Twitter Facebook
251view
お気に入りに追加

元トレンディ俳優・筒井道隆を最近テレビで見かけないけど消えた理由は!?

90年代にトレンディ俳優として一躍注目を集めてからは人気ドラマに多数出演していた俳優の筒井道隆さん。

デビュー作である映画『バタアシ金魚』ではいきなり『日本アカデミー新人俳優賞』を受賞したにも関わらず、天狗になる様子は一切なく、常に落ち着いた様子で、ただ有名になりたいというだけの芸能人とは一線を画す雰囲気がありました。

そんな唯一無二な存在感は男女問わず大変人気で、幅広く支持を得ていた筒井道隆さん。このまま売れ続けるかと思っていましたが…気が付いた時にはテレビに出る機会がぐんと少なくなり、その存在を忘れてしまうほどの状況になっていました。

最近見かけなくなってしまったのは『干されてしまったのではないか』という噂がありますが、この話は本当なのでしょうか?筒井道隆さんが以前と比べてドラマに出演しなくなった理由について調べてみました。

全盛期の筒井道隆はドラマに映画に大活躍のトレンディ俳優だった!

デビュー作『バタアシ金魚』で日本アカデミー新人賞を受賞

筒井道隆さんは1971年3月31日生まれ、東京都調布市出身のA型です。身長は180cm。一見イケメンなんだかどうかわからない、ちょっとボーっとしたような外見なのですが、ひとたび口を開くと魅力が溢れ出るタイプの男性で、そんなところが人気の秘密なんだと思われます。

そんな筒井道隆さんは『元キックボクサーで俳優の風間健さんの息子』として生まれました。父の影響もあってか同じく俳優の道を志した筒井道隆さんはデビューと同時に1990年に公開された映画『バタアシ金魚』で主演デビューを果たします。

新人だったにも関わらず堂々とした演技で『キネマ旬報新人男優賞』そして『日本アカデミー新人俳優賞』を受賞しました。

1992年にはバタアシ金魚の監督であった『松岡錠司監督』の映画『きらきらひかる』に再び出演します。主人公の夫と恋愛関係になるという難しい役を演じましたが、またしても高評価で『第7回高崎映画祭最優秀助演男優賞』を受賞しました。

ドラマ『あすなろ白書』でブレイク

デビューと同時に華々しい道を歩き始めた筒井道隆さんは1990年にフジテレビのドラマ『あすなろ白書』にも出演しました。

このドラマには筒井道隆さん以外に『木村拓哉さん!石田ひかりさん!鈴木杏樹さん!西島秀俊さん』が主要キャストとして選ばれています。皆さんご存知の通り全員現在も活躍されている本当にすごいメンバーが揃ったドラマだったんです。

ドラマの中で木村拓哉さんが石田ひかりさんをバックハグするシーンがありましたが…、放映後はこれを『あすなろ抱き』と呼ぶなど、当時の若者の間でかなり流行したのを覚えています。

平均視聴率は『27.0%』最終回の視聴率は『31.9%』を記録しました。

あすなろ白書の大流行を受け、筒井道隆さんは翌1994年に同じくフジテレビのドラマ『君といた夏』で主演しました。筒井道・隆いしだ壱成・瀬戸朝香の3人が扮する大学生の恋愛ドラマという内容です。

立て続けに『フジテレビ月九』で存在感を表した筒井道隆さんは、以降『トレンディ俳優の代表的な存在』として人気を集めて行きました。

1995年には三谷幸喜脚本のドラマ『王様のレストラン』に出演

1995年には三谷幸喜脚本のドラマ『王様のレストラン』に出演。頼りないけれど憎めないお人好しというキャラクターでまたしても人気を集め『コメディ路線』での成功も収めました。

ここまでは本当に生まれながらのスターといった感じの活躍でしたが、三谷幸喜監督のドラマに出演して以降は何かリズムが変わり出したのか?筒井道隆さんはあまりドラマに出演しなくなって行ったのです。

上の写真の通り、数は少なくなったものの、現在でも俳優として活躍されています。2018年4月27日に公開された映画『ママレードボーイ』にも出演していました。

吉沢亮さん始めそうそうたるメンバーが出演していましたが、48歳になった筒井道隆さんも引けを取らぬ存在感を見せつけたようです。

私生活では女優の坂井真紀さん・田畑智子さん・夏川結衣さん・常盤貴子さんだと交際の噂がありましたが、どれも根拠がなくデマの可能性が高いのではないかと思われます。

現在48歳ですが『いまだ独身』しかも『私生活を語る機会が少ない』ので恋人がいるのか、また恋愛遍歴などはどうなっているのか『謎に包まれている』ようです。

筒井道隆は2006年35歳の頃からテレビ露出が減った!?

