Twitter Facebook LINE
319view
お気に入りに追加

30代になると増えてくる肌の問題~解決するのはターンオーバー~

30代になると、目立つシミに悩む人が多くなります。シミで悩まさないためには、普段のケアがとても重要です。肌のターンオーバーを正常に保てば、シミはもちろん、肌全体のトラブルを改善することができます。

年代別悩みランキング・統計データ

年代別お肌のお悩みランキング(10代)

年代別お肌のお悩みランキング(10代)

肌質の変化によって、ニキビや毛穴の広がりなどが目立つ年代です。これは、安静ホルモンの分泌量と関係しておりスキンケアや食生活、日常のストレスなどが原因にあたります。

10代で最も多い肌の悩みはニキビです。ニキビの発症しやすい年齢は、12~15才、最も悪化するのが17~21才そのうち93%は25才までに治ってきます。
年代別お肌のお悩みランキング(20代)

年代別お肌のお悩みランキング(20代)

10代とは違い。肌の水分量が減ることで起こる感想が肌トラブルを起こします。この乾燥状態により、ニキビが悪化したりしわが出てきたりするので油断できない肌悩みです。

20代での肌の悩みで一番多いのは乾燥です。大学生、社会人となり化粧などを始めて、間違ったスキンケアや食生活や生活習慣の乱れが原因になっています。その他にも、毛穴・ニキビと言った10代のお肌の悩みの上位に入ってたものがランクインしております。
年代別お肌のお悩みランキング(30代)

年代別お肌のお悩みランキング(30代)

紫外線の影響や長年の肌トラブルダメージが出てきやすい30代。特にシミが急にポツポツの出始めるのもこの頃です。また、20代のときに怠っっていたスキンケアが原因でトラブルに繋がることもあります。

30代でのお肌の悩みナンバーワンはシミです。10代では5位、20代では4位と着実にランクアップしてきた物が、30代では堂々の1位です。毛穴や乾燥と言った、目立ちやすいトラブルをより気にするようになります。シミの原因はなんと言っても、紫外線です。ですので30代になる前に20代の頃からケアに心掛けましょう。

このように肌の悩みと一言で言っても、年代によって悩みの内容は変わってきます。30代女性の肌の悩みは1位が、シミとなっています。シミができる原因は紫外線です。10代や20代では気にならなかったシミも、長い間紫外線を浴び続けることによって、お肌の曲がり角を感じてきた30代に、目立つシミとして出てきてしまうのです。ですから、30代でシミに悩みたくないなら、20代の時から対策をしておくことが大切です。

ターンオーバーの正常化が肌トラブル解決への重要要素

肌の新陳代謝、肌の生まれ変わりをターンオーバーといいます。皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り、さらに表皮は一番内側から「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」と4層構造になっています。
基底層で生まれた細胞は形を変えながら表面に押し上げられていき、無核となり死んだ状態で角化細胞となりますが、この細胞は新しい細胞に押し上げられるようにして表面まで上がり、最後はアカとなって自然にはがれ落ちる構造となっています。このサイクルがターンオーバーです。

綺麗な肌を維持するためには、正常なターンオーバーを維持することが大切です。標準的なターンオーバーのサイクルは、28日程度です。しかし年齢を重ねると、代謝機能が衰えてしまうため、そのサイクルが長くなってしまいます。個人差はありますが、30代では45日間、40代では60日間、と長くなるのです。

ターンオーバーが崩れることで起こる問題

自然とはがれ落ちるはずだった老廃物=垢が肌の表面に付着しつづけることになります。生命力のない細胞が肌の表面を覆い隠し、角質層が厚くなります。毛穴がふさがれてしまい、古い角質や皮脂が外に出ることができず詰まってしまうのです。

シミやシワ、くすみなどが目立つ原因でもあります。この期間が長くなるほど、たるみやゴワつきが発生し、肌が硬化して乾燥しやすくなります。

ターンオーバーの正常なサイクルをキープできていれば、常に強い角質で肌を守ることができるので、トラブル知らずに肌になれます。しかしターンオーバーが遅くなってしまうと、古い角質や皮脂を上手く排出できないため、シミやシワなどが目立ってしまうのです。さらに、たるみまで発生して、乾燥もしやすくなっています。肌のターンオーバーが遅くなるだけで、肌全体に問題を抱えてしまうのです。

