Twitter Facebook LINE
7888view
お気に入りに追加

安室奈美恵の東日本大震災の寄付金やアメリカ同時多発テロ事件の義援金の金額がスゴイ!

はじめに、色々と共通点の多い安室奈美恵とジャクソンファミリー

スーパーモンキーズとジャクソン5は、同じ5人組。
ジャクソン5でいうリードシンガー・マイケルジャクソンのポジションに、安室奈美恵がいました。

安室奈美恵は、マイケルとジャネットのファン!?

安室奈美恵さんが、マイケル・ジャクソン、ジャネット・ジャクソンのファンだというのは有名です。

安室さんは、小さな頃にジャネットジャクソンのビデオを見て、こんなふうに歌って踊れる人になりたいという一心で、無我夢中で練習を重ねたそうです。

小室さんのもとでプロデュースされるとき、「ジャネットジャクソンのようなブラックミュージックをやりたい」とハッキリと主張し、マイケルファンである小室さんと意気投合。
小室さんのプロデュースとなったころの安室さんのツアーには、マイケルジャクソンとの仕事経験もあるシーナ・イーストンなどが参加しました。

(画像: 小室さんはマイケルのもとに曲を持っていき、マイケルの当時の自宅であった「ネバーランド」にも招待されたことがあり、そのエピソードをテレビで披露しています)

安室さんはファッションや髪型だけでなく、音楽スタイルや生き方にも、ジャクソンファミリーからの影響が大きく感じられます。

群舞スタイルを世界に広めたのは、ジャクソンファミリー!

安室さんが現在やっているような、一人のアーティストの後ろにバックダンサーたちを従えて、大勢で同じ踊りを踊る「群舞」スタイル。
実はコレをポップスの世界で広めたのは、マイケルジャクソンの「スリラー」のビデオだと言われています。

世界一売れた曲であり、ミュージックビデオの革命を起こしたマイケルの「スリラー」「BAD」から、大量のバックダンサーを従えて踊るスタイルがスターの象徴となっていきました。

のちにマイケルの妹ジャネットジャクソンは、それに続き「リズム・ネイション」で、兄と同じ群舞スタイルを披露しました。

安室さんはジャネットさんのビデオを見て、ひたすらその真似をしたといいます。
「当時はビデオだったから、ひたすらそれにのめりこむことが出来た。今だったらインターネットで見るものが多いから違ったかもしれないけど、ビデオしかなかったからのめりこむことが出来た」ということをインタビューで答えています。

安室奈美恵の寄付金がスゴイ!金額は!?

寄付を始めた理由はマイケル・ジャクソンの影響?

マイケルジャクソンといえば「世界一寄付をした人」としてギネスの記録に残っています。
マイケルだけでなく、ジャクソンファミリーはみなさんチャリティ活動に熱心です。
そんなジャクソンファミリーをお手本にしている安室ちゃんは、自身も多額の慈善活動をしています。

(画像:マイケルとライオネルリッチーが作詞作曲を任され、ジャクソンファミリーも参加した「We Are The World」)

その金額は?

安室ちゃんの寄付金額として、記録が残っているのはこちらです。
アメリカ同時多発テロ事件の義援金として、1200万円を寄付。
2004年スマトラ島沖自身の義援金として、1000万円を寄付。
東日本大震災の義援金として、赤十字社に5000万円を寄付。

マイケルの寄付金額は、ギネス記録?兄弟もいれたら600億円?

ちなみにギネス記録に残ったマイケルの寄付金額は、3億ドル。約281億円といわれています。
この他にも、ジャクソン兄弟(ジャクソン5、ジャクソンズのティト、マーロン、ジャッキー)が東日本大震災のために行ったチャリティライブなど、他の寄付分を考えると、値段は600億円など莫大な金額になるといわれています。

(2011年、ジャクソンズとAIさんは東日本大震災のチャリティのため、MJ TRIBUTE LIVEで共演。AIさんは安室さんとユニットを組んでいたこともありました)

(記者会見では、マイケルのお母さんは津波の被害にあわれた人のことを思って、涙を流しました。左から、マイケルの兄弟であるマーロン、ティト、ジャッキー、お母さんのキャサリンさん、AIさん)

安室奈美恵はマイケルジャクソンやジャネット・ジャクソンのファン!?

