Twitter Facebook LINE
224view
お気に入りに追加

目元の悩み~あれこれ~

目元には毛細血管が多く集まっていて皮膚も薄いため、血行不良によるクマやたるみが現れやすいです。加齢による変化も起こりやすいので、悩んでいる人は多いでしょう。実際に、クマやたるみ、まぶたの重さなどで悩んでいる人の声を聞いてみましょう。

クマやたるみに悩んでいる人は多い

どんなに寝ても、目の下にクマができちゃうんです...
朝から晩までずっとクマがあります
早くに寝ても目元を温めても保湿をたっぷりしても、
ずっとクマが消えないのです。

どんなに睡眠をとってもクマが改善されないという人は少なくありません。色素沈着が原因の茶クマや黒クマは、そのままでは改善できないのです。

十代の頃から目の下にクマがあります。
きちんと睡眠をとり、鉄分もとったりしていますが消えることがありません。

メイクをするようになってからは、コンシーラーを使い隠していますが、メイク崩れしてくる夜にはクマが目立ってしまいます…。

クマは、メイクでは一時的に隠すことしかできません。特に、茶クマと黒クマがそうです。進行した茶クマと黒クマはメイクで隠すことも難しくなるため、大阪の美容外科などに相談してみると良いでしょう。

最近仕事で目を酷使しすぎて、
昔みたいにパッチリ目が開かなくなったな~と思っていたのですが、
それと同時期に、目の下・まわりから若さが無くなった気がして・・・
友人に「目、怖いけど怒ってるの?」といわれてしまいショックでした。

眼精疲労は、目元のむくみを招きます。まぶただけでなく目の下にも腫れぼったさを感じたら要注意です。むくみが慢性化すると、目の下のたるみにつながりやすくなるからです。

歳をとるたびにくまが濃くなっているような気がします。

加齢と共に目元には色素沈着やたるみ、くぼみやシワが起こりやすくなります。目元のアンチエイジングはとても大事です。

目の下のクマや腫れぼったさは若い頃から起こりますが、年齢を重ねていくとその現れ方も顕著になります。酷くなると顔全体の印象を暗くしてしまうので、早めに改善しなければなりません。

目の下のクマは何故起こるの?

目の下のクマやたるみを改善するために、主な原因を見ていきましょう。体質や生活習慣なども目元の老化を早めてしまうので、日頃からこまめに目元のセルフケアを行なうことも大切です。原因を知って、しっかりとケアしましょう。

クマやたるみ、シミが出やすい目元

▼目の下のクマは血行促進で改善しよう!

目元は体の他の部位と比べて、皮膚の厚みがとても薄いんですね。だから刺激を敏感に感じやすい部分なのです。また、骨の模型を思い出してもらえばよくわかると思うのですが、目のまわりだけが皮膚の下に骨がありませんね。ですから、むくんだり、へこんだり、やつれたり、そんな体の状態が出やすいんですよ。

くまはメラニン色素の沈着や血流のうっ滞(血行不良)によって起こるので、くまの予防には、皮膚の新陳代謝を上げて、老廃物やメラニンの排出を促すことがポイントです。

軽いマッサージで血流を促すことで、ある程度くまは抑えられます。また、睡眠を十分にとることも重要ですね。

目元の血流を改善することが大事です。なるべく目を酷使しないようにして、疲れが溜まった際は早めに解消するようにしましょう。

クマの種類を見分ける方法

【確認方法】
下記の2つをして確かめます。
1.あっかんべーして目の下の皮膚を下に引っ張る
2.鏡を持って上を向く
青クマ
■血行が悪くなっている
■遺伝

黒クマ
■加齢によるたるみ
■目元の筋肉の衰え
■むくみ

茶クマ
■こすりすぎによる色素沈着
■肌の乾燥
■日焼けによるシミ、くすみ

クマができる原因

目のクマが出来るのは「睡眠不足」という間違った常識がまことしやかに言われています。
どんなに睡眠を取っても眼輪筋の動きの悪さを治さなければクマは治りません。

目のクマ(赤っぽいクマ、青いクマ、茶色いクマ、黒いクマすべて)
は眼輪筋の筋肉の動きの悪さが最大の原因です。
そのために血行不良になるのです。

その上に毛細血管から漏れ出した赤血球が筋肉内部で破壊して打撲後のあざのように茶色から黒い皮下の色素沈着になるのです。
子供のクマは赤っぽくその後、青→茶→黒と進行します。


