Twitter Facebook
1314view
お気に入りに追加

育毛剤って本当に髪の毛が生えるの!? 使っても効果がない…

男性型脱毛症(AGA)だけでなく、女性も年齢を重ねると毛髪のボリュームがなくなってくるものです。

そんな時に頼りたくなるのが育毛剤。

しかし高価な育毛剤を使っても効果がないという人も多いのでは。

ちょっとまって!
もしかしたら効果がないのは育毛剤の使い方に問題があるのかもしれませんよ。

育毛剤を使う時に気を付けなければいけないこと

最近、地肌が見えるようになって来たとか、髪のボリュームがなくなってペタンコになってきた、などと言う時に育毛剤を使うこともあると思います。そんな育毛剤の効果を高めるためには、いくつか知っておかなければならないことがあります。まずは、育毛剤とは何なのかについて見ていきましょう。

育毛剤ってどのようなものなの?

始めに、育毛剤とはどのような商品で、またどんな効果があるのかについて見ていきましょう。知っているようで意外と知らないものですよ。

育毛剤は「毛生え薬」ではない

育毛剤には多くの有効成分が含まれていますが、簡単に言うとそれらは発毛環境を整えるためのものです。具体的には、頭皮の血行を促進したり、炎症を抑えることでかゆみをなくしたりと、毛髪が育つことを阻害する要因を排除することを目的としています。

その点からいうと、育毛剤の目的は髪の毛が生えたり、健康に育ったりするための環境を整えることです。育毛剤を使ったから魔法のように髪の毛が生えてくる訳ではありません。

発毛剤との違い

育毛剤と発毛剤の違いを一言でいうと、医薬品かそうでないかの違いです。育毛剤は医薬部外品であるため、ドラッグストアや薬局で購入することができますが、発毛剤は薄毛「治療」に用いられるものなので、基本的にはお医者さんの処方箋が必要となります。

また、発毛剤は男性ホルモンにアプローチして抜け毛を防ぐという効果がありますが、育毛剤にはそのような効果はありません。どちらを使うかは、薄毛の進行の程度によって判断されることとなります。

育毛剤を使う時の注意点

出典:http://wbg.jp

育毛剤を使って薄毛対策をする場合には、いくつかの注意点があります。育毛剤の効果と目的を考えれば明らかなのですが、以下で紹介していきたいと思います。

頭皮や毛髪へのダメージを減らす

薄毛になってしまう要因として、頭皮や毛髪へのダメージが挙げられます。例えば、シャンプーの際に指先でゴシゴシ掻くように洗ってしまうと髪の毛が痛んだり、頭皮に傷をつけてしまい、薄毛のリスクが高まります。

また、シャンピー自体に化学的成分が含まれている場合、洗髪自体が頭皮にとってのダメージとなります。さらに、ドライヤーで乾かす時に、地肌に直接熱を当ててしまうこともダメージとなり、薄毛の要因となります。

清潔にする

先述したように、育毛剤は毛生え薬ではありません。畑に種をまいても、豊かな土壌でないと大きく育たないのと同じように、頭皮環境が悪ければ、いくら育毛剤を用いてもムダに終わってしまうことがほとんどです。地肌を清潔に保って、その上で育毛剤を用いることが重要です。

ある程度の期間は使い続けることが重要

育毛剤を使ってみて「効果がなかった」という人によく見られるのが、1ヶ月使ってみたけど効果がなかったとか、使ったり使わなかったりして効果が見られないのでやめてしまったというようなケースです。

育毛剤の目的は毛を生やすことではなく、頭皮環境を改善して、発毛を促すことです。例えるなら、畑に種をまくことではなく、種が育つ環境を整えることです。そのため、最低でも3ヶ月以上は使い続けることが重要です。

体には60兆もの細胞があると言われており、それらは日々生まれ変わったいます。場所によって生まれ変わるスピードには差がありますが、全部が生まれ変わるのに、およそ3ヶ月かかると言われています。体質改善にはそれくらいの期間が最低でも必要だということです。

薄毛対策は体質改善にもつながります

育毛剤には血行を促進する成分が入っていたり、また、ビタミンやミネラル、亜鉛などの日常生活で不足しがちな栄養素も含まれています。そのため、育毛剤を使ったり、育毛サプリを飲んだりすることは体質改善にもつながります。

また、発毛剤と違って副作用のリスクも低いため、安心して使用できる商品が多いのも特徴です。体質改善で健康になって、その上で発毛効果も見られれば言うことありませんね。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

星野源命名の「モニカ病」は股間が槍で突かれたような激痛!名前の由来は!?原因と治療法…

お尻の激痛「モニカ病」って知っていますか?命名は星野源さん。恐怖の「モニカ病」の原因は!?治療法があるの!?

halu218 / 4061 view

男性の下っ腹ダイエットなら知らなきゃ損な5つのルール

若い時は何もしなくても、引き締まって端正な体だったのに…腹筋しても効果が出ない…と、下っ腹についた肉を掴んで…

あさ / 2572 view

渋くてカッコイイ男のひげスタイルまとめ

似合うひげは人それぞれですが、全体の印象として清潔感を出すのが大事。オシャレなひげスタイルについてまとめてみ…

naka_tomo / 1972 view

小顔トレーニングするなら意識するのはこの筋肉!自宅でできるエクササイズ法も教えます!

小顔矯正や小顔マッサージを受けなくても、自宅で小顔トレーニングをすることは可能です。その際に、筋肉の場所をち…

straycat / 5331 view

大阪で安心してニキビ治療を受けたいならこのクリニック

ニキビは思春期だけの悩みだけではなく、大人になってからも悩まされる人が多いものです。体質や肌質によるものも大…

ao0205ichi / 2565 view

関連するキーワード