Twitter Facebook
430view
お気に入りに追加

”プログラミング”が重宝される理由とは

プログラミングとは、コンピュータに人間が意図した処理を行うように指示を与えるプログラムを作成することを言います。

今、この”プログラミング”があらゆる企業、分野において必要とされており、プログラマーは高年収を獲得しやすい状況にあります。

しかし、一体なぜ、これほどプログラミングが世の中で重宝されているのかご存知ですか?

今プログラミングを学ぶ必要性が日本・海外問わず強く叫ばれている。
人生で成功するために学んでおくべきものの代表例はしばらく前まで、英語をはじめとした外国語だった。

そこに今は、コンピュータのプログラミングが加わった。
GoogleやFACEBOOK、amazonといった企業がIT技術を武器に世界市場を席巻し、そのカギを握るのが有能なプログラマーだからだ。

プログラミングが重宝される理由としては、ひとえにIT・テクノロジー分野の発展が関係していることが分かります。

しかし、プログラマーが重宝される理由はそれだけでなく、そもそもプログラミングを習得している人材が現代社会において、少ないという理由も関係していました!

プログラミングをできない人がほとんど!エンジニアが不足している現代社会

これだけテクノロジーが僕たちの生活に浸透している中で、多くの人がプログラミング言語を知らず、生活を快適にするためのサービスを作るエンジニアが不足しているのが現状なのです。
プログラマーの絶対数が足りないことから、今現在プログラマーの需要が高まっているのは事実です。

英語を勉強するよりはプログラミングを勉強したほうが、実用性は上でしょう。

このような背景もあり、最近では多くの国がプログラミング教育に乗り出しており、日本も例外ではありません。

ですが、プログラミングを習得することは容易ではなく、残念ながら大人でプログラマーになろうとする人はあまりいないです。

子育てで”プログラミング”を教えるご家庭は多い

プログラマーになろうとする大人は少ないですが、子育てでプログラミングを教えようとするご家庭が最近では増えてきています。

高年収が期待できるプログラマーなら、確かに納得ですね!

子どもたちの習い事として、「プログラミング」が流行中だ。

子供、保護者、ともにプログラミングに対する関心が高まっているようだ。
2020年の教育改革に向けて実際に何かに取り組んでいる人は約3割と少ないですが、「新しく始めてみたい、または注目している習いごと」としてプログラミングは上昇しているようです。

実は2020年から「小学校でのプログラミング教育の必修化」が決まっており、ここ数年で子育てに”プログラミング教育”を実施するご家庭が急増しているのです。

ですが、その一方で今後、子育てでプログラミング教育を考えていないというご家庭も多いです。

「プログラミングを習わせたことはない」と答えた方に、「今後プログラミングを習わせる予定があるか」を尋ねたところ、「習わせる予定はない(93.5%)」が大半を占めました。
理由としては、「プログラミング教室について知らないから(33.7%)」「お金がかかりそうだから(29.2%)」「近くに教室がないから(22.0%)」といった回答が上位にあがりました。

プログラミングが出来る子に育てるためには?

プログラミング教育は学校で学ぶ教科と違って、専門性が高いです。

そのため、プログラマーが出来る子に育てようと思った場合、何から始めたらわからないという人もいることでしょう。

そんな方はまず以下の方法を実践してみてください。

まずは興味を持たせてみる

これからの時代に必要!とやらせたくなる親は多いですが、肝心なのは子どもの気持ち。

子どもにプログラミングへの興味を持たせるにはどうしたらよいか考えてみましょう。

適度な難易度のプログラミングを教える

相手が小学生でも大学生でも、プログラミング未経験者でも熟練者でも、使用するプログラミング言語の難易度やテーマを適切に設定すれば、だれもが深く楽しめるのがプログラミングだ。