茶色や黒くなると簡単に消えないのです。

シワも弛みも原因は同じことです

茶クマや黒クマになる前に対策を行ないましょう。疲れが溜まり目元老化が進むと、目の下のクマと同様にシワやたるみも起こりやすくなります。

目元はたるみも起こりやすい

老化により目の周囲の筋肉が衰えることで、脂肪が溜まりやすくなり皮膚が下がってきます。
特に目が大きな方は、目の下の脂肪が多い傾向があるため、たるみが一層目立ちやすくなります。
たるみができるのは、目のまわりの筋肉がゆるんでしまうからですね。表情筋がゆるんでくるとたるみが出てきますし、さらに眼窩の脂肪が前方に突出して目の下に目袋のたるみ、ふくらみが目立ってきます。また、それが日常同じ状態で維持されると深いしわの原因にもなります。

表情筋を動かすことで、心理面にも良い影響を与えることが分かっています。定期的に、表情筋を動かすようにしましょう。

たるみを招く目の使い方に注意!

まぶたにはミュラー筋や眼瞼拳筋という筋肉で支えられています。これらは1度伸びきってしまうと、なかなか元に戻りません。伸びきった筋肉はまぶたのたるみ、眼のくぼみ、さらには顔のたるみにまでつながるのです。

この筋肉は「上目使い」や「上を見上げる」ような眼の動きをすると伸びやすくなってしまいます。たとえばテレビを高い位置にセットしていたり、パソコンのモニターを見るとき常に上を見ているような状態をしたり、このような上目使いが、筋肉を伸ばす原因になります。

上目遣いをすると目元の老化が進むというのは驚きでしょう。正しい姿勢と目線で物を見ることが大事です。目の疲れが酷いという人は、鏡で姿勢や目線を確認すると良いでしょう。

情報化社会で、目を酷使する人は少なくないでしょう。酷使した分だけ活性酸素が発生し、また老廃物も溜まりやすくなります。目の下の茶クマや黒クヤ、たるみにつながる前に解消しましょう。

眼精疲労を取る方法!マッサージや目薬を使ってみる

忙しいときや何かに集中しているときは、目元に疲れが溜まりやすいと言われています。茶クマや黒クマ、目の下のたるみを防ぐためには、自分でできるケアをこまめに行なうようにしましょう。生活習慣を正して、老化の原因となる活性酸素の発生を防ぐことも必要です。

疲れを溜め込まないために

▼眼精疲労は早めに解消しよう!

体の中でも目は、小さいのにたくさんの血液を要求する臓器です。疲れがひどく全身の血行が悪いと目に症状が現れます。

目は酸素の消費が多いため、他の臓器に比べても、活性酸素による酸化ストレスを受けやすいのです。

目の老化防止のためには、全身の老化防止を心がけることが大切です。


目の老化防止生活習慣6カ条
(1)バランスのよい食事をする
(2)ストレスをためない
(3)目を休ませる
(4)十分な睡眠をとる
(5)禁煙
(6)軽い運動

血流が悪くなると肩こりや腰痛、冷え性や眼精疲労が起こってくるでしょう。このような症状が慢性化しないように気を付けましょう。

▼眼球を動かしてコリをほぐそう

眼球体操には、眼球とその周辺の血行を促す効果があります。また、筋肉のこりもほぐれて眼精疲労が解消されます。

方法は、まず、目をギュッと閉じてからパッと開きます。次に眼球を上下左右に4~5秒の間隔で動かす。これを15分間ほどくり返すといいです。1日数回おこなうことで効果が高まります。

眼精疲労が溜まり目がムズムズする、違和感があるという場合は眼球を押さえてしまいがちですが、してはいけません。

▼目元のマッサージで血行改善

たるみ解消ツボ押しマッサージ方法

1. 眉毛の真ん中の下にある「魚腰(ぎょよう)」というツボを押します。親指の腹を当てて、気持ち良いと感じられる程度に刺激しましょう。
2. 目尻から約1cm外側のくぼんだ場所にある「瞳子りょう(どうしりょう)」というツボを刺激します。
3. 目の下の骨の上にある「承泣(しょうきゅう)」というツボを押します。