ターンオーバーは、早ければ良いというわけではありません。ターンオーバーが早くても、肌のバリア機能は弱くなってしまいます。ですから正常なサイクルを維持することが重要です。

目の下のくまもたるみも解消!女性の肌の悩みを解決する整形の力 

肌トラブルを起こさないようにするための基本は、スキンケアです。しかし目の下のくまやたるみをスキンケアで改善するのは難しいです。目立つ肌トラブルや、すぐに解消したい悩みがあるなら、美容整形外科を利用しましょう。

複合した肌トラブル解消を美容外科で行なうなら?

美容外科を利用すれば、ケミカルピーリングやイントラセルなどの施術を受けることができます。これらの施術は、ターンオーバーを正常化する効果や、複合した肌トラブルを解消する効果があります。

■ケミカルピーリング
ケミカルピーリングとは、皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布して、古くなった角質や毛穴に詰まっている角栓老廃物などを溶かして除去する治療法です。余分な角質を取り去ることで皮膚の新陳代謝を高め、肌の再生を促すので、ニキビ治療に限らず、シミやシワ、たるみなど、あらゆる肌トラブルを改善する治療法・美容法として人気があります。
■イントラセル
イントラセルは、真皮層にのみ熱刺激を加えることで、ハリや弾力のもととなるコラーゲンやエラスチンを増やし、毛穴や肌質を改善するマシンです。
49本の超極細針を皮膚に挿入し、針先にのみRF(ラジオ波)を照射。皮膚表面のダメージは抑えつつ、症状の原因がある真皮層へとダイレクトに熱刺激を与えます。パワーや挿入の深さも選択できるため、症状に合わせた治療が可能です。

肌のターンオーバーのサイクルが遅くなっていると感じるなら、美容外科でケミカルピーリングやイントラセルを受けたほうが良いでしょう。ケミカルピーリングに使用する酸は、グリコール酸やクエン酸、乳酸など色々あります。専門医が、皮膚や肌質の状態に合った薬剤を選んでくれるので安心です。
ケミカルピーリングやイントラセルなら、スキンケアでは改善しにくいニキビ跡も治すことが可能です。

時間をかけられない目立つ部分は個別の美容整形で対応

目の下のくまや目の下のたるみ、ほうれい線などは、美容整形で消したほうが良いです。くまやたるみ、ほうれい線があると、見た目は一気に老けてしまいます。すぐに若返りたいなら、美容整形を行ないましょう。

脱脂術でくまを消す

30代後半にもなると、目の下に存在する眼窩(がんか)脂肪が垂れ下がり、目の下にたるみを形成してしまいます。するとその影になった部分がクマとなり、目元が非常に疲れた印象になり、グッと老けて見えてしまうのです。
その眼窩脂肪自体を除去することで、目の下のたるみとクマを解消する手術法を「脱脂術」といい、目の下のクマの手術法の中では唯一の根治治療だといえます。
小さい時からずっと目の下に涙袋ではないふくらみがありそれがたるみのように見えクマにも見え悩んできました。ヒアルロン酸を周囲に打ち高さを出してごまかしたりしてましたが満足できず、思いきって脱脂をしました。結果、大変満足しております。目の下がフラットになりたるみがなくなり若々しい目もとになりました。30年以上悩みに悩んできたのでこんなすぐ解消できたならもっと早くやっとけば良かったです。2年前の施術ですが変わることなく綺麗な状態を維持してます。

目元専用の機器でたるみ除去

目の下のたるみ手術には、多くの場合「脱脂術」が適用されます。この方法が一番確実で、半永久的に効果が持続するからです。
しかし、症状の軽いたるみの場合、引き締めやリフトアップの効果を得られる治療をすることもあります。


「サーマクールアイズ」「アイズバイサメイジ」など、目元専用の機器を取り入れているクリニックもあります。
40歳を機に、アンチエイジングに目覚めました。やはり目力が大事と思い、まずはたるみ解消にサーマクールアイを受けました。たるみが全くなくなるわけではありませんが、かなり良くなったと思います。ほどほどくらいがちょうどいいのかな。

