Twitter Facebook
16130view
お気に入りに追加

きゃりーぱみゅぱみゅのMVで有名になった増田セバスチャンを調べてみた

4歳まで難聴だった

きゃりーぱみゅぱみゅのMVやライブの美術演出を手掛け、一躍有名となった増田セバスチャンさん。90年代に一世を風靡した、奇抜でカラフルなファッションブームの生みの親である、彼の本当の姿とは!?

難聴でネグレクトにDVを受けていたという壮絶な幼少期から、アートディレクターとして活躍するに至るまで“カワイイの伝道師”の人生や思想、作品などを調べてみました!

増田セバスチャンってどんな人?

プロフィール紹介

原宿発のファッションブランド『6%DOKIDOKI』のプロデューサーにして、大人気歌手きゃりーぱみゅぱみゅのMV、ライブの美術演出などを手掛けるアートディレクター。
90年代に、シノラーこと篠原ともえさんや千秋の全盛期時代で、一世風靡した奇抜でカラフルなファッションブームの生みの親である。
そしてその独特の世界観を海外へも発信し、支持されている‟KAWAIIの伝道師”とも言われている。

日本の男性、アートディレクター、アーティスト。原宿のショップ「6%DOKIDOKI」のプロデューサー。千葉県松戸市出身。「カワイイ」にこだわり続け、1995年から現在まで原宿を中心に活動。日本の原宿kawaiiカルチャーの第一人者とされている。

アートディレクターであり、アーティストでもあり、プロデューサーである増田セバスチャン。多くの肩書を持っていて素晴らしいです。

基本情報

・増田セバスチャン :ますだせばすちゃん
・生年月日     :1970年8月7日
・年齢       :44歳(2016年7月現在)
・出身地      :千葉県出身
・職業       :アートディレクター/アーティスト/
           ファッションブランド「6%DOKIDOKI」プロデューサー

KAWAIIの伝道師と呼ばれるまでの経緯ときっかけ

高校時代、ヤンチャなグループの中にいたらしく、‟このままだと自分は将来パチプロかマルチ商法の仕事しかないな”と思い、大阪へ。

しかし、英語の専門学校に入ろうと願書を出すものの、不備を指摘され、やり取りしているうちに願書を出さないまま、入学できず、ひたすらアパートに引き籠ることに。お金もなく、友達もできず、悶々とした日々を送っていたそうです。

そんな時、よく行っていた図書館で寺山修司の『書を捨てよ、町へ出よう』という本に出会い、当時内容はあまり分からなかったが、

‟とにかくこうしている場合じゃない、行動を起こさないと自分は何も変わらない”

と思い、意を決して東京に帰り、仕事を始めたことが第一歩とのこと。

‟今後どんな困難なことがあっても前を向いて行こう”

そこまで前向きに物事を考えられるようになったのは寺山修司さんの影響が強かったからなのですね。
また、考え方や行動だけではなく、美術や演劇への興味も影響されたらしいです。

この本が、増田セバスチャンが最も影響を受けた本

増田セバスチャンは本名!? 増田ゴンザレスだったかも!?

増田セバスチャンとは本名なのでしょうか?
そんなわけないですよね…

調べてみたところ本名は『増田 ひろし』(ひろしの漢字はわかりませんでした)

演劇時代に、ちょっとだけ表に出ていたことがあり、その時につけた名前だそうです。由来はいろいろ噂されていますが、実際は適当らしく新宿のゲームセンターで、幸運を呼ぶニックネーム占いというマシンがあり、それで出てきた名前が‟セバスチャン”と‟ゴンザレス”

その一方のセバスチャンを付けたらしいです。

「適当に付けたが、それが今も続いている。
ある意味、幸運を呼んでくれたのかも知れません。」
と、後にインタビューで語っていました。

セバスチャンを選んでなかったら、もしかしたら増田ゴンザレスになっていたのかも知れませんね!!

