Twitter Facebook
486view
お気に入りに追加

絶対聞くべき!洋楽ロックバンドのおすすめ&人気ベスト100選!

お気に入りが見つけやすい50音順でご紹介!

洋楽が大好きで新しいロックバンドを知りたい!という方や、これから洋楽を聴き始めるけど、どんなバンドがあるのか知りたい!という方のために、

ここでは分かりやすく50音順で「おすすめ&人気」の洋楽ロックバンドをご紹介しています。

その数、なんと全部で100!

代表的な楽曲を含めて、特徴なども簡単にまとめていますので、ぜひチェックしていってください。

きっとあなたの好みのバンドが見つかるはずです。

1:アイアン・メイデン(IRON MAIDEN)

Iron Maiden - Iron Maiden (full album) - YouTube

出典:YouTube

ヘビメタ界の重鎮バンド

イギリスのヘビーメタルバンドで、1980年代から活動をおこなっている業界の重鎮です。

ギターなどを勉強する際に、こちらのバンドの楽曲をおすすめされることもあるほどポピュラーなバンドですので、ぜひ一度聞いてみてはいかがでしょうか。

2:アニマルズ(The Animals)

「朝日のあたる家 The House of the Rising Sun」アニマルズ、The Animals - YouTube

出典:YouTube

オールドブリティッシュロックの代表格

かなり歴史が古く、1962年から1984年まで活動していたロックバンドです。

当時、最先端のエレクトロサウンドを駆使した楽曲は世界的にも評価されました。

ダウン系ロックを好まれる方にはおすすめの洋楽ロックバンドです。

3:R.E.M.(アール・イー・エム)

アール・イー・エム R.E.M. - Man On The Moon 和訳 歌詞付き - YouTube

出典:YouTube

90年代のオルタナティブロック好きに

1990年代にニルヴァーナなどと共に一世を風靡した、アメリカの洋楽ロックバンドです。

オルタナティブ系のサウンドが好きな方にはたまらない楽曲が揃っていますので、ぜひ一度聞いてみてください。

後期になると現在のロックシーンに近いサウンドも楽しめます。

4:アロハ・フロム☆ヘル(Aloha from hell)

Aloha From Hell - No More Days To Waste (Videoclip) - YouTube

出典:YouTube

女性ボーカルのドイツロックバンド

2008年から2010年までと活動期間は短いですが、良曲が多く、ファンからも支持されていたドイツのロックバンドです。

女性ボーカルというのも特徴的で、雰囲気としてはアヴリル・ラヴィーンが好きな方は絶対に気に入るはず。

パワフルなハスキーボイスが魅力的なおすすめの洋楽ロックバンド!

5:イエス(Yes)

YES - Owner of a Lonely Heart (Official Music Video) - YouTube

出典:YouTube

こちらの楽曲を聴いたことがある人も多いはず

YESは、1970年代から活動しているイギリスのロックバンドです。

代表曲の「Owner of a Lonely Heart」は、日本のアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」の第2部でも使われていたことから、知っている方も多いかと思います。

エッジの効いたギターサウンドとレトロなベースラインが魅力的なオススメしたい洋楽ロックバンドです。

6:EMF(イーエムエフ)

Unbelievable - YouTube

出典:YouTube

ブリティッシュラウドロック好きの方はどうぞ

1991年にはビルボードチャート1位を獲得した経験もある、イギリスのベテランロックバンドです。

ラウドロックが好きな方にはグサりと刺さるはず。

また、比較的ポップロックよりの楽曲も多数発表されているので、初心者にも聞きやすいのでオススメしたい洋楽ロックバンドです。

7:イーグルス(Eagles)

デスペラード イーグルス(Desperado Eagles) 2017 1 - YouTube

出典:YouTube

数々の日本の映画やドラマにも使われている名曲中の名曲

オールドロックファンからすると、このバンドは絶対に外すことはできないでしょう。

1971年から活動をおこなっているバンドで、名曲「でスペラード」は名曲中の名曲で、洋学を知らない人でも聞いたことがある1曲だと思います。

もちろん、ほかにも良曲多数ですので、ぜひアコギの練習用にも聞いてみてください。

8:ヴァン・ヘイレン(Van Halen)

Van Halen - Jump - YouTube

出典:YouTube

アメリカを代表するロックバンド

やはりアメリカのロックバンドで人気かつおすすめと言えば「ヴァンへイレン」。

代表的な楽曲「JUMP」は、日本の映像作品などにも挿入されていることから知っている方も多いはず。

元々はハードロックバンドですが、柔らかな印象の楽曲もありますので、ぜひ試しに聴いてみてください。

一度は聞いておきたいおすすめの洋楽ロックバンドです。

9:ウォーク・ザ・ムーン(WALK THE MOON)

