Twitter Facebook LINE
262view
お気に入りに追加

ロシアで、入浴剤を酒代わりに飲んで48人死亡!?

何故…入浴剤を酒代わりに飲んだのか…

入浴剤を酒代わりに飲んで48人死亡し、その入浴剤を製造販売していた業者が5人逮捕されたという衝撃のニュースが、NHKやその他ニュースサイトで報じられ話題となりました。
まず入浴剤を酒代わりに飲むのが驚きですし、何故入浴剤を作っていた人が逮捕されてしまうのかわかりませんね。

ロシアの東シベリアで、ウォッカなどの酒の代わりとして、アルコールが入った入浴剤を飲んで、これまでに48人が死亡しました。
ロシア・東シベリアの主要都市イルクーツクでは、今月16日ごろから、35歳から50歳の男女がおう吐などの体調不良を訴え、病院に相次いで運ばれました。
地元の捜査当局などによりますと、20日までに57人がメチルアルコールが原因と見られる中毒症状を起こし、このうち48人が死亡しました。

何故、酒の代わりに入浴剤を飲んでしまったのか!?

ロシア人と言えばウォッカのイメージがありますが、どうやら誰もがウォッカを飲めるわけではないようです。

ウォッカ500mlの値段は約360円ほどなのですが、低所得者には手が届かないそうで、彼らはその半分以下の値段の入浴剤をお酒の代わりに買ってよく飲んでいるそうです。

また、ロシアでは夜中にお酒を販売することが禁止されているそうなので、夜中にアルコールを切らしてしまった人たちが、夜遅くまで空いている薬局で、入浴剤を酒代わりに買うという事もよくあるそうです。

以前はそれでも大丈夫だったそうなのですが、最近では質の悪い入浴剤が出回り、今回のような死亡者が出る事件になってしまったそうです。
質の悪い入浴剤という言い回しもなんだかおかしく感じますね。
しかし、それほどまでにロシア人はお酒に飢えているのでしょう。

質の悪い入浴剤って!?どうして飲むと死ぬの!?

そもそも普通の人でしたら、なんとなくまずい気がして入浴剤など飲もうと思わないのですが、今後どうしても入浴剤を飲まなければならない事態に陥った場合に備えて、飲める入浴剤と飲めない入浴剤の違いを説明しようと思います。

ロシアの入浴剤にはアルコールが入っているのですが、飲める入浴剤と飲めない入浴剤の違いはそのアルコールにあります。
安価な質の悪い入浴剤だとそのアルコールに工業アルコールが使われているそうです。

工業アルコールとは、メチルアルコールやメタノールのことで、これを飲んでしまうと、失明したり、最悪の場合死に到ります。
発展途上国や、昔の人でしたら、こういったものをわからずに飲んで、死んでしまう方がたくさんいたそうですが、現代の先進国ではほとんど聞かない事例です。

ロシアほどの超大国でこのような事件が起きるとは驚きですね。ただ、アフリカなどではいまだにこういったものを酒として売っているところもあるので、発展途上国に旅行に行く際は気を付けたほうがいいでしょう。また、お酒がないからと言って、絶対に日本で入浴剤を飲もうとしたりしないでくださいね。

他にもこんなものを…

他にも化粧品や殺虫剤などいろいろなものを飲んでいるよですね。実際にこういったものを飲む人は稀だと思いますが、やはり貧困層や、極度のアルコール依存症の方はこいったものにまで手を出してしまうのでしょうか。
ちなみにどうやら偽アルコールの一番人気は化粧品のようです。

他にもあった、おそロシアなお酒事情

他にも、ロシアでは私たち日本人にはにわかに信じられないような、お酒事情がたくさんあります。

とにかくウォッカが好きすぎる

Twitterを少し検索しただけでこれだけのロシア人ウォッカエピソードが出てきました。ロシア人のビールの飲み方なんてもはやビールの飲み方ではなくウォッカの飲み方ですね。

ビールは清涼飲料水

実は数年前までロシアではビールは清涼飲料水でした。ロシア人にとってビールなどアルコール度数の低い飲み物は、ポカリスエットなどと同じ扱いだったのです。

2011年ごろまでアルコール度数10%未満の酒はロシアの法律ではアルコールと認められていませんでした。しかし、相次ぐアルコールによる事件や事故の発生により、アルコール度数10%未満の飲料も酒類に分類されることになったのです。

ということは数年前までは、子供でもビールを普通に飲めたという事ですよね。さすが、ロシアですね。やはり極寒なので飲まないとやってられないのでしょうか?

ロシア人の死因の3割がアルコール

WHOの調べによるとロシア人の志望理由のうち30%がアルコールを起因とするものだそうです。

アルコールが原因で病気を患う人や急性アルコール中毒で亡くなる方はもちろん、極寒の中酔いつぶれて眠ってしまいそのまま凍死するという方も少なくないようです。

また、オックスフォード大学の調査では55歳未満で亡くなる人のうち25%がウォッカが原因だと判明したそうです。

今後お酒の規制を強めないとこの実情は変わりそうにないですね。ただ、お酒の代わりに入浴剤を飲んでしまうくらいですから、規制がかかったとしても、どうなるかはわからないところです。

アルコール依存症の未成年者が多い

先述した通り、ロシアではビールが清涼飲料水扱いだったので未成年のアルコール依存者が多かったようです。今では、若者へのアルコールの販売が厳しくなったり、アルコール自体の規制も強くなってきたので、だいぶ改善されたそうです。

しかし、ロシアではさらなる改善を目指して、飲酒不可能な年齢制限を18歳未満から21歳未満に引き上げる予定だそうです。これで少しでも改善したらいいですね。

ちなみに私は学生時代フランスに留学していて、その時ロシア人の友人が出来ました。

そのロシア人とレストランに行ったのですが、そこで彼にお酒を勧めると「私は、今禁酒中だから良しとくよ。若いころ飲みすぎてアル中気味になったことがあるんだよね。」と断られました。

その時は、なんとも思わなかったのですが、あとになって考えると、彼は当時まだ19歳でした。19歳で、そんな言葉が出るなんてさすがロシア人ですね。

まとめ

やはり、極寒の国のロシア人にとってはお酒は生活にかかせない飲み物です。しかし、それで体をおかしくしてしまっては本末転倒ですからね。
ほどよいレベルでお酒が飲めるようになってほしいですね。
こんごこのようなニュースを聞くことが無くなると良いですね。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

【明治神宮火災】東京デザインウィークで展示物が燃え5歳男児が死亡…製作した日本工業大…

11月6日明治神宮で火災発生!東京デザインウィークの展示物が燃えて5歳の男の子が死亡する事故に…製作した日本…

*Putyu* / 7216 view

【大阪】JR天王寺駅でバットで女児と母親を殴りつけた通り魔犯人の名前と顔写真は?現場…

JR天王寺駅でバットを持った男が女児と母親を殴りつけ怪我をさせる通り魔事件がありました。犯人の顔写真と実名は…

*Putyu* / 2355 view

オウム真理教の再来!?アレフが『真理カルタ』で子供を洗脳!?麻原が死刑執行されない理…

オウム真理教は崩壊していなかった!?宗教団体アレフの新たな洗脳が噂されています。真理カルタとは!?

sasazuka / 219 view

【明治神宮火災】東京デザインウィークでジャングルジムを作成した日本工業大学生の実名と…

東京デザインウィークで火災事故を起こしたジャングルジムの製作者たちの顔と名前がネット上に拡散されています。

*Putyu* / 21841 view

慶応生が2次会の誘いを断った女子学生を駅のホームから突き落とし殺人未遂で逮捕!犯人の…

慶応男子学生の小沢友喜容疑者(22)が2次会の誘いを断った女子学生を駅のホームから線路に突き落とし警察に逮捕…

*Putyu* / 1084 view

関連するキーワード