Twitter Facebook
801view
お気に入りに追加

iPhoneの電池の減りの早さに嘆く人たち

日常生活に欠かせない存在となったスマートフォン。
その中でも特に人気なのが“iPhone”ですよね。iPhoneユーザーも多い中、このような嘆きをよく見かけるでしょう。

みんなが嘆いている内容、それは…電池の減りが早いということについて!
「充電してもすぐに電池が減る」「充電が持たない」などの症状が発生している人は数多くいるんです。

どうして?iPhoneのバッテリーが持たない理由

なぜ、電池の持ちが悪くなってしまうのでしょうか?
iPhoneでバッテリーに問題を抱える理由に、次のことが挙げられます。

①バックグラウンド処理が原因

一部のアプリはデータ通信が可能なときに、自動でアプリが作動し、コンテンツ更新などをしています。これにより、アプリを使っていなくてもiPhoneのバッテリーの減りが早くなってしまいます

②画面の明るさが自動設定になっている

画面の明るさを自動に設定してあるとバッテリーの減りが早いとも言われますのでオフにしてあげましょう。

③GPSが動いている

特に地図アプリは、電池の消耗だけでなくパケットも大量に消費します。動画よりはマシですが、気をつけたいアプリの1つです。
この設定がオンになっていないか?アプリごとに注意して見てください。

④常にWi-FiやBuluetoothがオンの状態になっている

明るさの自動設定以上にWi-FiやBluetoothはオンにしているとiPhoneが、ずっと接続しようとするからです。
そのため、使わない時にはオフにするほうが電池消耗対策になります。

⑤充電しながらiPhoneを使っている

充電しながらiPhoneを使うのは、バッテリーに大きな負担を与えてしまうので、寿命を短くしてしまいます。充電中はなるべく触らないように、充電完了してから操作するように。

このように気づいていないだけで、iPhoneの持ちを短くしている行為はたくさんあります。
上記で紹介した原因以外にも、アプリの開きすぎや通知が常にオン状態になっている場合も電池の減りが早くなってしまうのです…。

電池の減りを改善する方法

電池が早く減ってしまう原因について把握することができたら、今度は改善する方法を見てみましょう!

①自動ロックの時間を短縮する

自動ロックする時間を短くすることでディスプレイの表示時間が短縮されます。
しかもバッテリー節約だけでなくセキュリティ向上にもつながります。(パスコード設定をオンにしてる場合)

②バッテリーの使用率が高いアプリの利用を抑える 

iPhone 8/7/SE/6s/6/5sでバッテリーの減りが早いと感じた時、まずはiPhoneでバッテリー消費の激しいアプリを調べましょう:iOS 11/10デバイスの「設定」 > 「バッテリー」に入って、バッテリーの使用状況を確認します。24時間以内と7日以内に電池の消費が最も高いアプリを確認できます。それらのアプリの利用を抑えると、iPhoneの電池が節約できます。

③低電力モードにする

低電力モードをオンにすると、メールの取得、Hey Siri、アプリのバックグラウンド更新など、バッテリー消費に影響の大きい動作を制限してバッテリーの持ちが改善されます。

日常的に使う機能ではありませんが、バッテリー残量がピンチ!という時に役立つ機能です。

④Hey Siriをオフにする

iPhone 6s・iPhone 7・iPhone 8をお使いの方は、いつでもどこでも「Hey Siri」でSiriが立ち上がります。この場合、iOSが「話しかけられる」のを待っている状態ですので、バッテリーの消費は激しくなります。

Hey Siriをオフにすることで、バッテリーの減りは改善できます。

⑤[自動ダウンロード]をオフにする

[設定]アプリの[iTunes StoreとApp Store]で設定できる[自動ダウンロード]の各項目をすべてオフにすると、自動ダウンロードをやめてバッテリーの消費を抑えられます。

iPhoneのちょっとした設定で、電池の持ちを改善することが可能なんです!
実際に確認してみると必要ないものがオン状態になっていたり、設定されていたりするので、まずはチェックしてみることです。

えっ! iPhoneのバッテリーには寿命があった!?