増田セバスチャンの作品

原宿発のファッションブランド『6%DOKIDOKI』

オープン当初の「6%DOKIDOKI」店内の様子

6%くらいの、ちょっとだけドキドキするモノが売っているお店。6とDOKIDOKIが丸が多くて可愛いので、ロゴから考えたんです。言葉はヴィジュアルとリズムだと思っているので、それで決めました。ブティックにありがちな洋風な名前には違和感があったし、“ドキドキ”って日本にしかない言葉だし。最初は雑貨中心だったんですが、そのうちにお客さんがうちののれんを頭に巻いたり、おもちゃを指輪にしたりって感じでファッションに取り入れ始めたんです。

当時は、奇抜なファッションにびっくりする人も多かったですが、今では多くの人が魅了される可愛さがあります。その時代時代にあったKAWAIIの意思が、『6%DOKIDOKI』には詰まっているのでしょうね。

原宿店のショップガールとパリから来た6%DOKIDOKIファン

世界へ広がるKAWAIIの人気

ロンドン・カムデンマーケットでのファッションショー

6%DOKIDOKIファンであるNicki Minaj来日時にショップにて

LAで6000人を動員したカルチャーイベント「Roots of kawaii」

6%DOKIDOKIの海外進出のきっかけ

2000年初頭、日本ではこういった原宿カルチャーはどんどん衰退傾向にありました。

しかし、同時期に世界中で普及していたMyspaceというサイトで日本の雑誌FRUiTSのスナップを編集した本を出ていたらしく、それに取り上げられていた、6%DOKIDOKIの記事が、海外の多くの人に読まれていました。

即、Myspaceで6%DOKIDOKIアカウントを取得すると毎日のように世界中からフレンド申請やメールが届き「原宿が大好き! あなたのショップが大好き! 私の国にも来て!」という内容が多く送られてきたそうです。

その子たちのページには6%DOKIDOKIのファッションを真似した写真がアップされており、SNSの普及で世界中のファンの子たちのパーソナルな部分が具体的に見えてきたことで、海外への進出のきっかけとなりました。

増田セバスチャンの手掛けたPV・MV

きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」

きゃりーぱみゅぱみゅ - PONPONPON(30 sec.) - YouTube

出典:YouTube

カラフルで可愛らしい!
きゃりーぱみゅぱみゅの音楽とピッタリですよね!

背景やファッションが特徴のきゃりーぱみゅぱみゅのMV!
この美術演出をしているのが増田セバスチャンとのこと。

きゃりーの「PONPONPON」の映像がYouTubeに乗って世界に発信され、急速に拡散していきました。増田セバスチャンの力だけでは、せいぜい数千人程度の拡散力しかなかったが、YouTubeだと何十万人、何百万人が見てくれる。KAWAIIの文化が大きく世界へと広がった瞬間でした。


増田セバスチャンはこの時、これからは、きゃりーやその後に続く人に任せれば大丈夫だと思い、自分としてはバトンタッチした気持ちになったそうです。

実は、この人のPVも担当してました!!

浜田ばみゅばみゅ - なんでやねんねん [full ver.] - YouTube

出典:YouTube

今年6月に放送された日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』で行われた
「浜田アイドル化計画」から生まれた、ダウンタウンの浜田雅功扮するキャラクター、『浜田ばみゅばみゅ』。

中田ヤスタカが作詞・作曲!
増田セバスチャンがPV、衣装、ジャケット写真などのビジュアル面を手掛けることを発表し、大きく話題となりましたよね!!
あの浜ちゃんが、増田セバスチャンの手にかかるとこんなに可愛くなるんです!!!

増田セバスチャンは独身?結婚してるの?

