Twitter Facebook
1669view
お気に入りに追加

埋没毛とは?

毛を剃っていると、毛穴から新しい毛が生えてこないことはありませんか?
もしかするとそれって「埋没毛」かもしれません。

埋没毛(まいぼつもう)とは脱毛・剃毛・除毛などの処理を行った後、何らかの原因で皮膚内で発毛・成長してしまった体毛のことである。埋もれ毛・埋まり毛とも呼ばれる。
ムダ毛の処理を自分でしている人ならば、必ずぶつかる壁が「埋没毛」です。

見た目にうっすら黒ずんで汚いだけでなく、ぷっくりと膨れ上がったり、中には膿がたまってしまったり、ひどくなると病院で切開することも。
すでに毛穴から伸びているムダ毛はそのまま育ってやがて抜け落ちていきますが、分厚くなった角質が毛穴をふさいでいるため新しく育ってきたムダ毛は表面に出られずに皮膚の下で育っていってしまいます。これが埋没毛の原因です。
本来なら毛というのは毛穴から発毛しますが、何らかの原因で肌に負担を掛け傷を作ってしまった場合、毛穴が塞がれ発毛しようとしていた毛はうまく出てきてくれません。
そうなると、皮膚の中で発毛してしまった毛は皮膚表面での成長ができず、本来とは異なる皮膚の中に留まったまま成長してしまうのです。
毛抜きなどの毛を引っこ抜くムダ毛処理は埋没毛になりやすいです。

毛抜きは手軽に使えるので使っている人も多いと思います。しかし、毛穴より太い毛根を引っこ抜くことになるので、毛穴が広がる原因にもなり何より肌へのダメージが強烈です。ダメージで皮膚も厚くなりますし皮膚の中で切れれば埋没毛にもなりやすいです。

埋没毛に悩む人は多い

埋没毛に悩んでいる方はSNS上でも数多くいます。

剃りすぎると青髭になったり埋没毛になるらしいってのも聞いてなんか毎日剃りたくない感ある
顎の左側、首の近くに埋没毛があるみたいなんだけど、暗躍して腫れ気味。
切開して抜き取りたい。
昨日脱毛行ったら埋没毛がいくつかあるって言われてしまった…

少しTwitterを見ただけでも、多くの方が埋没毛に関する悩みをつぶやいていました。
では、埋没毛になってしまった時はどうすればいいのでしょうか?

もしできてしまった時の対処

埋もれ毛があった場合でも、皮膚に害はないため、基本的には放っておいて問題ありません。
毛の成長がストップした段階で毛穴から毛が離れ、皮膚のターンオーバーと一緒に毛は表面に出てくるので自然治癒する場合がほとんどだからです。
しかし、見た目の問題から、すぐに処理したくて毛抜きやピンセット、ときにはカッターで皮膚を切ったりしながら掘り出し、抜くという方法で処理している人も多いと思いますが、この方法では皮膚を傷付けてしまいます。

ピーリング剤で角質を落とした後に、正しく埋没毛を処理する

今すぐに埋没毛をどうにかしたい場合の対処法はいくつかあります。その中でも、肌を傷付けない方法を紹介していきます。

ピーリング剤とは、簡単に言うと肌の表面の角質層をはぎ取るための薬です。キッチン道具の皮むき器は英語でピューラーと言いますが、語源は同じです。種類は色々ありますが、ジェルタイプのものが使いやすいでしょう。

この方法を用いた場合、ピーリング剤によって表面の角質層が取り除かれるため、埋没毛が皮膚表面に出てきます。この出てきた埋没毛をカミソリ等で適切に取り除ければ黒いブツブツを消すことができます。

尿素配合クリームで角質をやわらかく

尿素は、もともと角質層の中に含まれている成分。
尿素クリームなどで外から補うことにより、肌に潤いを与えたり、肌表面をやわらかくしてくれる効果があります。

固くなった角質をやわらかくしてくれるので、埋没毛ができる原因である分厚い角質のケアに非常に向いています。

スクラブを行う

一般的に、埋もれ毛の解消法として良いとされているのが「角質を落とすタイプのスクラブで洗うこと」です。

ケアの方法はいたって簡単で、埋もれ毛を見つけたらその部位を湿らせてスクラブをのせ、クルクルと円を描きながら優しくマッサージするだけでOKです。力を入れてゴシゴシとこすったりすると肌を痛めてしまうので、ソフトタッチを心がけて下さい。

上記では3つの対処方法をお伝えしましたが、基本的には「角質」を落とすことで埋没毛の悩みを解決するものです。
それぞれのアプローチ方法には違いがありますので、自分に合った方法を選ぶといいでしょう。

前もってできる予防策

毛が生えているとみっともないし、処理したら埋没毛になってしまう可能性があります。
どうしたらいいの!?と混乱しそうですが、脱毛することにより、埋没毛の悩みから解消されるでしょう。

脱毛サロンやクリニックで行う脱毛方法は、レーザー脱毛・光(フラッシュ)脱毛・ニードル脱毛の3つの方法があります。どの脱毛方法を選ぶかによって、効果に大きな違いがでることはもちろん、痛みや肌へのダメージも異なります。まずはさらに、最近種類が増え安価なものも発売されている家庭用脱毛器は、女性だけでなく男性の利用者も増えています。

埋没毛に悩まされている人は、一度脱毛サロンへカウンセリングを受けに行ってみるといいでしょう。
カウンセリングだけなら無料で受けられるサロンがほとんどです。

無理に除去しないようにする

埋没毛が出てくる原因や対処法について、ご紹介しましたが、参考になったでしょうか?
無理に除去してしまうと、肌を傷付けてしまう恐れがあります。
なので、埋没毛があったとしても放置するようにしましょう。
もし埋没毛が頻繁に出てくるようなら、脱毛してしまうのもひとつの手です。
まずは脱毛サロンのカウンセリングを受けてみるといいかもしれませんね。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

【カミソリ負けを防止!】ヒゲ脱毛VSセルフ処理!どちらが肌にとってオススメ?

脱毛サロンにいかずに自分で毎日ヒゲを剃っている人は、ヒゲを剃ると肌を傷つけてしまうことがあります。カミソリ負…

Quadret / 403 view

涙袋形成ってどう?方法・痛み・経過についてリサーチ

いまやかわいい人には必ずある!といったイメージの強い涙袋。 目元がぱっちりして可愛いですよね。 そんな涙袋を…

yoshiko / 4086 view

舌回し運動の美容効果!顔のたるみやシワの改善に!

シルクさんが紹介して話題になった小顔体操『舌回し運動』短期間で顔が引き締まり、たるみやシワが改善する美容法な…

Rinaaa0101 / 3963 view

朝スムージーで痩せない人必見!効果を倍増する飲み方

数年前に爆発的に流行りはじめ、今ではコンビニのプライベートブランドにまで進出しているスムージー。 現在も健康…

ttY113 / 2182 view

スパリブの効果とお試し価格で購入する方法は!?効果絶大という使用者の口コミやレビュー…

スパリブは肝臓に効いてアルコールの代謝を促進、二日酔いの症状を緩和してくれる栄養機能食品です。コンビニや薬局…

akira.oniwa / 495 view

関連するキーワード