Twitter Facebook LINE
140view
お気に入りに追加

アトピー肌は要注意!ダニによって症状が悪化する恐れあり

アレルギーというと食べ物を思い浮かべやすいですが、アトピーの原因となるアレルギーで多いのはハウスダストやダニ、カビです。家の中のホコリ(ハウスダスト)には、ダニがいっぱい潜んでいるので、かゆみの原因として高い割合をしめています。

肌や粘膜に炎症を引き起こす物質は、数多くあります。特に気を付けたいのがダニとカビです。ダニとカビは、人間やペットの肌に寄生する恐れがあるからです。アトピーは肌のバリア機能が低下しています。寄生や感染のリスクが高いので、注意しましょう。

ダニが原因となる主な病気

ダニが原因となる主な病気

ダニが原因で重いアトビーを患っている人は少なくありません。原因のおよそ9割がダニによるものです。本来、ダニは冬場に減少するのですが、温暖化と高機能住宅がそれを防いでいます。ダニは小さいため、掃除をする際は念入りに行ないましょう。

ダニによってアトピーが悪化する理由

アトピー性皮膚炎にもダニの関与が指摘されています。アトピー性皮膚炎患者がアレルゲン検査を受けると、ダニに対する特異的IgEの数値が高く出るケースが多いので、ダニが原因ではないかと疑われるのです。
人には、体内に入った異物(抗原、アレルゲン)を除去しようとする
免疫機能が備わっているのですが、
これが過剰に働き過ぎると炎症やかゆみなどの症状が強く出て
結果的に自分自身を苦しめることになる
チリダニの死骸や糞に含まれるシステインプロテアーゼという酵素がアレルギー反応を引き起こしています。

アトピー肌の対策では、原因の一つに考えられるダニ自体を退治することだけでなく、その死骸や糞にも気を付けなければいけません。こまめに掃除を行ない、アレルゲンのない清潔な環境を維持することが大切です。湿気が溜まるとカビも発生しやすくなるため、除湿機を掛けたり換気を心掛けましょう。

アトピー肌におすすめのダニ対策

家の中に潜むダニやその死骸、糞などは、掃除の仕方を工夫することで効果的に除去できます。押さえておきたいダニ対策のポイントを紹介します。

シーツ、枕、ふとんカバーのメンテナンス

まず取り入れたいのが、週に一度の掃除機がけ。布団の表と裏にゆっくりと掃除機をかけることでダニの死がいやフンが吸い込まれ、アレルギーの原因を減らすことができます。また、シーツや布団カバーにもダニはいますので、こまめに洗濯するとよいでしょう。さらに、長い間押し入れ等にしまっていた布団には多くのダニが存在します。掃除や洗濯で清潔にした上で、使用するのがおすすめです。

最近は、ダニ対策用の寝具が販売されています。丸洗いできる布団や、ダニの付きにくい布団カバーなどです。繊維の奥に留まってしまう死骸や糞を洗濯時に落としやすくする繊維も開発されています。ダニ対策ができるアイテムを選べば安心です。

こまめに換気を行ない湿度を上げない

湿度が高い環境は、ダニが繁殖しやすくなります。カビも発生しやすくなるため、湿気がこもりやすい部屋や梅雨の時期には、除湿器を設置してダニとカビが発生しないように注意しましょう。

アトピーは肌の水分量が少なくて肌バリアが壊れやすいことから、刺激にとても敏感です。冬場に症状が酷くなるので、加湿器を常に掛けている人も少なくないでしょう。しかし、湿度が常に高い状態だと、ダニやカビが増えてしまいます。その日の肌と相談しながら、加湿器を掛けるか決めましょう。

拭き掃除も忘れずに

掃除機は目に見えるゴミやホコリをきれいにしますが、アトピーの原因物質を完全に取り除くことは無理です。ふき掃除が基本です。

ホコリが溜まるとダニの巣になりやすいです。適度に湿気を含み、冬でも暖かいからです。掃除をする際は、ホコリの溜まりやすい部屋の角やクローゼットの下部、窓際を中心に行ないましょう。そして、細かなアレルゲンを取り除くためには、固く絞った布巾や雑巾でこまめに拭き掃除をすることが大事です。

環境改善だけじゃない!毎日の食事で体質改善

ダニやカビの発生を抑えて環境を整えても、本人の免疫力が低ければアトビーの改善は難しいです。免疫力を高めるための工夫も同時に行なっていきましょう。

アトピーは免疫が低いために発症すると言われています。体内機能の異常を知らせるサインとして、かゆみや湿疹となって皮膚に反応してしまうんです。
免疫力低下を引き起こす原因を取り除き、免疫力を高める対策を行っていくことが治療の第一歩となります。

免疫力を高めるには、必要な栄養素の摂取と生活習慣の改善が大切です。食事療法は免疫力アップの基本になります。どのような食材と調理方法が適しているのか考えて、日々実践していきましょう。

食事で免疫力アップできる最強の食品

にんにく

にんにくは、アリインというたんばく質が多く含まれていて、アリインが酸素に触れると、アリシンに変化します。アリシンは細胞内に浸透しやすく、酸素と結びつきやすい性質で、細胞膜や遺伝子の代わりに活性酸素に利用されて体外に排出してくれるのです。にんにくには、こうした抗酸化作用でがん予防や免疫強化作用に優れているので、1日1~2かけほどの適量を取ることをオススメします。

すりおろしたにんにくを味噌汁に入れると美味しく食べられます。体もポカポカと温まるため、免疫力がアップします。生にんにくは香りが強いので、抵抗のある人は発酵させて食べると良いでしょう。発酵にんにくは生にんにくを醤油に漬けて作ります。刻んでご飯に乗せたりサラダに使ったりしても美味しいでしょう。