デビューしてからというもの飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍していた筒井道隆さん。順風満帆だった俳優人生の中で、何か問題でも起きたのか?トラブルなどを起こした話などはあまり浮上していないようですが…。

転機が訪れたと思われるのはどう考えても『筒井道隆さんが35歳になった2006年頃から』です。一体筒井道隆さんに何が起きていたのでしょうか?テレビの世界から少しずつ姿を見せなくなってしまった原因は一体何なのでしょうか?

筒井道隆が消えた理由(1)筒井道隆は幼少期、父親から厳し過ぎる教育を受けていた事がトラウマ!?

厳し過ぎる父のエピソード(1-1)元キックボクシング選手の父の元に長男として生まれてしまった筒井道隆

筒井道隆さんがテレビの世界から姿を消した理由について調べてみると、その背景には彼を育てた父『風間健』の存在がありました。上の画像の通り大変厳しそうなお父様が、筒井道隆さんの実のお父様ですが、実際の教育も『かなり厳しかった』んだそうです。

筒井道隆さんはキックボクシングの『東洋ミドル級チャンピオン』だった父・風間健さんの『長男』として生まれました。兄弟は他に『妹さん』がいらっしゃいますが息子は筒井道隆さん一人だったことから、余計に厳しく育てられたのではないかと思われます。

そんなお父さんとは年少の頃、妹も連れてスタジオジブリの映画『火垂るの墓』を見に行ったことがあるそうですが、鬼の目にも涙といえばいいのか、厳しいお父様の方が号泣してしまったことが意外で今でもよく覚えているそうです。

厳し過ぎる父のエピソード(1-2)朝4時にたたき起こされ筋トレしたいた!?

武道家だったお父様は『毎朝4時』になると当時小学生だった筒井道隆さんを叩き起こし『走りに行け』と走らされた後は『今度は筋トレだ』と筋トレを強制していたんだそうです。

・朝4時に起きる
・走りに行く
・筋トレする

一つ一つの項目だけでも大変なのに、3つも強制するなんて!?きっと筒井道隆さんのお父様は世界一厳しい父親の一人なんだと思います。

厳し過ぎる父のエピソード(1-3)家の中と庭の掃除をしたあと学校に通学

トレーニングが終わった後は『家の中と庭の掃除』をして学校に行くのが決まりだったそうです。こんなことまでする父親がいるのかと驚いてしまうくらい厳しい教育でしたが、元々運動が好きだった筒井道隆さんはめげることなく毎日続けていたそうです。

俳優・筒井道隆の演技が他の人と違って魅力的に見えるのは、こういった生活の中から生まれたのかもしれません。

厳し過ぎる父のエピソード(1-4)厳しい父から逃れるために小学生で自転車約350㎞

毎日厳しい生活を送っていた筒井道隆さんは1年に数回『おばあちゃんの家に行くこと』が楽しみだったんだそうです。東京で暮らしていた筒井道隆さんは名古屋に住んでいるおばあちゃんの家まで『約一日と半日かけて一人で自転車で行って』いました。

小学生なのにたった1人で何キロも走って、途中で仮眠をとったり、一人で食事をしたり、地図を切ってセロテープで止めたり、雨が降ってきたら濡れて地図が破れないようにカバーをしたり…それら全てをたった一人でやっていたんだそうです。

こんな厳しい道のりなら、普通ならおばあちゃんの家に行くことが罰ゲームのように感じますが、毎日厳しい生活をで送っていた筒井道隆さんにとって『その日ばかりは苦悩から解放されるという喜び』で何をしていても楽しかったんだそうです。

