Twitter Facebook
839view
お気に入りに追加

日焼けのデメリット

しわ

紫外線を浴びることによって「光老化」という皮膚障害があります。

これは、しわやたるみの原因ともなっているのです。

日焼けをするとしわやたるみが出来てしまいます。

この画像は合成でもなく本当の写真です。

右半分だけしわしわになっているこの人。
職業がトラック運転手で、毎日片方だけ日差しを浴びた結果
このようになったようです。

日差しがしわやたるみを作るということが良く分かります。

皮膚がんの危険性が増す

 紫外線は細胞のDNAに傷をつけます。細胞にはそれを修復する機能がありますが、長年にわたり繰り返し傷つけられているうちに、傷の直し間違いが起こり突然変異となります。
紫外線を浴びると、基底細胞にある遺伝子が傷つくことになります。
傷ついた遺伝子は修復されますが、大量の紫外線を浴びて多量の傷ができた場合、傷が治らないこともあるのです。

傷ついたDNAは癌細胞と変異する可能性が高いため、
皮膚がんに繋がります。

白内障の危険性がある

紫外線は皮膚だけでなく、眼にも影響を与えています。急性の紫外線角膜炎、慢性の翼状片、白内障などの眼病の原因のひとつとも言われています。
紫外線が引き起こす目のトラブルのうち、急性障害としては、結膜(白目の部分)の充血や、角膜(黒目の部分)が炎症を起こして激痛が走るいわゆる雪目などがある。
老化を重ねると誰もが発症する危険のある「白内障」。最悪の場合、放っておくと失明に近い状態に至ることもあります。

白内障は失明に至る可能性もある思い病気です。
日焼けによって進行する可能性が高いので、
日差しには要注意が必要です。

男でも恥ずかしくない!日焼け対策の方法

シートタイプの日焼け留め

汗ふきシートのように、
ふくだけで日焼けを止められるシートがあります。

日焼け防止の帽子

男性用のUVカット加工がされている帽子があります。

UV対策用衣服

海でも紫外線を防げるラッシュガードは必須!
日焼け止めを塗りたくない人におすすめです。

サングラス

目を紫外線から守ってくれるサングラス。
すでに持っている男性は多いはず。
がんがん付けていこう。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連するキーワード