Twitter Facebook
606view
お気に入りに追加

女優・二階堂ふみの出身校や学歴まとめ!偏差値や卒アルも!

確かな演技力で若手ながら本格派女優として名高い二階堂ふみさん。NHK大河ドラマ『西郷どん』で共演した俳優・鈴木亮平さんからは、「感性のバケモノ」と評されるなど、その類い稀なる才能は業界内からも高く評価されています。
今回はそんな演技派女優・二階堂ふみさんの学生時代に迫ってみます!実はアノ超名門最難関私立大学に在籍していたって本当!?中退説もあり!?幼少期からの学歴や美少女過ぎる画像も、情報てんこ盛りでお届けします♪

二階堂ふみの出身小学校は、那覇市立神原小学校

入学:2001年4月/卒業:2007年3月

二階堂ふみさんは2001年4月に那覇市立神原小学校に入学し、2007年3月に卒業しています。
那覇市立神原小学校は、沖縄県那覇市桶川にある公立小学校で、近隣には桜の名所でもある与儀公園や公民館、図書館など公共施設も充実しています。

二階堂ふみさんが同校出身であることは、Twitterでも複数投稿されています。

那覇市立神原小学校の偏差値

那覇市立神原小学校は入試のない公立校のため偏差値はありません。

二階堂ふみの神原小学校時代のエピソード

沖縄県那覇市出身の二階堂ふみさんは、南国・沖縄で幼少期を過ごしました。おてんば少女であった二階堂ふみさんは、木登りやかけっこ、一輪車など活発に外遊びをしていたそうです。一人っ子の二階堂ふみさんのご両親は若くして二階堂ふみさんを産み育てています。東京出身で和食料理人の父親・母親はその2歳年上の姉さん女房で、娘の好奇心を大事に大らかな心で接してくれていたそうです。習い事もたくさんしていたそうで、教育熱心で一人娘を大事に育てていたことがうかがえます。

両親は、家の隣の児童館で読書したり、一輪車に乗ったり好奇心旺盛だった娘の興味が赴くままさまざまな習い事をさせた。お説教もせず、大切なことは背中で伝えた。「実際に見たり聞いたこと以外のものには、それぞれの考えやフィルターが入っている場合だってあるんだよ、という考えを、何となく幼い頃から感じて育った」。

素敵な子育てですね!

そんな両親が大好きでしたが、二階堂ふみさんがまだ10代前半の頃に離婚をしてしまったそうです。両親の離婚がきっかけで、父親とは別れて暮らすようになったため、大きなショックを受けたと語っています。両親の離婚というのは幼心に大きな傷を残すのですね。。
現在もその傷が完全に癒えたとは言えないそうですが、幸せそうな両親を見て徐々に前向きになれたんだとか。
そんな悲しい過去があったんですね…。

母親と暮らすようになった二階堂ふみさんですが、映画好きの母親に連れられ映画館に通うことがとても多かったのだそう。その経験から映画女優への憧れを抱き始めたのだとか。特に高峰秀子さんが大好きで、現在も好きな女優の名を聞かれると「高峰秀子さん」と答えています。演技派女優としての素養は、母との映画館通いの中からも磨かれて行ったのですね!

二階堂ふみの神原小学校時代の写真

フリーペーパー「沖縄美少女図鑑」より

12歳の時にショッピング中に、「沖縄美少女図鑑(フリーペーパー)のモデルをしてみませんか?」と突然スカウトされた二階堂ふみさん。
スカウトされるのも納得の美貌ですよね。南国っぽい、はっきりとしたお顔立ちが本当に可愛らしいです!!
この「沖縄美少女図鑑」は2005年創刊以来、年に2~3回のペースで配布され、限定1万部発行のフリーペーパーで、発行から1週間で品切れになるなど「幻のフリーペーパー」と呼ばれています。(女優の黒島結菜さんも同雑誌のモデルから芸能事務所入りを果たしています)

この美少女図鑑の写真を見た、芸能事務所・ソニー・ミュージック・アーティスツのマネージャーが、二階堂ふみさんの素質を見抜き沖縄までスカウトにやってきたのだそう!マネージャーさんも見る目がありますね!!

とってもカワイイですね!!二階堂ふみさんと言えば、女優の宮崎あおいさんとソックリとの声がよくありますが、特に右の写真は宮崎あおいさんによく似て見えます。お二方とも、本当にかわいらしい!!

