Twitter Facebook LINE
125view
お気に入りに追加

賃貸物件の騒音はトラブルの元

隣人の音が気になる方へ賃貸でもできる防音対策を紹介!

賃貸物件のトラブルで一番多いと言われている騒音トラブル。実際に住んでみないと分からない問題だからこそ、トラブルに発展しやすいです。

特に一人暮らしで住むワンルームマンションは騒音トラブルになりやいすいです。壁が薄すぎてさまざまな伝説が語られているレオパレスもその一つです。レオパレスはマンスリーマンションなので、簡単に引越しをすることができますが、ほとんどの賃貸物件はそうもいきません。

マンスリーマンションとは短期契約で利用できるマンションのこと。ビジネスや旅行など、様々な用途や期間で使えるのも魅力です。

自分で解決するためには

引越しはお金を使ってしまうので、なるべくトラブルを避けて解決する方法はないのでしょうか?SNSを見てみても、騒音問題に悩まされている方はたくさんいます。

他の人が出す騒音でわざわざお金と労力を掛けて引っ越すのは嫌ですよね。そこで、賃貸でもできる騒音対策を紹介していきます。

音の種類とお手軽にできる防音対策

音は粒子の振動です。
たとえば人の会話は、声帯の振動によって声が発生し、空気の粒子を振動させて聞き手に伝わります。
聞き手はその波によって、鼓膜が振動し、声が聞こえるのです。

もし外から聞こえてくる車の音や話し声などが気になる場合は、空気が振動して音が伝わってきます。なので、窓を二重にすることで、外から聞こえてくる騒音を防ぐことが可能となります。

窓を二重にするのが難しい場合は、遮音性の高いカーテンを利用することでも効果を実感することができるでしょう。

音の種類には、空気を振動させて伝わってくるものの他にも、個体を振動させて伝わってくるものがあります。それを防ぐためには、吸音材を使う必要があります。

遮音シートと吸音材などを壁や床に設置すれば、ある程度高い防音効果を発揮することができます。防音には遮音(音を遮る)だけでなく、吸音(音を吸収する)を組み合わせることによって防音効果を発揮します。

賃貸住宅の場合は壁に釘を打ったりすることは基本的に避けた方が良いですが、アジャスターなどを使って床と天井を突っ張られた柱を設置すれば壁を傷つけることなく、遮音シートや吸音材を設置することができます。

どうしても騒音が気になるなら

これだけ対策をしても、完璧と言えるわけではありません。あくまで簡易的なものを紹介しているので、本格的な防音部屋にしたいなら、防音部屋に引っ越した方がいいでしょう。

初めは相談してみよう

ここまで防音対策についてまとめてきましたが、参考になりましたか?防音対策をするためには、それなりにお金がかかってしまいます。なので、取り掛かる前に一度大家さんに相談した方がいいでしょう。そうすることで、騒音の根本となっている原因を解決することができるかもしれません。

こちらの記事もオススメ

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

【お部屋がスッキリ】カラーボックスを使ったお洒落収納術を紹介!

散らかったお部屋を綺麗にしたい!綺麗を収納したい!と思っている場合、カラーボックスを活用するのがおすすめです…

bop643 / 137 view

加湿器を買わなくても家にあるもので手軽に部屋を加湿する方法

最適な部屋の湿度は50%から60%とされており、部屋が乾燥していると、喉の痛みや肌あれ、風邪、静電気を起こし…

uenakamiho / 138 view

猫と人が快適に暮らせる♪猫専用アパートが話題

ペット可の賃貸でも、よくよく見ると“猫は不可”でガッカリした経験はありませんか?そんな経験のある猫好きさんに…

Camelia62 / 76 view

下着メーカー・トリンプが毎年恒例の“世相ブラ”を発表!世相ブラ2016の『ファースト…

下着メーカー・トリンプが今年の世相を象徴するブラジャー、“世相ブラ2016”を発表しました。

*Putyu* / 1331 view

梅雨の季節に窓を掃除してカビも一掃してスッキリ!

梅雨の季節に窓を掃除すると汚れが落ちやすいって知ってましたか?

s-maria / 2993 view