WALK THE MOON - Shut Up and Dance (Official Video) - YouTube

出典:YouTube

2010年代から活動開始、比較的新しいエレクトロックバンド

「ウォーク・ザ・ムーン(WALK THE MOON)」は、2010年代からアメリカで人気の洋ロックバンドで、エレクトロロックサウンドをメインとしています。

疾走感のあるサウンドは誰からも好まれやすく、クラブではDJミックスもされている楽曲が多数。

テンションを上げたい時にもオススメの洋楽ロックバンドです。

10:エアロスミス(Aerosmith)

Aerosmith - I Don’t Want to Miss a Thing (Official Music Video) - YouTube

出典:YouTube

映画「アルマゲドン」の主題歌

洋楽をあまり聴かない人でも、この「エアロスミス(Aerosmith)」は知っているかと思いますが、日本では映画「アルマゲドン」の主題歌を歌ったことでその知名度が上がっています。

また、木村拓哉さん主演のドラマ「プライド」でも同バンドの楽曲「ANGEL」が使われていますので、知っている人もいるのではないでしょうか。

ボーカル・スティーブンタイラーの圧倒的なハイトーンボイスが魅力的で、惹きこまれること間違いなし。

洋楽好きも、これから洋ロックを聴きたい人も絶対聞くべきおすすめの洋楽ロックバンドです。

11:エヴァネッセンス(Evanescence)

Evanescence - Bring Me To Life (Official Music Video) - YouTube

出典:YouTube

テレビ東京系「SHOWBIZ COUNT DOWN」のエンディング曲

独特な世界観と怖さすらあるホラーサウンドが特徴的なロックバンドです。

日本でもタイアップされることが多く、それなりの知名度はあり。

メインボーカルは女性で、コーラスボーカルに男性と、厚みのある歌声が魅力のひとつなおすすめの洋楽ロックバンドです。

12:エレクトリック・ライト・オーケストラ(Electric Light Orchestra(ELO))

E.L.O. - Twilight - YouTube

出典:YouTube

イギリス・テクノ系ロックのポピュラーソング

「エレクトリック・ライト・オーケストラ(Electric Light Orchestra」、通称ELOは、イギリス発のロックバンド。

当時としてはかなり最先端のテクノサウンドを取り入れた、流行ソングを多数発表しています。

13:オアシス(Oasis)

Oasis - Whatever (Official Video) - YouTube

出典:YouTube

ブリティッシュロックの名作

リアムとノエル、2人のギャラガー兄弟をメインとした、イギリスの超有名ロックバンドです。

洋楽ロックバンドを語る上で欠かすことのできない存在ですので、マストでチェックしておきたい、おすすめ(というか絶対聞くべき)の洋楽ロックバンドです。

「WHATEVER」をはじめ、「Don’t Look Back In Anger」など、今聞いても色あせない名曲ばかりです。

14:オーケー・ゴー(Ok Go)

OK Go - I Won’t Let You Down - Official Video - YouTube

出典:YouTube

2000年代のアメリカンポップロックのヒット曲

「オーケー・ゴー(Ok Go)」は、ベーシックな4人組アメリカンロックバンドで、2000年代のポップロックシーンで大活躍。

今でもそのポップさのある楽曲は人気があり、日本でもファンの多いバンドです。

楽曲の中には日本語が使われていることも。

15:オールマン・ブラザーズ・バンド(Allman Brothers Band)

ジェシカ/オールマン・ブラザーズ・バンド Jessica/Allman Brothers Band - YouTube

出典:YouTube

カントリーロック調の1曲

1969年から活動する、アメリカのカントリーロックの大御所です。

どこか懐かしさを感じるメロディーラインは、今の若者にも好まれやすい仕上がりではないでしょうか。

洋楽慣れしていない人にもおすすめできる洋ロックバンドです。

16:ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N’ Roses,GN’R)

Guns N’ Roses - Sweet Child O’ Mine (Official Music Video) - YouTube

出典:YouTube

アメリカロックの最高峰

洋楽バンドを聞きたいのであれば、まずはガンズ・アンド・ローゼスからとおすすめするファンも多いかと思います。

数多くのヒット曲と記録を叩き出しているモンスターバンドです。

ボーカルのアクセルローズの声は一度聞いたら忘れられない歌声。

アメリカの映画の主題歌なども手がけています。

絶対聞くべきおすすめの洋楽ロックバンドの1つです。

17:カッティング・クルー(Cutting Crew)

