Twitter Facebook
948view
お気に入りに追加

フリースタイルバトルブームの火付け役たち一挙まとめ

「フリースタイル」という言葉はよくスポーツの世界でも使われてきていたフレーズですが、2015年ごろからは音楽のジャンルでもその知名度が上がってきました。

それがヒップホップという音楽ジャンル内での「フリースタイルラップ」です。

音楽に乗せながら即興的で自由な歌いまわしをすることを指しますが、このフリースタイルラップを用いた対決がまさにブーム。

その人気はアンダーグラウンドの世界を飛び出て、一般人にまで浸透してきました。

そんなフリースタイルバトルブームの火付け役として活躍してきたラッパーたちをここではご紹介していきます。

メジャーなラッパーから一昔前から活動している大御所アーティストまで幅広く網羅、これを見ればあなたもフリースタイルラップ通になれますよ!

フリースタイルラップの達人を名シーンやバトルと共に紹介

R-指定

言わずと知れたフリースタイルの王様「R-指定」

フリースタイルラップ日本一を決める大会では前人未踏の3連覇を達成。

誰もがトップフリースタイルラッパーと認める彼の功績は未だに破られていない偉大な記録です。

抜群のボキャブラリーと天性とも言える頭の回転の良さを発揮した破壊力のあるパンチラインが魅力的。

字幕付きベストバウト R 指定vs GOLBY - YouTube

出典:YouTube

3連覇後のウイニングラップは伝説のひとつ

日本語を巧みに使いこなし、聞きやすいラップを心がけているR-指定。

誰もが彼の勝ちと納得させる「フリースタイルの中でのストーリー」を作り上げるのが最大の特徴。

今後、彼のようなフリースタイルラッパーが現れてくることはないかもしれない…そう感じさせるほどの実力がありますね。

DOTAMA

フリースタイルの王様R-指定とはフリースタイルラップ大会の決勝戦などでも対戦したことがある「DOTAMA」

数々の名バトルを見せてきてくれたDOTAMAもついに2017ではその栄冠の座につきました。

長い年月をかけて優勝というタイトルを手にした彼の持ち味は見た目とはギャップがある毒舌ラップ&ギャグラップ。

時折見せるバイブスの高いアツい気持ちを叫んだラップも魅力のひとつです。

UMB 2017 DOTAMA ウイニングラップ - YouTube

出典:YouTube

悲願の初優勝、R-指定についても語ってますね

苦労人といえば苦労人のDOTAMAですが、ここまでのドラマを考えるとようやく報われたなという印象が強いですね。

アーティストとしても大成できるかが今後の勝負となってきそうです。

CHICO CARLITO

王者R-指定が退いたあとにMCバトルの大会UMB2015で見事優勝を果たした「CHICO CARLITO」

沖縄出身のラッパーとして活躍の幅を広げている彼でしたが、人気番組フリースタイルダンジョンでは挑戦者からモンスターへと昇格を果たしました。

CHICO CARLITOの魅力はなんといっても沖縄独特のリズム感とフロウ。

調子の波が激しいですが、絶好調のときは手がつけられないほどの実力です。

戦極MC BATTLE 第13章(15.12.27) 晋平太 vs CHICO CARLITO @BEST BOUTその1 - YouTube

出典:YouTube

UMB2連覇の晋平太とのバトルはチコカリートにとってもベストバウトのひとつ

崇勲

崇勲は埼玉県春日部を拠点にするラッパー。

2015年のフリースタイルラップの大会「KING OF KINGS」で優勝したことによって注目を集めました。

独特の世界観を持ち、相手からの攻撃をすべて受け流すのが彼のスタイル。

時折見せるユーモア溢れるパンチラインが持ち味となっています。

【SPOTLIGHT 2017 MC BATTLE】PONY vs 崇勲 - YouTube

出典:YouTube

ダジャレに即興でダジャレ返しをする崇勲

崇勲は自身の姉が自殺したことによって人生を考えるようになったといい、特に相手へ強い言葉でディスることをあまりしないように心がけているという異色のフリースタイルバトラーです。

心の優しさが裏目に出ることがありますが、ガツガツくる相手への受け流し力はナンバーワンのラッパーです。

FORK

ヒップホップグループICE BURNのメンバーで、フリースタイルバトルにおいてUMBでの優勝経験もある「FORK」

とにかく極上の韻の踏み方にこだわったラップスタイルはいまだに進化を続けています。

UMB2006で優勝以降はあまり表のフリースタイルバトルに出ていませんでしたが、フリースタイルダンジョン2代目モンスターに抜擢されその知名度を上げました。

まだ近年のようにフリースタイルが浸透していない頃からライムを意識したラップを武器に戦ってきたレジェンドのひとりです。

UMB classic -GRAND CHAMPIONSHIP 2006 HIDADDY vs FORK- #003 - YouTube

出典:YouTube

10年以上前のFORK、若い…(笑)

