Twitter Facebook
2093view
お気に入りに追加

元・モーニング娘。の道重さゆみさんが卒業後の現在もかわいい!可愛い子が好きすぎてレズ疑惑も!?

Instagramは天使! LIVE中のキスや伝説の変態エピソードも調べた!

2014年11月にモーニング娘。’14を卒業した後、約2年半の活動休止を経て、2017年3月に本格的に活動を再開した道重さゆみさん。

2016年10月、卒業以降更新されていなかったブログが更新された際にはお祭り騒ぎ状態でした。

また、卒業時より更に綺麗になった?とも言われるほど美貌を保っている道重さんですが、モーニング娘。時代から数々の変態エピソードを多く持ち、LIVE中には後輩にキスをしてしまったことも。


また、復帰後に始めたInstagramではおそろしいほど可愛い画像ばかり!

ぶりっ子キャラとして、「女性が嫌いな女性タレントランキング」にもランクインした彼女でしたが、実はとてもプロフェッショナルな考えを持っていました。

芸能界にも多くの道重オタクが存在し、その人気は未だ絶大。

今回は、数々の伝説を持つ「道重さゆみ」さんをピックアップ。

道重さゆみさんってどんな人?

プロフィール情報

・名前    :道重さゆみ
・愛称    :さゆ、さゆみん、みにしげさん、重ちゃん
・出身地   :山口県宇部市
・生年月日  :1989年7月13日
・年齢    :28歳(2018年4月現在)
・身長    :160センチ
・血液型   :A型
・所属事務所 :アップフロントプロモーション
・趣味    :シール集め、漫画集め

2003年、モーニング娘。6期生メンバーとして合格!

「伝説」の始まり

2002年の12月に開催された、モーニング娘。の6期生を決める「LOVEオーディション2002」で、1万4千人の応募の中から見事合格を勝ち取り、モーニング娘。に6期生として加入した道重さん。

この際、共に合格されたのが、「田中れいな」さんと「亀井絵里」さんです。

デビュー曲は、モーニング娘。の「シャボン玉」。

また2003年には、6期で同い年の田中れいなさんと共に、平成生まれとして初の紅白歌合戦出場を果たしています。

左が道重さゆみさん。
右が田中れいなさん。
道重さんの復帰後に撮影された写真です。

「音程を知らない」というびっくり発言。

無事オーディションを合格したものの、道重さんの歌唱力はオーディション前から度々話題に上がっており、当時モーニング娘。のプロデューサーであった「つんく♂」さんにも、歌はうまくないと言われていました。

