Twitter Facebook
116view
お気に入りに追加

女優・長澤まさみの出身校や学歴まとめ!偏差値や卒アルも!

10代でデビューした頃からスラリとした美脚のモデル体型と、透明感あふれる美しさで老若男女問わず愛される長澤まさみさん。
映画『キングダム』での楊端和役があまりに美しく話題になりましたね!また授賞式でドレスアップした長澤まさみさんもセクシーで毎回反響を呼びます。
今回は、大人の色気も加わりますます美貌に磨きをかけ大人気の長澤まさみさんの学歴に迫ってみます!!

長澤まさみの出身小学校は、磐田市立富士見小学校

入学:1994年年4月/卒業:2000年3月 

長澤まさみさんは、1994年4月に磐田市立富士見小学校へ入学し、2000年3月に卒業しています。富士見小学校は磐田市のほぼ中心に位置する小学校です。
自然豊かな磐田市は、サッカーのジュビロ磐田でも有名です。長澤まさみさんのお父様・長澤和明さんは元日本代表のサッカー選手でジュビロ磐田の前身・ヤマハ発動機サッカー部で活躍し、引退後は同クラブのコーチ・監督を歴任しています。
長澤まさみさんが磐田市で育ったのも、父親がジュビロ磐田に所属していたためですね!

富士見小学校の主な卒業生に、EXILEのダンサーAKIRAさんがいます。しかしAKIRAさんが卒業した年に長澤まさみさんが入学しているので在校期間は被っていません。二人の熱愛報道が出た時には同郷カップルと話題になりました。

長澤まさみさんが同校出身であることは、同級生や同窓生がtwitter発信しています。

磐田市立富士見小学校の偏差値

入試のない公立小学校のため偏差値はわかりません。

長澤まさみの磐田市立富士見小学校時代のエピソード

長澤まさみさんは小学校6年生の時に東宝シンデレラオーディションでグランプリを獲得しています。
小学6年生の時点で、現在とほぼ同じくらい身長があったということですから、同級生の中でもかなり身長が大きかったようですね。

同グランプリに参加した理由は、ジュビロ磐田で初代監督をしていた父・長澤和明さんのチームメイトでもあった元日本代表の中山雅史さんの妻である女優・生田智子さんが関係しています。東宝芸能所属だった生田智子さんが長澤まさみさんのお母様にオーディションの話を教えたそうです。
生田智子さん、グッジョブ!ですね。推薦したくなる理由も、グランプリに輝いた理由も、当時の画像を見れば一目瞭然ですね!

長澤まさみの磐田市立富士見小学校時代の写真

美少女すぎる!

あどけなさが残っていてカワイイ!

すでに完成してる!

いや~~まいりました!!!!
こんなに完成した美貌を放つ小学生いますか!?一枚目の運動会画像なんてもうアイドルのブロマイド超えちゃってますよ。
これは近隣でも有名な美少女であったこと間違いなしですね。
3万5千人の中からグランプリに選ばれるのも納得です。美しすぎます!
こんな子が同じクラスにいたら、毎日ドッキドキですね。
現在の長澤まさみさんとほとんど変わらないくらい大人っぽいです。

長澤まさみの磐田市立富士見小学校時代の卒業アルバム

卒アルだってやっぱり完璧です!キレイな二重ですね。この美貌では世間は放っておかないでしょう。
美男美女が集まる芸能界でもひときわ輝く長澤まさみさん。
「小さい頃はそんなに目立たなかったのに芸能界入って垢抜けた」っていう芸能人もいますが、長澤まさみさんは幼少期から別格の美しさですね。卒アルや画像などからも”選ばれし美少女”感、満載です!!

長澤まさみの出身中学校は、磐田市立城山中学校・中野区立第九中学校

磐田市立城山中学校/入学:2000年4月/転校:2001年3月転出

磐田市立城山中学校(静岡)

磐田市立城山中学校(静岡)

芸能界入りを果たした長澤まさみさんは、2000年4月に地元静岡県磐田市の磐田市立城山中学校に入学し1年間在籍しています。
城山中学校は磐田市見附にある公立中学校です。ジュビロ磐田のお膝元で、ヤマハスタジアムの近くでもあります。

主な卒業生にEXILEのAKIRAさん、北京・ロンドン・リオオリンピックの卓球日本代表選手水谷隼さん(中学2年生の時に強豪校・青森山田中学に転校)がいます。

長澤まさみさんが同校出身であることは、同級生や同窓生がTwitterで発信しています。

中野区立第九中学校/転入:2001年4月/卒業2003年3月

中野区立第九中学校(東京)