二階堂ふみの神原小学校時代の卒業アルバム画像

二階堂ふみさんの神原小学校時代の卒業アルバム画像は、残念ながら見つかりませんでした。今後も調査を続けます。しかし小学生当時の美少女っぷりからも、卒業アルバムの写真もかわいかったことに間違いありませんね。

小学6年生当時の二階堂ふみ

現在の色気漂う美人な二階堂ふみさんも魅力的ですが、小学生時代のまだあどけなさの残る二階堂ふみさんもとってもかわいらしいですね!

二階堂ふみの出身中学校は、那覇市立神原中学校

入学:2007年4月/卒業:2010年3月

二階堂ふみさんは2007年4月に那覇市立神原中学校に入学し、2010年3月に卒業をしています。
那覇市立神原中学校は、神原小学校に隣接する公立中学校です。向かいには与儀公園、知事公舎、教育委員会、警察署があるなど周辺環境もとても整った立地条件です。また体育館などの校内設備も充実しています。

二階堂ふみさんが同校出身であることは、Twitterで多数つぶやかれています。

那覇市立神原中学校の偏差値

那覇市立神原中学校は、入試のない公立中学校のため偏差値はありません。

二階堂ふみの神原中学校時代のエピソード

「沖縄美少女図鑑」に写真が掲載されたことで、現所属事務所にスカウトされた二階堂ふみさんは、中学一年生時にティーン向けファッション雑誌『二コラ』の専属モデルになっています。
さらに2007年夏ドラマ『受験の神様』で女優デビューを果たし、中学在学時にはドラマ2本、映画4本、CM3社に出演しています。

当時は東京と沖縄を仕事の度に往復。仕事中心の生活になり中学時代は同級生と過ごす時間が限られていたようです。そのためあまり「思い出がない」とも語っています。

仕事の方も慣れない撮影現場での演技の仕事。緊張の連続の中で映画「ガマの油」に大抜擢され、精神的にも追い込まれてしまったそうです。そんな時に録音技師である鶴巻仁さんに

「毎回、100%を出さなくてもいい。出そうとして30%しか出せないよりは、常に70%出せればいいんだから」

名言ですね!

と優しく声をかけてもらったんだそう。その一言に救われ、現在も心の中に留める言葉であることをテレビ番組で明かしています。
裏方さんの言葉を”大事な言葉”としてずっと大切にしていること、そしてテレビ番組で語ること。二階堂ふみさんの仕事に対する姿勢がうかがえますね。共演者や監督からのアドバイスなどを語る俳優はたくさんいます。しかしベテランスタッフの助言を、何年たっても「救ってくれた一言」として紹介するというのは、仕事に係わってくれる全ての人への感謝とリスペクトを忘れない証です。二階堂ふみさんの人柄が伝わってきますよね。

二階堂ふみの神原中学校時代の写真

ニコモ時代の二階堂ふみ(右下)、右上は女優の川口春奈

人気ティーンファッション誌『二コラ』のモデル、通称・ニコモ時代の二階堂ふみさんです。当時は西内まりやさんや川口春奈さんが看板モデルとして人気で、二階堂ふみさんは一度も表紙に起用されないまま同誌を卒業となりました。

映画『ガマの油』(2009年6月公開)の二階堂ふみ(左端)

二階堂ふみの神原中学校時代の卒業アルバム画像

二階堂ふみさんの神原中学校時代の卒業アルバム画像は残念ながら見つかりませんでした。今後も調査を続けて参ります。
中学時代の卒業アルバム画像は見つかりませんでしたが、映画やドラマで制服姿を披露している二階堂ふみさん。とっても似合っているので紹介しますね♪

セーラー服も、ブレザーも似合いますね!モデル出身ですが、身長157㎝とそれほど大きくない二階堂ふみさん。背が高そうなイメージがあったので意外でした!!
しかしとってもスタイル抜群ですよね!映画『リバース・エッジ』(2018年)では大胆な濡れ場を演じています。その完璧なボディーと、圧巻の演技力、そしてヌードも辞さない度胸と覚悟は若手女優の中でも頭一つ抜きんでていますよね。

二階堂ふみの出身高校は、東京都立八潮高等学校普通科

入学:2010年4月/卒業:2013年3月

二階堂ふみさんは2010年4月に東京都立八潮高等学校普通科に入学し、2013年3月に卒業しています。
都立八潮高等学校は、東京都品川区東品川にある公立高校で、大正7年に女子校として創立された歴史ある学校です。(現在は共学)

同校の著名な卒業生は女優の薬師丸ひろ子さん、淡路恵子さん、タレントの関根勤さん、ミュージシャンのFukaseさん、DJLOVEさん(共にSEKAINOWARI)がいます。
薬師丸ひろ子さんが在学中に映画『セーラー服と機関銃』出演し、同校の制服を着用していたことでも有名です。