しかしそれもそのはず。
道重さんは「歌に音程があることを知らない子」だったのです。


「歌詞は音読すればいい」と思っていたらしく、歌の練習もどう行えばいいかわからなかったといいます。

確かに、音程という概念がなければ、どう歌えばいいのかもわかりませんよね・・・

逆に新しいとも言えます。

また、自身のブログでも度々歌のことに触れており、歌うことは大好きだが、音程の取り方がわからないと、自虐ネタ?としても触れるようになりました。

しかし、自分の悪いところはしっかり認めるというスタンスが、道重さんの良いところでもありました。

現在も歌には自信がないという道重さんですが、昔と比べると別人のようです。

それでも、上手という訳ではありませんが、多くの人に支えられ、たくさんの努力を重ねてきたのだろうと感じます。

それに、アイドルは歌唱力が全てではありません。
もちろん歌が上手なことに越したことはありません。

しかしファン、いやオタクは「アイドル」がちゃんと「アイドル」でいてくれるだけで、勇気や希望を貰えるのです。

まさにそれを体現したのが「道重さゆみ」というアイドルなのではないでしょうか。

「賭け」だった「ナルシストキャラ」

道重さんといえば、やはり「ナルシスト」でしょう。
この「ナルシストな道重さゆみ」を全面に押し出し、バラエティ番組に出演したことで、一気に知名度が上がりました。

ナルシスト&毒舌で、テレビ露出が爆発的に増えた道重さゆみさんでしたが、「ナルシスト」というのは基本的には嫌われてしまいます。

実際、2009年の「女が嫌いな女」ランキングでは10位にランクインするなど、「嫌われる」ことで知名度も飛躍的に高くなりました。

しかし、この「ナルシスト」はグループの為であり、「賭け」の「キャラ」だったといいます。

当時のモーニング娘。は、AKB48の台頭もあり、人気は下がる一方。

そこで、自らを犠牲にすることで、もう一度モーニング娘。を知ってもらうきっかけを作りたかったそうです。

元々多少ナルシストではあったという道重さんですが、全国から批判的な声が挙がるほど「ナルシスト」を押し出し、グループの為に自らを犠牲にした姿は、「伝説」として語り継がれているようです。

2012年5月、モーニング娘。8代目リーダーに就任!

モーニング娘。としてデビューし、約10年。

道重さゆみさんはモーニング娘。の第8代目リーダーとなりました。

リーダーとなった理由ですが、自ら名乗り上げたことで就任が決まったそうです。

しかし、気持ちは「リーダーになって一番になりたいから」というのが本心だったそう。

リーダーとして活動を始めると、想像していた「リーダー」とはまったく違い、困惑の日々が続きました。

グループ全体に目を向け、それぞれのメンバーにも気を使い、時には鬼にもならなければなりません。

グループをまとめるだけで、精一杯になり、自分をアピールできないと思った道重さんは、ある考えにたどり着きます。

それが「自分なりのリーダー」です。

他のメンバーがどう動いているか確認はしつつも、自分が目立ちたい時には目立ち、アピールをする。

まさしく、「ナルシスト」からきている考えだと思います。

しかし、自らを犠牲にしてまでグループの知名度を高くしたいと考えていた道重さんは、元々リーダーとしての器も持っていたのではないでしょうか。

道重さんがリーダーとなり、新体制となったモーニング娘。は人気を取り戻し、シングルが5作連続で1位を獲得するなど、見事モーニング娘。の復活の立役者となりました。

道重さんが、「自分なりの」に気づくことがなければ、既にグループは解散していたかもしれません。

グループ最長在籍日数「4329日」でモーニング娘。’14を卒業。

2014年11月26日、道重さゆみさんはモーニング娘。’14を卒業しました。

リーダーとなってからは、グループへの恩返しがしたいと考えながら活動していた彼女。

「自分なりのリーダー」というのは、「自分なりの恩返し」でもあったのです。

道重さんの「自分なりの恩返し」によって息を吹き返したモーニング娘。’14。

つんく♂さん曰く、道重さんは卒業理由の一つとして「リアルにかわいいうちに卒業したいんです。」と挙げたそう。
そして、グループが盛り上がってきている「今」卒業したいとも伝えたようです。

「かわいいうちに」というのは、衰えた際「私可愛いから」というのがギャグ化してしまうのを回避したいといった考えもあったそうです。(でも多分衰えない)

また、グループが盛り上がっている「今」卒業したいというのは、道重さんの最後の恩返しだったのではないかとも思います。

モーニング娘。は、パフォーマンス能力には高い評価を得ています。

ですが、テレビ露出などをした際、一番目立つのはやはり道重さんだったのです。

息を吹き返したモーニング娘。‘14。

今後更にテレビ露出も増えていくだろうと踏んだ道重さんは、自らがグループを去ることで、他のメンバーをもっと見てもらいたいという気持ちがあったのだろうと思います。

それは、リーダーとしてメンバーの良さを知っているということ。
そして、「道重さゆみ」に頼らなくても大丈夫なモーニング娘。‘14を作りあげるためだったのだと思います。

道重さんの卒業は、ただただモーニング娘。に憧れていた少女だった「道重さゆみ」が、モーニング娘。をもう一度「かつて憧れたモーニング娘。」へ再生させるためだったのかもしれません。


在籍日数は「4329日」。
年数で言うと、11年10ヶ月と7日になります。

これは現在も破られていないモーニング娘。の最長在籍日数記録となっています。

現在、モーニング娘。’18のメンバーで、一番長く在籍しているメンバーは、9期生の「生田衣梨奈(いくた えりな)」さんと、現9代目リーダーでもある「譜久村聖(ふくむら みずき)」さんの2名です。

在籍日数は「2647日」で、7年2ヶ月と31日となります。(2018年4月2日現在)


記録を塗り替えるのはこの2人なのか、また別のメンバーなのか。

それとも「道重さゆみ」の歩んだ「4329日」が伝説であり続けるのか。

この伝説が破られたとき、モーニング娘。の新たな伝説が始まるのでしょう。

「伝説のアイドル」道重さゆみの変態エピソード!