中野区立第九中学校(東京)

芸能活動が忙しくなってきた長澤まさみさんは中学1年生の3学期終了時に東京へ引っ越ししています。
そのため中学2年生になった2001年4月に中野区立第九中学校へ転入しています。中野区立第九中学校は東京都中野区にある公立中学校です。
同校は少子化の影響で2012年に中野区立央中学校と統合され、現在は中野区立中野中学校となっています。

主な卒業生は、お笑いタレントの寺門ジモンさん、俳優の渡部篤郎さんなどがいます。

長澤まさみさんが同校出身であることは、wikipediaに詳しく記載されていました。

2001年、連続ドラマ『Pure Soul〜君が僕を忘れても〜』(読売テレビ)に初レギュラー出演。それに合わせ、中学2年の春に上京。中野区立第九中学校(現・中野区立中野中学校)へ進学[2]。当初は大塚千弘と2人暮らしであった。

中2で一人暮らしは心配ですもんね

磐田市立富士見小学校・中野区立第九中学校の偏差値

両校とも公立中学校で受験はないので、偏差値はありません。

長澤まさみの中学校時代のエピソード

中学2年生に進級する際に、仕事の増加に伴い上京することとなった長澤まさみさん。故郷・親元を離れる寂しさもあったかと思いますが、上京後は絶え間なく仕事が舞い込みます。

中学校時代に出演した番組は映画で3本、ドラマ3本、CM5本とデビュー直後とは思えないほど順調に出演を重ねていきました。

またそのスタイルの良さを生かして、ティーン誌『ピチレモン』の専属モデルもしていました。
長澤まさみさんの中学時代は、勉強と仕事の両立が大変だったでしょうね。

長澤まさみの中学校時代の写真

デビュー作・映画『クロスファイア』

デビュー作・映画『クロスファイア』

高視聴率を記録したNHK朝ドラ『さくら』

高視聴率を記録したNHK朝ドラ『さくら』

ティーン誌『ピチレモン』の専属モデル

ティーン誌『ピチレモン』の専属モデル

現在の長澤まさみさんのイメージとほとんど変わりませんね。
ここまで少女時代と変化が少ない女優さんも珍しいくらいです。(整形したの!?ってくらい変わっている方も多いので…爆)
今より少しお顔がふっくらしていて、かわいらしいですね!
中学生時代の長澤まさみさんも文句なしに美人です!

長澤まさみの中野区立第九中学校時代の卒業アルバム

これ、ポスターか何かですか!???
卒業アルバムがこんなに完璧な人っているんですね。こんなに整ったお顔立ちでキレイに写った卒アル写真なんて見たことないです。
長澤まさみさんクラスになると、誰がどこでどんな時に撮ろうが、美しいお写真が撮れるのですね。羨ましいと思う事すらおこがましいレベルです。

長澤まさみの出身高校は、堀越高等学校トレイトコース

入学:2003年4月/卒業:2006年3月

長澤まさみさんは、2003年4月に堀越高等学校トレイトコースに入学し、2006年3月に卒業しています。
堀越高等学校は進学・進路選択コース、体育コース、育英コース、トレイトコースと4つにコース分けされており、長澤まさみさんはその中でトレイトコースに在学していました。トレイトコースは芸能やスポーツなどプロフェッショナルな世界で活躍するための特別コースです。また校則が非常に厳しい事でも有名です。

高校生の頃から芸能活動をしている芸能人の多くが通う高校としても知られています。そのため有名人卒業生を毎年輩出しています。

芸能人の卒業生があまりに多いため、長澤まさみさんと在学期間が被っている方々のみ紹介します。
2003年卒/綾瀬はるかさん、尾上松也さん、生田斗真さん
2004年卒/城田優さん、北山宏光さん、山下智久さん、小池徹平さん、蒼井優さん
2005年卒/紗栄子さん、勝地涼さん
2006年卒/長澤まさみさん、鈴木杏さん、手越祐也さん、
2007年卒/あーちゃん(Pefume)、戸田恵梨香さん
2008年卒/柳楽優弥さん

同校出身であることは、同校の卒業式に出席した長澤まさみさんをテレビのエンタメ情報等で紹介していましたので間違いありません。

堀越高等学校トレイトコース時代の偏差値

堀越高等学校トレイトコースの偏差値は37で非常に容易レベルです。入試も書類審査なので、芸能活動をしていて素行に大きな問題がなければ入学できます。
事務所と学校が連携をとることもあり、出席日数が足りなかった場合は補講をしてくれるなどのサポート体制も充実しています。
なおネット上で、「顔面偏差値は国内トップクラスに高い」と言われていました。