Cutting Crew - (I Just) Died In Your Arms - YouTube

出典:YouTube

ヴァイオリンのイントロが心地いい

「カッティング・クルー(Cutting Crew)」はイギリスのロックバンドで、1980年代から活動をおこなうベテラングループです。

1990年代のJPOPが好きな方にとっては懐かしいサウンドが楽しめると思いますので、ぜひ一度聞いてみてください。

18:キッス(Kiss)

Kiss - I Was Made For Lovin’ You (Version Original 1979) (Producciones Especiales Jose @ DJ Mix) - YouTube

出典:YouTube

ヘビメタ好きにはたまらない1曲

アメリカの元祖ハードロックバンド。

独特なペイントをした顔は、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

ラウド系のハードサウンドを得意とし、ブアツいベースラインが魅力的な、一度は聞くべきおすすめの洋楽ロックバンドです。

19:キング・クリムゾン(King Crimson)

キングクリムゾン King Crimson - The Court Of The Crimson King 和訳 歌詞付き - YouTube

出典:YouTube

1969年発表の名曲

1960年代から活動をおこなってきた「キング・クリムゾン(King Crimson)」は、古い洋楽ファンから絶大な支持を得ているイギリスのロックバンドです。

アニメ・漫画好きの方であれば「ジョジョの奇妙な冒険」に出てくる、第5部のボスのスタンド名として聞いたことがあるかもしれませんね。

美しい音色も最高な、おすすめの洋楽ロックバンドです。

20:クイーン(Queen)

Queen - Live at LIVE AID 1985/07/13 - YouTube

出典:YouTube

30年以上前のライブ映像

ボーカル・フレディーマーキュリーが亡くなったことで、より伝説的となったイギリスのロックバンドです。

日本でも、2018年公開のドキュメンタリー系映画で知ったという方は多いかもしれません。

全世界のバンド史に残る名曲揃いで、一度は聞いてもらいたい楽曲ばかりです。

特に「WE WILL ROCK YOU」は、知らない人がいないレベルの大ヒットソング。

一度は聞いておきたい、おすすめの洋楽ロックバンドです。

21:グー・グー・ドールズ(Goo Goo Dolls)

Goo Goo Dolls - ”Iris” [Official Music Video] - YouTube

出典:YouTube

映画『シティ・オブ・エンジェル』の主題歌

1990年代から活躍するアメリカのロックバンドです。

サマーソニックジャパンなどにも出演していますので、知名度は高いかと思います。

メロディアスなロックサウンドが好きという方には非常におすすめのバンドです。

22:ザ・クラッシュ(The Clash)

The Clash ザ・クラッシュ - London Calling 和訳 歌詞付き - YouTube

出典:YouTube

1979年リリースのブリティッシュロックの名作

日産の自動車「エクストレイル」のCMソングに「I Fought the Law」が起用されたことでも有名な、イギリスの伝説的ロックバンドです。

1986年までの12年間、活動を行ってきましたが、年数以上の存在感を魅せつけたバンドだと思います。

ソリッドでエネルギッシュなサウンドが魅力的なポイント。

こちらも押さえておきたい洋ロックバンドです。

23:グリーン・デイ(Green Day)

Green Day - Minority (Video) - YouTube

出典:YouTube

イントロを練習した人も多いのでは?

1987年結成のアメリカのパンクロックバンドで、世界的にも有名なグループです。

エッジの効いたギターが魅力的で、社会風刺的な意味合いを持つ歌詞などが魅力のひとつとなっています。

パンク少年たち憧れの存在でもあり、楽器を始めるきっかけとする方々も多くいます。

やっぱりメジャー所は押さえておきたい聞くべき洋楽ロックバンドです。

24:コールドプレイ(Coldplay)

Coldplay - Viva La Vida - YouTube

出典:YouTube

新時代のイギリスロック界の名曲

ブリティッシュロックの新星として、2000年代中頃に登場した「コールドプレイ(Coldplay)」

代表曲「VIVA LA VIDA」は世界的にも大ヒットしました。


サマーソニックなどのイベントでも度々来日しています。

クラブでもDJミックスがされ、一般的な知名度も高いバンドですので、一度は聞いておきたい洋楽ロックバンドです。

25:コーン(Korn)

