佐藤隆太さんのプロフィール

俳優・佐藤隆太

俳優・佐藤隆太

佐藤隆太さんと言えば大ヒットドラマシリーズ『海猿』、『ルーキーズ』のイメージが強く、笑顔が素敵な演技派俳優というイメージが強いですよね!

『池袋ウエストゲートパーク』でブレイクして以降、数々のドラマに主演してきた佐藤隆太さんですが、実は最近、ヒット作に恵まれていないのだとか。

確かに、佐藤隆太さんの代表作は一昔前のものが多いですし、最近はバラエティ番組などに出演することも無く、話題のドラマにキャスティングさされることもなかったように思います。

しかし、最近大人気少女漫画『ひるなかの流星』の実写化にあたって、佐藤隆太さんが主人公の叔父役に抜擢されたことが分かりました!

昔のように主役ではないようですが、これを機にまた再ブレイクできるかどうか、芸能界を中心に注目が集まっているようです。

1980年2月27日生まれ 東京都出身
’99年、舞台『BOYS TIME』で本格デビュー。’00年、TVドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS)で脚光を浴び、同年『世にも奇妙な物語 映画の特別編』(鈴木雅之監督ほか)で映画初出演。主な代表作に、映画『木更津キャッツアイワールドシリーズ』(金子文則監督)、『ガチ☆ボーイ』(小泉徳宏監督)、『ROOKIES—卒業—』(平川雄一朗監督)、TVドラマ『風林火山』(NHK)、『ROOKIES』(TBS)、『まっすぐな男』(KTV)など。公開待機作に、『おにいちゃんのハナビ』(国本雅広監督)、『漫才ギャング』(品川ヒロシ監督)がある。

こうしてみると話題作、ヒット作に多く出演していることが良く分かります。なぜ最近はあまり見なくなってしまったのでしょうか?

全盛期はどんなキャラクターを演じていたの?

木更津キャッツアイ

木更津キャッツアイ

木更津キャッツアイ

V6の岡田准一さん、嵐の櫻井翔さんなどの豪華メンツと共に、若者の物語を描いた『木更津キャッツアイ』。

宮藤官九郎さんの脚本ということもあり、当時は大注目のドラマとしてブームになっていました。

飲み屋のマスター役として出演

飲み屋のマスター役として出演

物語の中では、高校時代同じ野球部だったメンバーが集まる飲み屋のマスターとしての立ち位置だった佐藤隆太さん。

奇抜なアフロスタイルに佐藤さんお得意の笑顔とリアクションが炸裂する魅力的なキャラクターでした。

海猿

海猿

海猿

大ヒットドラマ『海猿』では主人公のバディとして活躍。

ドラマシリーズに加え映画も異例の数がリリースされたため、とても人気のシリーズだったことが分かります。

主人公のバディ『吉岡 哲也』として出演

主人公のバディ『吉岡 哲也』として出演

海猿では主計士補として、次作では主人公のバディの潜水士の役として活躍していました。

特に映画では主役を演じた伊藤英明さんとの友情を感じさせるシーンが多かったので、感動したという人は少なくないのではないでしょうか。

佐藤隆太さんが出演した海猿は間違いなく日本ドラマ・映画史に残る作品と言えるでしょう。

ROOKIES(ルーキーズ)

ROOKIES

ROOKIES

ひょんなことから野球部の顧問に就任した熱血教師を好演したことで、当時佐藤隆太さんの役者としての株は飛躍的に向上しました。

不良が集まる野球部を再編するためにすべてを投げうって熱く指導に当たる役柄は、佐藤隆太さんの強みを最大限引き出していましたし、佐藤隆太さん本人もこの役が気に入っていたそうです。

熱血教師役を好演

熱血教師役を好演

爽やかなキャラクターとして配役されることが多い佐藤隆太さんでしたが、ルーキーズではそれにプラスして熱血の要素もありました。

最近、当たり役に恵まれず苦労していた佐藤隆太さん

今クールのドラマは『下町ロケット』(TBS系)が他を圧倒した。その主演を務めた阿部寛は、2012年の出演作品『ゴーイングマイホーム』(フジテレビ)で平均視聴率7.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したとき、出るドラマは全て高視聴率という「阿部伝説」も崩れたかとささやかれたが、今回見事に復活した。