今のようにフリースタイルバトルが発達した環境ではない中で、抜群のライミングで圧倒してきたFORK。

10年以上前とは思えない言葉のチョイスと韻の踏み方はさすがですね。

呂布カルマ

名古屋を代表するラッパーでフリースタイルバトルやネット番組とマルチに活動している呂布カルマ。

個性的なファッショが目を引く彼のラップでの持ち味は矛盾のない話のまとめ方。

意味のない言葉は吐かないというのがポリシーでもある。

【公式字幕】呂布カルマ vs 晋平太/超ライブ×戦極 U-22 MCBATTLE 2016 - YouTube

出典:YouTube

堂々した雰囲気やオーラも魅力のひとつ

晋平太相手にも一歩も引かないスタイルはやっぱカッコいいですね。

無駄なライミングがなく、基本的に相手の痛いところをとことん突いていきます。

間違いなくトップフリースタイラーの一人です。

漢akaGAMI

フリースタイルバトルのブームに火をつけた「フリースタイルダンジョン」の初代モンスター。

テレビでは勝率の悪さから視聴者に文句を言われることもありましたが、ヒップホップがまだ定着していない頃からフリースタイルバトルで名を上げてきた凄腕ラッパーです。

調子が良く昔ながらの喧嘩腰バトルをさせたら彼にかなうラッパーはいないでしょう。

ラップバトル中漢さんガチギレ。警察を絡む騒動に... - YouTube

出典:YouTube

アンダーグラウンド感満載のバトル中の喧嘩

漢さんというと場外での活動もよく話題になります。

特にこのKNZZという無名のラッパーに喧嘩を売られたときには真っ向から勝負。

最初はちゃんとラップで仕掛けた漢さんでしたが、唾を吐かれるマイクコードを引っ張られるなどの悪質な行為に激怒。

その後1発パンチを食らいながらも平然とする漢さんはやはり昔ながらのB-BOY代表です。

相手は売名目的か何かでしょうが、その後活躍を見せることはありませんでした。

KEN THE 390

スタイリッシュな見た目から女性人気も高い「KEN THE 390」

フリースタイルダンジョンでは審査員を務めていますが、実はもともとかなりの凄腕フリースタイラーのひとり。

B-BOY PARK2005ではベスト4にも輝いています。

早稲田大学卒の元リクルート社員というラッパーとしては異色の経歴ながら、メジャーシーンで活躍を果たしています。

松本人志 vs KEN THE 390ラップバトル!!/タウンワークCM - YouTube

出典:YouTube

松っちゃんと共演しているこの人がKEN THE 390です

メディア露出も積極的に行い、日本のヒップホップシーンに多大な貢献をしています。

最近では楽曲提供も行っていてプロデューサーとしての才能も見せ始めていますね。

スタイリッシュでロジカルなフリースタイルバトルを行うのが彼の特徴です。

【字幕付き】kenthe390 vs KBD MCバトル - YouTube

出典:YouTube

フリースタイルでも抜群の強さ、正論すぎてつらい(笑)

GADORO

抜群の韻のセンスと固さが特徴の「GADORO」

2017年にはKING OF KINGS優勝で悲願の初タイトルを手にした現役フリースタイルバトラー。

自身の過去や生い立ちを語りかけるように歌ったアルバム「四畳半」はi Tunesのヒップホップチャート1位も獲得した。

元彼女や消費者金融からの借金が膨れ上がり、どうにもいかない現状をマイク1本で引っくり返した彼はまさにヒップホップドリームを体現しています。

裂固 vs GADORO/戦極MCBATTLE第15章(2016.11.06)@BEST BOUT2 - YouTube

出典:YouTube

フリースタイルダンジョン2代目モンスター裂固を大会では軽々撃破するGADORO

バトルでは徹底的に相手を攻め立て、プライベートでは自分自身のことはどうしようもないクズと自称するGADOROですが実はかなり心優しい一面もあります。

それを音源で表現したのがこちらの一曲。

GADORO/カタツムリ【Official MV】 - YouTube

出典:YouTube

親代わりに育ててくれた祖母への気持ちを歌った「カタツムリ」

TKda 黒ぶち

2018年現在においては未だビッグタイトルこそ獲っていないものの、抜群のフリースタイルの上手さを見せる「TKda 黒ぶち」

過去には王者R-指定に勝ったこともある実力者です。

崇勲とは同じ春日部市の出身ということで仲が良く、早口で相手をまくし立てるスタイルが特徴的なラッパーです。

【第二回 常陸杯MCバトル】 TK da 黒ぶち vs GOCCI 【延長】 - YouTube

出典:YouTube

早口でも理論的なラップをするのがすごい

SKY-HI

ダンス&ボーカルグループAAAのメンバーとしてメジャーアーティストとして活躍する傍ら、アンダーグラウンドヒップホップシーンではラッパーとしても活動する日高光啓の別名「SKY-HI」

