Twitter Facebook LINE
46view
お気に入りに追加

ハードディスクの異音に気付いたら早めの対策が大事

ハードディスクには、デスクトップタイプ・ノートパソコンタイプ・外付けタイプといくつかありますが、ハードディスクの異音はどのタイプでも起こります。ハードディスク内で物理的な障害が発生している恐れがあるので、異変があれば、専門業者に相談して原因を突き止めましょう

ハードディスクから異音がする原因

ハードディスクから異音がする場合は、内部で主に次のトラブルが発生している恐れがあります。1つ目は、データ読み書き用の部品が故障していること。そして、2つ目は、ハードディスク以外の部品に異常が起こっていることです。

HDDから異音が出るということはHDDからの立派な警告音。しばらくは大丈夫であろうといった油断は禁物です。異音がしても使えるからとPCの使用を続け、数時間後にはPCが起動しなくなるケースを数多く見てきました。多くの場合物理障害がおきており、物理障害が発生している場合はデータの読み込みが出来なくなってしまいます。障害によってはデータを見られなくなるだけでなくデータ自体が破損してしまいます。

ハードディスクから異音がしたら早めに対処

ハードウェア故障の前兆として発生している可能性がある

いつも通り電源を入れて使用しているのに、「カッタ、カッタ」といった異音が発生することがあります。通常よりもデータの読み書きがうまくできていない場合に起こりやすく、そのまま使い続けるとハードディスクが機能しなくなることもあります。故障の前触れとして発生している可能性が大きいので、異音の発生に気付いたら早めに手を打ちましょう。

大事なデータが消失する前にバックアップ

パソコン上で扱うデータは、ほとんどの人にとって大事なものかと思います。パソコントラブルが発生したらいつもどおりの作業ができなくなるばかりでなく、必要なデータが飛んでしまう恐れがあるので、できるだけこまめにバックアップしておいた方が安心です。特に、異音が発生したときはUSBメモリーや外付けのハードディスクをパソコンに接続して、パソコン上の重要データをコピーしておきましょう。消失したデータは復元が難しいこともあるので、バックアップは早めに行なった方が良いです。

普段使い慣れたパソコンに異常があれば、直ぐに気付くでしょう。しかし、「しばらくすれば直るだろう」と考える人も少なくありません。ハードディスク本体や関連する箇所に不具合が発生している場合は、適切な手を打たない限り改善できないでしょう。異音に気付いた時点で直ぐに対処することが大切です。

ハードディスク以外の故障原因にも注意

パソコンの異音の原因は1つではありません。本当の原因箇所を見落としていれば、適切な対処ができないでしょう。いくつかある異音の主な原因を見ていきましょう。

●CPUのファンの詰まりやケーブルとの接触
●電源ファンとリアファンの接触
●CD/DVDドライブの読み込み音
●グラフィックカードのファンの経年劣化

パソコンは内部にタバコのヤニやホコリが溜まると、熱や湿気が溜まり壊れやすくなります。パソコン内部のクリーニングを定期的に行なうと良いでしょう。パソコンの部品を取り外して行なうため、ドライバーやブラシ、エタノール入りのウエットティッシュなどが必要です。パソコンを解体したり部品を取り外したりすることに不安がある人は、専門業者にお願いしましょう。

★ポイント
壊れやすい部品があるので、壊れていないか確認し、必要であれば交換しましょう。普段からパソコンの周りでタバコを吸わない、こまめに掃除機を掛けるなどの予防策を講じておくことも重要です。

データが破損してしまった場合の対策は?

パソコンの不具合や異音、ハードディスクの故障に気付いたときには、既に大事なデータの一部が消失してしまっている危険性があります。そのようなときはデータの復元を視野に入れながら対処しなければいけません。データの復元はフリーソフトを使って行なうことが可能です。しかし、中には個人で解決が難しいケースもあります。無理をすると、他のデータまで壊す恐れがあるため、より正確に対処できる専門業者に依頼しましょう。

データ復元を行なっている専門業者に依頼するメリット

■難しいデータ復旧も可能にする
■高度な専門知識、ノウハウがある
■スピーディな対応が可能

大事なデータが消失しないように気を付けている人は多いでしょう。しかし、パソコントラブルは、いつ起こるか分かりません。使用環境と使用頻度、メーカーや製品によっても耐久性などが異なるからです。「異音の発生」「データの消失」といったときに直ぐに対応できるように、日本データテクノロジーなどの専門業者の連絡先と営業時間を調べておくと良いでしょう。

大事なデータを守るためにできること

ハードディスクは使い続けていく中で、いずれは必ず壊れます。機械にも個体差があり、運が悪ければ数ヶ月から1~2年で壊れることも珍しくありません。パソコンが動かなくなったりハードディスクのデータが消失したりする前に、バックアップを取っておきましょう。
80パーセントのハードディスクは平均4年持つと言われています。保証期間も2~3年で設定されていることがほとんどです。メーカーや製品によっては、保証期間後も問題なく動作するものがあります。異音やデータ消失などのハードディスクトラブルを事前に回避するためには、故障しにくいメーカーや製品を選ぶことも1つの手です。そして、ハードディスクの使用開始日から寿命時期を予測して把握しておきましょう。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

AppBankにスマホケースのデザインを盗作された東智美さんに批判殺到!「売名目的」…

AppBankからデザインを盗作された東智美さんのTwitterアカウントが大炎上しています。炎上理由!?

*Putyu* / 610 view

iQOS(アイコス)に続く加熱式タバコ「glo(グロー)」が発売も品薄で買えない!先…

アイコスに続き加熱式タバコ「glo(グロー)が仙台先行で販売開始。仙台先行なのに早くも品薄状態に!?

halu218 / 322 view

西本喜美子さんのユーモア溢れるインスタ自撮り写真が話題!“88歳のセルフィーおばあち…

88歳の自撮りおばあちゃん「西本喜美子」さんをご紹介します。ユーモラスな笑劇的な写真は、ツボにはまるはずです…

halu218 / 6121 view

これがiPhoneの未来?この先のiPhoneの進化予想をしてみた

もうこれ以上ないくらいの高性能なiPhoneですが、今後どのように進化していくのか気になりませんか?未来のi…

jagheterkohei / 116 view

プログラム不要でスマホアプリが作れる!? コードがかけなくてもアプリを作れるサービス…

プログラムの知識がなくても誰でも簡単にスマホアプリが作れる便利なサービスをご紹介します。

shimashow / 2566 view