Twitter Facebook LINE
886view
お気に入りに追加

オリックス・中道勝士選手が潰瘍性大腸炎を発症!…どんな病気なの!?

厚生労働省指定の難病

オリックスがドラフト5位で獲得し育成の予定だった中道勝士捕手が厚生労働省指定の難病、潰瘍性大腸炎を発症し入寮見送りになってたことが明らかとなりました。
中道勝士捕手は現在自宅療養中であり、春季キャンプの参加予定も取り消しとなっています。

中道勝士選手プロフィール

打力自慢の左打ち捕手

強豪・智弁学園で高1から活躍

強豪・智弁学園で高1から活躍

中道勝士選手とは、高校野球の強豪・智弁学園で高校1年からベンチ入りしていた期待の野球選手であり、中3の頃にはU15の世界野球大会AA日本代表として、高3の頃にはU18の世界野球大会日本代表選手として活躍していた明治大学卒業の男性です。

身長は173cm、体重は78kg。

ドラフト5位で球団入り予定だった

潰瘍性大腸炎の発症で入寮見送りに

潰瘍性大腸炎の発症で入寮見送りに

昨年12月18日に新入団選手発表会見で意気込みを語り、プロ野球選手としてのスタートを切ろうとしていた中道勝士選手。
1月7日に公表された球団側の発表によると、中道勝士選手はこの会見から3日が経った12月21日に持続的な腹痛や血便などといった症状が現れ、検査の結果26日に潰瘍性大腸炎である事が分かったとのこと。

潰瘍性大腸炎の発病を受け、現在中道勝士選手は予定されていた選手寮入寮が見送りとなっており、2月1日から開始される春季キャンプも参加取り消しになっています。

潰瘍性大腸炎とは

厚生労働省指定の難病

重症化した潰瘍性大腸炎患者の腸内

重症化した潰瘍性大腸炎患者の腸内

潰瘍性大腸炎とは、罹患すると排便回数が増加し血便や持続的な腹痛などが発症する厚生労働省指定の難病であり、長期的な治療が必要となる大腸の病気です。
この病気が重症化すると血便などといった症状の他に発熱や体重減少・貧血などの全身障害が併発し、腸管以外にも皮膚や関節・眼球などに合併症が発生することもありえます。

発症の原因は不明

10万人中100人の病気

10万人中100人の病気

平成25年末の時点で患者数がおよそ16万6000人となっており、毎年広い年代から男女問わず発症している潰瘍性大腸炎。
現在この病気は他の難病と同じように発症原因が分かっておらず、一度罹患してしまうと長期的な療養が必要となってしまいます。

ただし、欧米では潰瘍性大腸炎を発症した患者の親族のうち約20%の人達が同じような炎症性大腸疾患を発症しているため、潰瘍性大腸炎は遺伝する病気ではないかとも考えられているのだそう。

オリックスで潰瘍性大腸炎患者が出たのは2人目

去年の1月に潰瘍性大腸炎を発症した安達了一選手

去年の1月に潰瘍性大腸炎を発症した安達了一選手

0.001%の確率で発症すると言われている潰瘍性大腸炎ですが、実は去年の1月に同じくオリックス所属の安達了一選手もこの病気を発症しています。

幸い安達選手は症状が軽く、発症からおよそ3ヶ月が経過した2016年4月には1軍復帰を果たしました。

潰瘍性大腸炎は治るの!?

潰瘍性大腸炎の治療法は?

薬による対症療法

薬による対症療法

潰瘍性大腸炎と診断された場合、ほとんどの患者はまず薬の処方による内科的治療が行われます。
薬によって大腸粘膜の炎症を抑える方法として2週間ごとの注射や8週間ごとの点滴、毎日の服薬などがあるそうですが、残念ながらこれらの方法では潰瘍性大腸炎を完治させることは出来ないのだそう。

手術による大腸全摘出

手術による大腸全摘出

潰瘍性大腸炎が重症化し日常生活が困難となった場合、唯一の解決策としてとられるのが手術による大腸の全摘出だそうです。

この方法をとった場合確実に症状からは解放され楽にはなりますが、人工肛門が必要になったり小腸で便をためられるようにする回腸嚢が必要になったりとかなり大規模な手術が必要となってしまいます。

再発が多く完治は不可能!?

再燃と寛解を繰り返す患者の腸

再燃と寛解を繰り返す患者の腸

潰瘍性大腸炎は大腸の全摘出でしか病気を完全に消失させる方法が見つかっておらず、完全な治療法が未だに確立されていない病気です。
潰瘍性大腸炎は、症状が出たり消えたりを繰り返す再燃寛解型の患者がほとんどを占めており、1度の発症で症状が無くなる患者はほとんど存在していません。

発病後7~8年で大腸がんが発症することも…

まれにですが、潰瘍性大腸炎を発症した患者さんは寛解していても発症後7~8年後に合併症として大腸がんを引き起こす場合もあるのだそう。

こうなった場合はもう大腸の全摘出でしか対処のしようがありません。

定期的な検診と治療が必要になる病気

治療は長期的な通院で大丈夫?

治療は長期的な通院で大丈夫?

薬による対症療法を選んだ場合も手術による大腸全摘を選んだ場合でも継続的な通院が必要となり、完治が不可能であるため症状が無くなって寛解した後も定期的な内視鏡検査が必要になる潰瘍性大腸炎。

しかし、どちらの場合でも野球生命に重要な妨げにはならず、治療さえきちんと行えば健常者とほとんど変わらない生活が可能だそうです。

安達と同じく復帰なるか?

奇しくも去年安達が発症した時期とほとんど同じ年に潰瘍性大腸炎を発症し、同じく自宅療養となってしまった中道勝士選手。
残念ながら完治しない病気ですのでこれからこの病気と付き合っていく事となるでしょうが、それでもなるだけ早く症状が寛解してくれることを祈るばかりです。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

サブロー引退試合で最長の「サブロー」コールがスタジアムに響き渡った!!号泣の有終の美

千葉ロッテマリーンズのサブローが2016年のシーズンをもって引退します。感動の引退試合、引退セレモニーをまと…

CY1985 / 1611 view

【画像】ウサイン・ボルトが麻薬王の元妻ジョディ・デュアルテと浮気しベッド写真が流出で…

ウサイン・ボルトがリオ五輪中に麻薬王の未亡人と浮気し、ベッド写真が流出し海外で騒ぎになっています。

*Putyu* / 11786 view

球界1の愛され者!新井貴浩選手の真剣なのに思わず笑えてしまう画像まとめ!

いつも真剣!なのに何故か笑えてしまう新井選手の面白い画像を集めてみました!

shimashow / 9430 view

GWなのに「横浜優勝」!?元ネタに込められたベイスターズファンの気持ちが辛すぎる

横浜優勝!年中つぶやかれるこの言葉の元ネタは?ファンに怒られないように気を付けてまとめました。

s-maria / 5738 view

浅田真央の父親・浅田敏治に逮捕歴!?画像に職業は!?母親との出会いはホストクラブでデ…

引退した浅田真央さんを支えた父・浅田敏治さんに女性暴行で病院送りにした逮捕歴が!?職業はNo1ホストで母との…

CY1985 / 1743 view

関連するキーワード

*Putyu*

元栄養系大学生。得意科目はダイエット。
辛いものと猫が大好き