小学生でありながら1万円をもらって出発していたそうで、途中で好きなものを買って食べられる。それがとても楽しかったんだそうです。

当時の筒井道隆さんの家庭は、家の中で怒られることはあっても、家族が笑って話したりするといったことはなかったと語っています。

厳し過ぎる父のエピソード(1-5)父から『役者になるか』『自衛隊に入るか』選べと迫られ→結果、役者になっていた筒井道隆

筒井道隆さんが高校を卒業する頃になると、今度はお父様から突然『お前は役者になるか?それとも自衛隊に入るかどちらかを選べ』と迫られました。

当時のことを振り返りながら筒井道隆さんは『高校生の子供ならもっとたくさんの選択肢があっても良かったのに、親が強制的に2択にしてしまうなんて不親切だった』と語っていたことがありました。

しかし当時の筒井道隆さんはまだ子供・高校生だったのでお父さんにいわれた通り2択の中から『俳優』を選んだそうです。

厳し過ぎる父のエピソード(1-6)生きることすべてに命がけで挑めと命令されていた筒井道隆

筒井道隆さんの父・風間健さんはキックボクシングが全盛期だった時の『スター選手の一人』でした。現役を退いた後は俳優としても活躍していた時期があり、なんとなく二世として筒井道隆さんも俳優にならないかと誘われたことが何度かあったそうです。

そんな父の教えは『何事も死ぬ気でやらなければいけない。』でした。

厳しく育てられた筒井道隆さんはその教え通り常に何をやるにも『死を覚悟して』向き合っていたんだそうです。

俳優になった筒井道隆さんは軽い気持ちでオーディションを受けてみないかと誘われます。新人ながら父の教え通り『死ぬ気で取り組んだ』筒井道隆さんは、デビュー作映画『バタアシ金魚』の主役に抜擢されたのです。

これにはいつも厳しい父も『こんなにトントン拍子に行くとは思ってなかった』と驚いていたそうです。

筒井道隆が消えた理由(2)父からの教えと俳優としてブレイクした状況との狭間で葛藤が芽生えてしまった

筒井道隆の俳優としての葛藤(2-1)命がけで生きる筒井道隆がアイドルやトレンディー俳優として見られるようになってしまった

世の中には頑張ってもずっと売れない俳優さんもたくさんいます。それに比べればデビューと同時にブレイクできた筒井道隆さんは恵まれていたと思います。

しかし売れてからの筒井道隆さんには常に苦悩がつきまとっていたのです。俳優として成功を収めたものの、父からはとにかく命がけでやるんだということだけを叩き込まれて育っていたため、売れた後に『次はどうしたらいいのか』『迷いや葛藤』が生じ始めてしまいます。

命がけで俳優をやっているにも関わらず、世間からの評価は『アイドル的でトレンディ俳優として認知』されていました。世間が考える筒井道隆と実際のの筒井道隆とのギャップに苦しみながら、それでも俳優を続けていきました。

元々筒井道隆さんは『有名になりたい』とか『お金が欲しい』から俳優になったわけではありませんでした。ただ一生懸命演じていただけなのに急にトップスターになってしまい、次はどの方向に行けばいいのか教えてくれる人が見つからず、かなり辛かったそうです。

筒井道隆の俳優としての葛藤(2-2)30歳半ばまでは事務所のいいなりだった!?

苦悩し続ける筒井道隆さんでしたが、幼い頃、厳しかった父に全く逆らわなかった時のように、葛藤があっても事務所に対して自分の意見をいうことはありませんでした。『まだ右も左も分かっていない若造の俳優があれこれ口を出すべきことじゃない。』自分が出演する作品に関してものすごいお金が動いていることを考えると、自分ごときが選べる立場じゃないと思っていたんだそうです。とにかく与えられた作品を全力で命をかけてやるということだけを信じて進んで行きました。

しかしある時突然『こんなはずじゃなかった』『この先この作品はやりたくない』と思った時があったのです。それまではいわれた通りオファーを受けていた筒井道隆さんでしたが『逆にそんな生半可な気持ちで仕事を受けるのは失礼なんじゃないか』と思い始め、大人なんだから自分でやると決めたものを自分の責任でやらなきゃいけないんじゃないかと思うようになり、結果『35歳の頃からは自分で選んで出演するようになった』んだそうです。

35歳以降はお金じゃなくて『とにかくいいものを作りたいから僕は命をかけているんだ』そんな思いを全力で注げる作品を選ばれているそうです。

筒井道隆さんは、俳優としてそんな答えがもっと早く見つけられるような教えが父からあれば、もう少し楽に生きられたかなあと思うことがあるそうです。自分の気持ちと仕事との間の溝を埋めるのにすごく時間がかかっていたのです。

筒井道隆の俳優としての葛藤(2-3)三谷幸喜監督作品が筒井道隆を救った!?