Korn - Blind (AC3 Stereo) - YouTube

出典:YouTube

デスボイス好きにはたまらない1曲

アメリカのロックバンドで1992年から活動しています。

オルタナティブロックサンドが特徴的で、重めの音が好きな方にはおすすめです。

また、ボーカルのデスボイスも魅力のひとつで、ヘビーロックバンドとしての一面も持ち合わせています。

26:サバイバー(Survivor)

Survivor - Eye Of The Tiger (Official Music Video) - YouTube

出典:YouTube

映画「ロッキー3」のテーマソング

バンドの名前を知らなくても楽曲は知っているという方が多いのが、こちらのアメリカロックバンドの「サバイバー(Survivor)」

バラエティー番組などでもよく使われることのある、「Eye Of The Tiger」はあまりにも有名な1曲です。

ほかにも良曲がたくさんありますので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

27:サンタナ(Santana)

Santana - The Game Of Love ft. Michelle Branch (Official Video) - YouTube

出典:YouTube

2002年リリース、Michelle Branchとのコラボ曲として御馴染み

1966年から活動するアメリカのロックバンドで、数々の名曲を生み出しているヒットメーカーでもあります。

女性ボーカリスト・ミシェルブランチとのコラボ曲である「The Game Of Love」は、日本でもヒットしたポップ調の楽曲です。

こちらも初心者におすすめの洋楽ロックバンドと言えるでしょう。

28:シカゴ(Chicago)

Chicago - Hard To Say I’m Sorry (stereo sound) - YouTube

出典:YouTube

結婚式などでも使われる名曲

1967年の結成のアメリカのロックバンドで、オールドアメリカンロックスの大御所的存在。

緩やかな曲調から激しいバンドサウンドまで、幅広い楽曲を世に送り出しています。

代表的な楽曲である「Hard To Say I’m Sorry」は、いろいろなシーンで使われている名曲!一度は聞いておきましょう!

29:Sixpence none the richer (シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー)

Sixpence None The Richer - Kiss Me (Official HQ) - YouTube

出典:YouTube

ドコモやキャノンのCMソングとしても有名

ポップなサウンドを特徴とする、アメリカのロックバンド「Sixpence None The Richer 」

日本では「KISS ME」のヒットで知られています。

軽めのサウンドが好きな方、爽やかな曲調が好きな方におすすめの洋楽ロックバンドです。

30:ジャミロクワイ(Jamiroquai)

Jamiroquai - Virtual Insanity (Official Video) - YouTube

出典:YouTube

日本でもCMソングとして御馴染み

1992年から活動し、いまだに高い人気を誇るイギリスのオシャレロックバンドがジャミロクワイです。

日本でも一世を風靡しました。

スタイリッシュなサウンドと独特の世界観を持つリリックが魅力的で、ドライブソングなどにも適した楽曲を多く取り揃えています。

31:ショッキング・ブルー(The Shocking Blue)

ヴィーナス/ショッキング・ブルー Venus/Shocking Blue - YouTube

出典:YouTube

数多くの企業や番組のタイアップ曲として有名

バンド名は知らなくても楽曲は誰しもが聴いたことがあるバンドのひとつ、それが「ショッキング・ブルー(The Shocking Blue)」です。

代表曲「Venus」は、ホンダの「アヴァンシア」、サントリー「ウイスキー・リザーブ」CMソング、フジテレビ系「笑う犬」のオープニング曲など、幅広い使われ方をしています。

また、海外ドラマ「フルハウス」でも御馴染みの1曲です。

32:スキッド・ロウ(Skid Row)

Skid Row - Youth Gone Wild (Official Music Video) - YouTube

出典:YouTube

スキッドロウの代表的ナンバー

アメリカを代表するロックバンドで、ハードロック、ヘビーメタル、オルタナティブロックといったあらゆるジャンルのバンドサウンドを手がけるマルチグループです。

ギターを始めると一度はカバーしたくなる洋楽ロックバンドです。

33:スマッシング・パンプキンズ(Smashing Pumpkins)

The Smashing Pumpkins - Tonight, Tonight - YouTube

出典:YouTube

90年代の大ヒットソング

古くからの洋楽ファンからは「スマパン」という名前でお馴染みのバンドが「スマッシング・パンプキンズ(Smashing Pumpkins)」です。

1990年代を中心にアメリカで大活躍したバンドでもあり、いまだに多くのファンがいます。

シャープなボーカルの歌声が特徴的で、サブカル系好きにも好まれやすいタイプの洋楽ロックバンドです。

34:ザ・ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)

The Stone Roses - I Wanna Be Adored - YouTube

出典:YouTube

イギリスポップロックの名曲

1990年前後に人気と知名度を上げたバンドが「ザ・ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)」

イギリスのロックバンドで、代表曲「I Wanna Be Adored」は1991年リリースの大ヒット曲です。

ロンドン系のロックバンドが好きな方にはピタリとハマるはず!おすすめです!