目元はデリケートな部分です。強く押し過ぎたり長時間やり過ぎたりすると、かえって毛細血管や細胞を傷付けてしまいます。優しく行ないましょう。

▼目元の血行を促進する便利グッズ

これはパナソニック製の「目もとエステ」が有名です。2種類の選べる温度によるスチームで目の周辺を暖めると同時に、強弱のリズムのパターンも選べるマッサージが行われることで、目の周辺の血行を良くして目の疲れを取る製品です。
同様のことを蒸しタオルで行っている人もいるかと思いますが、この装置であれば、充電式ですので、職場や移動中でも利用できることが評価されています。あまりの気持ちよさにベットで使うと寝てしまいますよ(笑)

▼頭皮マッサージも有効

目が疲れた時、後頭部の下、首の付け根を押したりすると気持ちいいですよね。よく体は繋がっているといいますが、頭皮も目から近い場所、マッサージするとダイレクトに影響が。例えば、美容院でしっかりシャンプーをしてもらった時に目がぱっちり開いたような感覚になる時はありませんか? それは目の周りの血行がよくなった証拠。目の下は直接マッサージすることは厳禁、なのでぜひ頭皮マッサージを取り入れてみて。お顔のリフトアップという嬉しいW効果が。

▼目のアンチエイジングができる目薬

参天製薬 サンテボーティエ beauty eye


ドラッグストアで、瞳のアンチエイジング目薬を見つけて、リピートしています。

成分はしっかりと瞳を考えられた成分です。

・ターンオーバー(代謝)促進
タウリン1.0%配合

・角膜保護・保湿
コンドロイチン硫酸
エステルナトリウム0.5%

・疲れを癒やす
ビタミンB12
シアノコバラミン0.02%

・充血・炎症をケア
塩酸テトラヒドロゾリン0.05% クロルフェニラミン
マレイン塩酸0.03%

いつまでもクリアな瞳のための目薬で、疲れを癒してくれるスッキリとした指し心地で気持ちよいです。スッキリ感があって、他の目薬では物足りなく感じて、またこのサンテボーティエを選んでしまいます。

注意は、コンタクトレンズをしたままでは使えないことです。

目薬にも、目のアンチエイジングができるアイテムが登場しています。

眼球や顔筋を動かしたり、頭皮や顔のマッサージをしたりしてセルフケアをしっかりと行ないましょう。ちょっとした工夫で眼精疲労が解消でき、目元の若さを保ちやすくなります。

黒クマは加齢が原因~美容整形外科で改善できる~

一度できてしまったクマや進行してしまったクマが、なかなか消えないという人は結構多いです。この場合は、大阪などの美容外科で目元の施術を受けた方が良いです。クマの最終型と言われている黒クマは、自分では改善が出来ないためです。

黒クマはセルフケアでは消せない?!

メイク方法を研究し、かなりの数の化粧品を購入しましたが、私のくまを隠す効果のあるものはひとつもありませんでした。

クマを整形手術で直した人のブログを読みました。

「なぜ手術でクマが治るの?」と不思議でしたが、血行不良や色素沈着による「青グマ・茶グマ」とは全く種類の違う、目の下のふくらみによる影が原因の「黒グマ」があるというのです。

私を悩ませているのも「黒グマ」なのでは?だったら化粧でごまかせないのも納得できる・・・

美容整形外科のウェブサイトからカウンセリング予約をしました。

眼球が収まっている頭蓋骨のくぼみのことを眼窩(がんか)といいます。そして眼球はクッションの役割をする脂肪に包まれています。

この脂肪が眼窩から押し出される形になっていて、その陰がくまを作っていると言われました。

このふくらみは加齢とともに脂肪がずり落ちてくるためどんどん大きくなります。政治家のO沢I郎さんなどが分かりやすい例だそうです。

黒クマはメイクで隠したりスキンケアで改善したりできないので、できるだけ早めに大阪にある美容外科で施術を受けるのがおすすめです。

これが黒クマ!

1つ目は、まぶたのたるみによってできる影で、
黒クマといいます。
まぶたのたるみの原因としては、
加齢による皮膚、筋肉(眼輪筋)のゆるみや、
眼窩隔膜(がんかかくまく)という膜のゆるみによって
目の周りの脂肪(眼窩脂肪)が
前方へ飛び出してしまうことなどが挙げられます。
加齢とは関係なく、もともと眼窩脂肪が多い人や、
特殊な場合には、甲状腺等の病気で、眼窩脂肪が増してもクマが出来る原因になります。