二階堂ふみさんが同校出身であることは、Wikipediaの同校出身の著名な卒業生にも書かれています。また、NHK連続テレビ小説『エール』で共演する薬師丸ひろ子さんと同じ高校出身であると掲載する記事がありますので間違いありません。

薬師丸さんが『実は私、合唱部で……』と話したことから、お互い同じ高校の出身だとわかったそうです。

この談笑が元で一気に距離が縮まったそう。

東京都立八潮高等学校普通科の偏差値

東京都立八潮高等学校普通科の偏差値は44とされ、やや容易レベルです。
二階堂ふみさんは特に世界史が好きなんだそうです。特に中世ヨーロッパ時代が好きとの事です。高校の川崎先生が大好きで、先生からもらった世界史の本を今でも大事にしているそうです。

二階堂ふみの八潮高等学校時代のエピソード

高校入学を機に親元を離れ単身で上京した二階堂ふみさん。東京で一人暮らしを始めたものの、金欠にあえいでいたそうです。
当時はお米を買うお金もなくて、イモを主食に過ごしていたんだそう。大量のイモを買って、ずっと食べていたんだとか。

また友人が遊びに来る際にも決まりを設けていたと語っています。

「友達が家に遊びに来るとき、1人(米)2合持ってこさせていたんです。入場料で」

米2合って結構多い!!

たくましいですね。二階堂ふみさんは”確固たる自分”を持っている雰囲気があります。高校生当時から自立し、友人にもモノ言えるシッカリ者であったことがわかりますね!

また大学進学を希望していた二階堂ふみさんでしたが、あまりの多忙さで現役での大学進学を諦めています。しかしそこで終わらないのが二階堂ふみさんの強さ!何と浪人して再チャレンジを決意したのです。
忙しい中で浪人してまで大学に進学するというのは、芸能界でもあまり聞いたことがないですね。二階堂ふみさんの意志の強さを感じさせられます。

二階堂ふみの八潮高等学校時代の写真

映画『ヒズミ』(2012年)左・二階堂ふみ 右・染谷将太

高校時代の二階堂ふみさんは、女優として一気に知名度を上げた3年間でした。特に2012年に公開された映画『ヒズミ』ではヴェネツィア国際映画祭に出品され最優秀新人賞にあたる賞を共演俳優の染谷将太さんと共に日本人初受賞、日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞しています。
また2012年には大河ドラマ『平清盛』にも出演し、その後も『軍師官兵衛』『西郷どん』、朝ドラ『エール』とNHK常連女優にもなっています。

多忙な中でも高校生活は充実していたようです。人気トーク番組『A-studio』に出演した際には、高校時代に出来た親友の話もしています。

芸能人というと、堀越学園や日出高校など芸能科のある高校、また近年では通信課程の高校に通うパターンも多いですが、二階堂ふみさんは公立高校出身。
普通の高校生活を送れたことも、しっかりと地に足の着いた一般社会の感覚を持ちあわせられた要因のひとつかもしれませんね!

二階堂ふみの八潮高等学校時代の卒業アルバム画像

二階堂ふみさんの八潮高等学校時代の卒業アルバム画像は公開されていないようです。今後公開されることがありましたら、こちらにて紹介させていただきます。
八潮高等学校の制服は、前述したとおりセーラー服です。セーラー服のリボンをねじってから結ぶ「八潮巻き」なる着方が特徴なようです!

セーラー服姿の二階堂ふみさんも美しかったことでしょうね!

二階堂ふみの出身大学は、慶應義塾大学総合政策学部

入学:2014年4月/在学中

二階堂ふみさんは一年の浪人生活を経て、2014年に慶應義塾大学総合政策学部に入学し、現在も在学中です。

慶応義塾大学総合政策学部は、神奈川県藤沢市遠藤の慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)に置かれ、21世紀の世界問題(環境、エネルギー、格差拡大、戦争、民族、宗教)などを解決するためのプロセス・政策を学ぶ学部です。

同学部の著名な卒業生は経済界、マスコミ・ジャーナリズム業界、法曹、芸術、学者など多義にわたります。芸能界では、SexyZoneの菊池風磨さん、女優の葵わかなさんらがいます。また各局のアナウンサーも同学部出身者が多いです。

二階堂ふみさんが同大学出身であることは新聞にも掲載されているので間違いありません。

女優二階堂ふみ(19)が、慶大総合政策学部に合格したことが21日、分かった。

スゴイですね!