35:ザ・スミス(The Smiths)

The Smiths - This Charming Man (Official Music Video) - YouTube

出典:YouTube

1984年リリースのブリティッシュロックソング

エッジの効いたギターサウンドが特徴的なバンドで、まさにイギリスのロックバンドといった曇り空が似合う楽曲を多く発表しています。

そのため、ローテンションのロックナンバーが好きな方にはおすすめです。

また、「There Is A Light That Never Goes Out」といった名曲も。

モリッシーの独特のボーカルも是非聞いて欲しい、オススメしたい洋ロックバンドです。

36:スリー・ドッグ・ナイト(Three Dog Night)

喜びの世界/スリー・ドッグ・ナイト Joy To The World/Three Dog Night - YouTube

出典:YouTube

日本でもお馴染みの1曲

「スリー・ドッグ・ナイト(Three Dog Night)」は、アメリカのオールドロックバンド。

「Joy To The World(喜びの世界)」は世界的にも有名で、日本でもCMソングなどに使われています。

ちょっと知っておくと自慢できる洋ロックバンドですので、ぜひチェックしておきましょう。

37:スリップノット(Slipknot)

Slipknot - Psychosocial [OFFICIAL VIDEO] - YouTube

出典:YouTube

映画『パニッシャー: ウォー・ゾーン 』の挿入歌

アメリカのハードロックバンドで、演奏する際には特殊なマスクをして登場することで知られる印象的なグループです。

その異様な姿をリスペクトする方々がたくさんいて、日本にもファンが多いバンドとなります。

ラウド・ヘビー系のバンド楽曲が好きな方には是非ともおすすめしたい洋ロックバンドです。

38:セックス・ピストルズ(The Sex Pistols)

Sex Pistols - God Save The Queen - YouTube

出典:YouTube

ブリティッシュロックソングの最高傑作

イギリスで絶大なる影響力を持っていたロックバンド。

名前だけでも知っているという方は多いのではないでしょうか。

また、世界的にも有名なベーシストであり、また映画にもなったシド・ビシャスがいたことでもお馴染みのバンドです。

こちらもあまりにも有名なので、一度は聞いておきたいオススメの洋楽ロックバンドです。

39:ゾンビーズ(The Zombies)

ゾンビーズ ふたりのシーズン The Zombies Time Of The Season - YouTube

出典:YouTube

1969年リリース。日産「ティーダTIDA」のCMソング。

「ゾンビーズ(The Zombies)」はイギリスのロックバンドで、1961年から活動しています。

オールドブリティッシュロックの代表格のような存在で、その楽曲は今でも日本でCMなどに使われるほど。

落ち着いたギターサウンドが好きな方には是非ともオススメしたい洋楽ロックバンドです。

40:ダイアー・ストレイツ(Dire Straits)

Dire Straits - Money For Nothing - YouTube

出典:YouTube

1985年リリースの名曲

「ダイアー・ストレイツ(Dire Straits)」は、1976年~1995年の間に活躍をしたイギリスのロックバンド。

代表曲「Money For Nothing」は、1986年に3DCGが評価されMTV最優秀ビデオ賞を受賞しました。

また、音楽業界の最高峰であるグラミー賞でも「最優秀ロック・ボーカル・パフォーマンス賞」を受賞した経歴もある凄腕バンドです。

41:ダム・ヤンキース(DAMN YANKEES)

Damn Yankees - High Enough (Official Music Video) - YouTube

出典:YouTube

リーバイスのCMソングに起用

1989年結成のアメリカのロックバンドである「ダム・ヤンキース(DAMN YANKEES)」

往年のアメリカンロックの定番バンドで、厚みのあるサウンドとカッティングエッジの効いたギター、重みを感じさせるベースが特徴的です。

初心者にも聞きやすい洋楽として一度聞いてみる価値あり。

42:チェイス(Chase)

黒い炎  チェイス - YouTube

出典:YouTube

あまりにも有名なイントロ

代表的な楽曲のひとつ「Get It On(黒い炎)」が日本でもヒットした、アメリカのロックバンド「チェイス(Chase)」

アサヒ缶コーヒー「WANDA」、NTTドコモのCMソングなどに使われてお馴染みとなっています。

また、かつての「ひらけ!ポンキッキ」のBGMでもありましたので、聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