印象が大きく変わる二重手術とほうれい線

■二重整形
二重まぶたの整形の1つめは埋没法、2つめは切開法です。
埋没法とは、まぶたに小さな穴をあけ、数本の糸を埋め込むことで二重の癖をつけようとする整形です。
切開法とは、まぶたを切開し、余分な皮膚を取り除くことで二重のラインを作り出す方法です。整形と同時にまぶたの脂肪を取ってくれる病院もあり、また切開する場所よっても二重のデザインを変えることができます。
■ほうれい線
ほうれい線は一度出来てしまうと消えづらいため、早めにケアをするのがおすすめ。
プチ整形にはさまざまな方法がありますが、ヒアルロン酸注入によっても目立たなくすることが可能です。
メスを入れずに手軽にほうれい線をケアできるのは、大きなメリットと言えます。

美容整形外科では、さまざまな美容整形を受けることができます。ヒアルロン酸やボトックスを注入する注入系の治療もあれば、専門機器を使ったマシン系の治療もあります。治療法によって、費用や効果も異なるので、自分に合った方法を選ぶことができます。スキンケアだけでは効果を感じられないという方は、美容整形外科に行き、医師に相談してみると良いでしょう。多くの人が美容整形で、肌の悩みを解消しています。

すぐ始められる肌ケア~美容グッズと食事でターンオーバーを促進~

早めに対策をすれば、目の下のたるみやくまは、改善することが可能です。アイクリームやイオン導入器などのグッズを活用するのも良いですし、肌のターンオーバーを助けてくれる栄養素を摂取するのも効果的です。

悪目立ちする目の下のたるみを徹底ケア

■アイクリームで直接アプローチ
アイクリームはその名のとおり、目元専用のクリームの事。
目元のトラブルである、たるみや小じわに効果的な成分が配合されているものが多いので、悩みに直接アプローチできるアイテムなんです。
■イオン導入器で美肌成分の浸透効果アップ
イオン導入器とは、肌に微量の電気を流して、肌の深いところまで美肌成分を浸透させる機器のことです。
肌の弾力を保つ成分「コラーゲン」は表皮の奥にあるので、イオン導入器を使って肌の奥まで美容成分を浸透させてあげることで、たるみの改善に効果があります。
イオン導入器を使うと、普通に手で化粧水をつけるよりもその浸透効果は10倍以上と言われています。

目の下のたるみは、なかなか解消できない厄介なものです。ただ、早めにアイクリームやイオン導入器などを使用して、徹底的にケアをすれば解消することも不可能ではありません。重度のたるみなってくると、自力で改善するのは難しくなるので、少し気になった段階でケアをするようにしたほうが良いでしょう。
もちろん、目元をパッチリにするなら二重手術を受けるのが一番手っ取り早いです。ですから、自分でできるケアとプロの腕を借りた美容整形を利用するかを切り分けておくといいでしょう。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

舌回しを2か月続けた結果!シワやたるみの解消が解消され美容効果がスゴイ!

舌回しという美容法をご存知でしょうか?簡単な舌の運動で、たるみやシワ、顎や頬の引き締めなど美容効果がすごいの…

Rinaaa0101 / 5045 view

ホットヨーグルトダイエットで痩せた人はいる!?効果ややり方は!?朝と夜どっちが痩せる…

ホットヨーグルトダイエットって本当に痩せるの!?朝と夜、どちらと置き換えるほうが効果が高いの!?

CY1985 / 658 view

激ヤバ肌修復、ボラギノールの代用の最終兵器!?化粧品と医薬品「軟膏」「クリーム」「ロ…

痔の薬、ボラギノールを顔に付けるとニキビや湿疹が速攻で治るといいますが、化粧品にも同成分が含まれています

s-maria / 7530 view

1日10分で腹筋が割れる『腹筋女子』の鍛え方・トレーニング方法!週何回やれば腹筋バキ…

1日10分のトレーニングを1週間続けるだけで腹筋が割れる鍛え方を紹介します。

*Putyu* / 854 view

猫背のままだと危険!?ストレッチで姿勢を正しく矯正し猫背を治す方法

猫背のままだと体に様々な悪影響も…ストレッチで正しく猫背を矯正して治す方法を伝授!

straycat / 1854 view