慶応義塾大学総合政策学部の偏差値

慶応義塾大学総合政策学部の偏差値は70とされ、私立大学最難関レベルです。
二階堂ふみさんはAO入試に合格し、同学部に入学していますので必ずしもこの偏差値レベルの学力であるとは限りません。AO入試は一次が書類選考、二次が面接試験で、学力試験はありません。しかし学力だけではなく、学業以外の活動も評価され、最難関人気私立大学である慶應義塾大学ですから非常に狭き門となっています。

初めは文学部を志望していたという二階堂ふみさん。しかし学部を超えて履修できるなどの自由度の高さや、広い学術分野などに魅力を感じ同学部を志望したそうです。

大学入試を控えた浪人期間は、忙しい時間の合間を縫って撮影現場にも参考書を持ち込んで勉強していたそうですよ!努力家ですね!

二階堂ふみの慶応義塾大学時代のエピソード

2014年入学の二階堂ふみさんですから、4年間でストレートに卒業をしていれば2018年3月に卒業となります。しかし卒業の報告などもないことから、一時は中退説も出ていました。
学内であまり見ないという声も散見されていました。

しかしどうやら中退はせずに卒業に向けて頑張っているようです。2020年で7年生となった二階堂ふみさん。多忙で思うように単位取得が進まない上に、超多忙なスケジュールで有名なNHK連続テレビ小説のヒロインに。その際には留年も辞さない覚悟で挑んだそうです。

今回の朝ドラは留年覚悟で出演を決めたと聞いています(芸能プロ関係者)

スゴイ気合!

また同作品で共演する女優・薬師丸ひろ子さんに、苦悩を相談し励まされたとする記事もありました。

「現在、“慶應大学7年生”の二階堂さんはコロナ禍の影響もあり、大学生活をこのまま続けていけるのか悩みを打ち明けたそうです。薬師丸さんは一時、女優を休業して学業に専念した自らの体験談を交えながら『大学で学んだ日々は将来、女優業に役に立つ。大変だと思うけど、体を壊さないように頑張って』と、最後まで諦めることなく卒業するように励ましたそうです」

頑張ってほしいですね

大学に在学できる期間は8年間。そのため8年生となる2021年には仕事をセーブし卒業できるように頑張るという話もありました。そこまでご本人が決意を固めているのなら、事務所側もスケジュール等を調整してくれるといいですね。

しかし二階堂ふみさんほどの女優さんともなれば、大学を卒業せずともすでにご立派であると思います。卒業しても中退という道を選んでも、ご本人が悔いのないように選んだ道ならそれが正解ではないでしょうか。
自分に合った道をしっかり選択して行ける、”ブレない芯”を二階堂ふみさんからは感じます!どちらの道を選んでも応援したいですね♪

二階堂ふみの慶応義塾大学時代の写真

史上最年少ゴチメンバーに(2016年)

映画にドラマに大活躍の大学時代ですが、2016年には日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』の「グルメチキンレース・ゴチになります!」の新メンバーに選ばれ2年間レギュラーを務めました。
セーラー服もかわいらしいですね!!

また大学内では誰かと話したり、学内に長居することはあまりないという二階堂ふみさん。

二階堂さんにとって、大学は『ただ真面目に勉強をしに行くところ』というイメージだったようです。

今どき珍しいくらいの真面目さですね!

2016年に『週刊プレイボーイ』で表紙を飾った時には、男子大学生が盛り上がったそうです。しかし一般大学生より大人で人生経験豊富な二階堂ふみさんは動じなかったんだとか。

『週刊プレイボーイ』(集英社)の表紙を飾ったときは男子学生たちがかなり沸いたそうですが、彼女は同級生たちを『幼稚』としか思ってないようです。

カッコいい!

クールでカッコイイですね!しかし写真を見たら盛り上がる男子の気持ちもよくわかりました(笑)。
こんなセクシーでスタイル抜群で美人な二階堂ふみさんが同じ学内にいたらドキドキしちゃっても仕方ないかも!?

二階堂ふみの慶応義塾大学時代の卒業アルバム画像

二階堂ふみさんの慶應義塾大学卒業アルバムは今のところありません。二階堂ふみさんの卒業を応援したいですね!

まとめ

唯一無二の存在感を放つ演技派女優・二階堂ふみさんは、沖縄の公立小学校を卒業し、高校から東京に上京していました。大学は超名門私立大学の慶應義塾大学で、高学歴であることもわかりました。
美人でスタイルも良くて、演技力もずば抜けていて、なおかつ頭もイイって才色兼備すぎますね!
今後もその豊かな才能で魅了してくれること間違いなしです。二階堂ふみさんのますますのご活躍を心より応援しております♪

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連するキーワード