43:チープ・トリック(Cheap Trick)

CHEAP TRICK【SURRENDER】1978 - YouTube

出典:YouTube

ポップロックス好きにおすすめの1曲

「チープ・トリック(Cheap Trick)」はコミカルさとポップさを感じることができるアメリカのロックバンドです。

1987年リリースされた「The Flame」などが代表的な楽曲で、ロックに馴染みがない方にも聞きやすいナンバーとです。

44:チャンバワンバ(Chumbawamba)

Chumbawamba - Tubthumping - YouTube

出典:YouTube

今でも色あせない往年の名曲

「Tubthumping」のヒットで一気にメジャーバンドへと駆け上がったイギリスのロックバンド「チャンバワンバ(Chumbawamba)」

ブリティッシュ系のバンドとしては元気いっぱいな印象のあるグループで、ややパンクの要素も含んだナンバーが多めとなっています。

「情報プレゼンター とくダネ!」のテーマソングに使われていたこともあり、日本人にはお馴染みかもしれません。

一度は聞いてみて!!

45:ティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears for Fears)

Tears For Fears - Everybody Wants To Rule The World (Official Video) - YouTube

出典:YouTube

1985リリースの代表的ナンバー

「ティアーズ・フォー・フィアーズ(Tears for Fears)」は、イギリスの2ピースバンドです。

なかなかバンドで2人組というのは珍しいので、当時から注目をされていました。

日本では「Everybody Wants To Rule The World」がノエビアのCMソングやテレビ東京系「マネーの羅針盤」のエンディングテーマソングに使われているため、ややメジャーなバンドかと思います。

46:ディープ・パープル(Deep Purple)

Deep Purple - Highway Star - YouTube

出典:YouTube

ディープパープル定番のハードロックナンバー

イギリスのハードロックバンドにして、世界的にも有名な「ディープ・パープル(Deep Purple)」

数多くの楽曲が世界中の企業のタイアップ曲に使われ、日本にも多くのファンがいます。

ハードロックが好きという方には外せないバンドのひとつで、洋楽を語る上では欠かせない存在です。

47:T-レックス

T.Rex - 20th Century boy - YouTube

出典:YouTube

確実に誰もが聞いたことがあるギターメインのイントロ

1967年から1977年というたった10年間で世界に衝撃を与えたバンドが「T-レックス」です。

イギリスのバンドで、数々の賞を受賞した経歴を持ちます。

1973年にリリースされた「20th Century Boy」は。大ヒット漫画で映画にもなった「20世紀少年」のメインテーマソングに起用され、またトヨタの「ヴォクシー」のCMソングなど各所で使われている名曲です。

48:デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)

Dead Or Alive - You Spin Me Round (Like a Record) (Official Video) - YouTube

出典:YouTube

FloRidafeat.Ke$haがサンプリングしたことでも知られる

1980年結成のイギリスの3ピースバンド「デッド・オア・アライヴ(Dead or Alive)」

ディスコ系ニューウェーブバンドともいわれ、テクノサウンドを使った当時の最先端ミュージックが魅力的でした。

「Turn Around and Count 2 Ten」といったナンバーも有名ですね。

有名曲だけでも是非聞いてみて欲しい、オススメの洋楽ロックバンドです。

49:デフ・レパード(Def Leppard)

Def Leppard - Photograph - YouTube

出典:YouTube

最高にカッコいいギターロックナンバー

「デフ・レパード(Def Leppard)」は、ビジュアルも魅力的なイギリスのハードロックバンドです。

メンバーがみんなイケメンということで、当時のロンドンで大流行したバンドでもあります。

重厚感を感じるロックナンバーが多く、ギターを始めようとしている方の練習曲にもなる楽曲が多数。

50:デュラン・デュラン(Duran Duran)

Duran Duran - Save A Prayer (Official Music Video) - YouTube

出典:YouTube

今聞いてもシビれます

イギリスを代表するロックバンドで、世界的にも有名な「デュラン・デュラン(Duran Duran)」

こちらも洋楽を語る上では欠かせない存在です。

代表楽曲「The Reflex」は、ドラマ「WATER BOYS2」のシンクロ曲として使われたことで知られています。

これから洋楽を聞こうという人には、是非オススメしたい洋楽ロックバンドです。

51:デレク・アンド・ザ・ドミノス(Derek and the Dominos)

いとしのレイラ  デレク アンド ザ・ドミノス - YouTube

出典:YouTube

エリッククラプトンと言えばこれ!

