Twitter Facebook
4398view
お気に入りに追加

太陽光発電の基本的な仕組み

太陽光という無尽蔵のエネルギーを使った発電方法「太陽光発電」。
太陽光発電は現代社会では人気がある発電方法1つですが、その仕組みはどうなっているのでしょうか?

太陽光発電は、光エネルギーから直接電気を作る太陽電池を利用した発電方式です。
太陽電池は、プラスを帯びやすいP型シリコン半導体とマイナスを帯びやすいN型シリコン半導体を張り合わせてあります。
「太陽電池」は、「電池」と付いていますが、電力を蓄える装置ではなく、太陽の光エネルギーを直接電力に変換する「発電機」の役割をはたします。
屋根に設置された太陽電池モジュールに太陽光が当たると発電します。この電気は直流の為、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナを使って変換します。
パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続し、自動的に電気を買ったり、余った電気を売ったりできるという仕組みです。

太陽光発電は言葉の通り、太陽光を発電機に蓄電し、それをパワーコンディショナーによって変換されます。
そして、その変換された電力が各企業・ご家庭の設備で利用できるというワケです。

太陽光発電で発生する電磁波の量と危険性は?

太陽光発電は太陽光を電気エネルギーに変換する際に、「電磁波」が発生します。
この電磁波の量は危険性についてご説明していきます。

太陽光発電システムから発生する磁界の種類としては、太陽光パネルからパワーコンディショナに入力するまでの直流電流による直流磁界(静磁界)と、パワーコンディショナからの交流電流による交流磁界があります。
電磁波の健康への影響を国民に分かりやすく説明する中立的な組織、「電磁界情報センター」によると、ソーラーパネルから20センチ離れた場所で測定された電磁波は83ミリガウスだったそうです。
電磁波の影響度は発生源から距離が離れれば極端に弱くなりますから、太陽光パネルの電磁波は人体に影響が無いと考えて良いでしょう。
太陽光パネルは屋外(家庭用では屋根の上)に設置されていますから、人体は太陽光パネルから遠く離れているからです。

太陽光発電により発生する電磁波はソーラーパネルから離れていれば、人体に影響を及ぼすことはありません。
しかし、逆に近ければ近いほど、電磁波による健康被害を受ける可能性も高まるので注意が必要です。

パワーコンディショナーが原因!低周波地場がもたらす危険

太陽光発電システムには「パワーコンディショナー」が必要不可欠ですが、この設備から発生する低周波地場が原因で健康被害を受けるというケースもあります。

パワーコンディショナーに電流が通れば強い電磁波(低周波磁場)が発生するのです。
パワーコンディショナーが家の中にある、という方はそれが原因で体調を崩しているかもしれません。
発電量などを知らせるモニターをキッチンやリビングなどに設置している事が多いと思いますが、
これを無線で行なう事も電磁波を飛ばしているので、頭痛の原因として可能性はなくはありません。
低周波の振動を感じるかはその人次第で、体調によっても感じ方は異なります。
しかし、事実として健康被害を訴えている人たちはおり、その影響については専門家も認めています。

このようにパワーコンディショナーによって健康被害を受ける可能性は極めて高いと言えます。
そのため、パワーコンディショナーの設置個所には気を付けておきたいところ。
また、太陽光発電に関わる無線にも注意しておく必要があると言えるでしょう。

ソーラー発電システムが発するノイズ(50MHz帯) - YouTube

出典:YouTube

この動画ではパワーコンディショナーが発するノイズについて解説されています。
このノイズはアマチュア無線に妨害を与えており、音によるパワーコンディショナーの危険性を示しています。

実際にあった事例!太陽光発電による健康被害

太陽光発電による健康被害には実例がいくつかあります。
その事例を見て、対策を練りましょう。

部屋に面して付けられた隣家の太陽光発電のパワコン。
稼働直後からの頭痛、耳鳴り、動悸、呼吸困難、手の震え、鼻血。
昼間のみしんどくて、夜間に回復するもののどんどん体調は悪くなり、夜も眠れません。
モスキート音に伴う耳の聞こえにくさもあります。
何件か寄せられた情報によると・・
太陽光発電を導入した家で生活していた人が、急に頭痛や肩こりに悩まされ始めた、という事例があったようです。
また、それ以外にも、太陽光発電を導入した後に原因不明の体調不良で悩まされる人もいたとか。

人によって受ける健康被害は軽度・重度は異なりますが、頭痛や体調不良などは度々見受けられるようですね。

太陽光発電の導入時のチェックポイント

健康被害を受けないため、あるいは受けさせないために、太陽光発電システムの導入で気を付けたいポイントをご紹介していきます。

1.悩んだら専門家に相談する

太陽子発電システムの導入において、素人では難しい部分も沢山あります。従って、悩んだら一度専門家に相談するということが適切です。

やはり、困った時にもっとも頼りになるのは専門家の意見。知識や経験の豊富なアドバイザーを見付けて、何でも相談できるような関係を築いておくようにしましょう。

2.太陽光パネルの設置個所に注意!

太陽子パネルの設置個所によっては近隣住民からのクレーム・訴訟も十分に考えられます。太陽子発電システムを導入する際には反射光にも注意しておきましょう。

北面設置にはリスクがありますが、南面・東面・西面に設置すれば、反射光の問題はまず起こりませんのでご安心下さい。

3.パワーコンディショナーは屋外に!

パワーコンディショナーによる健康被害が確認されている以上、屋内に置いておくのは得策とは言えません。ご自身やご家族の安全性を確保するためにも、パワーコンディショナーは屋外に設置することをオススメします。

パワーコンディショナーから200ミリガウスの電磁波(磁場)が出ているから危険だけど、
2mも離せば安全だから、設置場所に気をつければ良い、そんな簡単じゃなかった!

安心・安全のライフスタイルを確立!太陽子発電を正しく利用しよう

太陽子発電は電磁波による健康被害は事実上、確認されています。ですが、それは利用する側がきちんとシステムを理解していなかったために起こった可能性も少なくありません。太陽子発電自体は地球に優しくメリットも沢山あります。よって、安心・安全のライフスタイルを確立する上ではオススメな発電方法と言えます。しかし、それでも健康被害が気になるという方は、今一度、システムについての理解度を高め、その後に検討するといいでしょう。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連するキーワード