Twitter Facebook
537view
お気に入りに追加

悲しい…大好きなペットの別れ…ペットの死後に必要な供養と納骨のマナー

犬や猫をペットとして飼うのが一般的となりましたが、家族同然とも言えるペットが亡くなった後は想像以上の悲しみや寂しさが押し寄せます。

犬や猫などの動物は人間よりも成長スピードが早く、寿命が短いです。
そして、訪れるペットの別れに悲しむ飼い主も多くいます。
ペットが亡くなった後は悲しむだけではなく、色々とやらないといけないことがあるので確認していきましょう。

最愛のペットを亡くした後にやっておくべき3つのこと

ペットが亡くなった場合、遺体のお世話は勿論のこと、お葬式や火葬、納骨はやっておくことが大事です

死後、遺体は硬直を始めます。また、口や鼻、お尻などから、体液が出てくる場合があります。悲しみながらも、速やかに遺体のお世話をしてあげてください。

・堅く絞ったタオルなどで体をきれいに拭いてあげる(毛並みを整える)
・まぶたを閉じてあげる
・安置用の箱の中に寝かせる

【1】お葬式

ペットの遺体をずっと安置することは出来ないです。別れは悲しいですが、ペット葬儀などの利用をすると良いですよ。

ペットを寝かせてあげた後には、葬儀と見送り方を考えてあげなければなりません。
家族などとどうするか検討し意見をまとめた上でしかるべき場所へ依頼しましょう。
ペットの葬儀に関しては主に、火葬、土葬、地方自治体の引き取りの3種類が考えられます。
ペット葬儀の流れ
①業者に連絡して葬儀の内容を決める
②迎えが来るまでペットを安置しておく
③迎えの車にペットを納める
④規定日に火葬
⑤納骨・永代供養

【2】火葬

亡くなった後は火葬をする飼い主が多いでしょう。火葬はペット葬儀業者を利用する方法が基本となっています。

・合同葬
他のペットと共に独協などの合同葬儀をし、その後一緒に火葬するものです。

・一任個別葬
葬儀の後に個別に火葬してもらいますが、葬儀社に一任する火葬なので立ち合いなどはできません。

・立ち合い個別葬
個別に火葬を行います。また葬儀社に一任の形を取らないので、火葬に立ち会うことができます。

・自宅葬
葬儀者が自宅まで出向いてすべての葬儀を執り行ってくれます。

ペットの火葬を依頼する場合、中には悪徳業者も存在しているのが悲しい現実です。トラブルに巻き込まれないためにもしっかりとペット火葬業者を選んでいきましょう。

悪徳業者にだまされないためにも、ペット霊園を選ぶときには次の3つを実践しましょう。
1.経験者に相談する
2.複数の業者を当たってみる
3.契約を書面に残す

【3】納骨

火葬をした後に、ペットの遺骨を納骨するかどうかで迷う人もいるでしょう。自宅に残しておくことも問題ないですが、しっかりと供養していきたいのであれば、納骨は大事と言えます。

ペットの納骨とは、火葬後のお骨を、霊園や民間の納骨堂がある施設に納めることを言います。ペットの納骨は、お気持ちに整理がついたタイミングでしていただくことをお勧めしています。そのタイミングは本当に皆様さまざまであるかと思いますがペットの納骨をしていただくことで、供養という考えから言うと、お骨を「抱く」存在から、納骨することで「拝む」という存在へ変わります。

ペット葬儀のマナーってどうしたらいいの…?

ペットの葬式や火葬、納骨をする際にマナーに関して気になることもありますが、人間の葬式よりかは難しく考えなくても大丈夫です。葬式や火葬時は黒を基調とした服装が良いですが、基本的に私服でもOKとなっています。また、ハンカチや数珠、お花、ペットの写真などを用意しておくと良いでしょう。最低限のマナーさえ守っていればペット葬儀や火葬に関しては特にこれといったルールはありません。供養したいという気持ちが何よりも大事です。

遺骨の一部を残す手元供養が人気

遺骨を全て納骨するのではなくて、一部の遺骨を手元に残す「手元供養」が注目を集めているでしょう。特に手元供養品が人気となっていますよ。

手元供養(てもとくよう)は、主に亡くなったペットの遺骨を供養の対象として言われているもので、自宅供養とも言います。
寺院などへの納骨の代わりか、又は納骨を行った上にさらにペットの遺骨(遺灰)を自宅などで保管し、慰霊の場を身近に置いて供養、ペットを偲ぶということです。
手元供養の方法には次のようなものがあります。

・遺骨をそのまま、または粉骨化して供養する
・遺骨を納骨して供養する
・遺骨を加工して供養する
・花供養
亡くなったペットのご遺骨も納めることのできる「手元供養品」が人気です。
人間と同じ形での供養が難しい以上、「そばにいてあげる」ことがペットにとっての最高の供養、ひいては残された方にとっての究極の癒しと言えるのかも知れません。

最愛のペットのためにしっかりと供養をしていこう!

いつかはやってくる家族の一員とも言えるペットとのお別れ…。
ペットが亡くなったら悲しい気持ちでいっぱいだと思いますが、その中でもしっかりと供養をしていくことが大事です。
ペット葬儀や火葬、納骨について事前に確認して、ペットにとって最適な方法で供養してあげましょう。

こちらの記事もオススメ

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

都内で穴場の街は北千住!住みやすさや魅力を紹介します

東京都足立区にある北千住。足立区と聞くとガラが悪い、治安が悪いなどのイメージがありますが、北千住は違うんです…

Lodester / 656 view

【家の中が危険⁉】バリアフリー住宅のススメ

小さな子どもと高齢の人は家の中での事故が多いため、どちらも安心して暮らせるような家にする必要があります。高齢…

Hamilton832 / 1128 view

嫌な生ゴミの捨て方~キッチンで臭いを抑える方法~

料理をしていると、食材で不要になったものを生ゴミとして捨てることがあります。その生ゴミですが、時間が経つと臭…

Reed862 / 433 view

新築にこそ必要!マイホームを劣化させないためのメンテナンス方法

マイホームを手に入れた方は、今後発生する住宅の劣化について考慮する必要があります。そこで、マイホームを劣化さ…

kelleypayne8 / 984 view

【海外で役立つwifi業者はどれだ!?】おすすめの海外wifiレンタル業者を比較!

海外旅行などで必要となるのが「ポケットwifi」です。ポケットwifiがあると海外でもインターネットやアプリ…

jc235444 / 414 view