意外と中世的なルックスをしている増田セバスチャン
結婚はしているのでしょうか?
調べてみたところ、結婚はしておらず独身のようですね。

ですが、それより結婚しない理由がとても奥深いものでした。
増田セバスチャンが結婚しない理由として一番に‟自分の家系を後世に残したくない”というものでした。
とくに子どもを作りたくないとのこと。

その理由には、幼少期に受けた家庭環境が関係していると思われます。
育児放棄をする母親、DVのひどい父親、戦争体験で人を殺めたことを自慢してくる祖父…。
心休まることなく幼少期は苦しい思いをして育ってきました。

確かに、家系を後世に残したくないと思ってしまうのに無理はないかもしれませんね…。

増田セバスチャンの生い立ち、育んだ環境

自著『家系図カッター』

自著『家系図カッター』では、増田セバスチャンの破滅的半生が赤裸々につづってあります。

増田セバスチャンは、千葉県の松戸市にうまれ、祖母が経営する呉服店の跡取り息子として育ったそうです。
ですが、彼の母親は料理を一切せず新興宗教にのめりこみ、育児放棄していたようで、増田さんが4歳になるまで難聴だということに気づかなかったほどのようです。
早くの治療をしなかったためか、今でも高い音が聞こえないとのことでした。
耳が聞こえないことで周囲と上手く関わることができず、聴覚が回復してからも人付き合いが苦手となり、学生時代は学校になじめず、周りから『個性的』と言われるのがものすごくコンプレックスだったようです。

家系図カッターには、このような増田セバスチャンの幼少期や思想までが語ってあり、世界で活躍する彼がどのように成長し乗り越えていくかも描かれています。

この家庭環境で育っていながらあんなカワイイものを作り出せるのにも、なにか理由があるかもしれませんね。

4歳まで難聴を気づかれないほどの崩壊家庭。大人を欺き世の名を冷めた目で見ていた増田少年がつかんだ小さな小さな光。現在はカワイイ文化の発信者として世界的活動を続ける著者が、破滅的半生を赤裸々に明かす!

彼のルーツを知りたいなら必読です!

増田セバスチャンの家族は?

兄弟はいるの?

妹さんが一人いらっしゃるようです。
ですが家庭環境が複雑すぎるため精神的な病気を患い、自傷行為をするようになってしまったとのこと。
今は、結婚して出産もしたらしいですが、その後育児ストレスでお酒や睡眠薬に手を出し、相手の親に離婚させられたらしいです。

増田セバスチャン両親について

母親は、俗にいう『ネグレクト』常習犯。
増田さんが難聴だったことも気づかないだけでなく、日頃の食事も作らなかったという。新興宗教にのめりこんでおり、今では尼さんになったとのことでした。
難聴の手術が成功したのも宗教のおかげだと考えていたようです…。

父親は、暴力で物事を解決するようなDV男だったらしく、いつの間にか母親と離婚し、中国人の女性(愛人)と結婚してしまったようです。

複雑な家庭環境で育っていたため、結婚を考えていないという増田セバスチャン。‟子どもを作りたくない”‟家系を後世に残したくない”と語っていましたが、せめて心許せるパートナーと巡り会ってほしいなと思ってしまいますね。

出身校は?どんな学校に行ったの?

中学:松戸市立第一中学校

【総評】
タイトル通り、いつ訪問してもきちんと挨拶ができていますし、校内で保護者が行き先分からず、迷っていると生徒さんから先に声かけしてくれ案内までしてくれました。吹部の男子でした。
態度もきびきびしていますね。

印象としては、とてもしっかりとしている学校ですね!
宇宙飛行士の山崎直子さんと同級生だったらしいです!!

高校:松戸市立松戸高校

【総評】
生徒、先生ともに明るいです。また、部活動の設備が素晴らしいです。トイレがデパート並にとても綺麗です!!
そして、何より行事に対する盛り上がりが素晴らしい。
春には、桜並木が美しく、桜までもが入学を祝福してくれているかのように感じます。

今現在の松戸高校は偏差値47で、明るく元気な高校らしいです。
桜並木があるとのことなのですが、増田さんが通っていたころも桜並木が綺麗だったのでしょうね…。
俳優の阿部サダヲさんや、グループ魂の小園竜一さんと同級生だったようです!!