ジャネット・ジャクソンのライブで最前列に?

安室さんは、ジャネットさんのライブに必ず訪れることでも有名です。
2015年11月にジャネットが来日したときも、大阪公演を観に行った安室さん。

東京よりも小さな会場で行われるライブで、チケットを取れた人たちはジャネットを間近で観れるチャンスに大喜びだったそうです。

当日はVIP席の場所が急遽変わり、最前列のお客さんの前に新しく関係者席を設けることになりました。
数年前に来日キャンセルがあり、10年以上ぶりにやっと来日公演が可能になったジャネットのライブです。
最前列をとったファンは相当な気合いを入れていたため、自分が最前列だと思っていたお客さんたちは残念がってブーイングも起きそうな雰囲気だったそうですが、そこに現れたVIP席の人の中に、変装した安室ちゃんがいたことで一転。
「安室ちゃんだったら許す」という空気になり、ジャネットファンも同じファンである安室さんには親近感を持っているみたいです。

テレビのニュースなどで「ジャネットジャクソンのライブ映像」として流れた映像の中には、安室さんがライブを観ている様子も映されていました。
「安室ちゃんはプライベートで目立たないように変装して来たのに」「安室ちゃんだって普通にはしゃぎたかっただろうに、あんな風に撮られてたら楽しめなくてかわいそう」と、ジャクソン側のファンからも安室ちゃんをかばうような感想があがりました。

安室ちゃんとジャネット・ジャクソンの対面?

2004年、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPANに、ジャネットジャクソンがサプライズゲストとして登場。
安室さんはプレゼンターとして、ジャネットに特別賞を手渡す役となり、同じステージに立つという夢を叶えました。

安室ちゃんとマイケル・ジャクソンの対面?

(画像上:2006年来日したマイケル。腰のベルトチェーンが豪華です。安室ちゃんも似たファッションを取り入れていました)

2006年にMTV マイケル・ジャクソンが来日したときには、安室ちゃんもその場に居合わせました。
代々木国立競技場で開かれた、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPANです。

スペースシャワーTVのマイケルジャクソン来日密着ドキュメンタリーでは、安室ちゃんがステージ裏で他のアーティストたちと、興奮した様子でマイケルの出番を見に行く様子が映っています。

(画像:司会の速水もこみちさんと、久本雅美さん。マイケルは久本さんの手をとり、久本さんの頬にキスをするというサプライズで、代々木国立競技場を大歓声に沸かせました)

マイケルはこの後、SMAPxSMAPに出演しました。
SMAPにドッキリをかけるという企画は2016年12月31日放送となった、SMAPxSMAP最終回でも30分ほどの長尺をとって、放送となりました。

ジャクソンファミリーも安室ちゃんも、マスコミで苦労している。

ジャクソン家、特にマイケルジャクソンといえば、マスコミに悪意あることを常に書き立てられる人でした。
心無いゴシップはエスカレートし、マイケルが一番つらい時期だったとされる無罪判決が出た裁判中も、マスコミの攻撃は止みませんでした。
自分のや家族の命に関わることまで、今もマスコミの手で面白おかしく噂にされています。

(画像:マスコミの攻撃に耐えかねたマイケルは、ホテルの窓から顔をだし「汚い報道をやめろ」というメッセージを掲げたこともありました)

安室ちゃんも国民的スーパースターとなったころから、マスコミの標的となりました。
はじめは結婚妊娠という号外ニュースでしたが、実のお母さんの訃報を知らされたその直後に、涙を撮影するためカメラをぶつけられ、飛行機の中でまで撮影されました。
安室ちゃんはこれ以降「テレビの前で泣かない」ということを徹底しています。

安室奈美恵の性格は内気で人前で話すのが苦手!?

