Twitter Facebook LINE
8328view
お気に入りに追加

『iPhone7』と『iPhone7 Plus(仮称)』はどちらがお得?

2016年9月ごろに発売されると予想され、新しい機能も目白押しらしいと噂のiPhone7。

しかし、iPhoneシリーズは毎年同シリーズのPlusまたはProを発売しており、最近のiPhoneシリーズの売り出し方の実績を振り返ってみると『iPhone7』と『iPhone7 Plus』は同時発売されるのでは?という声が多く聞こえてきます。

絶対後悔しないiPhoneライフのため、一体どちらを購入すれば良いのか二つの特徴を比較してみました。

(※『iPhone7 Plus』は仮称であり、予想サイトによっては同時発売されるのは『iPhone7 Pro』であるという推測も上がっています。)

『iPhone7』と『iPhone7 Plus』の共通点は?

まずは二つのシリーズで共通する事になるであろう大きな部分をまとめてみました。

デザイン

基本はiPhone6やiPhone6sと同じ

基本はiPhone6やiPhone6sと同じ

海外メディアMacRumorsによると、
iPhone7、iPhone7 Plus双方ともデザインは基本現在発売中のiPhone6やiPhone6sとそこまで変わらず、
馴染みやすいデザインのままリアカメラの出っ張った部分を除去してさらにすっきりとした薄さの物を開発したと言われています。

新色「ディープブルー」も参入!

新色「ディープブルー」も参入!

カラーバリエーションは全4色。
以前のスペースグレーはいったんお休みし、
代わりに深い青色をした新色『ディープブルー』が発売されます。

・シルバー
・ゴールド
・ローズゴールド
・ディープブルー

以上4色での発売となるようです。

機能性

目玉はやっぱり防水機能!

目玉はやっぱり防水機能!

Apple社は未明に防水機能に関する特許を取得。

これまで重量の関係で不要な機能と考えられていた防水機能がついに搭載され、雨の日の外出や水没事故にも安心のiPhoneになる可能性が非常に高いとみられています。

その他にも指紋認証や顔認証によるロック解除、独自SIM(Apple「e-SIM」)による携帯キャリアの乗り換え可能化などユーザーの声をようやく取り入れた形の開発となったとか。

ディスプレイ

3Dtouchディスプレイの機能強化

3Dtouchディスプレイの機能強化

元々のタップ・スワイプ・ピンチのタッチ操作に加え、画面をタップする強さによって色々な操作を可能にした3Dtouchディスプレイ。

iPhone6やiPhone6sから搭載された話題の機能ですが、iPhone7シリーズではそれらを感知する振動モーターが1個から複数個に増設され、iPhone6シリーズの物よりより正確な感圧ができるようになっています。

『iPhone7』と『iPhone7 Plus』の大きな違い

お次は二つの機種の大きく違う部分。
相違部分をまとめてみると、それなりに見た目が違ってくる事が分かります。

本体の大きさ

iPhone7の画面サイズは4.7インチ、
iPhone7 Plusの画面サイズは5.5インチとiPhone6sシリーズと同じサイズ感の違いになっており、持ちやすさは現行のままのようです。

ちなみに…

歴代iPhoneの大きさ比較

歴代iPhoneの大きさ比較

初代iPhoneと比べるとiPhoneシリーズは年々画面が広く大きくなってきていましたが、
2014年発売のiPhone6から大きさは変化していません。

これが一番持ちやすくスマートなサイズだというApple社の判断なのでしょうね。

画質(解像度)

iPhone7のディスプレイ解像度は4K(3840×2160)、
iPhone7 Plusのディスプレイ解像度は4K(4096×2304)になるとされており、双方かなり高い数値ながらも若干違う数値となることが予想されています。

内部容量(ROM)

