Twitter Facebook LINE
1894view
お気に入りに追加

脂性肌(オイリー肌)とは

肌質は、「普通肌」、「乾燥肌」、「脂性肌(オイリー肌)」、「混合肌」の4つに分けられ、その中でも肌のテカりや、毛穴の黒ずみ、肌荒れが深刻化しやすいのが「脂性肌」です。脂性肌は、何らかの原因で皮脂の分泌が過剰になっている状態です。

ではなぜ、皮脂の分泌が過剰になってしまうのでしょうか?

まずは、その原因についてご紹介します。

脂性肌の原因

・精神的なストレス
・睡眠不足や不規則な生活
・急な気温の変化や生活習慣の乱れによってホルモンなどのバランスが崩れる
・脂質、糖分、アルコールなどによる体内の中性脂肪が増加するため
・肌を乾燥から守ろうとするため

油性肌をスキンケアで解消

私たちの肌には毛穴の汚れを自力で押し出したり、肌を保湿する「自然治癒能力」が備わっています。しかし、過度なスキンケアを続けるとその機能が働かなくなり、肌の乾燥による脂性肌になってしまいます。

脂性肌には水洗顔がおすすめ

過度なスキンケアによる脂性肌を防ぐには「水洗顔」がおすすめです。

水洗顔だけで余分な皮脂や汚れが落ち、自然治癒能力によって脂性肌を改善する効果があります。
やり方は、ぬるま湯(34~35度)を肌に押し付けては離すを繰り返すだけ。とてもシンプルな方法です。この時、肌を擦らないように注意しましょう。
いきなり完全に水洗顔に変えるよりも、夜は洗顔料を使って洗顔し、朝だけ水洗顔を行うのがおすすめです。
洗顔料で洗顔をするときは、ゴシゴシ擦らずたっぷりの泡で優しく洗うようにしましょう。毛穴の汚れを落とすことが大切なので、毛穴に泡を押し付けるようなイメージで洗うことが大切です。

化粧水をしっかりと

脂性肌は乾燥が原因でなっている場合もあります。
乾燥から肌を守るためにバリア機能が働き、皮脂を過剰に分泌してしまうのです。
ですので、洗顔で乾燥した肌にたっぷりの化粧水で潤いを与え、しっかりと保湿をしましょう。
また化粧水は「ビタミンC誘導体」を配合しているものがおすすめです。
ビタミンC誘導体は抗酸化力が強く皮脂の過剰分泌を防いで健康的な肌にしてくれます。

乳液・クリーム

化粧水の潤いは時間が経つれ蒸発してしまうので、油分の多いクリームや乳液などで保湿をすることが大切です。
ですが、クリームや乳液をたっぷり使用するなどの「過度の保湿」は脂性肌にとってニキビの原因となってしまいます。ですので、塗りすぎには十分注意しましょう。

脂性肌を改善して美肌を目指そう♡

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

鼻毛を抜くのは危険?正しい鼻毛処理方法まとめ

鼻毛が生えている人は、どうしても不潔に感じてしまいますよね。そのため、多くの方が鼻毛処理をしていますが、抜く…

Brenders / 61 view

日焼け止めの選び方を間違えると肌が荒れる!?正しい日焼け止めの選び方&使い方

紫外線対策の定番「日焼け止め」って、効果が強いものを選べばいいっていうわけではありません。 実は、目的に合わ…

ebter46 / 73 view

ホットヨーグルトダイエットで痩せた人はいる!?効果ややり方は!?朝と夜どっちが痩せる…

ホットヨーグルトダイエットって本当に痩せるの!?朝と夜、どちらと置き換えるほうが効果が高いの!?

CY1985 / 2935 view

腸腰筋を制するものはダイエットを制する!自宅でできる腸腰筋ダイエットの痩せ効果と方法

腸腰筋にアプローチする腸腰筋ダイエットは自宅でもトレーニングでき痩せる効果も高いダイエット法です。

straycat / 1499 view

何だかイライラ…ストレス解消に効果的な食べ物6選

イライラを鎮める効果のある食材やストレスがたまっている時に摂ってほしい食材を紹介します。

*Putyu* / 2564 view

関連するキーワード