Twitter Facebook
3059view
お気に入りに追加

アメリカで6歳の子供が父親の交通違反を警察に通報!

クインシー警察によると、6歳の坊やが父親の交通違反を9-1-1(110番)に通報、父親はその場で注意を受けたそうです。

実際にアメリカのマサチューセッツ州で起きた出来事です。


父親の犯罪を警察に通報したのは6歳の少年ロバート君。

ロバート君のパパが、家族と車で出かけた先で事件は起こった

日本の110番通報は、アメリカでは911番通報

日本で事件が起こったとき、警察に通報する緊急電話番号は「110番」。
アメリカでは「9-1-1」といわれ「911番」です。

その9-1-1に、ある少年がパパの犯罪行為を通報しました!

ロバート君が通報したのは、パパの信号無視

アメリカでは911だけで事件、火事、救急車もOK

アメリカでは911だけで事件、火事、救急車もOK

5月28日、クインシー警察に9-1-1通報がありました。

通報したのは、6歳のロバート君。

「ついさっき、パパが赤信号を無視して走り続けた」というものです。

それを聞いた係員のおじさん、気の利いた対応をしました。

電話を受けた係員、みんな納得の対応とは

クインシー警察のおまわりさん

クインシー警察のおまわりさん

ロバート君は、洗車に向かう途中、パパが信号無視したことを伝えました。それを受けて係員は、パパに電話を替わってもらい、信号無視を注意しました。

パパが謝り、いちおう何ごともなく事故もなかったという事でこの事件は終了

Facebookのシェアは3日後には963件、YouTube再生数は40万件以上

6月2日にクインシー警察がFacebookとYouTubeで紹介したことから、世界中で賢いロバート君が話題になりました。

クインシー警察のFacebookページより

クインシー警察のFacebookページより

ものものしい毎日に、ほっこりするロバート君の電話

Facebookで紹介された後、

Facebookのシェアが、6月5日の時点で963件
Facebook記事へのいいね!が、同じく1354件

YouTubeの再生数は、474,218回

ひとつの警察署へのアクセスとしては多いですね。

ちなみに、日本では警察署はあまりFacebookページは持っていないようです。

クインシー警察が紹介したロバート君の話題の内容

クインシー警察がFacebookページで紹介すると、ニュースで取り上げられ世界中に広まりました。

Facebookページではこう書いてありました

普段はこんな事故が通報されます

普段はこんな事故が通報されます

Every day we answer numerous 911 calls. Often times, these calls are from individuals who are in need of immediate assistance. Sometimes, it’s a simple misdial. Then there’s Robert’s 9-1-1 call. Robert is a six year old resident of Quincy....

毎日いろんな911コールを受けます。多くは深刻な助けを必要としていますが、単なる間違い電話も。そして、ロバートの911コールがあります。彼はクインシーに住む6歳の……

その後、ニュースで取り上げられました

英字のニュースではいくつか見かけました。

6歳のロバート君、パパの信号無視を警察に通報

日本のインターネットではまだ見かけません

日本のブログでも一部取り上げられていました。でも、1,2件と少なめでした。

駐車違反に厳しい?!マサチューセッツ州での交通違反の罰則にはどんなものがある?

日本と同じ感覚で走っていると思わぬ罪を犯すかも?

駐車違反は瞬殺のことも

これで追いかけられたらすぐ停車して謝っちゃいますね

これで追いかけられたらすぐ停車して謝っちゃいますね

日本と同じで、パーキングメーターの時間オーバーや駐車不可スペースへの駐車で違反切符が切られます。

しかし、切られるまでの時間は1分という場合もあり、常にどこかで監視されていると思ったほうが良さそう。

ほかに、日本と同じように車検切れ、一時停止違反、そして赤信号無視も罰則があります。

運転中にメールをしていても切符を切られるそうです。しかし、電話に対しては日本よりも甘いという話も。

罰金の額は「交渉次第」?

その場で抵抗するのは賢くなさそうです

その場で抵抗するのは賢くなさそうです

スピード違反の罰則金は州によって違います。というか法律は州ごとに違っているのがアメリカ。

覚えておかないと思わぬ失敗も。

スピード違反は、制限速度の10マイル(16.0934キロメートル)超過で100ドルだそうです。そこから1マイルごとに10ドルずつ加算されるという方式。

レストランのチップみたいですね。

これはすぐ高額になってしまうのですが、切られた切符には「異議申し立て」にチェックを入れる場所があり、それをすれば減額の手続きができます。

(裁判所に出かけなくてはなりませんが)

コカイン販売で捕まった人の所持品

コカイン販売で捕まった人の所持品

これは交渉の余地なし?

マサチューセッツ州では「後部座席にゴリラを乗せたら違反」?

世界各地には動物に関する法律もあり、マサチューセッツ州では後部座席にゴリラを乗せていると違反切符を切られるそうです。ほんとうでしょうか。

公式の法律のブログには「これは都市伝説です」と書いてある

“No gorillas are allowed in the back seats of cars”

”車の後部座席にゴリラを乗せてはいけません”

このマサチューセッツ州地方裁判所法律図書館のブログを見ると、これは単なる「都市伝説です」と書いてあるようですが……。

The gorilla law is, unfortunately, an urban myth. We are not quite sure when or how it started.