16GBは廃止。32GBからの発売

16GBは廃止。32GBからの発売

双方とも16GBのものは廃止され、
iPhone7は32GB・64GB・128GB のものが、
iPhone7 Plusは64GB・128GB・256GB のものが発売されます。

iPhone7 Plusの方が大きい容量での発売になりそうですね。

カメラ

iPhone7、iPhone7 Plusどちらも
前面カメラの画素は1600万画素、背面カメラは800万画素と一眼レフ並みの撮影が可能になるカメラ性能になると言われていますが、これに加えてiPhone7 Plusは2~3倍の光学ズームにも対応したデュアルレンズカメラになると言われ、
同じ公園で遊ぶ犬の写真でも片方はボールを取りに行っている犬の全体像を、もう片方のカメラでは拡大してボールを追いかける犬の表情をといった風に一場面を違う視点で同時撮影する事が可能になると言われています。

デュアルカメライメージ図

デュアルカメライメージ図

値段

差は1万2000円ほど?

差は1万2000円ほど?

二つの機種の価格予想は
iPhone7
32GB:8万7000円前後
64GB:9万8800円前後
128GB:11万800円前後

iPhone7 Plus
64GBモデル:11万800円前後
128GBモデル:12万2800円前後
256GBモデル:13万4800円前後

となっており、同じモデルのもので1万2000円程の差になるのでは?
という予想が大半を占めています。

『iPhone7』と『iPhone7 Plus』、どっちを買うべき?

大きさ重視でOK!

二つの機種の共通点や相違点をまとめてきました。

二つの機種の違いをまとめると、内部性能に大きな違いはなく、
一番の違いは本体の大きさとカメラ性能の違いという事が分かりました。

ですので、普段から沢山の写真や画像加工のアプリをインストールし、
子供やペット、風景画などiPhoneのカメラ機能を使う機会が多くデュアルレンズカメラを使ってみたい方はiPhone7 Plusを、そうでない方はiPhone7を購入する方がお得ではないでしょうか?

iPhone7 & Plusの発売日はいつ?

同時発売と予想される2機種… 売り上げが伸びるのはどちらか

『iPhone7』、『iPhone7 Plus』の特徴をそれぞれ紹介していきました。
二つの機種を見て、あなたはどちらを欲しくなりましたか?

二つの機種はどちらもユーザーの声を取り入れた形になるが機能が微妙に違ったものになると予想されており、これらの売り上げの違いによってこれからのApple社の開発方針が違ってくる可能性は大きいとされています。

自分の需要を冷静に見極め、便利なiPhoneライフを送りたいものですね。
発売がとても楽しみです。

この記事を気に入ったら
いいね!しよう!
エンタメ情報を毎日お届けします
この記事を友達に教える
Twitter Facebook LINE

関連する記事

【Android】ホーム画面をカスタマイズするおすすめホームアプリ5選!

「Androidのホーム画面をかっこよくしたいけどどうすりゃいいの?」という人たちにおすすめしたいホームアプ…

shimashow / 72858 view

自撮り女子必見!人気の写真加工カメラアプリ5選!

自撮りするなら!スマホに入れておくと便利な写真加工アプリ、カメラアプリをご紹介!

shimashow / 2761 view

故障じゃなくて不具合かも?高額なiPhoneを修理をする前に確認すべきこと

iPhoneが急に動かなくなったり、故障かな?と思っても、ただの不具合の可能性も…

jagheterkohei / 154 view

これがiPhoneの未来?この先のiPhoneの進化予想をしてみた

もうこれ以上ないくらいの高性能なiPhoneですが、今後どのように進化していくのか気になりませんか?未来のi…

jagheterkohei / 227 view

ネットのLANケーブルのツメが折れた時の対処と補修方法4選

インターネットのLANケーブルのツメが折れてしまってPCに差し込めなくなった時の対処法を紹介します。

takeyan / 11569 view

関連するキーワード

*Putyu*

元栄養系大学生。得意科目はダイエット。
辛いものと猫が大好き