長澤まさみの堀越高等学校時代のエピソード

高校時代の長澤まさみさんは多忙を極めていました。在学中に公開された映画は7本、ドラマ7本、CM4本と、デビューして数年であっという間に超売れっ子女優へと成長したのです。
高校1年時に公開された映画『ロボコン』では、日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。

そして何と言っても長澤まさみさんを一躍有名にしたのは、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のヒロイン役ですよね。
筆者もあまりの美しさとスタイルの良さに衝撃を受けたことを覚えています。同映画で自ら志願してスキンヘッドになった長澤まさみさん。女子高生とは思えないすごいプロ根性です。この映画で長澤まさみさんは日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞しています。

『世界の中心で、愛を叫ぶ』でスキンヘッドに

『世界の中心で、愛を叫ぶ』でスキンヘッドに

仕事中心の生活にはなっていましたが、高校にもきちんと通っていました。
特に同級生の女優・鈴木杏さんととても仲が良く、仕事の相談などもしていたと本人が語っています。
意外と人見知りだという長澤まさみさん。心開ける友人が近くにいたことは、忙しい中でも心のよりどころになっていたのではないでしょうか。

またラジオで長澤まさみさん自身が高校生活について語っていたことを紹介します。

校則が非常に厳しい事でも有名な堀越高等学校でも、ちょっとスカートを折って丈を短くしたり、メイクをしてくる女子もいたそうです。生徒指導の先生に叱られる女子を見ては「めんどくさいなーー」と傍観していたという長澤まさみさん。
怒られるのもめんどくさいのでちょっと寝癖を直してすっぴんで登校していたとか。
しかしある日暑かったのでスカートを少し折って、当番日誌を職員室に届けいった長澤まさみさんを見て、一緒に届けに行ったいつも叱られる女子をを差し置いて先生が長澤まさみさんのみを注意をします。「なんでいつもしっかり校則守ってる私だけが叱られるの!??」とかなり頭にきたんだそう。「日誌を置いてからスカート直す」と主張しますが、先生は「いや、先にスカートだ」。。。ブチッと来た長澤まさみさんは手に持っていた日誌を床に落としてから、スカートを直しました。
本人曰く、高校生活最初で最後の反抗だったとか。
すると卒業の時に先生が生徒を集め話す場面で
「先日スカート丈で注意をしたら、日誌を投げ捨ててこれみよがしにスカートを直した不届き者がいる」的なことを話したんだそう。それを聞いた長澤まさみさんは、心の中で「私かい!!」と突っ込みながらも人生で初めてみんなの前で自分の話を例に出して注意を受けたことを「カッコイイ」って感じてしまったと語りました。
初めての反抗ですからね。3年間ずっと我慢してきたうっぷんがあったのでしょう。最後に長澤さんはこの件も含め、高校生活を「楽しかった~」と語りました。

長澤まさみ 「私かい! ~堀越時代の反抗~」 - YouTube

出典:YouTube

高校時代の懐かしい思い出ですね!

長澤まさみの堀越高等学校時代の写真

どの画像もカワイイですね!笑顔の写真が多くとっても楽しそうです。かなり忙しかったはずですが、高校生活もエンジョイできたようですね。
学校で友人と会ったり話したりすることが、多忙な中での息抜きになっていたのかもしれません。

長澤まさみの堀越高等学校時代の卒業アルバム画像

またしても完璧です。本当に整ったお顔立ちをされています。片側だけはねたおさげの髪形もかわいらしいです。
小学生の頃からずっと大人っぽいですが、ますます美しさに磨きがかかりましたね。少しシャープになった印象です。
このまま宣材写真にしてもOKなくらいの仕上がりですよね。

なお長澤まさみさんは堀越高等学校を卒業した後は、大学などに進学せず女優業一本に絞って活動をしています。

まとめ

美少女から大人の女性に成長し、ますます魅力的な長澤まさみさんは中学校までは地元の公立中学校でしたが、中学2年生から親元を離れ上京し中学・高校へと進んでいることがわかりました。
学生時代もテレビや映画に出ずっぱりだったことを考えると、学校に行ったり勉強をしたりする暇もなかったのではないかと思われますが、仕事と学校の両立を頑張っていました。
少女時代から抜群の容姿を誇っていた長澤まさみさん。今後もさらに素敵な女優さんへと成長していくこと間違いなしですね!長澤まさみさんのさらなるご活躍を応援しています!!

長澤まさみに関する記事はこちらもおすすめ!

人気女優・俳優の出身校&学歴はこちらもチェック!

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook