Twitter Facebook LINE
1805view
お気に入りに追加

評判の高い名古屋の医学部予備校

名古屋大学や名古屋市立大学、藤田保健衛生大学、愛知医科大学など中部・東海エリアの医学部をはじめ、関西・北陸エリアの医学部への進学をめざす学生も数多い名古屋。

まずは、そんな名古屋で高い評価を得ている予備校をご紹介します。

富士学院

放任でもなく、強制でもなく、本人自らに自覚をさせ、自立に導く。医学部合格のためにも、また将来医師として活躍していくためにも、この本人の“自覚と自立”は必要不可欠です。

富士学院では、この放任でも強制でもなく、自分から医学部合格を目指して勉強するという姿勢を大切にし続け、高い合格率へと繋げてきた予備校です。

ビクセス予備校

私たちは「すべての教科を通じて、その本質的な理解の基盤には”論理的思考”がある」
という前提に立って「絶対学力」を養う独自の教育を行っています。

ビクセス予備校最大の特徴は、現役の医大生が講師をしてくれるということです。個別指導塾なので、わからないところはすぐに質問しやすく、現役の医大生だからこそ聞ける話もありますよ。

評判が高い理由

それぞれの予備校が評判の高い理由について、具体的にご紹介します。

富士学院

医学部合格を目指し年間を通した受験指導を行う富士ゼミは、
生徒個々に合わせて選べる3つの受講形態を用意!
『クラス授業』・『クラス授業×個人指導』・『個人指導』

さらに、国公立医学部コース、私立医学部コース、国公立・私立併願コースに分かれています。そのため、自分の行きたい大学や受験スタイルに合わせた受験勉強ができるのです。

ビクセス予備校

現役医学部生によるマンツーマン授業
ビクセス予備校では、現役の名古屋大学・名古屋市立大学の医学部生が講師として指導をします。
ビクセスが、医学部の学生にこだわるのは、彼らが、同じ大学の中でも、トップレベルの成績を収め、最も難関な受験を通り抜けた学生だからなのです。
彼らは、正しい勉強のやり方を知っています。難関大学に合格するために、そのゴールに実際に到達している大学生が常に自分の身近にいて、道案内をしてくれることが、大きな力となります。

ビクセス予備校には、中学コース、高校生コース、大学受験コースがあります。

大学受験コースでは、さらに現役生コースと高卒コースに分かれており、高卒コースでは、
上位国公立大医学部・最難関大学理系特訓コース、国公立大医学部・難関大学理系特訓コース、国公立大学理系特訓コース、私大医学部特訓コースに分かれています。
現役コースでは、効率よく苦手を克服し、大学受験のために今必要な能力を身につけていくことができるのです。

自分に合った予備校を選ぶことが大切

評価の高い予備校でも、必ず自分との相性があります。行きたい大学に向けての受験勉強ができるかどうかはもちろんですが、しっかりと授業についていけるか、わからないところは気軽に質問できるかなど、受験勉強に集中しやすく自分に合った予備校を選ぶようにしましょう。

少人数制クラスや個別指導に力を入れている学校もありますので、医学部合格をめざして集中的に指導を受けたい人はそうした学校を選ぶとよさそうです。

少数編成の予備校

講師と生徒の距離が近いからこそ、生徒の苦手科目の克服や得意科目の実力を伸ばすことができる少人数制。ここでは、名古屋でおすすめの少人数制の予備校をご紹介します。

名古屋DDP予備校

知識の説明と詰め込み型の一方的指導ではなく、少人数制、講師担任制を強みに“暗記”ではなく“理解”を根拠とした真の基礎力を定着させるのが当校のカリキュラムです。
医学部選抜クラス ※私立型

○ 1クラスあたり人数 9名  ○ 開設予定クラス A・Bクラス

メディカルトレナ

大手の予備校講師や有名予備校の講師が、基礎を重視し、そして、きめの細かい授業を、あなたのためだけに行います。
基礎の徹底した確認、質の高い問題(ある問題を解けるようになるとほかのいくつかの入試問題も解けるようになる質の高い問題、思考力を伸ばすのに最適な問題など)を厳選して使用、難易度が高い問題を簡単に解く解法、定着率が上がる予習、復習の仕方、2種類のカリキュラムの作成、各講師の授業の管理など、さまざまな点を行い、上記の偏差値を取っていただいています。

メディカルトレナの生徒は、元々の偏差値が50くらいの生徒であれば、ほとんどの生徒が偏差値70を超えるようです。

医学部合格のためのサポート体制

多くの予備校では、医学部合格のために、授業以外にもさまざまなサポート体制を整えています。

富士学院

目の前の生徒のために“できうること”を全力で!
面談、面接指導を通じて最後まで全力で応援する「サポート力」
富士学院では生徒一人ひとりに形だけで終わらない面談、面接指導を行い、生徒の「自覚」と「自立」を促し、生徒一人ひとりと真剣に向き合い、最後の受験が終わるまで全力でサポートしています。

名古屋DDP予備校

名古屋DDP予備校では、生徒をより手厚くサポートするために、生徒一人に担任の講師が付きます。
 月に一回、生徒カウンセリングを行い、その際には学習・進路の上での悩みはもちろん、生活の悩みなども気軽に相談して頂くことが出来ます。名古屋DDP予備校では、コーチング手法を用いて担任が責任を持って生徒を合格まで導いていきます。
受験生活に伴うさまざまな悩みを一緒に乗り越えていくのも予備校の大切な役割だと考えています。名古屋DDP予備校では,それぞれの生徒にチューターだけでなく担任講師がつき,一人ひとりにきめ細かいサポートをしていきます。生徒からの相談にいつでも気軽に応じるほか,こちらからも積極的に働きかけ,生徒の悩みをそのままにしておくことはしません。

受験生活を共に過ごす予備校

医学部専門の予備校には個別指導や少人数クラス、夜間指導、全寮制など、学校によってさまざまな特徴があるうえ、設備や教育方針、カリキュラムなども千差万別。その中から自分に最も適した予備校を選ぶには、まず自分自身の今の学力や性格を把握し、どんな学校だと勉強に集中できるのかを考えることが大切。
生徒1人1人の学力や適性を見極めてカリキュラムを組んでくれるか、志望校の情報をどれだけ把握し、入試傾向に合わせて的確な指導をしてもらえるか、わからないことが出た時すぐに質問できる環境かどうかなどをチェックしましょう。
この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連するキーワード