エリッククラプトンが在籍していたことでも知られる、アメリカの超有名ロックバンドが「デレク・アンド・ザ・ドミノス(Derek and the Dominos)」です。

カッティングエッジの効いたギターサウンドが魅力的で、当時アメリカで大ヒットした「Layla」は、数多くのアーティストによってカバーされている名曲。

アメリカのロックバンドを知るにはまずこちらから聞いてみてください。

53:10cc(テンシーシー)

I’M NOT IN LOVE - 10cc - YouTube

出典:YouTube

日産「スカイライン」のCMソングにも起用

イギリスのマンチェスター出身の4人で結成されたロックバンド「10cc(テンシーシー)」

名曲揃いのバンドであり、「I’m Not In Love」は様々な形でリミックスされているナンバーです。

柔らかなサウンドと歌声が魅力的なので、初心者にも聞きやすい洋楽ロックバンドです。

54:ドアーズ(The Doors)

The Doors - Light My Fire (Live In Europe 1968) - YouTube

出典:YouTube

オールドソウルロックといった印象の1曲

1960年代に活躍したアメリカのロックバンドが「ドアーズ(The Doors)」です。

オールドアメリカンスタイルのロックといった印象で、バンドという形の先駆け的な存在でもあります。

白黒の映像でライブ姿なども見れますので、古い洋楽バンド好きにはおすすめ。

55:トト(TOTO)

Toto - Africa (Official Music Video) - YouTube

出典:YouTube

スケールの大きさを感じさせる1曲

1977年から2008年まで活動していたアメリカのロックバンド「トト(TOTO)」

「アフリカ」や「ロザーナ」といったナンバーが有名で、1980年代のアメリカで爆発的な人気を誇ったバンドでもあります。

壮大なストーリーを感じさせる楽曲が多く、メロディーラインも秀逸です。

56:トミー・トゥートーン(Tommy Tutone)

Tommy Two Tone - 867-5309 - YouTube

出典:YouTube

疾走感溢れる名曲

「トミー・トゥートーン(Tommy Tutone)」はアメリカのロックバンド。

爽やかな楽曲が多く、ライトポップロックを得意としています。

1980年代のバンドですが、今でもドライブミュージックとして盛り上がれますのでオススメしたい洋楽ロックバンドです。

57:ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)

Nine Inch Nails - Wish - YouTube

出典:YouTube

ハードロック好きにおすすめ

1990年代に一世を風靡したアメリカのロックバンドで、ハードなサウンドが持ち味の「ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)」

激しくかき鳴らすギター、重みのあるベース、正確なドラムラインが魅力的。

ハードロックファンには堪らないバンドのひとつと言えるでしょう。

58:ニッケルバック(Nickelback)

Nickelback - Someday - YouTube

出典:YouTube

ハードロックでありながらメロディアスなナンバー

カナダ出身のロックバンド「ニッケルバック(Nickelback)」

ボーカルのチャドクルーガーはソロとしても活躍中。

代表曲「How You Remind Me」は、ビルボード2002の年間1位。
さらにビルボード2000年代ランキングでも4位という大ヒット曲です。

カッコよくも哀愁が漂うナンバーが多く、楽曲だけで泣かせてくるバンドです。

59:ニルヴァーナ(Nirvana)

Nirvana - Smells Like Teen Spirit - YouTube

出典:YouTube

ロックバンド史に残る名曲

アメリカのロックバンドで世界的にも有名、かつボーカルのカートコバーンの存在があまりにも大きすぎた「ニルヴァーナ(Nirvana)」

よくも悪くもロックとドラッグというイメージや関係性を作ったことでも知られ、絶大な影響力を誇ったバンドです。

オルタナティブロックの最高峰とも言える存在で、押さえておきたいオススメの洋楽ロックバンドの1つです。

60:ノー・ダウト(No Doubt)

No Doubt - Don’t Speak - YouTube

出典:YouTube

不思議な世界観をもった1曲

女性ボーカリスト、グウェン・ステファニーを中心としたアメリカのロックバンドで、2000年代から活躍をしています。


この「ノー・ダウト(No Doubt)」の楽曲は不思議な世界観をもったものが多く、サブカル系好きの方には堪らないかと思います。

ハスキーハイトーンボイスが非常に魅力的な洋楽ロックバンドです。

61:ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)