テレビドラマの世界にあって、「この俳優が出ていると、どうしても低視聴率になる」というウワサが絶えない、いわゆる“もっていない”俳優を関係者に聞いてみた。まず名前が挙がったのは……。

低視聴率を出してしまう俳優と見なされてしまったそう…。

「佐藤隆太です。映画化もされた主演作『ルーキーズ』(TBS系)をきっかけに、次々と人気作に抜擢されていますが、いま一つ、彼の出るドラマの数字は芳しくありません。連ドラ主演2作目の『まっすぐな男』(フジテレビ系)では、彼のキャラクターに合った、どこまでも一本気な男を熱演しましたが、2ケタを超えたのは10話中わずか2回。また11年、水谷豊の出世作で、一世を風靡した『熱中時代』(日本テレビ系)のリメイク版に主演しましたが、こちらも視聴率は9.4%。ドラマの終了直前、濱田龍臣演じる謎の転校生が登場するなど、明らかに続編が放送されるような内容でしたが、その後一度も制作されていません。また、12年に主演した『クレオパトラな女たち』(同)は2話の段階で6.7%を記録。結局8話で打ち切られました」(ドラマ関係者)

ドラマの打ち切りはあまり無いことですし、期待されていただけにスポンサー側の落胆も大きかったようです。

好調だったキャリアに訪れた突然の挫折

好調だったキャリアに訪れた突然の挫折

池袋ウエストゲートパーク以降、大ヒットドラマの常連に名を連ねていたのですが、ここにきて突然の挫折を味わうことに…。

『ひるなかの流星』で起死回生を狙う!

永野さんとは初共演で、あっという間の時間でしたが、彼女自身のピュアで天真爛漫な姿がすごく“すずめ”と重なりました。彼女のおじさん役がやれてよかった、またご一緒したいです。

純粋に演技を楽しんでいたようです。

また佐藤隆太さんの活躍が見たい!

最近の佐藤隆太さんの出演作は正直イマイチなものが多かったように思います。

しかし、今回は脇役と言えども、大人気コミックがベースとなった作品ですので、大コケということは無いはず。

これを機に俳優として第二のブレイクを飾ってほしいですね!

また佐藤隆太さんをドラマで目にする日が待ち遠しいです!

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

【画像】“白黒じゃないパンダ”白茶パンダのチーザイが可愛い!世界で唯一、茶色になった…

世界でたった1匹しかいない茶色パンダのチーザイが可愛いと話題に!白黒じゃなく、白茶になった理由!?突然変異!…

*Putyu* / 1143 view

森本あすかが消えた理由はつまらないからクビ!?干された現在は何してる!?父親は森山佳…

イッテQで6年ぶりの新人オーデションで発掘された森山あすかが消えた!?干された理由はうるさいから!?父親はサ…

patora  / 2705 view

宮迫博之・小山ひかるの不倫謝罪に嘘が発覚し炎上!長期で肉体関係も!美容ライターの名前…

宮迫博之・小山ひかるの不倫謝罪が嘘だとバレてTwitter炎上!不倫デートは3回だけじゃなかった!?

*Putyu* / 1191 view

FRIDAYの成宮寛貴コカイン吸引疑惑とゲイ疑惑は嘘!?本当!?事務所コメント発表に…

週刊誌『FRIDAY』の成宮寛貴コカイン吸引疑惑について本人と事務所が否定コメントを出しました。

*Putyu* / 846 view

“静岡のたけのこ王”風岡直宏の主演映画が判明!バツイチ再婚して嫁がいた!?

“静岡のたけのこ王”“農業界の武井壮”の異名を持つ風岡直宏さん。強烈キャラの彼の年収や、昔主演したという映画…

takeyan / 1433 view