「ちょっとかじりました」なんてレベルではない本格的なスキルを武器にMCバトルにも積極的に参加していました。

ルックスの良さと聞き取りやすいラップで一躍シーンでも人気を上げたラッパーのひとりです。

DOTAMA VS SKY-HI - YouTube

出典:YouTube

若かりし頃のDOTAMAと対戦するSKY-HI

鎮座DOPENESS

変態的に上手いフロウを武器にUMB2009で優勝した「鎮座DOPENESS」もレジェンドフリースタイラーとして有名ですね。

ヒップホップのアンダーグラウンドシーンでは抜群の人気を誇る鎮座DOPENESSですが、現在でもバトル大会に参加をしたりしています。

ふざけた様子で相手を翻弄するバトルスタイルは唯一無二で、かなうものがいないとされています。

本気でフリースタイルバトルに復帰したとしたらもしかすると軽々と優勝してしまいそうな雰囲気がありますね。

戦極MC BATTLE 第六章(13.4 .28)黄猿 vs 鎮座DOPENESS @BEST BOUTその1 - YouTube

出典:YouTube

いまや伝説ともなっている黄猿との一戦

ビートへのアプローチのバリエーションの多さは他に類を見ないレベル。

特にこの黄猿とのバトルで魅せたフロウは音源かと思うほどの出来栄えです。

もう一度本気になってバトルシーンに戻ってきて欲しいラッパーのひとり。

MCニガリ

若手バトルMCとしては群を抜いた実力を持っているニガリ。

長野県出身、純朴で気の良い若者といった雰囲気ながら高い攻撃性で相手から勝ちをもぎ取ります。

高校生ラップ選手権2連覇、フリースタイルダンジョン完全攻略といった実績は伊達ではありません。

デビュー時よりはだいぶ太ってしまった彼ですが、そこも愛される魅力のひとつかもしれませんね。

第7回高校生RAP選手権 決勝バトル MC☆ニガリ vs 言xTHE ANSWER - YouTube

出典:YouTube

ニガリを一躍有名にした高校生ラップ選手権決勝でのバトル

Lick-G

イギリスにルーツを持つハイブリッドラッパー「Lick-G」

彼も高校生ラップ選手権から名前を上げたバトルMCのひとりです。

フリースタイルダンジョンでは破竹の快進撃でモンスターを攻略して完全勝利を収めました。

即興性の高いライミングと変幻自在なフロウ、意表をついたビートアプローチなど多くの武器を持ちヒップホップシーンにおいて注目を集めているラッパーです。

次世代の若きカリスマともされています。

第10回高校生ラップ選手権 Lick-Gvs裂固 - YouTube

出典:YouTube

高校時代のLIck-G、荒削りながらカッコいいですね

裂固

岐阜県出身のラッパー「裂固」は、家庭環境から高校には進まずアルバイトで家族の生活を支えていた苦労人。

高校生ラップ選手権で優秀したことをきっかけにラッパーとしての人生を歩き始めました。

フリースタイルダンジョン2代目モンスターになってからも実家から通っているという裂固。

純粋でアツいライムと韻の固さには定評があり、今後さらに飛躍が期待されているバトルMCとされています。

第9回高校生RAP選手権 決勝バトル 裂固 vs Lick-G - YouTube

出典:YouTube

高校生ラップ選手権決勝でLick-Gに勝ち優勝した裂固

裂固の放つ韻の破壊力は抜群で、このLick-Gとのバチバチの言葉の応酬は高校生ラップ選手権史上ベストバウトのひとつに数えられています。

優しい性格が裏目に出てしまうことが多いですが、勝つことだけに徹したときにはずば抜けた勝負強さを発揮します。

まとめ

フリースタイルバトル人気が高まっている昨今、様々なラッパーが活躍していますがそれぞれに個性があって非常に面白いエンターテイメントとなっています。

また、その人のバックボーンを知ることでより楽しく見られると思います。

ご紹介したラッパーたちはどれも極上のバトルを魅せてくれますので、ぜひ一度クラブなどで生観戦してみてください。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

【C91】コミケ91で見つけたエロ可愛いコスプレイヤー画像まとめ【冬コミ1日目】

コミケ91(冬コミ2016)で見つけたクオリティの高い女性コスプレイヤーの画像をまとめてみました。

*Putyu* / 14078 view

ねこあや(かねこあや)の本名や年収に婚約者の死因まとめ!?美人YouTuberの壮絶…

美人ユーチューバーとして人気のねこあや(かねこあや)の過去が壮絶すぎると話題!?本名に本人が語る年収や黒ギャ…

akira.oniwa / 786 view

川島海荷が『ZIP!』の新総合司会に就任!降板理由は北乃きいの激太り劣化で評判悪かっ…

朝のニュース番組『ZIP!』の女性総合司会者が元『9nine』メンバーの川島海荷さんに代替わりする事になりま…

*Putyu* / 13173 view

彦摩呂が激太りで体重120kg!低糖質ダイエットで痩せたのにリバウンド…ブラマヨ小杉…

グルメリポターの彦摩呂さんが、テレビ番組『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』で、現在の体重がなんと…

そうたん / 8091 view

岡口基一氏の息子『おか☆かず』“最近来てる!”と好きな女子にフォロー申請も拒否されフ…

半裸白ブリーフ裁判官・岡口基一氏の息子である『おか☆かず』こと岡口和也氏が、ネットで父と自身が有名になり“来…

takeyan / 13731 view