Wouldnt it be nice The Beach Boys 日本語字幕付き) YouTube - YouTube

出典:YouTube

サーフミュージックの代表的ナンバー

1961年結成の、アメリカ西海岸発のロックバンドが「ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)」です。

サーフミュージックというジャンルやカルチャーを作った第一人者的な存在でもあり、今でも多くのサーファーから愛されています。

緩やかなサウンドが魅力的で、休日などにも聞きたいリラックスナンバーが豊富です。

62:ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン(Peter Bjorn and John)

Peter Bjorn And John - Young Folks - YouTube

出典:YouTube

コミカルなイメージのロック楽曲

「ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン(Peter Bjorn and John)」は、ちょっと珍しくスウェーデンのロックバンドです。

代表曲「Young Folks」は、ソフトバンクのCMやサントリー缶コーヒー「BOSS」のCMなどに使われているので、一度は聞いて欲しい洋楽ロックバンドです。

また、ドラマ「特上カバチ!!」の挿入歌にも起用され、日本でもややお馴染みの存在と言えるかもしれません。

63:ビートルズ(The Beatles)

の最高の歌 The Beatles ♥ The Beatlesーズ 人気曲 メドレー ♥最高の曲 The Beatles - YouTube

出典:YouTube

名曲しかないメドレー集

誰もが知るイギリスの伝説的なバンドの「ビートルズ(The Beatles)」。

リバプール出身の4人で結成され、それぞれが世界的にも活躍していたアーティストでもあります。

現在までのバンド史であれば、おそらく世界一有名なバンドと言えるでしょう。

洋楽ファンならずとも1度は聞いておきたい外せない洋楽ロックバンドです。

64:ヒューイ・ルイス(Huey Lewis&The News)

Huey Lewis and the News - Power of Love (Official Video) - YouTube

出典:YouTube

映画『Back To The Future』に起用

「ヒューイ・ルイス(Huey Lewis&The News)」というと名前は知らなくても楽曲は聴いたことがあるという人もいるかもしれません。

代表曲「The Power of Love」は、アメリカの大ヒット映画である「Back To The Future」の挿入歌で、日本ではホンダ「インテグラ」のCMソングとしても使われています。

65:ピンク・フロイド(Pink Floyd)

Pink Floyd - Another Brick In The Wall (HQ) - YouTube

出典:YouTube

ピンク・フロイドの隠れた名曲

「ピンク・フロイド(Pink Floyd)」は社会的なメッセージ性がある楽曲を多く歌った1970年代のイギリスロックバンドです。

こちらの「Another Brick in the Wall(Part II)」は、閉塞的な学校教育への反発をテーマにした楽曲で、プロモーションビデオ内で子供たちが学校を破壊して、火をつけるシーンが物議を醸し出しました。

66:ザ・フー(The Who)

マイ・ジェネレイション / ザ・フー - YouTube

出典:YouTube

衝撃的なライブパフォーマンスが話題に

「ザ・フー(The Who)」はイギリスのロックバンドで、当時の社会へ不満があった若者たちから絶大な支持を得ていました。

パワフルかつエネルギッシュなライブパフォーマンスは、見ているだけでスカッとしたことでしょう。

67:ファン(Fun.)

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

香川照之の演技が上手すぎる!主席で東大卒で嫁は元CA!?二股疑惑は本当!?

東大卒俳優の香川照之の演技力が凄すぎると話題に!経歴や妻、そして噂の二股疑惑などを調べてみました。『半沢直樹…

そうたん / 6164 view

共演NGの芸能人・声優・芸人まとめ。犬猿の仲の理由とは・・?

芸能界は確執だらけ!?共演NGと噂されるの芸能人・有名人を調べてみました。

eiji / 11585 view

ねこあや(かねこあや)の本名や年収に婚約者の死因まとめ!?美人YouTuberの壮絶…

美人ユーチューバーとして人気のねこあや(かねこあや)の過去が壮絶すぎると話題!?本名に本人が語る年収や黒ギャ…

akira.oniwa / 697 view

マジで震える!失意のHGベジータが話題に

爆死したヤムチャや股間が光るヒソカなど、尖ったアイテムを排出するプレミアムバンダイの新作はHGベジータ!です…

ShinGo / 3696 view

【動画・画像】「恐怖のピエロ」が怖すぎる!ハロウィン時期にアメリカやイギリスで目撃!…

今アメリカやイギリスを震撼させている恐怖のピエロを知ってますか?その動画をみたら、絶対に遭遇したくないと願っ…

halu218 / 5423 view

関連するキーワード