実はもう1つ、iPhoneの電池が早く減る原因があるんです。
それは…バッテリーの寿命!iPhoneに使われているバッテリーには寿命があるので、長年使っていると段々とパフォーマンスが悪くなって、電池の持ちが悪くなるとか。
そんなバッテリーの寿命についても、確認してみましょう!

バッテリーは充電すれば回復するため、何度でも繰り返し利用できると考える人が少なくありません。しかし、バッテリーには寿命があり、寿命が過ぎたあとは交換する必要があります。それでは、寿命はどれくらいなのでしょうか。
だいたい2年~3年でiPhoneのバッテリーの寿命が来るようです。しかも、普段の扱い方を間違えると、バッテリー寿命を縮めてしまっているかもしれません。
寿命を知らせる症状は大きく3つあります。

1.電池の減りがとにかく早い
2.%表示がおかしくなる
3.バッテリーが膨張してくる

充電の間隔が明らかに早かったり、100%と表示されているのに電源が落ちて充電マークが表示されたり、
バッテリーが膨張して裏ブタが勝手に開いたりする症状を感じたら寿命のサインですね。

寿命を感じたらバッテリー交換をするべし!

電池の減りに関して、バッテリーも関係していたなんて…!
なお、電池の減りを改善する設定をしても特に効果を感じられなかった場合、バッテリーの寿命が大きく考えられます。
同じバッテリーを使い過ぎないように、2~3年を目安にバッテリー交換をすることをおすすめします。

iPhoneのバッテリー交換は、アップル正規店でも町の修理やさん非正規店でも交換してくれます。

・正規店でバッテリー交換をする場合

各キャリアの保証や保険、Appleの保証が使えます。
保証の期間内であれば、料金は安く純正の部品を使用した物で対応してくれます。
ただし、本体ごとの交換になる事が多いので、事前にデータのバックアップを取っておかないといけません。
そのまま交換してしまうと、全てのデータが消えた状態で返されるので写真や連絡先、アプリなどが無くなってしまいます。

・非正規店でバッテリー交換をする場合

・修理費用が正規店より安い場合が多い
・持ち込みができるなら即日持ち帰りができる
・かなり古いiPhoneでも直してくれる店が多め

非正規店は修理費用が安い上、とにかく対応が早いです。持ち込みができるならその日に直ることが多く、急ぐ人でも安心でしょう。
スマホスピタル 3,000円〜(アプリ割)
キャッスル 5,500円
スマートリペア 4,500円
iPhone修理王 6,800円
リンゴ屋 5,050円

iPhoneのバッテリー交換で電池の減りを解決♪

正規店だと保証が使えるので安心してバッテリー交換をすることが出来ますが、その反面、費用の高さやデータの消失が懸念されます。一方で非正規店は費用は安いですが、利用する業者をきちんと見極める必要があるでしょう。
電池の減りで悩んでいる場合はバッテリー交換がおすすめですが、正規店・非正規店のどちらかを利用するのかは色々と情報を集めて、自分で判断していくことが大切です!

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

iPhoneをトイレに落として水没!復活させるには!?iPhoneを水濡れから救出す…

誤ってiPhoneをトイレに落としてしまった、水につけてしまった...ともはや絶望的な結末ですよね。 でも…

jagheterkohei / 4514 view

【ネット工作?】2ch史上最大の荒らし「F9」が飯塚幸三の身バレ関連スレを次々と荒ら…

「F9」が2chの飯塚幸三の身バレスレを次々と荒らしているようです。その影響か、2chでは鎮火してきています…

もふもふ / 915 view

iPhone7の発売日は2016年9月下旬、予約開始は上旬決定か!?公式発表された新…

もうすぐ発売!?大注目のiPhone最新作『iPhone7』の発売日情報や最新情報を大公開していきます。

*Putyu* / 3589 view

プログラム不要でスマホアプリが作れる!? コードがかけなくてもアプリを作れるサービス…

プログラムの知識がなくても誰でも簡単にスマホアプリが作れる便利なサービスをご紹介します。

shimashow / 19663 view

【最新情報】iOS11.3にアップデートした際の不具合と対処法まとめ

AppleからリリースされたiOS11.3はどのようなアップデート?不具合は?など色々と気になることが多いで…

rebecca364 / 1112 view

関連するキーワード