持病や体質的な影響でクマが出てくることもあるので、以前はなかったのにという場合は医師に相談しましょう。

赤クマと黒クマは似ている

▼脂肪のたるみによる赤クマ

o くまが影になって目の下が黒い
o 目の下の皮膚や脂肪がたるんでいる
o 目の下のふくらみ(目袋)が目立つ

▼凹みやくぼみによる黒クマ

o 目の下がくぼんでいる
o 頬がたるみ、目の下が貧相になっている
o 全体的に重たく、老けて見えるようになった

赤クマ・黒クマの施術は同じ

▼目の下の脂肪を取る”経結膜下脱脂法”

目の下のくまやたるみ、ふくらみは加齢ととも目立ってきます。その原因となっているのが眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる、眼球の下の脂肪がはみ出すことで起こる下まぶたのふくらみで、目袋とも言われています。経結膜下脱脂法では、下まぶたのふくらみの原因となる脂肪をまぶたの裏側から取り出すことで、くまやたるみを改善します。皮膚を傷つけることなく簡単に改善でき、術後の腫れも少ないため時間のない方にもおすすめの施術です。

▼目元をふっくらさせる”プレミアムPRP皮膚再生療法”

プレミアムPRP皮膚再生療法は、ご自身の血液(血小板)を利用した”万能注射”。【成長因子】という組織を再生させる成分の働きを利用します。
ヒアルロン酸注入などの、単に異物で埋める治療とは違い、肌の組織そのものを増やし、元気に若返らせることができる安全な治療法です。
目元の老化は、くまやくぼみ、たるみなど複数の原因が重なって引き起こされています。
プレミアムPRP皮膚再生療法は、こうした複合的な原因による目元の老化症状を、たった1回の治療で改善できる、数少ない治療法です※。
※症状の度合いによる

「赤クマ」と「黒クマ」の原因は、共に目元のデコボコです。切らない手術がありますが、美容整形外科のスキルで差が出ることもあります。信頼できる美容整形外科をしっかりと選びましょう。

目の下の赤クマや黒クマの原因となっている凸凹は、切らない手術で治せるので安心です。信頼できる大阪などの美容外科で、自分の納得できる施術方法で目元の印象アップを図りましょう。若者に人気の沖縄などの美容整形外科もおすすめです。

目元だけでなく、ニキビ跡治療なども併せて行なおう

目の下の黒クマやたるみと一緒に改善したいのが、肌質です。ニキビ跡の色素沈着や凸凹がある場合は、目元の施術と併せてニキビ跡治療も受けた方が良いでしょう。肌が滑らかになると、目元同様に大分印象が変わります。

跡が残りやすい?!大人ニキビには要注意

大人ニキビは思春期ニキビに比べ、ニキビ跡として残りやすいです。
なぜかというと、肌の代謝が遅れてしまっているからです。なので、大人ニキビのケアは、ニキビを治すだけではなく、繰り返さないように、肌代謝を上げてニキビ跡を残さないようにしましょう。

実際、20代〜30代の男性でニキビで困っている人は、全体の約50%もいます。また、20代〜30代のニキビケアを怠ってしまった為に、40代〜50代以上では、ニキビが色素沈着し「シミ」になるケースで悩まされてしまいます。20〜30代のうちにしっかりとしたニキビケアを行っておきましょう。女性も同様です。

▼大人ニキビにならないための対策

大人ニキビは、思春期ニキビと違い短期的な改善が困難です。
毎日、洗顔と「保湿」で顔を清潔に保つことが大切です。あとピーリングも効果的です。
「タンパク質」「ビタミン類」を含む食事をする

肌のターンオーバーを促進する栄養は、特に「たんぱく質」が重要です。たんぱく質は、皮膚はもちろん、髪の毛、筋肉、臓器、その他身体のあらゆる部分を構成している成分です。
肉、魚、卵、牛乳、チーズ、納豆、豆腐、大豆製品などです。
また、ビタミン類(ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE)やミネラルを多く摂取しましょう。
人参、カボチャ、きのこ、海藻類、豚肉、ナッツ類、うなぎ、鉱水などです。

肌の状態が悪化する前に、しっかりとセルフケアを行ないましょう。タンパク質やビタミン類を多く含む食事に切り替えるだけでも、簡単に対策できます。

凸凹クレーターニキビ跡

クレーターについては自宅でのケアが難しく、美容整形外科での治療が望ましいです。
美容整形外科では、ケミカルピーリング、レーザー、ヒアルロン酸注入といった方法が取られます。
クレーター型のニキビ跡は、ニキビ跡の中でも治り辛い、重度の状態にあります。
医師の指導の基、正しいケアを行う事をおすすめします。