ゴリラの法律は残念ながら都市伝説です。それがいつどのように始まったか、まったく確認できません。

ロバート君のパパは交通違反で捕まらなかったの?

現行犯ではなかったため、厳重注意(?)で済んだそうです。

ただし、Facebookページへのコメントにもあったように、これからはロバート君を乗せている時には、どんな小さな交通違反もできないですね。

ロバート君の将来が楽しみです。

ロバート君が9-1-1に通報した当時の音源すべて(ぱっとしない訳つき)

クインシー警察がYouTubeに当時の音源をアップしているのでみてみましょう。ロバート君がとにかく可愛いです。おじさんの粋な対応も面白い。

ロバート君、賢い!事件の状況をきちんと説明する

残念ですが

残念ですが

ロバート君本人の写真は入手できませんでした

どうしても聞き取れないところがあったのと下手な訳なのですみませんが、概要はこうです。

一生懸命、車の色なんか説明していて可愛い!

おじさん「9-1-1です。どうしました?」
ロバート君「僕のパパが赤信号を無視しました」
おじさん「はい?」
ロバート君「僕のパパが赤信号を無視しました、ママの新しい黒いトラックに乗ってます」
おじさん「うん、それで?」
ロバート君「洗車に向わなきゃいけないんだけど、パパが赤信号を無視したんです」
おじさん「ほんと?」
ロバート君「はい!」
おじさん「パパ電話に出られる?かわって」

ここでロバート君がパパのほうに走っていったのか、間があります。赤ちゃんの声なんか聞こえてますね。

6 year old calls 9-1-1 - YouTube

出典:YouTube

子供の声が可愛いです

1:00くらいにやっとお父さん登場。

お父さん「???でごめんなさい」(たぶん最初は息子が電話してすみませんと謝っている)
おじさん「あなた赤信号を無視しましたね?」

ここで二人とも笑い出し、お父さんは信号無視を詫び、そのせいで事故などはなかったと説明、終了。

賢くて正義感あふれるロバート君に対して世界の反応

お父さんも「将来は警察官か!」と親ばかになっているそうです。

とりあえずその前に、自分の交通違反を反省しなくてはならないとは思いますが。

クインシー警察のFacebookページへのコメント

なんて賢い子かしら!

なんて賢い子かしら!

下手な訳ですみませんが、だいたいこんな感じ。アメリカ的なユーモアのあるコメントが多いようです。

What a smart kid, dad better stop at the red lights when Robert is in the car. Hey Dad stop at all red lights, no matter who is in the car. Excellent job Robert.

なんて賢い子かしら!パパはロバートが乗ってる時は赤信号で止まらなきゃダメね!ていうか、誰が乗ってても止まらなきゃだわ。いい仕事したわねロバート

We’d like to offer Robert an interview, but we’re not sure we can wait 15 years. We have openings for patrol officer right now. But we’d be happy to make him a Junior Officer!

俺たちはパトロールの役員を募集してるんだ!ロバートが面接に来るまで15年も待てないぜ!でも彼を子供役員にしてもいいかもな!

チャイルドシートも忘れずに

チャイルドシートも忘れずに

日本ではまだあまり話題になっていない様子

これからも市民のためにがんばってください

これからも市民のためにがんばってください

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

【動画】韓国でバンジージャンプの落下中にロープが切れる事故発生!飛んだ人は助かった?

今月14日午後6時ころ韓国でバンジージャンプであってはならない事故が起きてしまいました。42メートルの高さか…

そうたん / 8715 view

高田馬場駅の異臭騒ぎで逮捕された自称アイドル・塚越裕美子のTwitterが内容や水着…

高田馬場駅異臭騒ぎで逮捕された自称アイドル女優・塚越裕美子(36)のTwitterが特定され、その内容に驚き…

*Putyu* / 14875 view

岸勇希の会社『刻キタル』の提携企業・クライアント会社が流出!不買活動リストで炎上間近…

はあちゅうによってセクハラ・パワハラが暴露され炎上した元電通のクリエイター・岸勇希の会社『株式会社 刻キタル…

*Putyu* / 8670 view

元カレのストーカー行為…どう対処する?住所がバレずに引越しできるサービスもアリ

元恋人によるストーカー行為に苦しんでいる女性は少なくありません。 どう対処すればいいのか、これ以上悪化しない…

ebter46 / 1200 view

日馬富士の暴行理由は貴ノ岩のスマホと判明!白鵬・鶴竜らが酒癖の悪さを暴露し隠ぺい疑惑…

日馬富士が暴力事件を起こした理由は貴ノ岩のスマホ!?横綱の白鵬・鶴竜らが日馬富士の様子や酒癖の悪さを暴露した…

*Putyu* / 1715 view

s-maria

医薬品関係でした