Twitter Facebook LINE
1180view
お気に入りに追加

木星の月『エウロパ』で巨大な水蒸気を観測!

木星の衛星である『エウロパ』にて水蒸気が観測され、地球外生命体が存在する可能性がNASAから発表されました。
この観測結果を得たNASAは、2020年にイカ型の調査ロボット『robosquid』をエウロパに派遣する事を決定しているようです。

木星の月『エウロパ』ってどんな星?

ガリレオに発見された木星の第2衛星

地球からおよそ6億㎞の場所にある星

地球からおよそ6億㎞の場所にある星

エウロパは地球の周りを回る月のように木星の周りを回っている木星の衛星です。
最初の発見者はあの有名なガリレオ・ガリレイであり、その名前を取ってガリレオ衛星とも呼ばれています。
大きさは約3121.6㎞と地球の4分の1ほどの大きさですが、望遠鏡で確認できるほど星が明るく4つある木星衛星の第2衛星としてその存在が周知されていました。

望遠鏡でも確認できる!

望遠鏡で見た木星とエウロパ

望遠鏡で見た木星とエウロパ

これが望遠鏡で見た時のエウロパ。

木星の明るさがあるので肉眼では見ることが出来ませんが、5~6等星の明るさを持つ星なので望遠鏡を使えばこのように直接見ることが可能です。

厚さ3㎞の氷で覆われた極寒の星

氷の裂け目で独特な模様が作られる

氷の裂け目で独特な模様が作られる

エウロパは星の表面が氷で覆われた極寒の惑星であり、星の表面は厚さ3㎞もの分厚い氷で覆われています。
星の表面が氷なのでクレーターは存在せず、氷同士が裂けたり固まりなおしたりを繰り返したことで出来た独特な線状地形や白斑で星に模様が出来ています。

氷で覆われたこの星の温度はマイナス170℃であり、微生物すら繁殖できない気温の低さであることからこれまでこの星に生物はいないと考えられてきていました。

エウロパの地下には海がある!?

NASAがエウロパから水蒸気が上がったと発表

宇宙望遠鏡で水蒸気を観測

宇宙望遠鏡で水蒸気を観測

これまでただの氷の星として認識されていたエウロパですが、宇宙望遠鏡のハッブル望遠鏡でNASAが星の表面を観察したところ、表面に開いている穴らしき場所から最高地上200㎞の高さにもなる水蒸気が噴出している事が分かりました。

まだ水蒸気の正体は分かっていませんが、この水蒸気が宇宙空間にまで立ちのぼっていた場合水煙に探査機を送り込む事が出来れば液体の正体が判明すると言われています。

ちなみに宇宙望遠鏡ハッブルとは地球の地上約600㎞の軌道上に打ち上げられている超巨大な望遠鏡であり、大気や天気による影響を受けずに高い精度で天体観測ができる望遠鏡です。

氷の下には海がある?

水蒸気は間欠泉だった!?

水蒸気は間欠泉だった!?

NASAが過去1年3ヶ月の間に撮影した10枚の写真中3枚で星の表面から水煙が上がっている事が確認されています。
この事からエウロパの氷の層の下は巨大な海が眠っており、間欠泉のようにして星の表面から水煙が噴き出ているのではと考えられました。

もしもエウロパの内部が推測通り液体であった場合そこには生命体が誕生している確率が非常に高く、地球外生命体が発見される事になるかもしれません。

地球外生命体の可能性は!?

エウロパは南極に近い環境!?

酷似した環境といわれる南極のボストーク湖

酷似した環境といわれる南極のボストーク湖

氷で覆われたエウロパは気温こそ低すぎるものの南極大陸のボストーク湖に似た環境である事が推測されており、地球の深海に生息する生命体によく似た生物がいるのではないかと言われています。

ボストーク湖にはエウロパのように厚さ4㎞もの氷で覆われた極寒の湖ですが、4㎞下の氷底湖からは3507種類ものバクテリアや様々な単細胞・多細胞生物が発見されました。
この事からもエウロパに新種の生命体が潜んでいる可能性は非常に高く、地球外生命体の発見に期待が高まっています。

太陽光がなくても生物は誕生できる!

