Twitter Facebook
493view
お気に入りに追加

「レバーって体に良い」って聞くけど

レバーは昔から「体に良い」って、頻繁に耳にするけど
具体的にどういった効果が得られるのか分からないと言う人も多いと思います。

今回、このページではそんな人向けにレバーの効果効能について
具体的に紹介していきたいと思います。

ぜひ気になる方はチェックしてみてください。

美肌効果

レバーで美肌と聞くとイマイチ繋がりが薄いような気がする人も居るとおもいますが
実はレバーには肌の美容に関する栄養成分が存分に含有されているんです。

レバーは肌の美容に最適なビタミンA、ビタミンBやC、たんぱく質やミネラルなどをたっぷり含んでおり、まさに女性の味方とも言うべき健康食品なのだ。

意外と知られていないことなので
ぜひ今日から積極的に摂取するようにしましょう。

疲労回復効果

こちらはレバーと言えば…という効果の1つではないでしょうか。

ビタミンンA、B共に鶏に次いで優秀で、たんぱく質が3種中一番高い。良質なたんぱく質が採れるので、運動後に食べると疲労回復に効果的だ。

特に豚レバーが疲労回復には良いみたいなので
ちょっとでも疲れたなと感じたら、豚レバーを摂取するように
するといいでしょう。

ほうれい線の改善

こちらもあまり耳にしない効果だと思いますが

レバーには、肌のハリ・潤いを作り出すのに欠かせないレチノールが豊富。このレチノールはヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンを作り出す「線維芽細胞」に働きかけ、美肌にとって必要な成分の合成を促します。

ということなので、ほうれい線が気になりだしている方は
意識して食べるようにするといいでしょう。

貧血

こちらはレバーで良く謳われる効果なので多くの人が知っていると思います。

鉄の含有量が多く、その吸収効率が高いことです。野菜、穀類、海草など非ヘム鉄の吸収率が5%程度であるのに対し、肉やレバーのヘム鉄の吸収率はおよそ20%です。豚レバー100gは鉄を約24mg含み、このうち約5mgが吸収される計算です。成人男子の鉄の所要量5~9mg(1日)の大部分は100gのレバーで補えるわけです。

また、レバーとほうれん草の組み合わせは効率良く鉄分を
摂取できるため、おすすめできる食べ方です。

レバーのおすすめレシピ

レバーのおすすめレシピを紹介していきます。

こちらの記事もオススメ

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連するキーワード