リオ五輪の選手村がヤバい!?

2016年8月5日~8月21日の17日間にかけて開催されるリオオリンピック。
南半球でのオリンピック開催は16年ぶり3度目となっており、開会式まで残りわずかとなった現在早速各国のオリンピック選手が続々と選手村入りを果たしています。

しかし、この選手村の環境がかなりひどい状態であると選手達からクレームが相次いでおり、選手村への入村を拒否する国が現れるほどになっているようです。

ブラジル初のオリンピック・リオ五輪

開催地はリオデジャネイロ

2016年夏季オリンピックの開催会場に選ばれたブラジルのリオデジャネイロ。
ブラジルでオリンピックが開催されるのは今回初めてであり、開催地が決定した直後は国中がお祭り騒ぎとなっていました。

リオのカーニバルでは毎年海外からの観光客を含め100万人以上の人々がやってきますので、国際的なお祭りに関する段取りに不安はないかと思われていましたが…どうやらかなり手こずっている模様。

衛生・治安の悪さに不安の声

ブラジルで流行中の感染症が怖すぎる…!

ジカ熱流行で選手が多数出場辞退

ジカ熱流行で選手が多数出場辞退

やぶ蚊を媒体にして感染し、発熱・下痢・嘔吐・神経症などが引き起こされる他妊婦に感染すると『小頭症』という先天的障害を負った子供が生まれてくるとして世界中で恐れられている『ジカ熱』。

ブラジルでは現在でもこの感染症が蔓延してしまっており、ゴルフやテニスの世界ランキングトップ10に数えられている上級プレイヤーの選手たちが次々とオリンピック出場を辞退する事態になっています。

豚インフルエンザで死亡者が続出中!?

豚インフルエンザで死亡者が続出中!?

そして、こちらはあまり知られておりませんが最近ブラジルでは豚インフルエンザが流行しており、既に去年の6倍にもなる230人もの人間が死亡しています。

水質汚染の問題も深刻

トライアスロン開催地は“巨大なトイレ”!?

トライアスロン開催地は“巨大なトイレ”!?

画像はトライアスロンやセーリングが行われるとされるグアナバラ湾のもの。
グアナバラ湾の水質汚染は非常に深刻なものとなっており、グアナバラ湾の別名はなんと“巨大なトイレ”。

犬や猫の死骸が浮いている事も珍しくないと言われるこの場所はスプーン三杯分の水を飲むだけで体調に異常をきたすと言われており、
「ジカ熱よりもこちらの方がよほど恐ろしい」
と話している関係者もいるようです。

本当にこのような海で世界最高峰のオリンピック競技が行われるのでしょうか…?

世界最悪レベルの治安

ブラジル警察が『地獄へようこそ』と掲示

ブラジル警察が『地獄へようこそ』と掲示

ブラジルの空港で『地獄へようこそ』と掲げられた横断幕を持つ男性達。
この横断幕を持っているのは一般のブラジル国民ではなく、なんとオリンピックを警護する警察官の方々です。

なんでもオリンピック警護中のお給料が警察官に支払われておらず、この状態ではとても治安維持などできないと訴えているようですが…。
公務員のはずの警察官にお給料が支払われていないのは国としてマズいのでは?

ブラジルでは大麻の個人使用OK!

ブラジルでは大麻の個人使用OK!

ちなみにブラジルの犯罪率は日本の400倍、殺人は日本の50倍となっています。
日本では厳禁とされている大麻もブラジルでは合法です。
個人使用が許可されているので大麻の吸引を目的にブラジルへやってくる旅行者も少なくはないんだとか…。

真昼間にホテル前で強盗の被害に遭ったオリンピック選手もすでに現れていますので旅行の際は気をつけましょう。

オリンピック選手村の入村を拒否する選手団が出現

オーストラリアがオリンピック選手村への入村を拒絶

選手村への入村を拒否したオーストラリア選手団

選手村への入村を拒否したオーストラリア選手団

プロ野球選手団など一部の例外を除いてほとんどのオリンピック選手が入村するオリンピック選手村ですが、リオオリンピックでは選手村への入村を拒否する国が現れるという異例の事態が発生しました。

選手村の入村を拒否したのはオーストラリアの選手団。
拒否の理由として「選手村の施設不備があまりにもひどいため」とのべていましたが…実際のところどうなのでしょうか?