筒井道隆さんは毎回命をかけて芝居を演じながら苦悩していたので、演じることが楽しいと感じたことは一度もありませんでした。

しかし女優・深津絵里さんからの紹介で三谷幸喜監督の舞台を見に行った時、西村雅彦さんや白井聡さんがお客を笑わせながら演じている姿を見て、演じることへの考え方が変わっていたんだそうです。

笑わせることの難しさ、笑わせたと思ったら泣かせたりする。両方できることの凄さ。そんな演じ方の見本が目の前にあり、たくさんのことを吸収できたそうです。

そんな筒井道隆さんは2005年に三谷幸喜監督の舞台『12人の優しい日本人』に出演しました。その時のキャストが上の画像の通りです。本当にそうそうたるメンバーですね。

筒井道隆さんはこの中で陪審員4号を演じました。陪審員4号は61歳の元信用金庫職員、被告は無罪という意見を終始一貫して買えなかった二人のうちの一人だったんだそうです。

筒井道隆さんの役柄を想像しただけでも面白そうな内容なので、また再演しないかなあ、できれば見たかったなーと思ってしまいました。

結論:筒井道隆が消えた理由は『幼少期から始まっていた厳し過ぎる父の教え』と『トレンディー俳優、アイドル的な存在になってしまったこと』の狭間で悩み→結果『自分で仕事を選ぶようになり出演数が減った』からだった!

父から厳しい教育を受けながら俳優の道を選んだ筒井道隆さん。デビューと同時にブレークを果たし誰もが羨むような道を歩んでいるかと思いきや…。様々な葛藤と戦いながら35歳でやっと俳優として自分が進むべき道を発見することができました。

以降は父から教えられた『命を懸けて演じる』という覚悟と、三谷幸喜監督から教えられた『笑わせたり泣かせたりすることに命をかけるという演じ方』をミックスしながら自分の出演したい作品を選んでいらっしゃるようです。

そんな筒井道隆さんは2019年に公開された映画『仙骨』に出演されています。この映画は第40回『モスクワ国際映画祭正式出品』『第12回ジャパンカップ観客賞受賞を受賞』しました。沖縄ならではのお葬式の風習を通して家族の絆を描いた作品です。

48歳になった筒井道隆さんが今一体どんな演技をしているのか?是非一度見てみたいと思いました。きっとこれからも筒井道隆さんは自分なりの解釈の中で、演技を追求されながら作品を作っていかれることと思います。

ひとつひとつに思いが込められている筒井道隆さんの作品。私はファンの一人として大切に見ていきたいなと思いました。

トレンディ俳優や芸能人の消えた理由と現在はこちらもチェック!

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

ヒカキン(HIKAKIN)の収入(年収・月収)はいくら!?FLASH掲載内容は!?本…

日本一のユーチューバー・ヒカキン(HIKAKIN)の収入がヤバイ!?FLASHに撮られた内容は!?本名に過去…

chocoblack / 1680 view

草なぎ剛の現在はYouTuber!?愛車はシボレーで愛犬はくるみちゃん!熱愛彼女との…

元SMAPの草なぎ剛さんは、解散騒動から大変でしたが、ジャニーズを退社して顔が穏やかになりましたよね?香取さ…

aoao / 2786 view

坂口杏里だけじゃない!?芸能人・アイドルのAV女優転身は他にもいた!

2016年9月、タレントの坂口杏里がAV女優に転身との報道がありました。衝撃が走りましたが他にも芸能人からA…

CY1985 / 37628 view

地下アイドル『PiGU』佐々木結音がファンと性的関係で解雇!“ゆのころぽっぷ”の年齢…

地下アイドル『PiGU』の佐々木結音が、男性ファンと性的な関係を結んだとして所属事務所を解雇! “ゆのころぽ…

ShinGo / 17549 view

あびる優のインスタ炎上まとめ!子どもを置いて旅行&育児論&過去には窃盗(万引き)告白…

タレントのあびる優がSNSで「子どもを置いて旅行」した事や、その後に説明した自身の子育て論で炎上!過去には窃…

nekonekota / 2243 view