太陽エネルギーなしで繁殖する生物

太陽エネルギーなしで繁殖する生物

ジャイアントチューブワーム

1970年代までは太陽からの熱がなければ生物は誕生できないと言われ、厚い氷などで覆われた海中や太陽の光が一切届かない深海には生命体がいないとされてきました。

しかし1977年にガラパゴス海嶺の深海からジャイアントチューブワームや貝類、甲殻類などといった様々な生物が発見され、太陽からの熱エネルギー無しでも生物が繁殖できる事が明らかになりました。

エネルギー源は『ブラックスモーカー』?

星内部の化学合成で熱エネルギーを放出!

星内部の化学合成で熱エネルギーを放出!

熱水噴出孔

深海には“ブラックスモーカー”と呼ばれる熱水噴出孔がいくつも発見されており、ジャイアントチューブワームなどの多細胞生物はこのブラックスモーカーの周りに群生して地上とは全く違う生態系を確立していたんだとか…。

この熱噴出孔の熱は星の内部から噴出する水素や硫化水素が化学反応を起こして発生したものであり、太陽エネルギーに依存しない新たなエネルギー源だとして注目を集めているようです。

もしもエウロパに地球外生命体が存在していた場合、このブラックスモーカーに似た生態系の基盤がある可能性も示唆されています。

NASAが2020年からイカ型ロボットの派遣を発表!

2018年に宇宙望遠鏡で水蒸気の活動を観察

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

エウロパに生命が存在する可能性が示されたNASAは、まず2018年にジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の赤外線カメラによる水煙の活動観察を行うことを決定しました。

この結果を見てから次の段階に移行するようですが…。

2020年に海水や水蒸気の成分を分析か?

地球から送られるイカ型ロボット『robosquid』

地球から送られるイカ型ロボット『robosquid』

水煙の活動を観測した後はイカ型の調査ロボット『robosquid』を実際にエウロパへ派遣し、水蒸気の成分を直接分析し海中の調査も行うと言われています。

海中の調査が行われた際には生命体の捜索や水温の測定も行われる事になるでしょうが…南極の水温は0℃~-2℃ほどであり、その範囲以上であった場合ほぼ確実に生命体が存在すると言えるでしょうね。

調査結果が分かるのは今から約10年後

地球からエウロパまで調査船を飛ばす場合、今の技術ですとおよそ5年~6年の月日が必要になります。

このまま順調に調査が進めば2020年に調査船が派遣されますので、ロボットからエウロパの調査結果が送られてくるのは今から約10年後である2025年頃になりますね。

本当にエウロパに地球外生命体が存在するのかは分かりませんが、10年後の結果を楽しみにしておきましょう。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

ネット視聴時のNHK受信料問題で高市早苗総務相「総務省はまだ方針決めていない」

先月8月26日に、さいたま地方裁判所は、携帯電話の所持者の男性にNHKとの「受信料契約の義務はない」との判決…

そうたん / 1011 view

【動画】メーヴェが飛行成功!過去の飛行試験の映像動画も!八谷和彦はポストペット開発者…

風の谷のナウシカに登場する飛行用装置『メーヴェ』をメディアアーティストの八谷和彦氏が実物を開発!13年の歳月…

6suke / 1583 view

HP開設は本人?偽物? 小保方晴子氏がHP「STAP HOPE PAGE」開設!英文…

STAP細胞問題で博士号を取り消された元理研の研究員、小保方晴子さんがSTAP細胞の作製手順を記したHPを公…

ShinGo / 3576 view

G注意!ニコ生でサンシャイン水族館が『【続編】巨大ゴキブリ80時間生中継』放映!

Gを80時間生中継していたニコニコ生放送ですが、提供はあのサンシャイン水族館でした…

s-maria / 1985 view

【閲覧注意】アメリカ軍が広島に落とした原爆の被害を忘れないためにまとめてみた

恐ろしい戦争と原爆の被害を忘れないようにまとめました

s-maria / 43667 view

関連するキーワード

*Putyu*

元栄養系大学生。得意科目はダイエット。
辛いものと猫が大好き