Twitter Facebook LINE
8841view
お気に入りに追加

ネットで話題?「パブロン」でトリップする「金パブ中毒」とは

市販で販売されている「パブロン」で、中毒者が続出していると話題になっています。

そのパブロンの中でも「ゴールド」に、中毒現象が特化しているようです。

「パブロンゴールド」→「金パブ」と略されて、巷ではそう呼ばれています。

この「金パブ」を、頻繁に飲むうちに手放せなくなるようで、それが依存という形に変わっているそうです。

喉を鎮め咳を抑制するのに効く「金パブ」

パブロンゴールドには、ジヒドロコデインリン酸塩が含まれており、この成分が喉を鎮め咳を抑えてくれるようです。

コデイン類の成分だそうで、咳を鎮めるのに大変効果的です。

「ふわっと気持ちがいい」感覚がいつしか依存へ

咳は本来、異物が体に入り込まないようにするための防御反応で、脳内の「咳嗽(がいそう)中枢」という神経中枢がコントロールしている。

 咳嗽中枢の働きを抑えれば、止まらない咳も抑えることができるのだが、その感覚が「ふわっと気持ちいい」のと、依存性があるのとで、いつのまにか薬を手放せなくなる傾向のある薬だ。

コデイン類は、アヘン由来の成分なので麻薬性中枢性鎮咳薬に分類されます。

麻薬性と言っても医療用ですので、安全なので心配しないで。

ですが、大量に飲めば少々事情が変わってくるようで、コデイン類に魅了され乱用者が増えているというのです。

コデイン類の麻薬性に対し、非麻薬性の成分を使用している鎮喉薬がありますので、心配な方はドラッグストアで相談して風邪薬の購入をおすすめします。

別の意味で金パブより人気のある「エスエスブロン錠」

金パブよりも、別の意味で人気があるかもしれないエスエス製薬の「エスエスブロン錠」。

金パブと同じコデイン類で、それに加えエフェドリンが含まれています。
エフェドリンとは、生薬の麻黄に由来する成分で交感神経を興奮させる作用があります。
覚せい剤程強力ではないにしろ、覚せい剤を使用した時に交感神経を興奮させることに似たような作用があると言われています。

ドーパミン偽陽性反応に関わる事もあるようで、興奮するようです。

即効性で用いられる「咳止めシロップ」

咳が出て辛い、眠れないなど「咳止めシロップ」で咳を鎮静させる方も多いのでは。
錠剤や顆粒の風邪薬より、体内吸収が早いので咳が収まらない時に手軽に服用でき、即効性があるので大変うれしいピンポイントな薬です。

ですが、この体内吸収の即効性を利用して別の意味で服用しているとか。

噂では「トリップ」するとかしないとか。
「ふわっとした」なんて声も聞こえてきます。

トリップしたいがために1~2本を立て続けに飲み干す人もいるのだとか。

危険すぎます。

心配される「オーバードーズ」

市販の薬は容易く購入できるので、誰しも依存症になる可能性が高いです。

依存症になった後、心配されるのは「オーバードーズ」です。
段々と量が増えていき、一回に服用する薬が大量になってくると、体に負担がかかり死に至ることもあります。

くれぐれも薬の量は、処方で決められた量を摂取することを強くお勧めします。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

ニベアパックだけじゃない!まつ育やヘアケアにも使えるニベアの美容効果!

肌の保湿から、髪の毛のトリートメントにまで使えるニベアクリームが今、最注目されています。ニベアの美容効果を紹…

Rinaaa0101 / 3112 view

【恐怖!40代を襲う病気】アラフォー男性は健康にならないとすぐ病気に…

男性の40代はまだまだ働き盛りですが、20代や30代と比べると体が衰えてきて、様々な病気を発症する危険性が高…

ElizabethKolodz / 91 view

クリアネオをつかって気になるワキガを徹底解消

アポクリン腺からでる汗が原因となるワキガですが、クリアネオの消臭作用と制汗作用で解消することが出来ます。また…

mugikomugi / 163 view

ピーマンの健康効果&効能まとめ

日常生活で何気なく食べているピーマンの効果効能をまとめてみました。 ぜひ気になる方はチェックしてください。

naka / 125 view

ほうれい線対策をまとめてみました

女性の敵ともいえるほうれい線。1cm長くなるとそれだけで1歳老けて見えると言われています。そんなほうれい線を…

ヨナ / 160 view