5 / 487 view

関連するキーワード