まさかのLIVE中に後輩へキス!?

「伝説のアイドル」「伝説のリーダー」として数々の伝説を残している道重さんですが、数々の「変態伝説」を残したことでも有名です。

中でも一番話題になったのは、後輩へのLIVE中のキスです。

ほっぺにキスではありません。
唇が重なったキスです。

その後輩とは、2015年にモーニング娘。’15を卒業した「鞘師里保(さやし りほ)」さん。

現在は留学をし、ダンスや英語のスキルアップに励んでおり、近々復帰するのではないか?といった噂もチラホラあがります。

そんな鞘師さんの唇を奪ったのは、2014年11月26日の道重さゆみさん卒業公演中。

モーニング娘。「彼と一緒にお店がしたい!」という楽曲中の出来事でした。

まずはその映像を見ていただきたいと思います。

モーニング娘。’14 『彼と一緒にお店がしたい!』 2014秋 - YouTube

出典:YouTube

赤い衣装を着ているのが道重さん。
2:20秒から注目です。

こちらが鞘師里保さん

ご覧いただけましたでしょうか。
完全なキスです。

しかもキスをした後、カメラに向かって満面の笑みを浮かべながらダブルピースをする道重さん。

このダブルピースがどういった意味なのかは皆さんの想像にお任せします。

道重さんが可愛い子好きであることはファンの中でも有名ですが、特にこの鞘師さんには特別な愛情を持っていました。

道重さん曰く、鞘師さんはどストライクの女の子であり、常に可愛いと思っていたそうです。

鞘師さんが道重さんと行動を共にするときは、他の先輩メンバーから「何かあったら大人に言うんだよ」と注意喚起されるほど。

また、道重さんは自身のラジオ番組内でも鞘師さんのことについて度々語っており、鞘師さんについて話している時は必ずと言っていいほど鼻息が荒くなっているように感じました。

他にも無音カメラで盗撮をしていたり、鞘師さんの体の凹凸について語るなど、男性であれば一発アウトのような行動を多く繰り返していました。

こうして見ると、道重さんが一方的に変態行為を続け、鞘師さんは困っているように見えますが(困っていましたが)、実際、鞘師さんも道重さんのことを好いており、「加入当初、誰も私のことを見てくれないかもと心配していたが、道重さんがたくさん構ってくれてすごく嬉しかった」とコメントしています。

道重さんの「変態エピソード」は一部で「職権濫用だ!」とも言われています。

多くの変態エピソードが果たして「ビジネス」だったのか、それとも「本気」だったのかハッキリと答えを出すことはできませんが、一連の行動を見ているとなんとなく答えは出てきます。

左が道重さん。
鞘師さんとのツーショットです。

「伝説のアイドル」道重さゆみさんについてまとめ!

今回は、元モーニング娘。’14メンバーの道重さゆみさんについてご紹介しました。

主に、道重さんがモーニング娘。にどういったものをもたらしたのか、そしてどんな変態エピソードを持っていたのかのご紹介となりました。

正直、一つの記事でアイドル「道重さゆみ」をご紹介するのは無理があるので、今までの主な活動経緯、そしてこんな一面も、といった形でご紹介させていただきました。

今後、新たに道重さゆみさんについてまとめさせていただくかもしれません。


復帰後から、精力的に活動を続ける道重さゆみさん。

「モーニング娘。の道重さゆみ」ではなく、「道重さゆみ」として、新たな姿を見せてくれています。

今後も多くの活動に期待大です!

また、鞘師里保さんが復帰するとなったらどうなるのかも必見ですね!

以上、道重さゆみさんについてでした!

モーニング娘。好きにはこちらの記事もオススメ

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook