Twitter Facebook LINE
8001view
お気に入りに追加

花火業者が市の嘘を暴露し印西市のTwitterアカウントが炎上中

千葉県印西市にある印西市市役所が花火大会中止の理由を“業者のせい”とウソをつき、責任を押し付けようとしてることが花火業者の暴露で明らかとなりました。

この責任逃れの発覚を受け、Twitterに開設された印西市の公式アカウントが大炎上しているようです。

千葉県印西市の花火大会が突然中止される

8月27日に開催されるはずだった印西花火大会

主催者は印西市

主催者は印西市

問題が発生したのは8月27日に行われるはずだった印西市の“印西花火大会”。
この花火大会は印西市が市として成立してから20周年が経過した事をお祝いするために開催された花火大会であり、華やかな花火目当てに沢山の見物客が訪れていました。
もちろんこの花火大会の主催者は20周年を祝う印西市です。

花火大会開始時刻後に中止がアナウンスされる

花火を待ってたお祭り客たち

花火を待ってたお祭り客たち

たくさんのお祭り客が今か今かと待ち構え、思い思いに時間を潰す人達であふれていた利根川の河川敷。
しかし、待てど暮らせど花火大会は開催されず、開始時間である19時30分を大きく上回った20時15分頃に突然花火大会の中止が発表されてしまいました。

当然がっかりした市民たちは印西市に中止の理由を訊ねたのですが…。

中止理由は調査中!?

中止をアナウンスしたのは印西市なのに…

中止をアナウンスしたのは印西市なのに…

なんと、花火大会を中止した理由を訊ねた市民達に帰って来た答えは『中止理由は不明。現在調査中』というものでした。
花火大会の中止を宣言したのは印西市自身であったのにも関わらず市側は中止理由を発表しなかったのです。

これを受けた地元新聞は謎の中止事件を大きく取り上げることとなり、ネットニュースでこれが広がると全国的に話題になる事になりました。

8月31日に印西市が中止理由を説明

業者の作業遅延が原因?

花火中止は業者のせい?

花火中止は業者のせい?

突然の花火大会中止を告げて3日が経過した8月31日。
印西市はようやく市のHPを更新し、花火大会中止の理由を掲載しました。

何でも花火大会の準備をお願いした『印旛火工』の作業遅延が著しく、ギリギリまで粘ったもののやむを得ず中止に追い込まれてしまったんだそう。
印西市はこの作業遅延を起こした印旛火工に対し損害賠償請求を行う予定なんだとか。

印西市市制施行20周年記念花火大会を楽しみにしていただいた皆さまへ

8月27日に行われた「印西市市制施行20周年記念花火大会」の中止について報告します。
同花火大会は、市制施行20周年記念事業の一つで、利根川河川敷というロケーションを活かし、周辺の住民の皆さまをはじめ、近隣の自治体・警察・消防などの各機関に多大なご協力をいただき、晴れて実現できることとなった事業でございます。

しかしながら、当日、花火打ち揚げ業者の作業が遅延していたため、ギリギリまで作業の完了を待ちましたが、完了しないことから、その後の天候の悪化の予報を受け、交通規制終了までの時間内に、ご来場いただいた皆さまに安全にお帰り頂くことを最優先に考えた結果、大変残念で、無念の思いもございましたが、やむを得ず、中止の判断をいたしました。

打ち揚げ作業が完了しなかった原因につきましては、現在調査中でございますので、詳細がまとまり次第、ご報告させていただきます。
大会開催に先立ち、多大なご寄付をいただいた皆さまや当日の悪天候の中、打ち揚げを待ちわびていた皆さまには、大変なご迷惑をお掛けしてしまったことを、深くお詫びいたします。

印西市市制施行20周年記念花火大会主催者
印西市長 板倉 正直

印西市が発表した花火大会中止の理由。

作業遅延の理由は?

点火装置に異常が発生?

点火装置に異常が発生?

HPには“作業遅延の理由は不明”とありましたが、後々に「点火装置に異常が発生したと業者が言っていた」と遅延の理由を地元新聞に説明したんだそうです。

印西市の主張に花火業者が激怒し反論!

地元新聞に怒りの暴露

地元の取材に現場の惨状を語る

地元の取材に現場の惨状を語る

印西市公式HPに自社の作業遅延が花火大会の中止理由と説明され、損害賠償請求まで検討されている花火業者の『印旛火工』。

印西市の主張を見たこの会社は市に遺憾の意を表明し、花火大会開催現場のずさんすぎる“お役所仕事”を地元新聞に暴露しました。

市役所のずさんすぎる仕事内容とは?

打ち上げ花火の設置場所がぐちゃぐちゃ!

25キロの花火玉抱え何度も往復させられる

25キロの花火玉抱え何度も往復させられる

まず、打ち上げ花火の設置会場。
普通ならばこの場所の整備は主催者側である印西市が行わなければならないのですが、なんと設置現場は一切の整地が行われておらず、草はぼうぼう・地面は連日の雨でぬかるみだらけだったそうです。

地面のぬかるみのせいで花火を積んだトラックが設置場所の側まで運転できず、業者さん達は両手に25キロもある花火の弾を持って何度も何度もトラックと設置場所を運搬しなければならなかったんだとか…。

間に合わないと伝えたのに…

延期・お知らせ発布は一切せず

延期・お知らせ発布は一切せず

打ち上げ場所の整地が一切行われておらず除草作業や地面のならし、手作業による花火の運搬などを強いられたせいで前日から準備作業を行っていたにも関わらず花火大会の開催時刻までに花火の準備を整えることが出来ない事が確定した印旛火工側。

会社側はこの事態を受けて27日の午後6時15分ごろ印西市側に花火大会の開催時間延期を求めたそうですが、市側は何故か時刻通りにこだわり首を縦に振りませんでした。

HPなどで作業が遅れている旨なども記載せず、当然19時半になっても花火を打ち上げることが出来なかったのです。

最終確認中に中止を独断!

事前相談は一切なし!

事前相談は一切なし!

時間超過後も急ピッチで花火の打ち上げ準備が進められ、何とか19時50分には最終点検に入った印旛火工だったのですが…あと数分で打ち上げられる状況であったのにもかかわらず、突然中止を言い渡されてしまいました。

事前に「後何分以上遅れれば中止する」などといった相談もなく、突然一方的に告げられてしまったんだそうです。

責任逃れの大嘘も発覚

点火装置に異常はなかった!

点火装置に異常はなかった!

ちなみに市が語っていた「点火装置に異常が発生したと業者が言っていた」という言葉ですが、当日点火装置に異常はなく市側の真っ赤な嘘だったんだそう。

作業遅延の原因となったあまりに酷い打ち上げ花火設置会場の状況について、印西市側は「設置場所がぬかるんでいたことは当日夕方に業者の報告で初めて知った」と語っています。

印西市市役所に怒りの声

中止の理由が印西市側の会場整地不備ということが明らかになった印西花火大会。
責任逃れ・責任の押しつけともいえる印西市側の説明にネット住民から怒りの声が次々と上がりました。

印西市公式Twitterアカウントが大炎上

sva***** | 2016/09/03 09:31
>「設置場所がぬかるんでいたことは当日夕方に業者の報告で初めて知った」
つまり役所の人間は誰も現場の進捗もコンディションも確認してなかったと
関連記事も読んだけど大会運営も中止のアナウンスもその後の発表も「仕事する気あるの?」ってくらいグダグダすぎだろ

may***** | 2016/09/03 11:13
最悪の市だな。政府がGDPを上げるために苦慮しているのに印西市はその逆を行っている。

gnc***** | 2016/09/03 11:17
市の扱いがお粗末。
悪天候が続いたなら
担当者は何度も
現地調査しないの?
まめに連絡取り合わないの?

その他ネットでの反応。

印西市は印旛火工を訴えるのか?

花火大会は開催の為に多額の費用が掛かり、寄付という形でたくさんのお金が集まります。
説明を求められればゆっくりとウソの説明をでっち上げ、責任のなすりつけを行おうとしたことが暴露されてしまった印西市は本当に印旛火工を訴えられるのでしょうか?

本当の理由を一刻も早く説明し印西市が信頼回復に努めてくれることを心の底から祈るばかりです。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

今でも見れる!?『ストロベリームーン 2016』で撮影された月の色がピンクになるロマ…

2016年6月20日は年に1度の『ストロベリームーン』の日。日本各所で撮影された神秘的な画像と、名前の由来や…

*Putyu* / 1814 view

【C90】今年もネタ満載!夏コミ2016のコミケスタッフの名言&迷言をまとめてみた

C90でスタッフさん達が実際に言っていた面白い名言をまとめています。

*Putyu* / 1548 view

「おじカエル」以上!?七夕の短冊に書かれた『面白い願い事』まとめ

今年も新たな面白い短冊が見つかっています。過去のレジェンド作品もあります。面白い願い事は『おじカエル』だけじ…

s-maria / 3302 view

【動画・顔画像】つくば市の成人式で暴れるDQNはこいつら!乱闘ヤンキーの名前や住所は…

今年も全国各地で、新成人が大暴れするというニュースが話題になっています。去年は静岡と沖縄が話題でしたが、今年…

Mommy / 3495 view

クリスマスを一人で過ごす“クリぼっち”は全体の約52%!クリぼっちを回避せず楽しんで…

20代~30代の若い世代の間でクリスマスを一人で過ごす“クリぼっち”が激増してきているようです。

*Putyu* / 606 view

関連するキーワード

*Putyu*

元栄養系大学生。得意科目はダイエット。
辛いものと猫が大好き