キラキラ輝いた小学校時代 黒歴史だった中学・高校生時代

増田さんの中で最高だった時代は小学生の頃だったそうです。
今でも当時の感覚に戻りたいという思いがあるとのことでした。あの頃の自由な感覚は大人になるとどんどん忘れてしまうし、当時は今見えるものとは違ってみえただろうから、表現する仕事をしている立場からは、羨ましいのかもしれませんね。

中学校以降は喧嘩が強い人ほどモテる風習があり、増田さんもそういうヤンキー文化に取り込まれたそうです。ですが、逆に不自由になっていく感覚があり全然楽しくなく、黒歴史だったと語っていました。

子どもの頃にみていた世界は、本当にキラキラ輝いていました。
もしその時に戻って何かを表現できるとなったら、増田セバスチャンはどんなものを作り出していたのでしょう。
それを考えると少し見てみたい気もしますね。

増田セバスチャンの作り出す世界

KAWAIIの伝道師が語る、KAWAIIに込められた魂

増田セバスチャンの考える「カワイイ」には2種類ある。
その一つは、‟自分の中に小宇宙を作ること”とのこと。
彼の「カワイイ」の根幹には、誰にも譲れない、これは私だけのオリジナルの『カワイイ』という思想があるのだ。

もう一つが、今世界的に普及中の『KAWAII』。
これは、海外の人による日本のカルチャーへのリスペクトの言葉なのだ!
海外の人たちが日本のテレビや映画を見て、他の言葉は分からないけど、「かわいい」という言葉だけは聞き取れる。日本に行った時、「KAWAII」と言えば感動が伝わると思ってる人もいるくらい。
それを利用し、海外が真似できない日本独自のポップカルチャーへのリスペクトを「KAWAII」という概念で表現し発信することで、今や世界中に広がっていったのです。

この考えから、とても奥が深く普段簡単に使っている「カワイイ」に対してものすごいこだわりを感じます。

まとめ

今回増田セバスチャンさんのことを調べて、もっと知りたい欲求が爆発しました。それだけ魅了する人だということです。

作品においても、ただカラフルで、ただカワイイというわけでなくそこに込められた思いや表現、そしてそれを見た人々の反応を見越して作られた作品はこれからずっと残っていく素晴らしいものだと思います。

今後は、アーティストとして新たな挑戦をしているとのことでしたので、増田セバスチャンの新しい作品を観れることをすごく期待しています。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

【絶倫】乙武洋匡氏の不倫写真が大量流出し不倫相手の顔がバレた!? 流出元は乙武氏の裏…

乙武洋匡氏の不倫騒動に関して、乙武氏の不倫相手とみらえる女性達との写真画像がネット上に出回っています。流出元…

takeyan / 27912 view

インスタで話題!木村文乃さんの手料理『ふみ飯』がプロ級すぎてヤバイ!

みなさんは『ふみ飯』をご存知でしょうか? 女優の木村文乃さんがインスタグラムにアップしている料理の腕前がプロ…

Rio / 9570 view

桑名正博のニセ息子の名前や顔画像に動画&Twitteアカウント特定!行動や出没エリア…

グッディで放送され話題の『桑名正博のニセ息子』番組ではモザイクつきの画像が公表されましたが、ネット上では名前…

nekonekota / 981 view

綾瀬はるかは激太りしてた!?ビューティーコロシアム出演時の画像が衝撃!痩せたダイエッ…

綾瀬はるかに激デブだった過去が…!ビューティーコロシアム出演時の劇太り具合がヤバすぎ!どうやって痩せたの!?

CY1985 / 63442 view

『ミス東大2016』グランプリ・篠原梨菜がかわいい!彼氏はいるの!?出身高校や巨乳な…

『ミス東大2016』のグランプリに輝いた篠原梨菜についてまとめています。

*Putyu* / 14785 view