リオオリンピック選手村の環境が酷い!?

シャワーから汚水が…

ベラルーシの選手団も悲鳴

ベラルーシの選手団も悲鳴

『壁から水が出て来た』として選手村への入村を拒否したオーストラリア選手団。
実は水関係の災難に見舞われたのはこの国だけではなかったようです。

ベラルーシの選手団が練習帰りに汗を流そうとシャワーの蛇口を開いたところ、シャワーから出てきたの水はなんと汚水。
トイレからのものかと思えるほどに汚い水が出てきた事に驚いた選手たちは大混乱に陥ってしまい、選手団役員が即座に改善を訴える大騒ぎになったんだそう。

一流の選手への仕打ちではありませんね…。
問題は汚水だけにはとどまらず、現在もシャワーから水しか出てこないなど数々のクレームが続いているようです。

おしっこがお風呂に逆流してくる!

内村航平選手が苦笑い

内村航平選手が苦笑い

男子体操選手である内村航平選手。
日本の体操界で知らない人はいないとされるほどの一流選手ですが、この内村選手がトイレの水を流したところ、なんとバスルームの排水口から排泄物の臭いが漂ってきたんだそう。

「流したものがお風呂に逆流したのでは?」と苦笑いをしていたそうで…嫌すぎますね。

火災報知器が作動しない!

ボヤが起きても無反応!?

ボヤが起きても無反応!?

6月29日、選手村では地下にあった段ボールや建設廃材に火がつくボヤ騒ぎがありました。
煙が上がった事に気が付いた選手達はすぐに避難し、消防車2台による消火活動の甲斐あってけが人などはいなかったようですが…なんとその場にあった火災報知器は作動していなかったんだそう。

運よく大火事にならなかったから良かったものの、大事に至る可能性も十分にありました。

聖火ランナーにもトラブル続出。無事開催なるか?

消火器を噴射される聖火リレー走者

消火器を噴射される聖火リレー走者

決定当時はお祭り騒ぎとなったリオ五輪ですが、オリンピック開催反対派のブラジル国民は数多く、聖火ランナーに消火器を吹きかける・聖火ランナーの走行コースで反対デモを行うなどといった妨害活動を行ったりと先行き不安な雰囲気が立ち込めているようです。

オリンピックのチケットの売り上げも芳しくなく、リオ五輪の大会組織委員会は4億レアル(約124億円)から5億レアル(約156億円)にもなる赤字経営を強いられているようですが…。

今日という日を目指して一生懸命努力を重ねてきたアスリート達のためにも何とか実際の競技で盛り返して欲しいところですね。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

【ダイバー必見】酸素タンクがいらない!?タンクの要らないコンプレッサーNOMADがア…

スキューバダイビングは、老若男女問わず世界中の人が楽しむことができるマリンスポーツですが、装備の負担が掛かっ…

Camelia42 / 2061 view

カーリング女子・藤澤五月がかわいい!彼氏は韓国人!?喫煙者で歯が黄色い→ボヤ騒動でク…

2018年平昌オリンピック・女子カーリングで銅メダルに輝いた「そだねーJAPAN」の司令塔・藤澤五月さんが可…

Hawaii2010 / 3791 view

【画像】女子の注目の的!イケメンプロ野球選手20選!かっこいいのはプレーだけではない…

日本を代表するプロスポーツ。野球。最近ではイケメンな選手も増えて女子人気も高まっています。どんなイケメン選手…

CY1985 / 3091 view

栄和人の伊調馨への“パワハラ認定”で至学館大学学長の面目丸つぶれ!辞任!?内容は!?

内閣府が伊調馨さんに対し栄和人強化本部長がパワハラをしていたという件で「パワハラがあった」と認定しました。

halu218 / 2277 view

キム・ヨナが整形して日本デビュー!?理由は父親の借金!?反日封印!?

キム・ヨナが整形!?欧米人のような美女になって帰ってきた!日本人好みの顔に変身して日本デビューの理由は父親の…

halu218 / 3244 view

関連するキーワード

*Putyu*

元栄養系大学生。得意科目はダイエット。
辛いものと猫が大好き