Twitter Facebook LINE
210view
お気に入りに追加

賃貸物件の騒音はトラブルの元

隣人の音が気になる方へ賃貸でもできる防音対策を紹介!

賃貸物件のトラブルで一番多いと言われている騒音トラブル。実際に住んでみないと分からない問題だからこそ、トラブルに発展しやすいです。

特に一人暮らしで住むワンルームマンションは騒音トラブルになりやいすいです。壁が薄すぎてさまざまな伝説が語られているレオパレスもその一つです。レオパレスはマンスリーマンションなので、簡単に引越しをすることができますが、ほとんどの賃貸物件はそうもいきません。

マンスリーマンションとは短期契約で利用できるマンションのこと。ビジネスや旅行など、様々な用途や期間で使えるのも魅力です。

自分で解決するためには

引越しはお金を使ってしまうので、なるべくトラブルを避けて解決する方法はないのでしょうか?SNSを見てみても、騒音問題に悩まされている方はたくさんいます。

他の人が出す騒音でわざわざお金と労力を掛けて引っ越すのは嫌ですよね。そこで、賃貸でもできる騒音対策を紹介していきます。

音の種類とお手軽にできる防音対策

音は粒子の振動です。
たとえば人の会話は、声帯の振動によって声が発生し、空気の粒子を振動させて聞き手に伝わります。
聞き手はその波によって、鼓膜が振動し、声が聞こえるのです。

もし外から聞こえてくる車の音や話し声などが気になる場合は、空気が振動して音が伝わってきます。なので、窓を二重にすることで、外から聞こえてくる騒音を防ぐことが可能となります。

窓を二重にするのが難しい場合は、遮音性の高いカーテンを利用することでも効果を実感することができるでしょう。

音の種類には、空気を振動させて伝わってくるものの他にも、個体を振動させて伝わってくるものがあります。それを防ぐためには、吸音材を使う必要があります。

遮音シートと吸音材などを壁や床に設置すれば、ある程度高い防音効果を発揮することができます。防音には遮音(音を遮る)だけでなく、吸音(音を吸収する)を組み合わせることによって防音効果を発揮します。

賃貸住宅の場合は壁に釘を打ったりすることは基本的に避けた方が良いですが、アジャスターなどを使って床と天井を突っ張られた柱を設置すれば壁を傷つけることなく、遮音シートや吸音材を設置することができます。

どうしても騒音が気になるなら

これだけ対策をしても、完璧と言えるわけではありません。あくまで簡易的なものを紹介しているので、本格的な防音部屋にしたいなら、防音部屋に引っ越した方がいいでしょう。

初めは相談してみよう

ここまで防音対策についてまとめてきましたが、参考になりましたか?防音対策をするためには、それなりにお金がかかってしまいます。なので、取り掛かる前に一度大家さんに相談した方がいいでしょう。そうすることで、騒音の根本となっている原因を解決することができるかもしれません。

こちらの記事もオススメ

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

気兼ねなくピアノを演奏したい~楽器OKなマンションの見つけ方~

マンションに住んでいる人の中で、自分の部屋で気兼ねなくピアノなどの楽器を弾きたいと思う人は多いはずです。です…

Lodester / 113 view

参列する前に確認しておきたい【お葬式の服装マナー】

身近な人が亡くなった時に参加する葬式ですが、着る服装が決まっています。 まだ葬式に参列したことない方は、どの…

aster56 / 98 view

日本の校則は厳しい?”茶髪”に関する問題と議論まとめ

我々、日本人は海外メディアにおいて”軍隊国家”と称されるほど、規律を重んじる部分があります。 だからこそとい…

Nostralia / 137 view

愛しのモフモフ! Twitterで見つけた癒される猫動画12選

猫好きの皆さんにオススメしたいTwitter猫動画まとめです!

shimashow / 1854 view

なかなか取れない部屋の臭いの原因は!?【簡単にできる消臭方法まとめ】

長い時間過ごす部屋は、生活臭が染みつきやすいです。ですが、自分では鼻が慣れてしまい、部屋の臭いを感じにくくな…

Jinkolia / 178 view

関連するキーワード