ライブ中は、MC一切ナシ?

安室さんは、ライブ中、MCトークを一切しません。
そのため、ノンストップで生歌とダンスを続ける、体力勝負のライブスタイルを貫いています。

MCをしない理由は、関係者によると、人前で話すのが苦手だからだそうです。
そのぶん、歌やダンスで自分を表現しているのかもしれませんね。

安室奈美恵は課金するほど、ゲームが好き?

課金するほどのゲーム好きだそうで、ゲームの画面に向かう安室さんの写真も雑誌に出ています。

周囲の関係者によると「長年の仕事仲間にも、なかなか自分の感情を伝えられない性格」だそうで、食事も決まったお店にしか出かけないそうです。

安室ちゃんの体の鍛え方?

外に出るよりも、内にこもる性格らしき安室さん。
ジムには通わず、自宅にトレーニング器具を揃えているそうです。
過酷なスケジュールで2時間半のライブを日々こなす彼女は、家で黙々と体を鍛えているそうです。
昔放送された「堂本兄弟」の中でも、トレーニング器具の話をして盛り上がっていました。

たまに出る笑顔が、とってもレア!

ツアー中、ときどき撮影されることのあるライブ楽屋写真などでは、陽気にダブルピースをしたり、ダンサーの仲間と打ち解けあっているような雰囲気です。
こういう安室さんの本当の笑顔は、そういえば長らくメディアで見せていないかもしれませんん。

(◼︎参考記事◼︎ 安室ちゃんは、元祖ローラ?紅白に出ないワケ?紅白復活するかも?90年代なつかし音楽番組。ダウンタウン、ヒッパレ、うたばん、明石家さんまとのトーク。)

安室奈美恵はお笑いも好き?

ヴィレッジヴァンガードで販売されているような独特なお笑いDVDなどについて言及することもあり、お笑いが好きということは雑誌インタビューなどでもしばしばふれています。
ダウンタウンの前で冗談を言っている姿も残っていますし、おとなしいだけで根は明るい性格なのかもしれませんね。

そんな安室ちゃんが「ツイッターはじめました」?

2015年、人前で言葉を発信することが苦手1な安室ちゃんが、なんとツイッターをはじめました。
フォロワーはすぐに3万5000人超え。
(2017年5月現在、@amuro_livegenicのツイートは非公開になっています)

(安室ちゃんがツイッターを始めた理由は、◼︎参照記事◼︎をごらんください)

(◼︎参照記事◼︎ 女社長になった「安室奈美恵」の事務所独立!ツイッター騒動?SMAPと同じ事件?旧事務所から「つぶす」発言とバッシング?)

安室奈美恵が芸能界・歌手デビューしたきっかけは!?

「安室奈美恵」発掘したのは沖縄アクターズスクール校長

ちなみにスター「安室奈美恵」を発見したのは、沖縄アクターズスクールのマキノ正幸校長です。
お金のなかった安室さんを、授業料免除の特待生として入学させました。
安室さんは当時バスで通う交通費もなく、徒歩で1時間かけてアクターズスクールに通っていたそうです。

「あんまりお友達もいなかったし」

90年代のドキュメンタリー番組で、安室さんは自ら「小学校に入ったら、暗くておとなしい女の子になったらしいです。なかなか大勢いる中にとけこめないっていうか、そういうのが下手な女の子だったから、あんまりお友達もいなかったし」と語っています。

沖縄アクターズスクールに通うキッカケは、友達の誘い。

人見知りな安室さんは母親に心配され、少年合唱団などにすすめられて入りましたが、ながつづきしませんでした。
沖縄アクターズスクールに入ったのは、小学校の同級生が「沖縄アクターズスクールに一緒に通う友達がほしい」と考えて誘ったのがキッカケでした。
同級生もドキュメンタリーの中で「ハッキリ言ったらついてきてくれないと思って、友達がいないんだけどどうしても一緒についてきてと言って来てもらいました」と語っています。

