Twitter Facebook LINE
202view
お気に入りに追加

口コミで高評価のクリーム、ハーバルラビット

ティーン雑誌のモデルなどの口コミから、デリケートゾーンのクリームとして人気が高いのがハーバルラビットです。

美白成分の配合率が非常に高く、肌を黒くするメラニン色素の沈着を抑制することができれば、黒ずみをシャットアウトすることが可能です。

ハーバルラビットは、メラニン色素を強力に抑制する水溶性プラセンタエキスを配合しています。

水溶性プラセンタ以外にも、こだわりの美白保湿成分が配合されています。

肌を白くするビタミンC誘導体だけでなく、米ぬかエキスなどの保湿ケアも含まれています。
ハーバルラビットには、肌の保水力や保護機能を高めて、安全にケアできる成分が豊富に含まれています。

ハーバルラビットの効果は、公式サイトには早い人で2週間くらいと書かれています。

実際にハーバルラビットを使った人たちの口コミを読むと、個人差はありますが、1ヶ月から半年の期間継続して使うことで黒ずみが解消したという声が多いです。

すぐに効果が出るわけではないので、焦らずじっくりケアをすると、着実に効果が出ます。ハーバルラビットは肌に優しい成分を使っていて、公式サイトでも副作用の原因となる石油系界面活性剤やシリコン、着色料やアルコール、添加物は使っていないと公言しています。

副作用の口コミをほとんど見かけないのも安心です。

ファッションモデルや読者モデルたちも実践している美白クリームです。「乾燥から守ること」に重きをおき潤いを与えながら、デリケートゾーンの黒ずみを解消していきます。

定番人気の石鹸

シークレットレディ・ジャムウソープ

シークレットレディ・ジャムウソープはオールインワン石鹸で、これ1つで消臭や黒ずみ解消、抑毛や肌の引き締め、フェロモンを醸す働きがあります。

泡立ちがよくないと言われがちなデリケートゾーン石鹸の泡立てパフが、かわいらしいラッピングで付いてきます。気になる部分にしっかり泡立てた泡を乗せて3分パックします。

使っている間はローズの香りがして癒されます。シークレットレディ・ジャムウソープはサトウキビエキスやカキエキス、茶葉エキスが、気になる臭いを除去します。

さらに黒ずみや抑毛それぞれに効果的な成分も配合され、ローズやイランイランの香りでフェロモン度がアップします。

石鹸選びで迷っているときは、オールインワンに頼ると良いです。冬場、泡立てて3分パックするときは、風邪をひかないようにしましょう。

LCジャムウ・ハーバルソープ

LCジャムウ・ハーバルソープは通販だけの売り上げで257万個を突破した人気商品です。

LCラブコスメショップのスキンケア部門の人気商品です。洗浄成分はパーム油から作られる石鹸素地です。

ジャムウに配合されるハーブはアロエやヤシ油、カミツレ油やオタネニンジン、甘草です。石鹸素地からできているため、弱酸性ではありませんが、洗い上がりが優しいです。

ジャムウの中身の配合比率で効果が変わってきますが、日本人女性の肌に合わせてブレンドされています。石鹸を泡立ててから、気になる部分につける3分泡パックも評判です。

臭いや黒ずみに効きます。

デリケートゾーンケアのジャムウ石鹸。デリケートゾーン・わき・バストトップ・ひじやひざのお手入れに!

肌の黒さを白くするために

ルミキシル

デリケートゾーンの黒ずみは、妊娠や出産、加齢以外の原因の殆どは、ムダ毛の処理や衣類の摩擦など、外部からの刺激による防衛反応から、メラニンが過剰に分泌されて起こる色素沈着です。

中でも特に、陰部やビキニラインのデリケートゾーン部分は、まぶたよりも皮膚が薄く、衝撃を受けやすいため、他の部位に比べて最も黒くなります。

肌のどの黒ずみにも作用すると言われている成分は、厚生労働省に美白効果があると認可されている成分のことです。

中でも皮膚が薄く衝撃を受けやすいデリケートゾーンに最適な成分は、刺激の少ないトラネキサム酸やビタミンC誘導体です。これらの成分は美白効果が高く、肌への刺激が少ないため、肌トラブルの心配がありません。

また、アルブチンも市販の美白美容液によく配合されている成分ですが、αとβの2種類あり、αは肌への刺激が強いので、使用するならβアルブチンの法を選びます。

病院やクリニックで処方されるハイドロキノンやトレチノイン酸が入った美白の目的のクリームは、黒ずみ解消に効果がありますが、肌への刺激が強く、デリケートゾーンにはおすすめできません。

ルミキシルは天然由来のアミノ酸からできていて、シミの原因のメラニンを阻害し、ハイドロキノンの17倍の抑制作用があります。また、非毒、非刺激性のため、肌へ負担が軽く、敏感肌の人も安心です。

さらに、保湿成分が含まれているので、使用後かさつきません。酸化しにくく、紫外線の害を受けにくいです。

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは、しみの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きのある成分で、欧米では美白といえばこのハイドロキノンが主流です。
この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

【薄毛、放置していませんか?】大阪でAGAの治療が受けれるクリニック

「最近、薄毛が気になってきたんだけど、どこに相談すればいいかわからない」「抜け毛が多くて焦っている。一日でも…

ao0205ichi / 2097 view

激ヤバ肌修復、ボラギノールの代用の最終兵器!?化粧品と医薬品「軟膏」「クリーム」「ロ…

痔の薬、ボラギノールを顔に付けるとニキビや湿疹が速攻で治るといいますが、化粧品にも同成分が含まれています

s-maria / 12650 view

カサカサ肌をうるおい肌に♡乾燥肌の原因と正しい解消法

さまざまな肌トラブルの原因になるカサカサ乾燥肌。老けて見える原因にもなってしまいます。正しいスキンケアで、乾…

Rinaaa0101 / 1019 view

ダイエットが長続きしない方へ!成功者続出のダイエットが話題☆

一重の女性なら、恐らくほとんどの方が憧れる「パッチリ二重」。実は、お金や道具をかけずに二重になれる方法がある…

kinako / 1917 view

【カミソリ負けを防止!】ヒゲ脱毛VSセルフ処理!どちらが肌にとってオススメ?

脱毛サロンにいかずに自分で毎日ヒゲを剃っている人は、ヒゲを剃ると肌を傷つけてしまうことがあります。カミソリ負…

Quadret / 137 view