Twitter Facebook LINE
288view
お気に入りに追加

最近よく聞くクラウドって何?

ITソフトが一般的にも流通する中、ほとんどの方が一度は「クラウド」という言葉を聞いたことはあるでしょう。しかし、クラウドを正しく理解している人は意外と少ないです。

最近世の中をにぎわせている言葉「クラウド」。「クラウド:cloud=雲」という意味ですが、なにも最近雲がブームになっているわけではありません。ここで言う「クラウド」とは、クラウドコンピューティングを略したものです。
クラウドとは、一言でいうと「ユーザーがインフラ※やソフトウェアを持たなくても、インターネットを通じて、サービスを必要な時に必要な分だけ利用する考え方」のことです。
なぜ「雲」という言葉になったのかには諸説あります。一つは、「コンピューター技術者たちが、図のうえで“ネットワーク”を示す時に雲の絵を使うことが多かったから」という説です。

クラウドを訳すると「雲」。しかし、ただ安直にクラウドと名付けられたのではなく、背景にはこのような意図があったようですね。

防犯カメラにもクラウドが導入されている

クラウドは色々な製品にも導入されていますが、実は「防犯カメラ」もその1つになります。

近年はいわゆるクラウド環境を積極的に利用した監視カメラが注目を集め始めています。ホームセキュリティの業界ではこれまで以上に強固なセキュリティ環境を構築できることが話題になっているようです。
クラウド型防犯カメラが今までの防犯カメラと異なる点はネットワーク経由で映像を送れるネットワークカメラと呼ばれるカメラであることと、自宅に録画用のレコーダーが無くても録画した映像をカメラが勝手に専用のサーバーに送信するのでレコーダーが不要であること、さらに外部からのモニタリング専用のアプリやインターネットブラウザなどがあればネットワーク経由で簡単かつ安全に行えることです。
もちろん、サービスの提供元である会社は、映像の録画・配信を行なうサーバーやアプリに対して、厳重なセキュリティ対策をほどこしてくれています。ただし、このサービスを利用するためには、月額料金の負担が必要となります。

防犯効果、セキュリティ対策としてもクラウド型防犯カメラは非常に役立つアイテムと言えます。

スマホを使った防犯カメラがすごい!

防犯カメラと言えば、ボックス型やドーム型を想像する方も多いでしょう。しかし、最近ではスマホを使った防犯カメラも便利でオススメできます。

少し話題のiPhoneアプリの「監視カメラ」
iPhoneやiPod、iPadminiやパソコンだけで「監視カメラ」を設置できるという。

しかも無料!

ずっと、こういうの出ないかなと期待していたので
興味津々で早速試してみました!
スマホに無料アプリをインストールするだけで、リアルタイムの映像を見られるようになるのです。スマホに映像を転送しているのはインターネットの賜物ですが、この技術は過去の時代ではあり得なかった事です。

スマホを使った防犯カメラの利用方法

①カメラとして利用するスマートフォンで映像を録画する(アプリ利用)
②カメラは無線でインターネットを通じて映像を配信する準備をする(アプリ利用)
③外部のモニタリング端末(スマホやPC)から自宅のスマートフォンのIPアドレスとポート番号を指定して映像をリクエストする(ウェブブラウザや専用のソフトなど)
④カメラ側はリクエストに応じて映像を配信する(アプリ経由)

オススメできる防犯カメラアプリ

防犯カメラアプリには色々なものがありますが、その中でも評判がいいアプリをピックアップしてみました!

Ivideon 監視カメラ

難しい設定不要!スマホで監視カメラの映像を、いつでもどこでも受信
録画した動画をクラウド上に保存。あらゆるデバイスからアクセス可能
緊急時も即対応。不審な動作や音を感知すると、プッシュ通知でお知らせ

あんしん監視カメラ - すぐに使える無料の防犯カメラアプリ

あんしん監視カメラは、iPhoneやiPad、iPod Touchを、
監視カメラとして使えるようにする無料アプリです。

複雑なネットワークの設定は不要で、撮影した映像は、
ほかのスマホやパソコンからすぐに確認できます。

Alfred Camera

Alfredは、スマートフォンを家庭用のネットワーク監視カメラに変えるモバイルアプリである。
Alfredであなたの使っていない古いスマートフォンを見守りカメラに変身することができ、動き検出/録画とナイトビジョン機能などを加え、しかも無料!

不要なスマホで防犯アプリを有効活用しよう

防犯アプリは今使っていないスマホでインストールして活用することも可能です。ですから、防犯カメラを導入する費用が勿体ないと感じている方であれば、不要なスマホを使って監視システムを導入するのもオススメです。また、その際には利用する時のメリット・デメリットを理解した上で、活用するようにしましょう。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

新生活をお考えの夫婦は必見!マイホーム購入は狭小住宅がオススメ

家族が増え、今住んでいる部屋や住宅を引っ越したいという方も多いでしょう。しかし、いざ、マイホームを購入すると…

perd75 / 222 view

知らなきゃ損!すき家の使える「裏メニュー」をご紹介!

有名牛丼チェーン「すき家」に存在する「裏メニュー」をまとめてみました。

shimashow / 59624 view

世界的にもさまざまな人が集まる大都市!東京への上京が人気なワケ

日本国内で最も有名な都市と言えば、『東京』。東京には海外から移住している方も多く、さまざまな文化と言語が共存…

kelleypayne8 / 90 view

加湿器を買わなくても家にあるもので手軽に部屋を加湿する方法

最適な部屋の湿度は50%から60%とされており、部屋が乾燥していると、喉の痛みや肌あれ、風邪、静電気を起こし…

uenakamiho / 130 view

【お部屋がスッキリ】カラーボックスを使ったお洒落収納術を紹介!

散らかったお部屋を綺麗にしたい!綺麗を収納したい!と思っている場合、カラーボックスを活用するのがおすすめです…

bop643 / 106 view