「これ逃しちゃうとやばいな」と感じさせた逸材。

マキノ校長は当時の安室さんについて「歩き方、目の大きさ、なんかもう興味のかたまりだった」「これ逃しちゃうとやばいなって感じで、はじめて俺は追っかけた」
帰ろうとする安室さんを追いかけてたそうです。

MAXのメンバーがふりかえる、当時の安室奈美恵。

MAXのメンバーは、安室ちゃんの第一印象をインタビューされ「ええっとね、すごくなんか、暗い感じの子でしたよ。いつもハンカチを持ってて、すみっこでこう…」「グループのみんなで話してると、ずっと遠くから見てるんですよ」「みんなびっくりしたと思いますよ。テレビで別人のようになってたから!」「(スクールに内緒でテレビのカラオケ大会で優勝した安室さんを見て)頭まで鳥肌立っちゃって」と答えました。

MAXが汲んであげる安室ちゃんの気持ち。

歌番組で他の出演者が「MAXは本当に仲が良くて、収録中もずーっとしゃべってる。クイズ中も、必ず誰か一人が聞いてなくて、それを誰かが教えてあげたり、そういう感じでずーっとキャッキャとしゃべってる」とコメントするなど、彼女たちの素朴な仲の良さは評判でした。

ドキュメンタリーなどでは、MAXのメンバーが、安室さんのおとなしさや上手く話せないことをちゃんとわかっていて、汲んであげている様子が伝わってきます。

MAXとは、楽屋もいっしょ。

1999年「Sweet 19 Blues」のころ、沖縄凱旋ライブの密着ドキュメンタリーで、会場の楽屋にカメラが潜入しました。
大きな会場でしたが、楽屋はMAXと同じ大部屋。
一人だったら東京に来てもすぐに帰ってたかもしれないと語る安室さんにとって、MAXは大切な存在だということがわかります。

ライブMCをしなくなったキッカケは、ソロになったこと。

安室さんは後に、ライブMCをしなくなったキッカケは、ソロになったことだとラジオなどで語っています。
それまでは沖縄時代から一緒にやってきたMAXの4人とワイワイとおしゃべりしてライブMCをすることもあったそうですが、1人になってからはどうしていいのかわからなくなってしまったそうです。
話に一人でオチなどをつけられず、そのままクールな曲にいってしまったりする空気が難しいと感じて、MCをバッサリなくしたそうです。

安室さんにとって、ワイワイと話せるMAXの存在は大きかったんですね。

安室奈美恵の将来の夢は!?

PTAだよりに、安室ちゃんの夢が書かれていた?

安室ちゃんが通っていた城南小学校のPTAだよりに書かれた文章です。
「私は、みんなに、喜ばれる仕事をしたいと思っていますが、そんな仕事があったら、やってみたいです」

「音楽で”生活”していきたい」

中学校三年生からは学校に行かなくなりましたが、そのころから真剣に夢に向かって走っていたそうです。
インタビューを答える様子では、「そういうのでずっと生活していきたいと思ってた」と「生活」という現実的な言葉を使い、「夢を語る」というよりは急にマジメな顔になっています。

同級生にバカにされた夢。

当時の同級生は「みんなこんなバカなことしてっていう…沖縄の人は売れないっていうイメージがあるから」「沖縄の人ってすぐ失敗して帰ってくる人多いですよね」「だから男子とかは特に、そんなことを言ってた」とインタビューに答えた。

ちなみに、マイケルジャクソンとジャクソン5も、安室さんと同じ過去を経験しています。
歌って踊ることで夢を叶えようとして毎日練習していた彼らは、周りに理解されず、学校で友達にさんざんバカにされて、すぐにやめるだろうとけなされていたそうです。

「バカにされるのは別にどうでもいいやって」

同級生にバカにされた安室さんは「バカにされるのは別にどうでもいいやって思ってて、その子たちの話を真に受けて、じゃあそっかやめようって思うんじゃなくて。逆にそういう子たちがいるから頑張れたっていうか、おまえら覚えてろよ、すごくなってやるからなって思えたから、ずっとアクターズをやめないでいられた」「そういうふうに言うやつは、一生言ってろって思う気持ちになれたから」と、1999年のインタビューで答えています。