ニキビ跡のクレーターは専門の施術が必要です。沖縄などの美容整形外科に相談しましょう。

ニキビ跡を消す!~美容整形外科の施術~

▼フラクセル

微細な点状にレーザーを照射し、意図的に皮膚内にダメージを与えることで肌再生を促し凹凸ニキビ跡を改善する治療。3種類の照射方法で凹凸ニキビ跡だけでなく色素沈着やくすみ、毛穴の開きなど肌トラブルを一掃できます。

▼アンコア(ブリッジセラピー)

微細な点状にCO2(炭酸ガス)レーザーを照射し、皮膚自体を蒸散させることで肌再生を促し凹凸ニキビ跡を改善する治療。エネルギーの深達度が高いので 1回の治療効果が高く、少ない治療回数で改善できます。深い凹凸ニキビ跡に効果的です。

▼フォトRF(オーロラ)

色素に反応する光エネルギーとコラーゲン産生を促す高周波を組み合わせた治療。ニキビ跡の赤みや色素沈着だけでなく、シミやくすみも撃退し、肌の内側からハリや弾力をもたらします。ダウンタイムがないので気軽に受けられます。

▼サリチル酸マクロゴールピーリング

肌質改善に優れたサリチル酸ピーリングで、色素沈着やシミの排出を促す治療。角質軟化作用により硬くなった肌をほぐし、溶解作用により過剰な皮脂分泌を抑えます。肌トラブルが起こりやすい方に特におすすめです。

補助治療で施術効果アップ!

▼アクネスカーセラピー

癒着が強い凹凸肌をほぐす『カーボメット』と毛穴収縮効果をもたらす『MAXレーザーピーリング』を組み合わせたフラクセル専用の補助治療。併用することで施術効果を飛躍的に高め、癒着が強いニキビ跡も早期改善へ導きます。

▼エピダーマルマスク

施術後の火照った肌を鎮静させるマスク。配合されているキシリトールが清涼感を与えるとともに、密閉効果により美容成分を肌の深部までしっかり浸透させることで、痛みや熱感をやわらげ肌の負担を軽減させます。

▼イオントフォレーシス

ビタミンCやAPPSなどの有効成分を皮膚の深部まで送り届けるイオン導入。肌に塗布するだけでは深層まで届かない分子の大きい成分も、微弱な電流の力で、しっかり奥まで浸透させ、術後のメラニン生成を抑制するとともに肌の活性化を促します。

▼PRP療法

自身の血液中に含まれる血小板を活用し、皮膚の再生力を高める治療。血小板には損傷部位を修復する作用があり、施術により意図的にダメージが与えたところに注入することで、通常以上に皮膚の修復能力を早めることができます。

ニキビ跡治療には様々な方法が用意されています。肌質とニキビ跡の状態によって最適な方法も変わるので、まずはカウンセリングを受けましょう。

美容整形外科の施術で美しくなった肌

治療前

治療前

治療後

治療後

治療前

治療前

治療後

治療後

沖縄などの美容整形外科で実際にニキビ跡治療を受けた人の肌は、ここまで美しくなっています。諦めずにニキビ跡治療を行ないましょう。

目元と顔全体の肌状態が改善されると、若々しい美しさを取り戻せます。自分の状態を把握して、最適な改善方法を早めに実行しましょう。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

高機能オールインワンゲル「ビバレイン」の特徴・まとめ

肌トラブルと面倒なスキンケアを解決してくれるオールインワンゲルをご存じでしょうか?ニキビに高い効果がある高機…

pkmn0202 / 93 view

小顔トレーニングするなら意識するのはこの筋肉!自宅でできるエクササイズ法も教えます!

小顔矯正や小顔マッサージを受けなくても、自宅で小顔トレーニングをすることは可能です。その際に、筋肉の場所をち…

straycat / 451 view

汚肌→美肌に♡治らない『大人ニキビ』の原因と1日でも早く治す3つの方法

大人ニキビは“吹き出物”とも呼ばれてなかなか治りにくい厄介者!でもたった3つの方法でキレイに治せちゃうんです…

Rinaaa0101 / 526 view

足のむくみの4つの原因と美脚になるむくみの改善方法

仕事の終わりや夕方の足のむくみはなぜ起こるのでしょう。原因と解消法を伝授!

straycat / 194 view

足のむくみがひどい!そんなときはダイエットサプリを飲もう

脚のむくみに悩んでいる女性は多く、1日でサイズが変わる人も珍しくありません。このような時に解消法として役立つ…

CL-taro360 / 217 view

関連するキーワード