簡単なことでも同じことを繰り返しさせる

コンパイル、変数の代入、IF分岐とか、は結構説明して、やらせればすぐできる。だからといって、すぐ次にいってはいけない。

同じ事を何度もくりかえさせて、何も考えずできるぐらいまで体にしみ込ませてからじゃないと、進むにつれて、「一度に考えること」が多くなり苦しくなる。

解けない問題をやらせてみてから解決策を教える

メソッドを教えるときは、教える前にコピペで処理を書けるコードを書いてもらってから教える。

問題を認識してもらってから、それを解決するアイデアとして教えるとすんなり入る。

プログラミングを学ばせる上で、まず子供に興味を持ってもらわないと話になりません。
どうやって興味を持たせるのか・・・と疑問に思う方も多いでしょう。

しかし、そんな方もご安心ください。
最近では子供のプログラミング教育のための教材が沢山でています。

子供向けに作られたこともあり、そういった教材は子供が学びやすい&興味を持ちやすいです。プログラミングの知識がない場合、そういったツールを使うといいでしょう。

年齢別!プログラミングを子供にマスターさせるための方法

プログラミングは早い段階から教育しないと行けない・・・
そう思っていませんか?

確かに何事も早く学ばせた方がいいです。
しかし、遅いからという理由でプログラミングを断念するのは早計です。

では、ここからは年齢別にプログラミングを学ぶ方法についてご紹介していきます。

0歳~小学校まで

0歳~小学校までのお子さんの場合、まずはプログラミングを覚えるより”知育”に力を入れた方がいいかもしれません。

知育とは、物事を自身で考える能力を育てる教育のことで、要するに論理的思考を身につけることを目的としています。

もちろん、0歳~小学校までの間の子育てにおいて、プログラミング言語を教えさせるということも可能ですが、その場合には子供向けのプログラミング教材を用意するようにしましょう。

小学校〜中学校まで

小学校から中学校までのお子さんの場合には、すぐにでもプログラミング言語を覚えさせましょう。

プログラミング言語は専門性が高いので、独学で覚えることはあまりオススメできません。
最寄りのプログラミングスクールがあれば、そちらへ通うといいでしょう。

ただ、最寄りにスクールがない場合には、ネットのオンラインスクールを利用するといいです。

そして、プログラミングには数学、英語が必須になりますので、その辺りの勉強にも注力するようにしてください。

中学校~高校生まで

中学校から高校生までの場合には、さまざまな選択肢があります。

人によっては独学でも学べる人もいれば、オンラインスクールを利用しても身に付かないという人もいます。そのため、中学校から高校生のプログラミング教育の場合、”各ご家庭の予算に応じて決める”ということが正解かもしれません。

また、予算が少ないというご家庭の場合、通信制高校でプログラミングを学ぶという選択肢もあります。最近ではベネッセやサイバーエージェントといった誰もが知っている企業がプログラミング教育を行っています。

教育にお金をかけたくないというご家庭は、そういった高校への進学を考えてみてもいいでしょう。

将来有望なプログラマーを目指して!子育ては先を見据えて行おう

2020年からプログラミング教育が小学校の必修科目になり、日本でも注目されている”プログラマー”という職業。プログラマーは”高年収””転職しやすい””スキルアップが目指せる”と大人からも憧れの職業です。

もし、子供の将来のことを考えているのであれば、今からでもプログラミング教育を考えてみませんか?子供がプログラミングを学び、習得できれば子供の将来も安泰です。

ただ、何度も言いますが、プログラミング教育は一筋縄では行きません。子供にプログラミングを学ばせたいというのであれば、まずはその環境を整えてあげましょう。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook

関連する記事

【最新情報】iOS11.3にアップデートした際の不具合と対処法まとめ

AppleからリリースされたiOS11.3はどのようなアップデート?不具合は?など色々と気になることが多いで…

rebecca364 / 1104 view

可愛い&面白い!ユニークなイヤホンジャックピアス

普段持ち歩いているスマホ。何も付けずシンプルなのも良いですが、やはり毎日シンプルだと飽きますよね?そんなシン…

CaMroxron / 480 view

ネットのLANケーブルのツメが折れた時の対処と補修方法4選

インターネットのLANケーブルのツメが折れてしまってPCに差し込めなくなった時の対処法を紹介します。

takeyan / 54738 view

故障じゃなくて不具合かも?高額なiPhoneを修理をする前に確認すべきこと

iPhoneが急に動かなくなったり、故障かな?と思っても、ただの不具合の可能性も…

jagheterkohei / 1013 view

LINEでブロックを解除させる方法を伝授!未読スルーかブロックかを見分ける方法とブロ…

LINEで友人に突然既読がつかなくなった…もしかしてブロックされた!?という人に、ブロックされたのか確認する…

*Putyu* / 95529 view