安室さんのお母さん「芸能界に入るのは最初は反対だった」

このころの安室さんはすでにスーパーモンキーズで、金曜日に上京、火曜日に戻る生活でした。
「学校になるべく来るように」とお母さんが教師から呼び出されましたが、「芸能界に入るのは最初は反対だった。でも彼女はどうしても頑張りたいと、非常に強い決心がある」と教師に話したそうです。

卒業文集を白紙で提出。

中学の卒業文集には「すきな食べ物、きらいな食べ物、3年3組の思い出」などを全員が書くスペースがあったが、安室さんだけ白紙で提出。
何も言わない、言えないという安室さんの性格が表れています。
夢を実現させるために、卒業文集を気にする暇もないほど集中していたのかもしれません。

安室さんの言葉「ていうか」「めちゃくちゃ」はコギャル語から歌詞に。

当時のインタビューを見ていて気付いたのですが、「xxx〜っていうか」と断定せずに言葉をさぐるような曖昧な言葉尻や、「めちゃめちゃ」という当時コギャルの間で流行った言葉が多く使われています。

小室哲哉さんは安室さんの楽曲の中で「みたいな」などの今まで使われていなかったような曖昧なしゃべり言葉を歌詞に取り入れましたが、それももしかして安室さんとの対話の中で、彼女の性格をそのまま表現に取り入れていたのかもしれません。

名曲「Sweet 19 Blues」の背景。

小室さんと安室さんの共同作業「安室奈美恵はこういう人」

この曲は、安室さんが今の自分の気持ちを語り、それを聞いた小室さんが歌にするという方法で作られたそうです。

小室さん「半年くらい、あたためてきた曲」

小室さんはこの曲について、「半年くらい、あたためてきた曲」「コンサートの最後とか、いい場面で歌ってもらいたいなと思いました」と発言。

結果、1999年に沖縄凱旋ライブをした安室さんが、ライブの一番最後に歌うこととなりました。
安室さんが飛び出した沖縄という地で、当時仲良くできなかった同級生などをふくめた大勢の観客が、あたたかい熱狂で安室さんを歓迎しました。
この曲を歌う前に、小室さんが紹介されてステージに上がり、小室さんのピアノで伴奏を弾くそばに立って、安室さんが歌いあげました。

「安室奈美恵はこういう人なんだよって、一発でわかるような曲にしたい」

安室さんは「はじめて自分を語った歌」「安室奈美恵はこういう人なんだよって、一発でわかるような曲にしたい」と、この曲にかけた熱い思いを語りました。
今まで勢いにまかせてダンスをする曲ばかりだったので、歌詞を歌って聴かせるということに挑戦したそうです。

安室奈美恵がステージの上で泣いてしまう歌詞

いつもクールな安室さんですが、「誰も見たことのない顔 誰かに見せるかもしれない」という歌詞で、こみあげるように泣き出してしまう姿が印象です。
ずっと念願だった沖縄ライブの最後に演奏したとき、レコード大賞受賞などで、涙を見せました。
その後、「テレビで二度と涙を見せない」と安室さんが変わったのは、人生で一番つらいときに安室さんの涙を撮影しようと殺到したマスコミの攻撃のせいでした。

(◼︎参照記事◼︎ 【安室奈美恵さんのお母さんの命日を振り返る】マスコミとの壮絶な戦い。飛行機の座席に小型カメラ。紅白に出ない理由?カメラの前で泣かなくなった理由は?)

ファンと交流したい!?安室奈美恵は寂しがり屋!?

ファンサイトのチャットに参加?

1999年のヘイヘイヘイからのトーク。
当時インターネットが普及したばかりの時代で、自分のファンが運営するファンサイトに出入りし、チャットルームにログインしたそうです。

ニセモノだと勘違いされて、ブロックされた?

ファンサイトのチャットルームで「 N.A.」という自分のイニシャルを名乗り、「もしかして本人?」と聞かれた安室ちゃんは、「そうだったらどうする?」と投げかけましたが、「誰も信じてくれなかったんです(笑)次の日もログインしようとしたら、(本人の名を騙る悪質なイタズラだと勘違いされて)もう入れないようになってた」というエピソードを披露。
みんなの輪の中に入るのが苦手だという安室さんですが、ファンの輪には入りたいみたいですね。

ファンサイトへのチャット参加は、安室さんがつらい時期に...。

安室さんがファンサイトのチャットルームにログインした1999年は、安室さんにとってつらい時期でした。
お母さんの事件があって、活動休止していたときにファンサイトのメッセージに励まされたと語っているので、きっとそのときのことなのでしょう。

(◼︎参考記事◼︎ 【安室奈美恵さんのお母さんの命日を振り返る】マスコミとの壮絶な戦い。飛行機の座席に小型カメラ。紅白に出ない理由?カメラの前で泣かなくなった理由は?)

実はマイケルもファンとチャットしていた?

安室ちゃんが尊敬するマイケルジャクソンも、ファンサイトのチャットルームに降臨するという、同じことをしていました。
安室ちゃんがチャットに参加するより4年ほど前、1995年のお話です。

インターネットという新しい文化に興味を持っていたマイケルは、ファンサイトをめぐり、自分がチャットに「本人降臨」するというイベントを行いました。
証拠写真もつけています。

こんなことをしたスーパースターは他に聞いたことありませんし、早々とネットでのファンとの交流に目をつけた所がさすがです。SNSでスターがファンと交流するようになるのは、それから10年以上後のことですから…。

マイケルのチャット降臨も、つらい事件の後だった。

マイケルがファンサイトのチャットルームに参加したのも、マイケルが信じていた人に裏切られて裁判を起こされてしまったという、とてもつらい事件の後のことでした。

世間やマスコミが束になって攻撃しようと襲いかかってくるとき、スターが信用できるのは、応援してくれるファンだけなのかもしれません。

(◼︎参考記事:マイケルジャクソンは無罪だった)

なんと新宿二丁目のファンイベントに、本人登場?

安室さんは、2016年の夏、新宿二丁目で毎年行われているファンイベントに、サプライズで登場しました。
イベントはmixiなどで告知されていたこともある、ファンの方々が長年主催しているイベント。
普通ならそういう場所に本人登場なんていうことはありえないでしょう。
ファンが安室さんになりきってダンスや歌のパフォーマンスをし、コンテスト形式で優秀賞を選ぶようなイベントでした。

パフォーマンス中のファンを気づかって、笑顔で「しーっ」

安室さんはひっそりと会場に現れましたが、その場にいた人は騒然。
安室さんは笑顔で「しーっ」と人差し指を立てたそうですが、それはステージでパフォーマンスをしているファンを気遣ってのことでした。

LGBTの方々からも支持される安室さん。

LGBTの方も多い新宿二丁目。ゲイバーで働く方々はダンスや歌の才能がある人も多く、安室さんのダンスをコピーするファンもたくさんいます。
苦労を重ねてきた安室さんは、女性ファン、男性ファン、そしてLGBTのみなさんの心もしっかりとつかんでいます。

「ドームを埋められるソロアーティストは、安室奈美恵と福山雅治だけ」

「ドームのキャパシティを埋められるソロアーティストは、安室奈美恵と福山雅治だけ」なんて言われています。
どちらも、異性だけでなく同性からも、そして中性の人からも強く支持されていることが特筆されます。

ファンへの愛情たっぷりな安室さん。

安室さんはTVに出るのをやめたあたりから、神格化されてミステリアスな雰囲気になりましたが、ファンとの距離をとても近く感じている人なのかもしれません。
ファンの顔が間近で見られるライブ中心にしているのも、そういうことなのかもしれませんね。

安室さんは事務所の社長となりましたが、お客さんであるファンに心から感謝ができる人のお仕事というのは、応援したくなるものです。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE