Twitter Facebook
1092view
お気に入りに追加

女性に人気のある美大

数多くある大学の中でも、視覚芸術に特化したカリキュラムを導入している美大は女性の進路先として人気があります。
何故、多くの女性受験生が進路に美大を選んでいるのか?

美大に女性が多くなった背景

女性が積極的に芸術活動ができるようになったのは、ごく最近のことです。そして多くのすぐれた女性の芸術家が輩出していますね。美術館で女性が多いのは、ほかの経済的要因や文化的背景からくるのではないでしょうか。

最近の女性受験生が美大へ進路を進めることが多いのは、このような背景があったみたいですね。
他にも、こんな意見も見受けられます。

1位「絵を描くことやものづくりが好きだったから」
2位「勉強が嫌だった」
3位「将来のことを考えて」

ここが違う!一般大学と異なる美大ならではのイベントが盛りだくさん

大学といえば、学園祭やその他のイベントが気になるところ。
美大では一般大学にはない魅力が沢山ありますよ。

武蔵野美術大学で行われる大イベント「芸術祭」がスゴイんです!!

毎年異なるテーマが決められ、そのテーマに沿った展示物で学部の垣根を越えてキャンパス全体が一体となり、芸術祭を盛り上げます♪

キャンパス全体をギャラリーとして使い、美大ならではの、さまざまな展示物やアート作品がところ狭しと並び、広い校内をまったく飽きることなく見て回ることが出来ます☆
秋になると多くの大学では、学祭というものが開催されます。美術、芸術分野の大学ではその学祭というものが芸術祭=芸祭(げいさい)という形で行われます。この芸祭はアートやデザインを学ぶ学生だけでつくられているため、演出やデザインのこだわりは強く、学生の枠を超えたクオリティの高さが年々話題にもなっています。

美大の学祭は一般大学とは違い、芸術的な催し物を行なう傾向が強いようです!
大学選びに迷っている方なら、一度美大のイベントに参加してみるのもオススメ。

美大ってどういう人が通うの?

一般大学を選ばずに、美大を選択する方はどういう人なのか。
その特徴をご紹介していきます。

美大を目指す人は当たり前かもしれませんが、ほぼ全員が「絵を描くこと」や「ものづくり」が好きです。
毎日飽きずに絵を描き続けることができる。
それが美術をやっていく上で一番の素質であり才能です。

やはり美大に通っている人達の大半は、昔から美術が好きというケースが多いようですね。

美大に卒業した後の進路

美大を卒業した後はどんな進路があるのか?と疑問に思う方も多いはず。
実は美大を卒業したからといって、必ずしも美術関連の仕事へ就くという訳ではありません。

デザイナー、絵描き、イラストレーター、工芸作家、彫刻家、職人、編集者、菓子職人、美容部員、服飾系、会社員‥‥。先輩たちをみていると、美大生の進路も、本当に多岐にわたります。
やはりデザイナー職を希望する学生が多いです。業界としては広告・グラフィック関係で電通や博報堂、女性ならではの視点を生かし、ファッション、靴、バッグ、テキスタイルデザイン、インテリアや建築、空間デザインなどへ。また、今伸びているゲームやアプリなどのキャラクターデザインなどをめざす学生も目立ちます。

美大で身に付けた知識や技術を活かし、デザイン系の職業に就く方も多いようですね。
また、グラフィックを使ったCGデザイナーなども美大を卒業した方からの就職先として人気みたいです。

美大に受かるために必要なこと

美大受験は、学科テスト(私立は文系中心、国立はセンター試験あり)と、実技試験の2つの総合点で合否が決定します。

受験で重視されるのは、実技試験の方です。
芸大美大に合格するためには感覚を磨く必要があります。感覚を磨き始めるには最初に美術ではどのような感覚を磨く必要があるのかを先生からしっかり教えてもらい、感覚を磨くために必要なことを聞いて理解しておくことが大切です。

美大では学科試験より実技試験に力を入れた方が合格率が高まります。
だからこそ、入試を検討している方の場合、試験前までに美術のスキルを重点的に学びましょう。

予備校という選択肢も

予備校で学ぶことは,入試だけでなく、大学入学後、大学卒業後の活動を支える大事な基礎力となります。しっかりとした基礎力を身につけてから大学に進学することで、大学での4年間をより充実したものにしてくれます。

大学への入学が決まっただけで、将来的なことは誰にも分かりません。その為、少し遠回りして予備校に通うというのも選択肢のひとつです。

自分の気持ちを再確認!将来的な選択肢を見つめ直す

将来的な進路に思い悩んだ時には、まず気になる職業や学科をリストアップすることが大切です。その上で、最も興味がある職業や学科を確認し、それに該当する大学を選択するといいでしょう。また、職業ガイダンスやオープンキャンパスへ参加するのもオススメですよ♪

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

デザイナー必見!商用利用可の使えるフリーフォントまとめ!【ゴシック系フォント編】

デザイナー必見!商用非商用問わず使える「ゴシック体」フォントをまとめてみました。

shimashow / 6833 view

「14人の少女のうち7人は女子高生、7人は犯罪者」というおそロシアな猟奇殺人アート『…

フランスのポンピドゥーセンターで開催されたロシアの現代美術展にとんでもない作品が展示され話題となっています。

Mommy / 3847 view

万人ウケ間違いなし!タンクトップを着こなすコツ

着方ひとつで女性からの評価がガラリと変わるタンクトップ。 あなたの着方は大丈夫ですか? もしもタンクトッ…

Golda52 / 782 view

クリエイターへの転職・就職活動に不可欠!ポートフォリオの作り方まとめ

クリエイター職に就職・転職したいなら、まず用意しておくべきなのがポートフォリオ。ポートフォリオとは一体どんな…

Marsh46 / 523 view

デザイナー必見!あなたのデザインを助けてくれるWebツールまとめ!

デザインを考える上で役に立つWebツールをまとめてみました。

shimashow / 3553 view

関連するキーワード