ショウガ

“ジンゲロール”というショウガの辛み成分には、免疫力を上げることが期待されます。
ジンゲロールは加熱すると“ショウガオール”という成分に変化します。
ショウガオールに変化すると免疫力をアップする働きは薄くなりますが、血行をよくし・体温を上げることが期待されます。

併せて摂取すると良いとされているのがオリゴ糖です。オリゴ糖は砂糖よりも低カロリーなどので、カロリーの摂り過ぎを抑えられて、体調管理もしやすくなります。すりおろしたショウガとオリゴ糖でシロップを作りヨーグルトやフルーツに掛けても良いでしょう。ヨーグルトやフルーツには、腸内環境を整えてくれる乳酸菌や酵素が豊富に含まれています。

長芋

長芋のネバネバに含まれる「ムチン」は、細胞を構成する栄養素・たんぱく質の分解を促進します。「ムチン」を積極的に摂ることによって新陳代謝が高まることによって免疫力アップするのです。

長芋に含まれている抗酸化成分「ムチン」は、火を通したりすりおろしたりすると効果が半減します。おすすめは、生の千切りです。ミネラルを多く含む刻み海苔を掛けて食べると、代謝を上げてくれます。また、わさびとショウガには殺菌効果があるので、醤油に混ぜて山芋に掛けると更に良いでしょう。

手軽で簡単!栄養サプリメントで体質改善を目指そう

日常生活で取り入れられているサプリメントでも、アトピー対策を実施することが可能です。実際に、アトピーに悩んでいる多くの人が、サプリメントを取り入れています。

多くの人が愛用しているサプリメント

アトピーは、原因と症状の現れ方に個人差があります。そのため、自分でできる工夫として食事以外に、自分に合ったサプリメント選びが挙げられます。サブリメントを上手に選んで、栄養管理をしている人は多いです。

サプリメントで摂取するならこの栄養成分がおすすめ!

ビオチン
代謝をUPさせ、皮膚炎を治す
セラミド
乾燥した肌に、刺激の少ない保湿剤
亜鉛
有害成分の吸収を妨げ、かゆみを抑制
プラセンタ
ステロイドで破壊された皮膚の再生を助ける
ルイボス
活性酸素を分解して解毒
DHA・EPA
アレルギーを起こす物質の生成を抑制

食品の栄養素を補ったり、一日の摂取目安を満たしたりするためにサプリメントを用いることは有効です。また、活動の仕方や体質によっても、体内から失われやすい栄養素は異なります。アトピー体質を改善するために、自分の体が今必要としている栄養素を意識することはとても大事です。

特におすすめしたいのは「乳酸菌」と「γリノレン酸」

アレルギーに作用してくれる「乳酸菌」

アトピー性皮膚炎患者は、腸壁のバリア機能がもろくなっている特徴が見られ、その部分からアレルゲンが侵入しやすくなります。乳酸菌やビフィズス菌には腸内環境を整えて、腸壁を修復する働きがあり、アレルゲンの侵入を抑えます。

「IgE抗体」の働きを抑えたり、「Th1細胞」と「Th2細胞」のバランスを整えたりする働きもあり、これによってアレルギーの発症を抑える効果も期待できます。

乳酸菌を多く含む「乳製品」の摂取目安は、メーカーによっても推奨量が異なります。 乳酸菌配合のサプリメントや医薬品の場合は、吸収率に工夫を施しているため、少量でも効果を実感できるでしょう。食品として摂取する場合は、主食に納豆や漬物、味噌汁などを選び、デザートとしてフルーツ入りのヨーグルを摂ると効果的です。

人間の体に必要不可欠な脂質「γリノレン酸」

炎症を抑える働きをする抗炎症物質であるプロスタグランジン1(PGE1)という物質があります。γリノレン酸はPGE1の前駆物質であり、十分な量を摂取することで体内でPGE1に変換され炎症による湿疹やかゆみ、紅斑といった症状を軽減する効果が期待できるでしょう。

アトピーの人の血中に含まれるγリノレン酸は、健常者のおよそ50パーセントという実験結果が出ています。γリノレン酸はプロスタグランジン1の働きにより、血糖値やコレステロールの上昇を防ぐことも知られています。血液や体液が綺麗になると、免疫力や肌再生力も高まるでしょう。γリノレン酸は通常の食事で摂取できる他、体内でも生合成されるため特に不足することはありません。暴飲暴食をしなければ大丈夫です。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

ダイエットが長続きしない方へ!成功者続出のダイエットが話題☆

一重の女性なら、恐らくほとんどの方が憧れる「パッチリ二重」。実は、お金や道具をかけずに二重になれる方法がある…

kinako / 779 view

朝スムージーで痩せない人必見!効果を倍増する飲み方

数年前に爆発的に流行りはじめ、今ではコンビニのプライベートブランドにまで進出しているスムージー。 現在も健康…

ttY113 / 993 view

寝ているだけで痩せる!?オーバーナイトダイエットが痩せる理由とスムージーレシピ

痩せたいけれど、キツイ運動や、辛い食事制限はしたくない! そんな人は、寝ているだけで痩せるオーバーナイトダイ…

piko / 1310 view

美容師もおススメの発毛・育毛剤「デンサーヘア」の効果がスゴイと話題。3ヵ月で1500…

美容師から評判の高い育毛剤「デンサーヘア」を紹介します。美しい髪作り始めませんか?

halu218 / 2281 view

ヒルドイドで顔の痣(あざ)は消える?!体験談からみる上手な消し方は?

肌トラブルの救世主ヒルドイド。痣も消すのでしょうか?消える痣と消えない痣の違いとは?

s-maria / 7983 view