Twitter Facebook LINE
10174view
お気に入りに追加

冨田真由さん刺傷事件の初公判中にトラブル

20日に冨田真由さん刺傷事件の初公判が行われましたが、裁判中に男性裁判員が一人倒れてしまい、裁判が休廷するトラブルがありました。
男性裁判員が倒れた理由として裁判中に提出された証拠があまりにグロかったからという噂が立っており、岩崎友宏被告の判決と同時にその証拠の内容が気にされているようです。

事件のおさらい

冨田真由さん刺傷事件概要

20ヶ所以上をナイフでめった刺しに

20ヶ所以上をナイフでめった刺しに

事件が起こったのは昨年の5月21日。
シンガーソングライターの冨田真由さんはライブに参加するため駅から徒歩で会場へ向かっていたのですが、そこへ刃渡り8cmほどのナイフを持った岩崎友宏被告が現れ、「死ね、死ね」と呟かれながら胸や首など20ヶ所以上を滅多刺しにされてしまいました。

ナイフで刺傷された冨田真由さんはその後2週間意識不明で生死の境をさ迷い、意識を取り戻して退院した今でも体に残る傷跡やPTSDに苦しんでいます。

犯人は元AV男優の岩崎友宏被告(28歳)

犯人は元AV男優の岩崎友宏被告(28歳)

画像は殺人未遂の罪で逮捕された岩崎友宏被告(28歳)。
逮捕当時は職業不詳とされていましたが、その後元AV男優であった事が発覚しており出演作品まで動画としてネット上に流出してしまっています。

動機は「返せ」と言ったプレゼントを本当に返されたから!?

動機は「返せ」と言ったプレゼントを本当に返されたから!?

当時住んでいた京都市からわざわざ東京小金井市のライブ会場にまで足を運び、陰惨な犯行に及んだ岩崎友宏被告。
犯行の動機は冨田真由さんに一方的な結婚願望を募らせた挙句のストーカー殺人未遂であり、冨田真由さんからツイートの返信が来ない事が気に食わず、プレゼントとして贈った時計や本を「返せ」と言ったところ本当に送り返されてしまったからとのことでした。

警察のストーカー対応も問題に

警察のストーカー対応も問題に

冨田真由さん刺傷事件が起こる2週間ほど前、冨田真由さんは武蔵野署に岩崎友宏被告の名前と住所を告げたうえでネット上で攻撃的な書き込みを何度もされている事や殺されるかもしれない事を訴えていましたが、警察はこれを取り合わず専門部署に通達も行いませんでした。

この対応について冨田真由さんは自筆の手記にて警察への不満を書き綴っており、社会的にも問題視されているようです。
事件後武蔵野署は冨田真由さんに対して謝罪を行ったそうですが、世間的には未だにプラスの感情を持たれていません。

冨田真由さん刺傷事件の初公判が開廷

東京地裁立川支部にて

事件から数か月が経過した2017年2月20日、東京地方裁判所の立川支部にて阿部浩巳裁判長のもと岩崎友宏被告の初公判が行われました。
裁判所に現れた岩崎友宏被告は紺色のスーツ姿をしており、蒼白な顔で検察側の冒頭陳述に臨んでいたのだそう。

「間違いありません」と起訴内容を認める

「間違いありません」と起訴内容を認める

阿部浩巳裁判長の本人確認に表情を変えずに応じ、起訴内容の確認をされると「間違いありません」と殺人未遂の事実を認めた岩崎友宏被告。
検察側は事前にナイフを購入し前々から攻撃的なメッセージを送っていた事から計画的な犯行であると主張していますが、弁護士側はそれに対して計画性がなく突発的な犯行であったと主張しています。

被害者の冨田真由さんに対して

被害者の冨田真由さんに対して

被害者である冨田真由さんについて岩崎友宏被告は
「ナイフなんか持っていかなければよかった、歌を歌い続けて欲しい」
と述べていたのだそう。
冨田真由さんは今回の初公判には参加していなかったようですが、自分にしか語れない事があるとして被害者が刑事裁判に参加できる“被害者参加制度”を利用するつもりだと明かしています。

ついたて越しではあるでしょうが次の公判で二人は顔を合わせるかもしれませんね。

裁判中に男性裁判員が倒れるトラブル

検察による証拠調べ中に…

男性裁判員が倒れ休廷に

男性裁判員が倒れ休廷に

午前10時ごろから始まり滞りなく進んでいた初公判ですが、開廷から約1時間40分ほどが経過した11時48分ごろ、傍聴席側から見て左側にいた男性裁判員が「うぅ~…」といううめき声と共に机に突っ伏すようにして倒れてしまうトラブルが発生してしまいました。

この男性は倒れた直後に廷内で応急処置を受けており、その後救急搬送されています。

裁判員が倒れた理由は!?

証拠がグロ過ぎた!?

証拠がグロ過ぎた!?

裁判員が倒れたのは、検察官による“証拠調べ”の真っ最中。
証拠調べとは検察官が犯行の様子や被害状況について被告や弁護士と論じることなのですが、男性裁判員が倒れたのはこの証拠調べのために冨田真由さんが受けた傷の内容を説明している最中だったとのことです。

裁判では公正な判決のため、傷の状況や犯行については本当に事細かく説明されます。
裁判員は一般の中から選ばれた男性ですので、血や傷に耐性のない人間がたまたま選ばれていたのなら倒れるのも仕方がなかったのかもしれませんね。

次の裁判は代わりの人間が選ばれた?

次の裁判は代わりの人間が選ばれた?

男性裁判員が倒れた事によって休廷されたこの裁判ですが、今後はこの男性に代わって補充の裁判員が公判に加わる予定だそうです。
次の裁判員はグロに耐性のある方だといいのですが…。

岩崎友宏被告の判決は28日

男性裁判員のトラブルによって一時中断してしまった初公判。
次の裁判の予定は28日であり、岩崎友宏被告の判決はその時に決定するものと思われます。
次の公判で被害者である冨田真由さんは一体何を語るのでしょうか?
判決の内容も気になりますが、裁判所での二人の言動も今から気になるところです。

冨田真由さん刺傷事件のこれまでの経緯を振り返る

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

【乳首おじさん】都市伝説化していた地元の有名人が下半身露出で逮捕も、笑劇のマネ&コラ…

『乳首おじさん』逮捕!都市伝説になりかけた、地元有名人の笑劇のマネ&コラ画像をご紹介!

halu218 / 5035 view

『相模原19人刺殺事件』で思い出される『津山事件』。八つ墓村のモデルとなった事件が悲…

相模原で起きた無差別大量殺人事件。昔の事件で思いされるのは「津山事件」。その事件の全貌は、悲惨な光景だった。

halu218 / 5375 view

【宇都宮爆発】栗原敏勝容疑者が手製の爆弾で自殺!?テロ!?胴体が吹っ飛んだ凄惨な現場

宇都宮で起こった爆弾事件、容疑者は栗原敏勝という元自衛官。この事件、背景には深い深い闇がありそうです。

halu218 / 4012 view

【横浜市】登校中の列に軽トラが突っ込み小1男児が死亡…原因は87歳男性のスピード違反…

横浜市で登校中の列に軽トラが突っ込み小1男児が死亡する事故がありましたが、原因は87歳男性のスピード違反だっ…

*Putyu* / 2296 view

【火災動画】岐阜県最強心霊スポット『岐阜市祇園の廃屋』が火災で全焼!原因は放火?怪我…

岐阜県で有名な心霊スポット『岐阜市祇園廃屋』が突如燃え上がり全焼してしまいました。原因は!?犯人は幽霊!?

*Putyu* / 4644 view

*Putyu*

元栄養系大学生。得意科目はダイエット。
辛いものと猫が大好き